~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オウム事件と創価学会」

 再びオウム事件について。
すでに以前から騒がれていた事だが、とにかく”忘れない”為にどんどん騒いでいく。 
まずはこの動画から。



また、教団を守る為だけにこんな世界を敵に回す会見をするだろうか。
上祐氏のような頭の良い人間なら根拠もなく言い訳の為にやる事ではない。
完全な自爆だ。





 当時の上祐氏のテレビ出演だが、やはり腑に落ちない。
普通の人なら「何を言ってる!カルト教団が!」程度の感想だろうが、ここの読者の方なら少なくとも気にはかけて頂けると思う。
オウムがカルト教団かどうかは別として、ここでの上祐氏の発言がまたしても右から左へ流されてしまっている。
サリン製造をしたかどうかも立証出来ず有耶無耶になりつつある中、上祐氏の言う”オウムになすりつけようとしている団体”についての証言。
これは、警察がしっかり調べ認定されれば、実行犯がその団体になるというとんでもない発言ではないのか?
その団体は、なぜ番組側が名前を伏せる必要があるのか、と言いたいところだが、言わずと知れた悪名高き創価学会である。
話の内容でそれは明白である。
ご存じとは思うが、ネット内では、創価の関与は普通にとりだたされている事だ。

 この時点で、サリン事件の実行犯自体がオウムであるというのが、まだ”疑惑”である以上、創価についても様々な目撃談が聞かれるならオウムと同じ扱いを受けるべきではないのか。
刈谷さんの拉致事件でレンタカーを借りた借受人が学会員である事は有名な話。

なぜ騒がないのか。

おかしいではないか。
もし、その借受人がオウムの人間であったら、間違いなく実行犯である証拠として取り上げられ、マスコミは一日中そればかり流すであろう。

もちろん警察は創価・公明の息がたっぷりかかっているから。
下手をしたら事件の首謀者との関係も否定できない。
以前も書いたが、公安の実行犯説だってまだ消えた訳じゃない。

また、上祐氏の「内部の人間なら会員という言い方はしない。」
という発言に対し、「それは、外部の人間を装うためかも知れないでしょ」という。
しかし、もし”信徒”と書いてあったら、コメンテーターは「内部の人間だから信徒と書くんでしょ」と言うであろうことは想像つく。

とにかく、相変わらずコメンテーター達は、上祐側の疑問・証言をことごとく無視している。
オウムはどんどん叩いても問題ないという風潮に便乗しているのだ。
それを見た国民が信じる。

本当の実行犯は「しめしめ」である。

前回も書いたかも知れないが、事件後まるですべて解決したかのような報道がされ国民も信じているが、逆に聞きたい。
何が分かったのか?自供?そんなものは警察次第の創造物。
現在では、上祐氏らも全て認めたようだが、本心は正直分からない。
共謀していたのか、知っていただけなのか、知らなかったのか、言わされたのか、取引をしたのか・・・

少なくとも我々が当時見た映像・報道は、「怪しい」止まりだ。
警察はサリンを作ったという決定的な証拠を出せ。
銃器や麻薬の製造の証拠を出せ。
あっさりサティアンを撤去して遊園地を作るなどイカれてはいまいか?
「であろう」はもう結構だ。。

もう一度言うが、私はオウムが犯人ではないとは言っていない。
擁護するつもりもない。
ただ、この国のいまだに”命までもお上の言いなり”という現実に腹が立つのだ。


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「オウム事件の強引な終結」

 先日オウム事件の終結を知らせるニュースが報道された。Jcast ニュース
・・・ちょっと待て!!
何が終結したって?
何一つ明らかになってないだろ!!
オウム事件は謎だらけ。サリンの原料もすべて証拠が揃った訳ではない。。
それどころか、オウムの単独犯行である事すら懐疑的にならざるをえない状況のままなのだ。

 以前も書いたが、ここをよく読んで頂きたい。
「オウム事件の整理整頓」
オウム事件は謎だらけ。むしろ知れば知るほど、オウム真理教ははめられたとしか思えない。
もちろん毎度書くが、私はオウムを支持する訳ではないし、おそらく犯行に関わった事自体は間違いないだろう。

 しかし、果たしてオウム真理教は一般に認識されている程のカルト教団だったのか。
麻原は最初から自分だけの独立国家を築く為に人々を騙し続けてきたのか。
最終的に犯罪行為に追い詰められたとしても、それは一部の人間が動いただけであって、基盤は純粋な宗教団体だったのではないか。
オウム真理教の麻原氏に対する海外の聖者達の高い評価 1/2
オウム真理教の麻原氏に対する海外の聖者達の高い評価 2/2

 これらを偏見無しで見てみると分かるが、麻原が何らかの利益の為に知識・経験を積んだとは思えない。
上祐にしても、単なる修行の身であることは感じ取れるはず。
もう一度言うが、私はオウムを支持するつもりもないし、素晴らしい宗教だ、などと言うつもりもない。
しかし、こういった情報を目にすると、どうしても(当初は)犯罪ありきのカルト教団には見えない。
これらの映像を通して見ても犯罪の香りを感じる方は、宗教に対する偏見、オウムに対する偏見が少なからずともあるはずだ。
 思い起こして欲しい。現在まで実際に様々な問題を起こしてきた宗教団体の教祖様なる人間達と、初期の麻原は同じ目をしているだろうか。ダライラマと話している麻原は「こいつと話せば俺も株が上がる(笑)」という目をしているだろうか。麻原が本当に素晴らしい思想を持った聖人であるかどうか私には分からない。本人の思い込みでしかないのかも知れない。でも私は、思い込みで人間の奥底を変えていくのが宗教だと思っている。よって、麻原は純粋な宗教者であったと言って良いと思っている。あくまでも当初は、だ。

麻原_1~1_R


 では、どこで道を踏み外したのか。
まともな宗教者であったという事を前提にすると、修行する度に私利私欲が出てくるというのもおかしな話だ。
私はやはり、外部からの妨害因子があったのだと思う。
最終的には麻原らも共謀したと考えざるを得ない訳で、弁護する事は出来ないが、それこそ洗脳によって誘導されたある意味被害者だったのではないだろうか。

 おそらく麻原はかなり臆病な性格で、自分の周りを共有者で固める為信者を加速的に増やし、何かあった時の為に備蓄や自給自足に力を入れ、武装ヘリまで準備したのではないか。では、なぜそこまで臆病になる必要があったのか。当初はそこまでのイメージはなかった。
 それは何かしらの危険を感じたからではないのか。
備蓄等はハルマゲドンとやらの準備かも知れないが、ヘリや広報はむしろ権力から身を守る為だったのではと考えられる。
 そして、それが裏目となって余計にカモにされることになる。
サリン事件・拉致殺人事件では、あまりに無防備な状況が見て取れる。現場検証後の部屋でプルシャが見つかる、現場近くで修行服の人物が目撃される・・・そこまで馬鹿な連中ではないだろう。
私は仕事で頻繁に松本市深志のサリン事件の現場近くを通るが、あんな住宅密集地で怪しい格好でうろつけば、自爆である事くらい彼らだって分かる筈だ。本当の信者であれば、そんな馬鹿げた事をする筈がない。
 もし本当にプルシャが検証後に家族によって見つかったのなら、警察は何をやっていたのか!という話ではないのか?それがまるで鬼の首を取ったようにオウム犯人説を確定させる物証として報道された。

そして、以前も書いたかも知れないが、私がみんなに気付いて欲しい事なのでもう一度書く。
・・・強制捜査では、サリン報復を警戒してか無数の警察官が防毒マスクを着け、カナリアを引き連れて施設に入って行く。
それを施設入り口で待ち受ける報道陣・・・
警察は本当に馬鹿なのか?毒ガスを警戒する必要のある現場で、なぜ無防備なテレビクルーや記者、隣人などが平気でたむろしているのか。普通なら周囲数キロは閉鎖しての突入ではないのか?
ガスを撒かれてから「逃げろー!」とやるつもりだったのか?
(以前使ったその映像を載せようと思ったが、削除されている・・・)
間違いなく言える事、警察は”サリンなど無い”と分かっていたという事だ。
オウムは恐ろしいという映像が撮りたかったに過ぎない。
実際、サリンの製造を裏付ける確実な証拠は出ていない。
むしろ、あの施設では無理という説の方が説得力があるくらいだ。

 ではなぜ警察が関与したか。
それは私には証明出来ないが、おそらく麻薬や拳銃などが関係しているのではないか。
ご存じのように、警察は拳銃摘発を偽装して裏金を作ることが普通に行われていた。
海外から取り寄せ駅のロッカー等に入れさせ、それを摘発したという名目で報奨金を得ている。麻薬等も警察は思うように運用している。
どういう裏があるか知らないが、おそらく外国組織と警察の間のトラブル、もしくはやり過ぎた結果出来た厄介事を押し付ける、他に覆い隠したい事があり、オウム事件で国民の目をくらます・・といったことが考えられる。
その証拠に、麻薬製造や拳銃密造の話はサリンの話だけで吹き飛んだ。その後、製造したそれらがどこへ回ったか、というような話は聞いた事が無い。

 更に気になるのは、オウムはネットが普及する前から、米軍らしき組織が毒ガスを撒いている、と頻繁に発言している。ケムトレイルだ。
そして、阪神大震災は地震兵器だとも言っている。今ではその兵器の存在を公式に米軍が認めている事を我々は知っている。当時は「馬鹿だ」「イカれている」としか思わなかった事だ。
教団は他にも多くの情報を持っていた筈だ。それらを隠ぺいする為に何らかの取引を含めアメリカもグルだったとも考えられる。

 これは、有難い事に最近アップされた朝生での映像だ。
偏見を抜きにして見て頂きたい。
私から見れば、単なる袋叩き。
荒木には「人の話を聞け」と恫喝しておきながら、自分達は荒木の話をさえぎり続け聞こうとしない。
荒木は「納得いかない事が解決するまでは謝罪の段階に至らない。もし真実だと分かったら誠心誠意謝罪する」と言っているだけだ。
四流コメンテーター達は、ひたすら謝れ謝れと言い続ける。
仕舞には「ボランティアをしろ。なぜ出来ない!」と強制する。
だから「真実と分かったら」と言っているではないか。そして「裁判の結果も信じないなら話にならない」と言ってせせら笑うが、今の私達は”警察・検察・裁判所”など真実でも正義でもない事を知っている。
それをいち早く理解し出来る限り自分たちで調べているというのは理にかなっている。
「とにかく全て公開して、住居も出入り自由にしろ」という大馬鹿者がいるが、何もしていない信者がプライベートを無くす必要などどこにも無い。ましてや、それを荒木が番組の中で約束するなど出来る訳がない。

 もう一度言うが、私はオウムが間違っていないと言ってる訳ではない。確実に極悪な事をした人間が一部に存在した訳で、攻めを受けるのは当然だ。ただ、権力のイカれた暴走が絡んでいる以上、それをはっきりさせないと、どこまでが権力の犯罪で、どこからがオウムの犯罪なのかが分からない。それを国民に知って貰うまでは何もアクションを起こせないという考えは正常ではないのか。もちろん、それとは別に細かなトラブルがあるのは問題で、それらを改善しなければならないのは当たり前の事だが。
そういう基本姿勢をどんなに話そうとしても頭ごなしに叩かれ、状況が不利な分、言われるがままに黙るしかないという荒木には同情する。相変わらずコメンテーター達は偉そうな馬鹿ばかりである。
私から見るオウム真理教は、極悪犯罪者と修行者とが混在する、権力の犯罪に巻き込まれた日本で一番規模の大きな被害者でもあるという悲劇の団体である。

























 * 携帯からの方、重くてすみません。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

「朝生」オウムの回、DailyMotionにアップしました。

 先日、YouTubeに削除された「朝まで生テレビ」オウム真理教の上祐・青山氏らの出演の回、YouTubeへのアップを断念。出来ればYouTubeで復活させたいところでしたが、時間がもったいないのでとりあえずDailyMotionへアップしました。
 以前も記事にしましたが、オウム事件はおそらくオウムの単独犯行ではありません。むしろやらされた・・に近いのかも知れません。私の中では、警察・政治家・〇一〇会がからんでいるというのは一番信憑性が高いと思います。
実際疑いの言葉を流すジャーナリスト達が訴えられたという話も聞きません。あったとしてもニュースに出来ないのがその証拠です。
疑惑だらけのこの事件、話している上祐氏達の表情を見れば出鱈目かどうか分かるはずです。
いつも言っていますが、オウムを擁護しているのではありません。無実はあり得ないと思います。しかし、ある意味オウムは被害者であり、国家が絡んでいるとしたらそちらの方が問題だと思うわけです。
上祐氏達の、警察からの被害報告等は真剣な訴えでしょう。嘘だとしたら、わざわざ警察を敵に回すなど逆に自爆でしかありませんから、もっとマシな嘘をつくでしょう。。

残念ながら、どうしてもYouTubeに消された2/15と15/15が見つかりません・・・肝心な部分です。
私もYouTubeで拾った映像です。どなたか持っている方おりましたらアップ、もしくはこちらに頂けないでしょうか。
非常に重要な映像だと思いますのでよろしくお願いします。
疑惑が本当だとすれば、オウム真理教の幹部が国家の犯罪を告発している映像ということです。
おまけに、テレビに出ているコメンテーター達が偉そうにバカ面下げて、いかに偏った捉え方をし、国民の洗脳に貢献しているかが良く分かります。

あと、朝日から著作権云々と言われましたが、YouTubeで朝生を検索してください。相変わらずいくらでも出てきます。
なぜ削除しないんでしょうか・・・

http://www.dailymotion.com/user/wrc7918 ・・・重要な動画はここに保存していきます。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

東電の雇用状況について

123様より非常に重要な情報提供を頂いた。


「渡邉正次郎 NewsToday」より記事を転載させて頂く。

***************************

連続スクープ!!電力会社は暴力団の永久資金源!!原発作業員はすべて身元不明のプータロー。作業員送り込みは暴力団とフロント!!
一昨夜の情報提供者から「これを書けるのは渡邉さんしかいないと思うので」と、待っていた電話が入った。

「原発の作業員と清掃員は全員身元不明のプータローです。仕込みは関西の広域暴力団で、大阪の西成とかで多くを集め、足らなくなれば東京支部の連中に山谷、新宿周辺からも集めています。もちろん、募集の窓口は孫受け、曾孫受けですが、現場で声をかけるのはチンピラもいます。しかも、原発作業を隠して集めるんです」

 といきなり衝撃の言葉を。

「原発に詳しい東電の社員は一人も居ないんですか?」

「昨日の渡邉先生のブログを拝見しましたが、東電の社員はいますが、近くの完全核シェルターとなっている制御指令室のある建物にいて、そこから危険な現場の『あのパイプと部品にひびが入っているから取り替えろ』などの指示は脱しているんです。キケンなところには絶対に行きませんよ」

「東電の連中は被爆するって知ってるからだね」

「そうです。卑劣なのは作業員や清掃員には防護服を着せていながら、それを(ここから有料をクリックしてください)教えないで送り込んでいるんです。彼らも働いていて被爆を感じても、これまで事故も起きていないし、死んだ人がいるとも聞かされていないから安心だろうと指図通りに仕事をしているんです」

「待ってください。防護服を着ていても長時間作業はできないって聞いていますよ?」

「防護服は完璧じゃないんです。防護服を着ていても10分か15分しか居られないんです。キケンを知らせる胸ブザーが鳴りますから。でもそれじゃ部品の取替えや修理なんかできないんですよ。ですから彼らはブザーを取り外して作業するんです」

 驚いた話である。続きを聞きたいが先に訊ねた。

「重大なこと訊ねますが、作業員や清掃員を送り込む暴力団の窓口は東電幹部が直接ではないでしょ?」

「当然です。東電の大幹部や中堅幹部が暴力団と会っているところを見られたら大変なことに・・・」

「そうなると一般人の様相をした暴力団関係者や元総会屋、右翼かを仲立ちに?」

「そうです。ある人物とだけ申し上げておきます。これ以上は・・」

 電話を切ろうする相手を急いで引き止めた。

「判りました。話せるときがきましたら教えてください。話を戻しますが、常時、しかも24時間15分単位で交代で作業する労務者となると相当な人数に・・労務賃や集める資金も莫大なものに・・・」

「東電だけで年間数百億円、全電力会社だと数千億円だと思いますよ・・」

「それで電力会社はマスコミにCMをふんだんに流し、スキャンダルを押さえ込む・・暴力団にとって濡れ手に粟、半永久的に莫大なカネが集る?」

「そういうことです。怖ろしい世の中です」

「また話が飛びますが、そうなるとこれまで相当数の被爆者が出ているはずです。それが漏れて来ないのは?」

「そこです。被爆で死んだものも相当いますよ。ですが、清掃員は親や兄弟たちとも連絡を取らないものばかりを集めていますが、タコ部屋で24時間暴力団に監視・・・・(明日に続く)

原発作業員らは24時間暴力団に監視されたタコ部屋で、外部との連絡を絶たす!!辞めても暴力団の監視と「喋ったら殺すぞ」の脅迫!!

「そこです。被爆で死んだものも相当いますよ。ですが、作業員や清掃員は親や兄弟たちとも連絡を取らないものばかりを集めていますが、タコ部屋で24時間暴力団に監視されており、携帯も取り上げています」

「彼らは辞めることはできるんですか?」

「もちろん。ですが、辞めても機密保持が付いて回りますし、厳しい監視は続くんです。作業員が辞めて地元や元の街に帰っても、その地元の組織に監視させればいいんですから・・・もちろん、言葉で脅しもしますよ」

「怖ろしいね」

「考えてもみてください。これまで原発の作業員たちがマスコミに登場したことがありますか?まったくないと言っていいでしょ。先日、どこかのテレビで顔を隠した男が出ていましたが、あれは本当かどうか。本物だとしてもほとんど何も喋っていなかったでしょ。口にしたら終わりなのを知ってるからですよ。もちろんテレビも喋ったことがあってもあれ以上は報道できないですが。アハハ」

「う~ん。ヤクザが脅す?マスコミは広告料で押さえられている?」

「そうですよ。ヤクザはそれを(ここから有料をクリックしてください)

「う~ん。ヤクザが脅す?マスコミは広告料で押さえられている?」

「そうですよ。ヤクザはそれを(ここから有料をクリックしてください)条件で受けているんですから。もちろん、漏れたからって暴力団との契約は打ち切れませんね。彼らに企業の生命線を握られてしまっていますから、半永久的にカネを毟り取れるし、電力会社は取られ続けるってことです」

「その分、一般家庭のでき料金に跳ね返ってくる?」

「当然です。電気メーターは完全だと強調して、抗議なんか受け付けませんが、そんなもの完全じゃありません。操作できますよ。一般家庭のメーターを100円狂わせてもべらぼうな金額が一挙に集るんですから」

「それも聞き逃せないですが、また話を戻させてください。原発ができて48年ですか・・その間、何万人もの人が作業員、清掃員で送り込まれていたってことになりますね。告発者がそれでも出ない?」

「そうです。何万人も死んでますよ。約50年間でしょ。全国の原発は55です。全部は活動していませんが・・作業員や清掃員は一ヶ所数人じゃないですよ、一日数百人から1000人以上送り込まれるんです。単純計算でも・・・。

渡邉先生、年間自殺者が3万人の時代ですよ。死因解剖しないで死亡原因が不明で葬られている人が年間13万人とか言われている時代に、どこで誰がどういう病気で死んだか、殺されたか判らないってことですよ。どこで誰が死のうと感心を持つ人は少ないですよ」

「怖いね・・それでも告発者が出ない・・・」

「いえ、出ることを恐れているから電力会社のテレビや新聞、雑誌の広告出向がべらぼうに多いんです。私が先生に電話したのもそこです。あなたがブログで『東京電力はなぜ年間数百億円ものテレビCMや新聞、雑誌広告を打つ必要があるのか。おかしいじゃないか』書かれたからです」

「確かに。私個人で実におかしい料金が合ったんで。こんな事故から考えたら情けないんですが、許せないことがありましたから」

「個人的なことでも過去にそんなことを書いたジャーナリストは一人も居ませんよ。もちろん、これまでの渡邉先生のブログも読んでいましたし、暴力団も怖がって近づかなかった殺人集団のオウム真理教の上佑史浩の身元引受人になったことも知っていましたから。

あの時は私たちの間でも『渡邉って男はよくあんなとこに入ってる』とか『オウムの黒幕は渡邊正次郎じゃないか』なんて話まで出ていたんですから。アハハ、失礼しました。

もちろん、暴走族の関東連合を結成させて初代最高顧問だったのも知っていましたから、この人なら私の言うことを取り上げてくれると思って電話したんです」

「ありがとう。関東連合の連中で暴力団の親分や大幹部になっているのもいますが、彼らもこれを知っている可能性は?」

「そこは私にはわかりません。ですが、電力、ガスは人間の命の綱です。宣伝広告を打たなくても売り上げに関係ないんです。それを年に数百億円もマスコミに広告を打つってのは、作業員らの告発をヤクザに任せておくだけでは不安で、メディアに取り上げさせないためですよ」

「確かに取り上げないですね。オウムのとき、テレビは私を生番組に出演させると何を言い出すか怖いって言いましたから・・それよりあなたは東電の関係者ですか?それとも裏社会・・・」

「それ以上は聞かないでください。私もここまで話すのは命がけなんです・・・」


被爆死体処理も暴力団!!原発作業員は前科者も多く、彼らは使い捨てカイロです!東電は人間の血を吸う企業だ!!

「それ以上は聞かないでください。私もここまで話すのも命がけなんです・・・」

「・・申し訳けありません。私が耳にしている原発の作業や清掃を請け負うシステムについてですが、元請け、下請けがあって孫請けの下にひ孫請けまであるとか・・・」

「そうですがその元請けに発注するのがいるんですよ。東電や全国の電力会社の窓口になるのが。昔総会屋でヤクザでもないが総会屋当時から暴力団と深い繋がりを持つ人物。そこが元請けに発注するんです。ええ、もちろん、元請けは広域暴力団の大幹部です。エッ?跡目を取っていませんが大幹部です。これ以上は勘弁してください」

 電話の主はそこで言葉を切った。

最初の電話から会話にノイズが入るところから推測すると、盗聴を恐れ公衆電話からの告発のようだ。

「もう少し。それなら暴力団から請ける下請けも孫請けもひ孫請けも暴力団関係ですか?」

「下請け孫請けは純然たるフロントです。ひ孫請けもフロントのフロントですよ。カタギの人がそんな仕事を請けるはずがないでしょ。何の保証もなく、放射能に被爆する可能性が100%ある仕事ですよ。しかも(ここから有料をクリックしてください)

「下請け孫請けは純然たるフロントです。ひ孫請けもフロントのフロントですよ。カタギの人がそんな仕事を請けるはずがないでしょ。何の保証もなく、放射能に被爆する可能性が100%ある仕事ですよ。しかも(ここから有料をクリックしてください)周辺や下請け、孫受けに怖いのがうろついていて、もしかしたら自分が殺されるんじゃないかって」

「先日、現場作業員を送り込んでいるという業者の社長とかいう男がテレビで『大変心配してます』って・・」

「それは私も見ました。彼らは危険区域を知ってますから絶対に行きませんし、近づきません。内部であったことは報告を受けるだけです。心配なんかしてませんよ。もちろん保証もしません。それをしたら儲けが吹っ飛びます。使えなくなったら捨てる。取替え作業員は上部組織が送り込んできますから」

「何をどう質問していいか私の想像を超える話で・・」

「私も話が飛びますが、渡邉先生、原発は想像もできない複雑な構造なんです。数千本ものパイプとポンプと電気の配線があります。それらは数年に一度は取り替えなければならないんです。取替え前に破損もします、腐食もします、小さな地震でヒビが入ってしまう部分もあります。

それらを作業員が制御室からの指令で“決められた時間まで”に補修したり、取替えなければ大事故を引き起こすわけです。これまで大事故を防ぐために数十年に渡って多くの作業員が放射能を浴びて死んで行ってるのが現実なんです」

「東電も全国の原発を持つ電力会社は罪もない人間を犠牲にして儲けていると・・」

「ハハ。罪のない人ばかりでなく前科を持つ者も大勢いますよ。だって彼らは刑務所を出ても普通の社会人にはなれないでしょ。生きていくのに金は必要です。働くところがなければある意味、死を覚悟して働いているんです。ですからヤクザを恐れることもありますが、自分の前科を知られることにもなりますからテレビや雑誌に顔を出したくないんです。使う方としては使い捨てカイロのようなもんで便利ですから・・東電は人間の血を吸う企業なんです」

「・・・う~ん。しつこくてすみませんが、もう一度話を戻させてください。これまで原発で働いた、働かされた人たちは自民党や役所に一度も告発したことがないんですかね。あなたはその情報を知りませんか?」(続く)

被爆作業員の告発を握りつぶしたのは自民党と社会党!!日本経済の総本山経団連を牛耳った「東電」が自民党を、東電労働組合が社会党を食わせていた!!大幹部は大邸宅、幹部は億ション!大企業電気料を下げ、一般家庭料金を値上げ!

「・・・う~ん。しつこくてすみませんが、もう一度話を戻させてください。これまで原発で働いた、働かされた人たちは自民党や役所に一度も告発したことがないんですかね。あなたはその情報を知りませんか?」

<ここで、この情報提供者の昨日の言葉に注意してください。私が「(暴力団は)跡目を継いでいるとこですか?」と質問したのに、「跡目を取っていない大幹部」と答えた部分です。これは大きな組織に属しながら、跡目を継がなくてもカネは腐るほどあり、次の跡目に莫大な上納金を出せる大幹部ということです。>

「前にも申し上げましたが、国会議員にも関係役所にも告発はあったんです。数限りなく。ですが、それをすべて握り潰したのは自民党と社会党、民社党です。ですからもう誰も告発しなくなったんです」

「うん?」

「先生!この先は先生の領分ですよ。これまでの自民党をカネで支えたのは日本経団連です。社会党や社民党、今の民主党政権を支えているのは労組ですよ」

「確かに。そうです。これまで経団連のトップは東京電力の会長が何度も・・。関西経済界は関西電力のトップが多かったし、九州電力も四国電力もそうでした。社会党、民主党を支持した労働組合も電力会社の組合が圧倒的にリードしていました。電力会社の組合がベースアップに話がついたと発表すると、他の民間企業も右へ倣えだったですね。

私も秘書当時、就職を頼まれると「組合運動はするな」を条件に東電やNTTに無条件で入れさせていましたから。これは・・・戦後の日本の暗部としか・・・私もまだ甘いとしか」

「それは止むを得んですよ。その時代は疑う余地もなかったのですから。電力は国家、正しいというイメージがありましたから」

「貴方の電話で反省しています。大変なことを・・となると、電力会社やガス会社は公共事業ですから政治献金はできない。それを経団連の会長になった東電の会長が他の企業に割り当てる・・ってことは、あなたの会社の電気使用料は大幅に下げる・・その不足分を電気料金値上げして一般国民から強制的に徴収して穴埋めができる・・払わなければ止める?」

「そうです。見事な仕組みです。常に政治家と闇社会がマジメな国民の血を吸っているんです。先生、話は変わりますが、ご存知かどうか、大手、大手だけでなくゼネコンの重役連中の自宅や東京電力の大幹部の自宅を調べたことがあります?」

「電力会社の社長や会長の自宅はありませんが、ゼネコンの社長、副社長の自宅を訪ねたことが・・・選挙の票を頼むので二つのゼネコンの重役・・渋谷の上原と神宮前で二人とも超高級住宅街の大邸宅・・・」

「でしょ?電力会社のサラリーマン社長や副社長も高級住宅街の大邸宅ですよ。取り締まり役や総務担当の部長クラスでも、億ションに住んでいますよ。電気料なしで」

「なんですって!彼らは電気料金を払ってない?」

「どう考えてもおかしいでしょ?大邸宅や億ションだと月に10万円近い電気代がかかります。日本の国民もおかしいと思わないんですよね。もちろん知らないんですが。許せますか!」

「政治と闇社会の癒着以外にないですな。私の秘書をしていた迫水久常議員はゼネコンとの付き合いはありませんでしたが、彼らをバックに当選してきた議員は、公共事業に口利きをして必ず3%とか5%のマージンを要求しているのは耳にしていました・・もうひとつお聞きしたいんですが、東電も関西電力もいまでも暴力団をバックにした昔の総会屋にカネを出していますね」

「そうです。書店にも並ばない数百部の雑誌でも発行していれば、文句なく、文句なく一頁広告ですよ。最低50万円でしょ。毎月50万円ですよ。少しうるさいとこには年間数千万円単位です。」

「それが一誌二誌じゃない?明らかに犯罪です。警察は商法改正で総会屋を締め出したのに取り締まらない?」

「電力もガスも天下りを引き受けているからですよ。それと時の政権からの圧力でこの二つは見逃されているんです」

「やはりか・・。もうひとつ、原発の作業員発注の窓口になっている元総会屋は一つじゃないですね」

「本当は一つにしたいんでしょうが、その人間が死んだら続きませんから安全装置で幾つかに分けているはずです」

「国民から徴収した金をいまも闇社会に垂れ流し、大幹部も優雅な生活をしている?」

「それは間違いないです。先生、東電や関西電力、九州電力の社長、会長になるのもなったのも全員、若い時代に総会屋や右翼、ヤクザを担当して、カネで彼らの口を塞いでいた総務部出身ですよ。なぜか分かるでしょ?手が切れるはずがないじゃないですか。電話はこれで終えますが、この事故をきっかけにどのマスコミが東電の闇を暴くか注目していてください。普通なら書くであろう雑誌が書かなかったり、テレビでも報道されないなら東電と癒着以外にありません」

「もっとお聞きしたいことが・・・」

「一段落したら・・一段落はしませんが落ち着いたら必ず電話します。それは約束しますので・・失礼します。あ、必ずブログで配信してくださいよ」

注・突然掛かってきた電話で、東京電力と闇社会の切っても切れない怖ろしい関係が少しだけ見えてきた。今後も各方面の取材を進め、暗部を暴きださねばなるまい。【転載終了】

************************

例によって証拠はないが、出所からして信憑性は高い。
これが真実なら、またしても国がひっくり返るほどの話である。

そして、これによって他の大きな事件に関しても解決していく。
一見、東電と国家による原子力発電所の真の運営の姿・・・だが、この癒着から123便事変のテロリスト・地下基地・・・といった事が真実味を帯びてくる。
113便事変付近の発電所・ダム・トンネル・・は東電所有である。
それだけの規模のものを一企業が隠蔽出来るはずがない。企業がわざわざする事ではない。国が黙っている訳がない。
といった疑問が解決していく。
東電イコール裏国家組織。ヤクザ・総会屋が絡んでくると当然朝鮮系も介入してくる。

ということは、やりたい放題だということだ。
あれだけSFチックな話がかなりの信憑性がでてくる。
と同時に、恐怖すらおぼえる・・・

この事態に、世界最大級の発電所の稼動の話が出てこないのもうなずける。
(神流川発電所は6基搭載可能のタービンをまだ一つしか動かしていない。)

テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。