~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カビはどこへ・・・

 またしてもお待たせしまして申し訳ありません。。

今回は一枚の写真から。

これは、先日家で発生したパンのカビ。

DSC_1059_480.jpg

いつも買っている店の無添加の食パンだが、うっかり忘れていてこんな姿になってしまった・・・
買ってたった五日目で。

第一印象は、「うわっ」「汚い」「気持ち悪い」・・であろう。
しかし、本当にその感想は正しいだろうか。

私が子供の頃は、今の生活とはまるで違っていた。
あらゆる食品が早くカビて腐り、それとの戦いだった。
カビる前に、腐る前にと食材を使っていたものだ。

現在はというと、パンはカビる前に乾き縮んでしまう。
その後もここまでカビる事は少ない。

条件によるとは言え、ここまで身の回りからカビが姿を消した事の方がよっぽど気味が悪いと思うのは私だけだろうか?

またしても例に挙げさせて頂くが、ヤマザキのパンでこうはなかなかならない。
まあ、ヤマザキにかぎった事ではないが、少なくともその辺で売っている格安のパン達はこんな状況にはなかなかならない。

最近特にヤマザキのパンの異常な添加物使用について騒がれているが、メーカー側はそれに対応してかこのような解説を載せている。

「パンのカビ発生メカニズムと保存試験の結果について」

また、ヤマザキ特有と言ってもいい添加物の臭素酸カリウムは、下の解説のようにその元々の毒性よりも「メリット」と「使っても安全」ばかりを前面に押し出す。

「臭素酸カリウムの製パンにおける有効性と安全性の確認」

忘れてはいけないのは、「結果大丈夫だった」ではなく、危険な薬品を食品に入れているという事実。
そして、製造において所詮人間のやる事にはミスが付いて回るということ。

この辺は原発の話しと何ら変わりない。

直ちに影響は出ないという辺りも同じである。

そして、なによりも「何故そこまでする?」ということ。

私のひいきにしているこのパンは(地元の塩川ベーカリーです。別に知り合いとかではないです。。)そんなものは入れず、驚くべきふわふわ感で風味もヤマザキの比ではない。
そして。特徴は、持った瞬間「重い・・・」という事。
決して、ふわっと=軽いではない。。。

若干高めではあるが、とても安いヤマザキを買う気にはならない。

会社を大きくする為?おいしくする為?
馬鹿を言うんじゃない。

食品に化学薬品を入れる事自体が大問題であり、「売る」為にする事ではない。
もはや「仕方ない」行為ではない。

もちろん、ヤマザキだけの話ではない。

食品全般に言える事である。

昔カビていたものがカビないということは、カビすら住めない環境だという事。

醤油のビンも昔はすぐにカビたし、コバエも寄ってきてよく中に飛び込んでいたものだ。
今はカビるのを見た事は無いしハエも寄って来ない。

油揚げもそう。
昔は中身からすぐにカビてきて、すぐに腐ったものだが、今や乾いてミイラになるばかりで腐る事は無い。

レモンなどもカビるイメージが強かった。
今は、特に輸入物はポストハーベストなどで果実もカビない。

化学薬品ばかりでなく、アルコールなどの添加でカビなくなったりもしているようだが、それにしても本来いらないものを入れていることは事実。

薄利多売にすることで商品は動くが、昔に比べていつでもどこでも手に入るという事で食べ過ぎる。
おまけに薬品という異物が入っている。

身の回りは抗菌抗菌で免疫機能も低下する。

スーパーの野菜には栄養も少ない。

結果、体を壊す。
最悪癌が暴走を始める・・・

そして、次に待っているのは似非医療地獄・・・

健康にこの国で生きて行くのは至難の業である・・・
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「ピンクスライム!?」

 コメント様より情報頂きました。
恥ずかしながら知りませんでした・・・
このブログを始めて、多くのコメント様から重要な情報をたくさん得る事が出来ました。
本当に勉強になります。感謝です。
読者の方々もどんどん拡散して頂きたい。
私はもう”変な奴”と思われる事には慣れました。
幸いな事に、最近は昔ほど毛嫌いされる事も減ってきました。
民衆の意識は確実に変わってきています。
マスコミも、まだまだごく一部ですが、政権の崩壊に伴い少しずづ真実の声がちらほら見えてきています。
ダメなものはダメ!はっきりバッシングしていきましょう。。



もはや日本を含めどこの国も中国を大して笑えないということだ。
その差は、誤魔化し方の違いくらいだろう。

ご存知の方も多いのかも知れないが、またしてもマクドナルド。
ずっと使用を続けていた通称「ピンクスライム肉」を、この度使用中止としたとの事。
米国の料理家ジェイミー・オリバーがテレビ出演でその作り方を公開。
それが引き金になったようだが、その関係性をマクドナルド側は否定しているとの事。
否定しようがしまいが、”告発され仕方なくやめた”というのが真相である事は疑いようがない。


米国マクドナルドがピンクスライム肉を使用中止に!参照

ピンクスライム肉・・・犬や家畜のえさ用で人間の食用とならない安い肉、いわゆる「くず肉」。これを洗濯機に入れて洗い、家庭用洗剤や肥料として使われているアンモニアにつけて消毒し、これをミンチにして食品添加物で味を付けた

image_119_011_480.jpg

字幕無しだが、映像だけで十分・・



 これを使っていたマクドナルド。

Pouch[ポーチ]様の日本マクドナルドへの電話調査によると、「それぞれの国によって、使用する素材や工程など管理が違います。日本マクドナルドでは、牛肉はオーストラリア産とニュージーランド産のものを使用。さらに日本独自の素材や調合をしています。」という回答だったとのこと。

 おそらく嘘ではないと思うが、「・・信じるか信じないかはあなた次第です。・・」程度に思っていた方が良いのではないか。

マクドナルドのサイトによると、

Q. マクドナルドのビーフパティ(JAS上級)のJAS上級とは?

A.「JAS上級」とは 牛肉以外の肉や、調味料・香辛料以外の食品添加物は一切使用できず、牛肉の重量は全体の95%以上の規格を言います。マクドナルドはさらに牛肉100%、調味料や香辛料、つなぎさえもカットしており、さらに上の品質と言えます。


Q. 牛肉100%で、つなぎのないパティがどうしてできるのですか?

A. 新鮮な牛肉を原料として使用することで、肉本来の結着力によりジューシーで弾力のあるビーフパティを作ることができます。


とあるが、そんな完璧なものであんな大量・激安販売が出来るだろうか?と思ってしまうのは私だけだろうか。
この世は言葉のトリックで大抵の事は誤魔化せる事を忘れてはいけない。
もちろん、これらも全て嘘だと言っている訳ではない。私には分からないし、企業も全てを話す訳もない。

私からすると、モスバーガーの方が製造・表示・味・見た目、すべてまともに見えて仕方ないのだが・・
これも私の勝手な思いなので、モスが何かと隠している事もあるかも知れない。
ただ、マクドナルドはすべてに評判が悪すぎる。
いつの世も、評判が悪いものは、それ以上に何かを隠しているのが常であることは間違いない。

この一件で、『タコベル』や『バーガーキング』もこのスライムの使用を中止したとのこと。
どれだけのメーカーが使っていたのか・・・

モスに関しても妄信するつもりはないので、何かご存じの方は情報お願いします。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

長和町の水源について

 コメントより複数の問い合わせを頂きましたので、場所の詳細をアップさせて頂きます。
分かりづらいかもしれませんが、これをヒントに行ってみて下さい。
長和町和田から諏訪へ抜ける新和田トンネルの和田側料金所手前の和田峠旧道沿いです。
青い道案内板があるので分かりやすいかと思います。(水源の案内はありません)
この旧道を入って5~10分走ると右側にかやぶき屋根の休憩所のような建物があり中山道の案内板が有ります。
(実際は使用していないようですが。)
その道の反対側に地面からホースが出ているだけの水源があります。


wada02_c.jpg

 赤い印の所です。
wada01_c.jpg

 地元の暗黙の了解として、”給水するタンクの数が多いときは午後”というのがあるようです。
管理者がどこか分からず、放射線等の確認はしておりませんので、自己責任でお願いします。
今のところ私は無事ですが。

 ちなみに、新和田トンネル料金所(和田側)の脇の裏道にも町でやっている給水所があります。
料金所のすぐ手前の左の脇道を入って下さい。
位置的には本当に料金所の真横で、給水所隣の水車が目印なのですぐ分かると思います。
こちらも十分良い水ですし、水量は格段に多いです。
ただ、旧道の方がさらに軟水で良いので、私はそちらで汲んでいます。

テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

命の水

 我が家は口に入る水はすべて天然水を使っている。
月に3,4回、20ℓタンクを6個持って、車で一時間かけて山まで汲みに行く。
理由はただ一つ。
体に入る水は”本当の意味で”綺麗な水にしたい。

土地柄、あちこちに湧水や温泉スタンドなどがあるのだが、行き着いたのがここだ。
ここのすぐ近くにも近隣の人達が汲みに行くもっとちゃんとした水汲み場はあるのだが、どうやらここが一番のようだ。埼玉からわざわざ汲みに来たおじさん曰く「関東含めてこの一帯ではここが一番。」とのこと。
軽トラックいっぱいにタンクを積んで来ていた。どうやら商売でこだわりの水として使うようだ。
飲み比べると確かにこちらの方が軟水感が強い。混じり気無しと言う感じ。
いつも思うのは、通常の水より艶があるように見える。

DSC_0861_R.jpg
DSC_0863_R.jpg

 最近はスーパーでミネラルウォーターや麦飯水をペットボトルで持ち帰れたりするのだが、やはり天然水にはかなわない。水は単なるH2Oではない。
* 江本 勝 HP *

水は生命の源。太古から生命の歴史をつかさどってきた。
この江本氏の研究に関して、インチキだの間違いだのいう意見もあるようだが、全て間違いであると考える研究者は非常に頭の固い先へ進めない三流の科学者であると思う。
この生命の源を、分子レベルですべて理解したと思うのはおこがましいとは思わないのだろうか。

 ”もしかしたら”と考えるのが科学者の絶対条件であると私は思う。
時折持ち出させて頂くが、大槻たぬき教授などは自己満足の極み。
科学者の風上にも置けないと思っている。結局説明出来なかった現象は「もっと調べれば種明かし出来る」という卑怯な言葉で逃げてきた。プラズマを作れただけでUFOまで説明しようなど、もはやマヌケでしかない。

ひきかえ、この方の考え方などは、似非たぬき教授より数百倍すぐれている。
可能性を見極めている。最後の批判の仕方まで公平かつ正論である。
平和エッセイ

 水は様々なものの媒体となる性質を持つと思われる。
だから、同じ水でも環境によって、腐り易かったり、いつまでも腐らなかったり、植物を育てたり、殺したり、影響も様々である事は事実。もちろん不純物の侵入等が関係しているとも思われるが、果たしてそれだけだろうか。

 いずれにしても、ただ不純物が少ないだけでは良い水とは言えない。
飲んで見れば分かるが、こういった天然水を飲んだ後、ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでみれば、その味気無さに気づく筈。人間はもっと深い部分で生命の源を感じ取っていると思う。
正直、もう水道水は飲みたくない。

 心配なのは、いつまでこの水が飲めるのかということ。
どこから放射性物質が汚染を始めるか分からない。むしろ、今現在、絶対に安全だとも言えない。
自然の水が飲めなくなった時、もうこの国は終わりだと思っている。
福島原発が今も地下水を汚染していると思うと、本当に恐ろしい・・・

 いつも、ここで水を汲んだ後、ふもとの道の駅で地元の野菜等を買って帰る。
スーパーのそれとは色も形も違う。見れば分かる。生き生きしている。
これが本来の野菜の形と味。いつの頃からか、近所のスーパーではもう手に入らなくなっている。

DSC_0865_R.jpg

 こうして帰ってくると、スーパーへ買い出しに行き、加工品はほとんど買わず、肉や魚や無添加調味料を買う。
今回、あることに気付いたのは、ハム、ベーコンを見た時。
これらにコチニール(ラック色素、カルミン酸)が添加されていることは知っていたが、その薬品がどの程度の効果を出しているのかまでは考えたことが無かった。

 知らなかった方は今度スーパーへ行ったら確認して欲しい。
あらゆる種類のハム、ベーコンがズラッと並んでいる中に、数種類だけ、少し価格の高い無添加のものが混じっているはずだ。その色を見ると驚く。
第一印象は、無添加の物の色の悪い事・・・
添加物たっぷりの通常の物は例外無く半生のようなうっすらピンク系に色付いている。
いつも見慣れている光景。以前は一番量が多く安い物を買っていた。
しかし、今、やっと気づいたのだ。
ここで売っているベーコンが半生のまま売っている訳が無く、ある程度熱処理がされているはず。
その時点で、無添加の色合いが正解であるはずだ。
無添加はチャーシューのように、火の通った薄茶色をしている。
間違いなくこれがあるべき姿。
ということは、通常の物はすべて完全に作られた色であるという事だ。
あのハム・ベーコン達の色は全て完全なる偽物なのだ。

 考えてみて欲しい。
もし半生の肉の色であれば、火を通した時点で色は変わる筈。
でも、変わらない・・・
無添加は調理する前と後で色が変わらない。当然だ。熱は入っているから焦げるだけだ。

 この高めのベーコンを使って、無添加の生クリームを使って、カルボナーラを作ってみる。
・・・知らなかった。
ベーコンが、いつもと違い肉の味がしっかりする・・・
今まで、いかにベーコンもどきを食していたのか。
そう言えば、今までのはほとんど塩気と無理矢理な燻製臭しかしなかった気がする。

 今となっては、あのピンク色のハム・ベーコン コーナーの光景はゾッとする。
二度と買うまいと決意を新たにした。
ただ、こういうまともで自然に近い物の方が高い・・・

 本当に暮らしにくい国だ。。。。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。