~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本権力の真実①

 police.jpg

 img_03.jpg

 検察_convert_20110221084418




  あらためて、日本の権力は信用ならない。
極力関わらない人生にしたいものだと実感している。
単なる警察・検察バッシングではない。腐敗・・などという一言で済ます事ではない。
大事なのは、国民が警察・検察・裁判所によってまったく守られていない、それどころかごみのように扱われている国に住んでいる。そして、ほとんどの国民がそれに気付いていないという現状だ。
日本は平和な国、なんだかんだ言っても世界一・・・などと思っていた自分が恥ずかしい。
少し考えて調べてみれば分かる事だった。中国や北朝鮮となんら変わりない。
最高権力である為、改善される事はないだろう。
ネットの力により、裏金などは減っているようだが、それは改心したためではない。国民への謝罪の気持ちなどはない。様子を見ているだけに過ぎない。
自分を含め、友人の話などを集めてみると、やはり警察に対しては怒りの気持ちしか持ち合わせていない。
国民を守り、感謝されるのが警察ではないのか・・・

* 毎度言うが、すべての警察官を否定するような馬鹿な考えは持っていない。真面目なお巡りさん、検事さんへの敬意は持っているが、それはごく一握りもいるかいないか・・程度である。組織としての日本の権力に対して軽蔑するものである。
              
そして、今回特筆すべきは、権力組織だけでなくマスコミもしっかりと権力と金で結びついているということだ。
いつも見ているテレビのニュース、新聞、雑誌・・・ほとんどが権力の支配下にあり、大事な部分はすべて隠されているというのはご存知のことと思うが、それらも我々の税金が動かしていると言うのはショッキングだ。



まずは、一般人が警察にどのような扱いを受けているか。
これがごく稀な話だと思わないで欲しい。
この動画については被害者ご両親が警察の態度について証言してくれているので、使わせて頂いた。
私自身警察には同様な態度を何度もされているので、おそらく全国でこのような警察ばかりであろうことは想像がつく。






ずいぶん前の事故(事件)だが、他人であっても怒りに震える内容である。
何年前の話であっても、両親にとっては現在進行形であり、一生忘れる事は無い。

娘を亡くした親に向かって検察官は堂々とこう言ってきたというのだ。
「片方が亡くなった場合、一方の話で辻褄が合えば、それ以上は捜査しない。」「100%の真実なんて分かる訳がない。」「ある程度辻褄が合えばそれでいい。」
       
死亡事故であるにも関わらず、検視の時間もたった20分。
しかも、遺体の損傷も目視のみで判断。あとは加害者の話を鵜呑みにして終わり。
事故現場の状況を見れば、素人でもスピードオーバーは想像がつく。
法廷速度で走行していたなら、あの道幅で電柱へのあの突っ込み方はあり得ない。
しかし、警察は「お姉ちゃん寝ぼけてなかったか?悩みかなんかなかったか?」と娘の不注意と決め付けた。

その後、両親の努力で事故の状況を覆す証拠(娘の歯)を見つけ提出。
しかし返ってきた言葉は「いちいち細かい事気にしてたら捜査なんかできない。」「事故処理早くして道路の通行を優先させなきゃいけない。」・・・
もはや悪魔の域である。
主要道路を止めてでも捜査は真面目にするのが当たり前。
自分がその場で止められたら、「そんな事さっさと終わらせて通せ!」とは間違っても思わない。
ましてや、どう見ても主要道路でもないし、回り道が出来ない訳がない。

自分の子供が同じ目にあったら間違いなく警官に掴みかかってしまうだろう・・・
こんな事がおそらく全国で、しかも日常となっているようだ。
事故も含めて、明日は我が身であることを忘れてはいけない。


仙波敏郎さんが証言する。
事故の捜査結果は、相手次第。
すべてとは言わないが、有力者、仲間、自分達にとって利益となる者、の利益が優先される。
こんな事はたった一件でもあってはならないのだ。。。

事件であっても、犯人なんか誰でも良い。
警察にとって都合よく済ませられる者を犯人にすればよい。
そして強引に事件を片付けたら、必要経費として偽領収書を書きまくり裏金にする。
証言をもらったとして一人分につき数万円の偽領収書を書く。
でたらめに電話帳などから名前を引っ張る為、領収の名前が子供だったり故人だったりすることもあるそうだ。しかしそんな事は気にしない。
要するに裏金を作る為に事件を解決するのだ。

仙波さんが現役だった頃にすでに告白していた内容だ。
なのに警察側に抗議される事もなく、訴えられる事もなく、定年を迎える事が出来た。
反面、仲間に尾行されたり嫌がらせ人事を受けたりしたということは、すべて真実だと言っているも同じである。


















②に続く。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

極悪・非道・・・警察

 遅ればせながら123便以外の記事を再開する。(もちろん123便についても引き続き追いかけます)


今回どうしても見て頂きたいyoutube動画。
注目してもらいたいのは、収監される時の娘の叫び声と奥様の引き止める姿。
これが警察・裁判所にはめられた一般国民の姿です。
テレビや記事でチラッと見聞きするだけのニュースでは伝わって来ない家族の叫びです。
悲しみの声ではない、絶叫です。



このブログを読んでくださる方々ならご存知のことと思いますが、日本の警察は公設暴力団です。
決して正義の味方ではありません。

* ここでは、一部の真面目で国民の事を考える警官の事は除外して考えて
  ください。
  そんな警察官には敬意を表しますが、一部に存在しても駄目なのです。
  本来、全員がそんな警察官、お巡りさんでなければならないのです。
  なので、ここでは大半の腐った警察組織として一括りにさせて頂きます。
  そしてこれから書くことは、ごくごく一部のその真面目なお巡りさんの
  告発等により明らかになってきた事実にもとずいてのものになります。


 国民が知らなければならない事。それは、警察は昇進・裏金の為に国民を欺き続けていると言う事。どこどこの署で不祥事があった・・・などという単純な話ではない。
すべての警察署で行われている自分達の為の裏切り行為。

 それらを勇気を持って世にぶちまけた警察官達がいる。

 告発した有名な警察官と言えば、仙波敏郎元巡査部長です。
 彼は現在分かっている限り、唯一まったく汚れていない警察官でした。
そして告発は現役の警官をしながらでした。その加担の拒否・告発によって、彼は地獄のような現役42年間を送り、奇跡的に定年退職することが出来ました。
世論がなかったら叶わなかったでしょう。

 また、手を染めてしまった事を謝罪しつつ、定年後告発した原田 宏二元北海道警察釧路方面本部長。

 そして、知らずに何度か加担してしまったものの疑問を感じて告発、その後でっち上げによる冤罪で懲戒免職になった大河原 宗平元群馬県警察警部補。

 それら警察の裏金や記者クラブについて正面から切り込んでいるジャーナリスト寺澤有

 彼らによって、警察組織・裁判所の恐ろしい実態が見えてきました。
抑えておくべき事は、冤罪や裏金作りは報道されている何件かだけではない。
警察庁を本社として、すべての警察署で行われているという事。

 警察官は、試験をパスして任務に就くとまずやらされる事は裏金作りの片棒を担ぐこと。
会計担当の持っている無数の印鑑を使い、筆跡を変えながら偽の領収書を偽装する。
主要な領収書は、捜査の際に情報提供者に支払う謝礼金のもの。
実際はほとんど支払う事もないどころか、情報提供者達はその存在すら知らないのが一般的である。
それらをうまく使い、私文書偽装・公文書偽装を平気でやってのける。
決して特定のたちの悪い署だけではない。なぜなら、警察庁を元としてすべての警察署、警察官にやらせる事で口に出せなくさせる為だ。だから、言う事を聞かない警察官は落し入れられ、脅しを受ける。
例外なく冤罪等で二度と口を開けないようにされる。
最悪は命も狙われる。これは仙波氏の弁護団が直接彼に忠告したと言うから間違いない。

結果、全国で作られる裏金は年間400億円とも言われる。

使い道としては、数割が飲食、接待費。副部長レベルの立場あたりになると毎晩のように豪遊をする。
そして残りの大半は、所長等の移動などの際に現金で餞別として渡すという。
なので、署長クラスになると家を二件持つ位は普通だという。

要するに、悪い事を一緒にすれば昇進していずれは大金持ち。悪い事を拒否すれば人生崩壊なのだ。
そうなれば大抵は長いものに巻かれてしまう・・・
検事・裁判官らも同じ。昇進するには有罪率を上げなければならない。起訴しておいて無罪ともなると昇進が遅れたり、最悪は昇進出来なくなる。
なので、奴等は自分の為に適当な捜査をして、脅し、自白強要し、ポイント稼ぎをする。
誰が真犯人であろうが関係ない、手っ取り早く有罪にするだけだ。
また、最高裁は被告が新証拠を提示しても取り合わない。物理的証拠、証言などは1審2審で済ませてあるからそれ以上聞くつもりはない・・・と言うのが裁判官とのこと。
それが故に、日本の有罪率はほぼ100%に近いのだ。
要するに、警察に一度睨まれたら諦めるしかないということだ。助けてくれる者はいないのだ。
新証言を認めさせ助かる道は、出所してから再審請求するしかない。しかし、それには莫大な金がかかる。当然仕事は辞めざるを得なくなっている筈なので、残りの人生にとてつもなく大きな傷を負うことになる。

もう一度言わせて頂くが、上の冤罪事件は氷山の一角。
地獄を見ている人はまだまだいるということだ。

警察についてはこれからも書き続けていく。
私もどんな形で警察と関わっても、はらわたが煮えくり返った事しかない。
奴等は国民を馬鹿にしているのだ。せせら笑って搾取しているのだ。

そろそろ国民が目を覚ます時だ。

寺澤有が情報提供した映画「ポチの告白」は必見である。
そんな馬鹿な・・・という内容であるが、すべて真実を元に作られている。
見終わった後の絶望感は計り知れない。

ポチ_R


ちなみに、こんな事実もある。
パチンコは本来なら違法の筈であるがその巧みな法のかいくぐりで合法化されているのだが、なぜこんな特別扱いされるのか。
パチンコ店の管理自体が警察の管理である。
そして、パチンコ台の審査機関”保安通信技術協会”の幹部はほとんどが元警察幹部。
一機種の審査に百数十万円かかるという。
要するに天下り先である。
パチンコ店の多い地域の警察署の署長は、その中で数回異動すると家が建つとのこと。
その都度、巨額な袖の下が転がり込んでくるということだ。

こういった事実をみんなが知るということが、唯一の国民の武器である。
多くの人たちに知らせて欲しい・・・


冤罪の数々・・・












テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

不覚だった・・・

 不覚・・・
仕事中に携帯注視で白バイに捕まった・・・


注視と言っても、着信履歴を開いて確認後携帯を閉じただけ。閉じた瞬間に後ろからクラクションを鳴らされた。
走行中なので注視と言ってもチラチラと前方を見ながらなので、何秒も前方不注意をしたわけではない。


もちろん、だからと言って運転中は携帯を見ない方が良いに決まっていることは理解している。しかし、何でもかんでも捕まえれば良いのだろうか。ちょっと携帯を覗いただけで点数を引かれ、6000円の罰金を課せられた。小遣い制で生活している人間にとっては大金である。


以前にも書いたかも知れないが、本当に国民の安全を考えるなら、道に立っていれば良い。それだけで効果はある。しかし、現実の警察はコソコソ隠れて獲物を狙う。今回はいつもと違い高圧的な態度ではなかったので、必要以上に会話もしなかったが「ちょっと携帯覗いて閉じたら6000円取られるの!!6000円!!!・・・6000円!!!」とだけ嫌味を言っておいた。


*************************


自動車や原動機付自転車を運転中に、携帯電話等を手で持って通話したり、メールの送信等を行った場合、5万円以下の罰金の対象となり、反則者に反則通告制度を適用する。(道路における危険を生じさせる必要はなく、カーナビゲーション画面の注視は適用外)
 携帯電話等の使用やカーナビゲーション画面等を注視して道路における危険を生じさせた場合は、従来と同じ。
罰則
 5万円以下の罰金(3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
反則金
 大型車 7,000円(12,000円)
 普通車 6,000円 (9,000円)
 二輪車 6,000円 (7,000円)
 原付車 5,000円 (6,000円)
違反点数
 1点 (2点)


 なんなんだ、同じ行為なのにこのディズニーランドの入園料のような設定は・・・
そして、カーナビはOKの理由がわからない。カーナビこそ注視するのを前提の機械ではないのか。しかも地図を見ると言うのは集中力を必要とする為、運転中にはご法度ではないのか??

それこそ危険極まりないので私はナビを買ったこともないし欲しいとも思わない。


*********************************


 警官いわく「そこで白バイ居たの見えなかったでしょ?ということは注視していたということなんだよね~。気を付けてね」とのことだが、見えづらいところに隠れてるのは常套手段。気付かなくてもまったく不思議はない。こちらは運転しながらウォーリー探しをするつもりは最初からない。

 
 人を罰するのに一番大事なのは、「危険な行為だったかどうか」ではないのか?一時停止にしてもそう。法律上しっかり止まらないといけないのは知っている。しかし大事なのは周りを確認したか、危険に前進を続けてないか、ということ。もし確認している様子でも、ピタッと止まるまでに至らなかったら「危ないですよ、きちんと止まってくださいね」と注意すれば良い。それを言われればこちらも素直に「はい、すみません」となる。何でもかんでも捕まえればよいと言う行為が警察への不信感につながる。


 今回お世話になった警官は物腰は柔らかかったが、たぶん捕まえた時のトラブルを回避する自分なりの術なのだと思われる。切符を切られる際に黒インクで指を押し付ける定番プロセスがあるが、押した後もらったティッシュで指を拭きそのティッシュを捨てようとすると「あ、いいよ、こっちへちょうだい。次の人に使うから、ハハハハ・・・」と言い放った。完全に面白いおまわりさんを演じウケを狙ったのだろうが、笑えるはずが無い。次の人ありきで仕事をしていると言うことだ。次から次へと捕まえていくという宣言だ。違反者は無いに越したことはない。違反者が出ないように、事故がないように見張る、危険なドライバーがいれば捕まえる、それが仕事ではないのか。とにかく捕まえることが仕事になっているのは恐ろしいことだ。


 もう一つ異常警官の実例をあげる。ずい分前の話だが、仕事中に国道を走っていると恐ろしく遅い軽バンが前を走っていた。急ぎの仕事と言うこともあり、あまりの遅さに耐えられずオレンジラインのレーンだったが追い抜いてしまった。するとその軽バンが突然追いかけてきた。自分が遅いのにそこまで怒るか?面倒だなあ・・と思いながら数キロ逃げたがずっと追いかけてくる。そして赤信号で仕方なく止まると、中から警官が一人飛び出してきた。そして「ハミキン!ハミキン!」と怒鳴った。驚いたのと意味が分からないので「はい?」というとまた「ハミキン!」「ハ・ミ・キ・ン」と怒っている。まだ意味が分からず「何ですか?意味がわからないよ!」というと「はみ出し禁止!!」と怒鳴った。結局捕まえに来たらしい。まともに人に物を伝えられない人間らしい。たった四文字だけで私を捕まえたのだ。
 そして驚いたのは、切符を積んでないから派出所まで取りに来いと言う。「仕事が急ぎだから帰りでもいいか」と聞くとそれでもいいから必ず来いと言われ、仕方なく仕事を急いで片付け派出所まで行き切符を切られた。そして会社に戻ってから愚痴をもらすと、仲間がこう言った。「それって緊急車両じゃないから追いかけちゃ駄目じゃないの?」
 言われてみればそうだ、見た目まったく普通の軽バンで警察の車両ということすら分からなかった。そんな車で、しかも切符も持ってない状態で追いかけられたのだ。お前こそ違反じゃないのか?と後から怒りがこみ上げてきたのを覚えている。これは実名をあげる。十年以上前だから本人はいないかも知れないが、長野県真田町(現:上田市真田)の役場近くの派出所である。


 これも以前に書いたが、何度でも伝えたいことがある。私の親友が以前警官の卵と付き合っていた。その時にその彼女が教えてくれた、警察学校の講師が言っていたと言う一言・・・「交通違反捕まえるのは結局これだから~・・」と指で金のマークを作り笑ったと言う。国民への裏切りの宣言だ。本人の身の上があるので具体的な場所等は載せないが、その教育を受けた彼女は某駅前の交番に勤務し始めた。


 これが真実である。警察の考えである。我々が捕まる理由である。違反切符を切られるという事は、国家権力に合法的にカツアゲされるという事だ。だから、何でもかんでも形式だけで捕まえ続けるのだ。もちろん、心底正義感で頑張ってくれているおまわりさんも沢山いることは分かっている。貴重な存在だ。しかしそういう本物の警察官は報われないのが日本の警察であろうことは想像がつく。


 民主党にはこの辺も早く革命をおこして欲しい。
エリートのアホボンボンではなく、真面目なおまわりさん達が日本を守っていかなければいけないのだ。


 真面目なおまわりさんはポチっとお願いします。


  


                           以上
テーマ : 検察・警察の腐敗    ジャンル : 政治・経済

警察の正義はどこへ・・・

 また納得いかないニュースが・・・
兵庫県警の警察署、巡査長の女性がミクシィで、「周りが言うほど正義感にあふれた仕事ではない」「ストレスに見合うだけの給料はない」「理不尽すぎる」「どうしようもないやつに思えてきた」「ばかばっかり」などと警察に対する愚痴や不満を書き込み、訓戒処分を受けた上に結局依願退職したという。
警察に関する具体的な情報の書き込みは一切なかったらしい。


  
ネットに職務の不満を書き込んだ女性巡査長処分


 県警は「警察官の信用を失墜させる行為」と判断したということらしいが、まったくもっておかしな話だ。依願退職と言ってはいるが、当然そうなるように仕向けられたのであろう。


 もちろんこの書き込み行為は褒められた話ではないが、当然良くない事だと分かってのことだと思う。それほど溜まりに溜まったものがあったのだろうに、一方的に叱責した上に自主退職に持っていくというのは正義だろうか?まさに理不尽、馬鹿ばっかりである。警察としての反省の弁は一切なく、巡査長を一方的に悪に仕立て上げる。悪に仕立て上げれば書き込みの内容自体無意味に出来る。見せしめ以外の何者でもない。


 今日もあちこちで金の為の取締りが行われていた。今度捕まったら警官に問いたい。
「これは正義か?あなたは正義の為にこういう仕事をしているのか?この取締りに多くの警察官を動員することが世の中の為になると思ってやっているのか?正義はコソコソ隠れてやるものなのか?」

 「自分は国民を守る為に働いていると言い切れるか」・・・と。

06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。