~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「123便事件の不可解を写真からみる②」

 123便が激しい衝突をしたにしても、なぜ翼以外の写真がほとんどないのか。
翼の写真はよく見かけるしそれらは意外ときれいな状態で残っている。では胴体を思わせる写真がほとんど無いのはなぜか。

これは残った機体の一部だが、翼などは状態が良く、叩きつけられた角度やスピードが、粉々に吹き飛ぶほどではなかった事が分かる。
597x401xffca0d41d82651153a1b0c1c.jpg

595x398x5d6e34be53dd98665bf2a7c9.jpg

388x596x23584e26ffa47271d1a679a6.jpg

 この翼の状態に対して、胴体パネルの状態はどうも噛み合わないと思う。
500x445xdf8c1380829f503f6ccace4d.jpg

508x324x733fa6addf2d009e3ad89ee5.jpg

 確かに、他の航空機事故でも翼は簡単にもげ落ち、叩きつけられた胴体の損傷の方が大きいというのは見受けられる。
が、これらの写真を見て、納得がいかないのは私だけだろうか。
そして、もっと胴体部分が残っていても良いのではないだろうか。
すでに自衛隊が持ち去ったとしたら、ではなぜ翼とエンジンだけ残っているのか。
エンジンなどは真っ先に検証に必要な重要な物証ではないのか。

そして、これはまた不信感を覚える写真である。
1067x747xf1a752cbf8a1477a4149bcah.jpg

ぼかしを入れさせて頂いたが、これは乗客の足である。
猛スピードで突っ込んだとは言え、これ、完全に上から土をかぶせてないだろうか。
機体破片も埋まっている。
救助の為掘り起こしてどかした痕?いや、遺体の上にか?
どう見ても不自然としか言いようがない。
私の中では、何かを時間に追われ隠した・・としか思えない。

「123便事件の不可解を写真からみる①」

 様々な疑問・疑惑が交錯する123便事件(事故)だが、一番わかりやすい証拠である写真から見ていきたい。
(ご遺体の写真には個人が分かる部分には加工をさせて頂きました。)

まず、この事件の不可思議な部分で大きいのが、遺体の状態の極端さである。

 これはおそらくスゲの沢に落ちた後部であると思われる。
頂上で衝突後機体が折れ、向こう側の沢まで滑り落ちて行ったので、ある意味それがクッションになったであろうが、それでもすごい衝撃であったことは間違いない。
そんな中、酷い状況の中これだけご遺体はほぼ原形をとどめている。
まだ生きているかのような状態だ。

c549343dh.jpg

 対して、後部以外のご遺体の状況は酷い。
黒焦げ、バラバラ、肉片がかなり向こうまで飛び散ったと言う。
ここで注目したいのは地面である。
ご遺体はもちろんの事、地面も一面黒焦げであることが分かる。
20100812_56167h.jpg

 ちなみに、ご存知のようにジャンボジェットの燃料は翼の中である。
事故で炎上する要因として、燃料、もしくは機体内部の火災であるはず。
まず、翼はどうか。
390x598xb5477b232d9e73ee615e4aad.jpg

595x394xf061b4277d24d7e66eb3dabf.jpg
 私は素人なので確かな事は言えないが、上の二枚を見るに翼からの燃料で周りが大炎上という風には見受けられない。
内部では燃料が燃え尽きた様子はある。
地面も土色であり、先ほどの遺体の散乱した辺りとはまるで違う。
下の画像の衝突地点、土色の部分であると思われる。

 では、一面黒焦げの状況はどこから生まれたのか。
もちろん衝突によって燃料が飛び散って炎上・・もあり得るが、こんなにも見事に衝突の方向とは直角方向にしかも左、しかも登り斜面方向にきれいに飛び散るだろうか。バラバラに崩壊したであろう二枚の主翼の内部のそれぞれの燃料が同じ方向になど噴出するだろうか・・しかもこの距離。(写真のヘリを見ればその炎上の距離が分かると思う。)
takama+02_convert_20100711121259.jpg

上の遺体の散乱場所の図と下の画像と角度が違うので分かりづらいかも知れないが、合わせて見て頂きたい。
(図を左に90度回して考えて頂けると分かりやすいと思う。)
炎上だけでなく遺体も同じ方向に吹き飛んでいる。普通に考えれば突っ込んだ方向に広がるようにバラバラになるはずだ。
941x780x299f7fcd73aa2a02fdf897ce.jpg
この状況を納得させるのはやはりミサイル説である。
墜落時はともかく、最低でも墜落後撃ち込まれたであろうという説に説得力を持たせる状態ではないだろうか。

1653x1975x2520c19a498470fc1dbb49.jpg

 そして、最後にこの新聞記事から分かること。
123便事件(事故)の最大の謎の一つ、翌朝まで見つからなかったというこの墜落現場のまさにその最中の写真である。
朝日新聞のヘリは午後9時10分に現場上空で写真に収めているのだ。
墜落の約二時間後には民間のヘリが見つけ写真に収め、何故自衛隊が見つけられなかったのか。
そんなことがあるはずがない。行けなかったのではなく、行かなかったという事は明白である。
そして、行かなかったその時間に何をしていたのか、という事に繋がっていく。

「フェイク、フェイク、フェイク」

 先日、テレビ番組でコンビニばかりの食事でもバランスがとれていれば問題ない・・という発言をした医師がいた。
ある料理研究家は、コンビニ弁当もこうやって一手間かければ飽きずに健康的に毎日食べられます・・と言っていた。
専門家が口にする言葉とは思えなかった。
しかし日本国民は医者や専門家のの言うことは恐ろしく素直に信じてしまう。
私も時には利用することはあるが、弁当・惣菜の類は一切買わない。生活に密着させてしまうのは恐ろしいことだ。

 コンビニ内で自然の状態の食品は希少である。皆無に近いかも知れない。
ことに弁当類は当ブログでも取り上げてきたが、知ってしまうと恐ろしくなるほどだ。
食品に関しては中国は信用できない、アメリカやヨーロッパだって成長ホルモン、ポストハーベスト、何が入っているか分からない、日本に住んでて良かったなんて思っている国民も多いのではないか。
とんでもない話だ。言い方は悪いかも知れないが、フェイクを作るのも、うまく騙して売りつけるのもトップクラスである。
食品添加物に関しても、認可されているものは欧州では数百種類、一瞬多いな・・・と思いがちだが、日本は約1200種類と言われている。研究者によると、コンビニ弁当を食材までさかのぼってみると、一つの弁当に約100種類の添加物が使用されていることになるという。そして、一年中何も考えずに生活していると年間約4キロもの薬品(添加物)を摂取していることになるという。

 そんなことをしていれば癌になるのも何の不思議ない。
庶民になればなるほど、所得が無ければ無いほど、添加物たっぷりの安いものを食べるしかない。
気づかせずにどんどん悪いものを食べさせ病気になったら医療でまた薬品を摂取させる。
摂取したらまた違う病気になる。そしたらまた違う薬品を投与する。
だから今の世の中「自然死」というものが無くなりかけている。
体が限界を迎えても薬で無理やり心臓を動かし死なせてくれない。
だから死ぬ時は眠るようには死ねない。体が悲鳴を上げながら死んでいくのだ。
いい加減、生き方を自然に戻していく時期ではないだろうか。

 こういったものをウマいウマいと食べてる自分に気づくべきである。

もうお気づきの人も増えてきていると思うが、このゆで卵。
最近の弁当やサンドウィッチに入っている輪切りのゆで卵は完璧に形が揃っており、損得を感じない。
じゃあ、丸いゆで卵の真ん中だけを掻き集めてきてお客様の気持ちを掴んでいるのか。
そんな訳はない。こういったものを使って消費者の心をつかんでいるのだ。

7c088ea8.jpg

本物のゆで卵は黄身と白身で出来ている。
このロングエッグは使用している添加物の種類としては少ないが、一度バラしてから加工しているゆえ、
「卵白60
卵黄24
デンプ粉3
植物油脂2
増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)3
その他調味液8」
となっている。
もはや卵ではない。

便利?確かにそうだが、そこまでする必要があるだろうか。
卵は丸いから形はバラバラ、当たり前である。
それが我慢ならない人間がどれほどいるだろうか。
はたしてこれを作っている側の人達は喜んで食べているのだろうか。

 そして、添加物の多さと危険さでは群を抜くハム・ソーセージ類。
これは非常に問題である。
fb51e7ce.png

これだけ入っていれば食欲もわかない。
発色剤などは発がん物質として話題になる薬品だ。
これらは市販品のほとんど、99%に入っていると言ってよいだろう。
本来は、塩や香辛料をすり込んで作るが、これらは何百本もの針で大量の塩水と添加物・調味液等を注射している。
食べれば分かるが塩辛いだけで肉の味などほとんどしない。
サイコロステーキだけでなく、激安なステーキ肉などは成型肉であることが多い。これに関しては単純明解、売れないくず肉を油や結着剤で固めたものであり、有難がって口にするものではない。
600x450-2005011100115.jpg

 これはマクドナルドで有名になったピンクスライム肉と呼ばれるもの。加工肉の最高峰であろう。もはや肉である事すら信じられない。確かアメリカのマクドナルドでは裁判によって禁止になったはずだが・・・
0e381470-s.jpg

 はっきり言って、こういったものは食べ慣れてしまうからまた食べたいと思うのであって、普段から食べる習慣をつけなければ体が欲しがることなど無いものだ。
そろそろ飽食の時代を捨てる時ではないだろうか。
無い食材を無理して作る必要もないし、あるものを儲けのために偽物を作るなど馬鹿げた話だ。
あるものを工夫すれば良いだけの事。
この奇怪な食品に慣れ過ぎなのである。

「フレコンバッグの侵攻」

 マスコミが福島の放射能汚染を報じなくなってずいぶん経つが、国民の中には「もう原発事故は収束したんじゃないの?」なんてことを本気で思っている人も少なくないようだ。
そんな方々に断言しておく、「収束することは絶対にない」。悪化の一途を辿るのだ。
放射線をUFOのような乗り物で一気に上から消滅させる方法でもできれば別だが。
最近では、確かに汚染水から放射性物質を分離するものや、放射線を消してしまう電解水なども発見されているようだが、はっきり言ってそういったもので広大な国土をきれいに除染することなど出来ない。もちろんどちらも凄い研究であり、これからも続けるべき研究だと思う。が、前者のような分解・分離するものは結局濃縮された危険な放射性物質を作るだけである。それをどう処分するかという問題が発生することは考えずとも分かる。後者も画期的な物質を作り上げたと思うが、それを事故で起きた放射線を全て消し去るにはあまりに途方もない時間と金が掛かることは明白。
 
 要するにもう手遅れなのだと言わざるを得ない。
こうしている間にも次々と汚染水は流出している。その量を追い越す勢いで放射線を消していくなどどう考えても無理だ。
そんな方法を進化させている間に、とにかく全ての原発を止め、破壊された原発をいかに封じ込めるかという事を考える事が先決であることくらい子供でも分かりそうなものだが、世を動かすべき大人達はとてつもない馬鹿らしく、他の事を優先する。

 なんとか放射線を処理していけそうな感じのするフレコンバッグの中身はどうであろう。
頑張れば減らしていけるだろうか・・・
いや、100%無理だ。
これを見てほしい。



お役所としては流出は無いと言うのだ。
フレコンバッグの耐用年数は3~5年という。
しかも雨ざらしであるから余計に耐久性は下がるであろう。
すでに崩れ始めており、各地で中身が流出しているのが事実である。
しかしお役所は流出していないと言う。
目の前に流れ出た抜け殻が浮いていようとも、あってはならないから「無い」のだ。



桁が違う。
そして増え続ける。
他国の戦争などに首を突っ込んでいる場合ではないのだ。
しかし、日本の政府は馬鹿というか自分の事しか考えない。
自分の立場と利益しか考えない。
この辺は考え方の違いなどではない。
本来だれがどう考えても当然の選択肢、優先順位である。
そこに住んでいる人達の尊厳はどこへ行ってしまったのか・・
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。