~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 日航123便墜落事故 ・・・ ついに事件になるのか 」③

 もはや危険度はMAXに達している。
もう日本国の治安に対して何も期待できない。政治家・警察・軍(自衛隊)、どこをとっても正義など感じない。  (* 唯一、民主党が自民の腐敗政治を崩壊させてくれると信じたいが・・・そこにも妨害の強烈な力が・・・)


 いつも愛読させていただいている飄(つむじ風)さんのおっしゃる通り、今必要なのは情報拡散に尽きる。しかも、自分なりのアレンジなど入れずに原文を転載することが大事だ。文章を変えるという事は情報の信憑性を欠くばかりか間違った情報に変貌を遂げることが多い。それでは意味がない。とにかく多くの人に(新)日本の黒い霧を広めなければならない。


 これだけは分かって頂きたい。この拡散は単なる陰謀論者の興味本位の行為ではない。治安国家日本と信じてきた国民に対する長きに渡る裏切りを、知らなかったで済ませるわけにはいかないのだ。自民か民主かなどと論議するのはナンセンス、自民(の一部の悪党だが)がどれだけの悪事をはたらいてきたかを明らかにして、民主党であれ共産党であれ、まともな政治を行ってもらわなければならないが故の拡散である。


 私も(新)日本の黒い霧にはコメントしたり些細な情報提供などするが、正直言って少しでも関わるのが怖く思う時がある。友人には「知らないほうが良いこともある。あまり突っ込んで考えるな。」と言われることがある。しかし私はそうは思わない。知ってしまった事、気になる事があったら調べ上げて知識とし、それに対応した行動を取るのが人間だと思う。気になるけど面倒だから無視・・・など考えられない。私には家族に危険を与えるようなことまでする度胸はないが、命の危険を感じながらも四半世紀前の被害者の無念を晴らし、国家の悪事をあばこうとする人間を目にしながら目を覆うことなど出来ない。


*********** 転載 ここから *******************

 JAL123便墜落事故-真相を追う-熊谷売国隊情報(2)


2010-01-08 01:18:44 |日記


ぬかりました・・内閣官房機密費を資金源とし、事実上、経費無制限に動く国営テロリスト集団(自衛隊熊谷基地・北富士駐屯地の特殊部隊ほか)のことは前回お知らせしたとおりですが、充分警戒していにもかかわらず、ふいに前に割り込んだ自動車に神経ガス(*1)を撒かれ、急いで離脱して解毒を行うこと十数分。幸い大事には至りませんでしたが、精神的なダメージは結構大きいものがありました。


前回の記事で「隊員の人相がまるで中国人?」というS氏の所感を記述しましたが、この記事が掲載されてから最初のS氏の報告で「どうしてなのか、部隊のメンバーが全員大型のマスクを着用するようになりました」との連絡を受けました。


本当にわかりやすい人たちです。これじゃまるで、私たちは外国人ですと言っているようなものです(苦笑)。また、供物を持ち帰るなど、日本の神仏、信仰に崇敬の念がないのもその特徴の現れと言えそうです。国際軍事評論家のB氏によれば、国内弾圧部隊に外国人を起用するのは世界の治安当局の常識だそうですから、そのこと自体は確かに驚くことではありません。しかし、私たちのJAL123便の真相究明活動が、どうして外国人部隊による弾圧を受けなければならないのか?今更問い直すことでもありませんが、国にとって、彼らにとって、究明されると困る理由があるからとしか考えられません。


私は、このブログの過去の記事「闇夜に蠢くもの(5)」の中で、4~50名いたと思われる生存者を殺害したのは、"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"なのではないかと説を立てました。自衛隊員を自国民の殺害に起用するのは、命令する側としても実行する側としても、無理が多いと思われたからです。しかし、日本の機関で自衛隊の振りをした自衛隊、それも外国人部隊があるとなれば話は別です。私とS氏はこの目ではっきりと彼らの殺人未遂行為、自身に向かってくる刃を見てしまいました。ですから、今は自信を持って断言できます。


 日航機事故生存者の命を奪ったのは、熊谷基地と北富士駐屯地を中心とした国営テロリスト集団(旧帝国陸軍閥)であろうと!


そして、この集団の背後にはロシア、及び中国・北朝鮮の臭いがプンプンとします。なぜかといえば、彼らの旧陸軍時代からの強い人脈といった側面もありますが、何より「MIG-25」「ロシア」、「中国」、「北朝鮮」の名前をこのブログに出してから、彼らの攻撃が極端に激しさを増し、また同時に、私の身辺で白系ロシア人を見かけるなど、明らかに動きが変ってきたからです。米国の日本に対するこれまでの横暴な態度は確かに糾弾されるべき問題かもしれませんが、その感情を戦前の亡霊や他国に利用されてもいけません。日航機事故の真相は何であったのか、中立かつ客観的に分析を進めていかなければと、改めてこのブログを始めた時の心構えに戻った気分です。


ところで、全ての自衛隊・警察が彼ら国営テロリスト集団に従属している訳ではないことを、読者の皆様には今一つご理解いただきたくお願い申し上げます。どこの誰とは言えませんが、明らかに私たちの保護に動いてくださっている組織もあるのです。その方々のサポートがあるからこそ、今こうやって身の周りで起きたことをリアルタイムで発信できると思っています。私は、この国には賢明な人の方がはるかに多いと信じています。


一方、国営テロリスト集団と一体になって動いている困った組織もあります。こちらは、はっきりと名前を出して、少し反省してもらいましょう。


 山梨県公安警察の皆さん。あなた方が北富士の部隊と共同で、私やS氏に電子銃(*2)を向けてきたことを絶対に忘れませんよ。また、成田公安警察の皆さん、空港周辺で国営テロリスト集団をあそこまで野放しにしておいて、本当に過激派の取り締まりなんてできるのですか?後で知りませんでしたは通用しませんからね。ついでに、私があの物質(*3)を渡したのはあなた方であることを、今ここで公にしておきたいと思います。



[*1] 神経ガス:遅効性で強毒ではないが、まともに吸うとしばらくしてから痺れて動けなくなる。B氏によると、その身体反応から「サイクロンB」かその系統のガスであろうとのこと。自動車の排気ガスに混入することで撒かれていた。


[*2] 電子銃:その非人道性から保有している機関は無い事になっているが、実は、使用しても証拠が残らないことで、世界中の治安部隊に重宝されている。各周波数帯の電磁波を放射して、不快感や眠気を誘引するだけでなく、焦点を絞ることにより、眼球や内臓を焼き切ったりすることもできる。フォークランド紛争で英国軍が初めて使用した(by B氏)。今回の件で日本国内に配備されていることが明らかになりました。


[*3] あの物質:問題のJAL123便の積荷です。


* * *


身辺が騒がしくて本当に参ってしまいます。次回からは、本題である日航機事故の話題に戻りたいと思います。


QUID ENIM MIHI DE HIS QUI FORIS SUNT IUDICARE NONNE DE HIS QUI INTUS SUNT VOS IUDICATIS NAM EOS QUI FORIS SUNT DEUS IUDICABIT AUFERTE MALUM EX VOBIS IPSIS
外の人たちをさばくのは、わたしのすることであろうか。あなたがたのさばくべき者は、内の人たちではないか。外の人たちは、神がさばくのである。その悪人を、あなた方の中から除いてしまいなさい。


*************  転載終わり ****************



 とにかく多くの方に情報の拡散をお願いしたい。今の庶民は金もないし力もない、気持ちも沈みがちであるかも知れないが”インターネット”という最大の武器を持っている。国家のプロパガンダに対抗できるのはこれしかない。


 情報拡散のためにポチっとお願いします。





                          以上

テーマ : 裏事情    ジャンル :

Comments

RE:ティジャス様 
これは良い動画を教えて頂きました。
ふざけた話ですよね。犯罪者を捕まえるべき警察が犯罪者の集まりと言う事です。
以前2回記事に書きましたが、知り合いの警察官の卵が警察学校でこう教わったそうです。(親指と人差し指を摺りながら)「切符切るのは結局これだから」と。

まともな警察官など一握りしかいないでしょう。

こんなやつ等ですから123便の時だって金で言う事を聞くのも当然ですね。
No title
http://www.youtube.com/watch?v=AswAtS9qDrs&feature=player_embedded

日航との関連性はないですが、こうして触れてはいけないタブーに真っ向から触れている人が!!世の中に流れが出来始めているんだなぁと、感じます。

こうした正義感や勇気を応援する人が増え始めれば、勇気が後少し欲しい。。。と言う人達の背中を押せるのではないかと思っています。

罪悪感を感じつつ、後少しの勇気が出せない人が勇気を持ちはじめたら、それに続く沢山の人が現れるのかも?私は何かに特化して詳しい訳ではないので、こうした勇気を応援することが私に出来ることかな?と

強いては事を仕損じる、無理せず焦らずきっとベストなタイミングで進行しますよ。陰ながら応援しています。


 

 
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。