~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「123便事件の不可解を写真からみる①」

 様々な疑問・疑惑が交錯する123便事件(事故)だが、一番わかりやすい証拠である写真から見ていきたい。
(ご遺体の写真には個人が分かる部分には加工をさせて頂きました。)

まず、この事件の不可思議な部分で大きいのが、遺体の状態の極端さである。

 これはおそらくスゲの沢に落ちた後部であると思われる。
頂上で衝突後機体が折れ、向こう側の沢まで滑り落ちて行ったので、ある意味それがクッションになったであろうが、それでもすごい衝撃であったことは間違いない。
そんな中、酷い状況の中これだけご遺体はほぼ原形をとどめている。
まだ生きているかのような状態だ。

c549343dh.jpg

 対して、後部以外のご遺体の状況は酷い。
黒焦げ、バラバラ、肉片がかなり向こうまで飛び散ったと言う。
ここで注目したいのは地面である。
ご遺体はもちろんの事、地面も一面黒焦げであることが分かる。
20100812_56167h.jpg

 ちなみに、ご存知のようにジャンボジェットの燃料は翼の中である。
事故で炎上する要因として、燃料、もしくは機体内部の火災であるはず。
まず、翼はどうか。
390x598xb5477b232d9e73ee615e4aad.jpg

595x394xf061b4277d24d7e66eb3dabf.jpg
 私は素人なので確かな事は言えないが、上の二枚を見るに翼からの燃料で周りが大炎上という風には見受けられない。
内部では燃料が燃え尽きた様子はある。
地面も土色であり、先ほどの遺体の散乱した辺りとはまるで違う。
下の画像の衝突地点、土色の部分であると思われる。

 では、一面黒焦げの状況はどこから生まれたのか。
もちろん衝突によって燃料が飛び散って炎上・・もあり得るが、こんなにも見事に衝突の方向とは直角方向にしかも左、しかも登り斜面方向にきれいに飛び散るだろうか。バラバラに崩壊したであろう二枚の主翼の内部のそれぞれの燃料が同じ方向になど噴出するだろうか・・しかもこの距離。(写真のヘリを見ればその炎上の距離が分かると思う。)
takama+02_convert_20100711121259.jpg

上の遺体の散乱場所の図と下の画像と角度が違うので分かりづらいかも知れないが、合わせて見て頂きたい。
(図を左に90度回して考えて頂けると分かりやすいと思う。)
炎上だけでなく遺体も同じ方向に吹き飛んでいる。普通に考えれば突っ込んだ方向に広がるようにバラバラになるはずだ。
941x780x299f7fcd73aa2a02fdf897ce.jpg
この状況を納得させるのはやはりミサイル説である。
墜落時はともかく、最低でも墜落後撃ち込まれたであろうという説に説得力を持たせる状態ではないだろうか。

1653x1975x2520c19a498470fc1dbb49.jpg

 そして、最後にこの新聞記事から分かること。
123便事件(事故)の最大の謎の一つ、翌朝まで見つからなかったというこの墜落現場のまさにその最中の写真である。
朝日新聞のヘリは午後9時10分に現場上空で写真に収めているのだ。
墜落の約二時間後には民間のヘリが見つけ写真に収め、何故自衛隊が見つけられなかったのか。
そんなことがあるはずがない。行けなかったのではなく、行かなかったという事は明白である。
そして、行かなかったその時間に何をしていたのか、という事に繋がっていく。

Comments



 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。