~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「123便、乗客の死因は・・・」

 久しぶりになってしまったが、このブログの主題の一つでもある123便事件。
もちろんこれからもしつこく追って行く。先日も昇魂の碑まで登らせて頂いた。
もはやこのブログで調査を始めた頃の様子とは違っている。
整備され、慰霊に来るには確かに良くなっているかも知れないが、どうも歓迎できる変化ではない。
いかにも昔の事は忘れて、手を合わせるセレモニーの会場と化している気がしてならない。
冗談じゃない。まだまだ何も分かってはいない。
真実が公開される日までこの惨事は当時のまま保存しなくてはならない。

nikko01.jpg

hqdefault.jpg


 今回注目したいのは、遺体の状況である。
まず、上の写真が墜落現場の写真だが、この主翼に燃料タンクが搭載されている訳で、火災が起きるのはこの燃料が引火した場合、バラバラになって漏れ出た燃料に引火した場合、下の別の事故のように(燃料が漏れ出た状態かは分かりませんが)機体の内部で火災が起こった場合などがあるようだ。
132519006_11n.jpg

entry_img_269-400x298.jpg

 このように機体内部で火災が起こり中に取り残されていた場合遺体は当然黒焦げになってしまうであろう。
だが、123便のように墜落の衝撃でバラバラに破壊した場合、、少なくとも画像や映像を見るに機体自体が大炎上している様子はない。
バラバラになった破片一つ一つが周りの物を焼き尽くす程の強烈な炎上をするというのは考えづらい。
 そして後ろ半分の機体は衝突時に折れてスゲの沢に落ちて下のように前半分のような破壊はなく、遺体もほぼ原形をとどめている。生存者の四人もここで見つかった。

c549343d.jpg

 しかし、前半分のご遺体は、どれ程の割合かは分からないが、このような状態で多く発見された。
(*こういった写真は貼り付けるべきか悩んだが、個人は特定出来ないであろう事と、あくまでも事件の検証の為ですので不快な思いをされたら申し訳ありません。)
後ろ半分とはまるで比べ物にならない状態。

20100812_56167.jpg

 本題であるが、群馬県警察医の話になります。
「日航ジャンボ123便 。「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は」より。

*********** 転載開始 ***********

「第4に、なぜ遺体は黒こげだったのか、である。ジェット燃料はJET-A/40という灯油の部類でケロシンというが、マイナス50度の上空でも凍結しないように、灯油よりも純度が高く、水分が少ない。燃料は主翼内の区切られたタンクに入っているが、大気中に出たケロシンはガス化しやすく、煤(すす)も出にくい。にもかかわらず、主翼の燃料タンクから遠いところに投げ出された遺体が炭化している。遺体が集まっていた所で黒こげ状態が激しかったという。
 当時、遺体の歯形で本人確認を行った大國勉氏(歯科医師、群馬県警察医会副会長)に、青山さんは何度もインタビューを試みている。「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。…二度焼きしたような状況だ」。周囲の木々が幹の中までは燃えていないのに、遺体だけが骨の芯まで焼かれているのはなぜか。群馬県の検視報告書において担当医が「二度焼き」という言葉を使ったことは、ただごとではない。詳細は本書に譲るが、遺体の惨状はジェット燃料の火力のせいだと思い込んでいた私は、この箇所を読んだとき鳥肌がたった。 」
********** 転載終了 *************

 通常では考えられない遺体の状況だったということだ。

そこで、先ほどの墜落後の状況の予測をふまえて、上空からの現場写真。
e0126350_1550098.jpg
左下へ向かって伸びる黒焦げがある。(その一本上の同じように斜めに落ちていく跡がスゲの沢に落ちて行った後ろ半分の軌跡である。)
墜落場所はさほど炎上は感じられず、先へ伸びていくにつれて黒焦げが酷いことが分かる。
吹き出た燃料が飛んで行き燃えた?
いや、これを見ると分かると思うが、
takama+02_convert_20100711121259.jpg

123便はU字溝から矢印の方向へ激突した訳だ。なぜ左方向へ一斉に燃料が噴射するだろうか。
また、赤・青・黄の点は遺体の散乱状況である。
右方向には一体も無い。
現場を見ないと分からないであろうが、この図でいうと、右から左方向にかなりの急こう配である。
それを考えると余計に左方向だけにすべてが吹き飛ぶなど考えられるだろうか。

 そして、その中、上のような真っ黒焦げの遺体がいくつもできるだろうか。
まったくもって不可解である。
間違いなく何か他の力・現象が加わったとしか思えない。
これはいろいろな方が提唱しているが、状況からして、墜落後ミサイルを撃ち込まれたという事にするとすべて辻褄が合う。

 こういった事実が明るみになるまで追究していかなければならない。

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
申し訳ありません
 planz様、拙ブログへのご来訪、コメント、ありがとうございます。

 拙ブログ「471.高天原山事変後の現場に急行した小平尚典<こひらなおのり>カメラマンが、日本国内で命を狙われたのはなぜか?」の(6)に掲載した小平尚典<こひらなおのり>カメラマンの写真に関するお問い合わせですが、私も現時点ではTU22のコックピットかどうか判りません。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-674.html

 「(新)日本の黒い霧」に出てくる国際軍事評論家B氏だと判るかもしれません。2015年10月4日にB氏の講演会があります。

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/2bb0270a65f3199950e3c5956025ef0b

 足を運んでこの件について伺いたいところですが、当日は、約30万部のベストセラーになった「プラスイメージ成功法」と言う本を書いた
国際心理開発協会会長 ・小林充(みつる)氏と会う予定ですので無理です。

 だとすれば、吉野さんに伺いたいところですが、吉野さんは相変わらず闇の勢力から妨害を受けていて、MAILで連絡を取りにくい状況なのです。
こちらからMAIL送信しても、本人に届かないのです。

 申し訳ありません。

 planz様の小平さんの写真集の記事、楽しみにしています。 それでは、お元気で!
福田様
記事拝見させて頂きました。
123便事件、奥が深いですね・・・
ところで、小平さんの写真ですが、TU22のコクピットでしょうか?
私は戦闘機などは詳しくないのですが、調べてみたところ後部が潰れたTU22のコクピットに見えました。違っていればご教授願います。
小平さんの写真集購入してみようと思います。
とにかく情報量が要と思いますので。
非常に気になります。
まだまだ知らない事が多すぎると実感しました。
では、お時間あるときに回答願えればと思います。

※リンクさせて頂きました。失礼いたしました。
「君子礼楽で小人革面NHKを天誅滅却す」
政治的には安保法案よりもマイナンバーのほうが国民生活にとってはるかに重大大問題なのですが、政府がその点を追及されないように報道が一斉に新法可決をあおり立てるので、国民全体が騙されて蜂の巣をつついたようになっているのが現状です。特にNHKが先頭に立ってあおり立てて民放各社が追随して騒ぎを拡大していますね。

(SEALDSの是非:キチガイ医の素人的処方箋)
touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-399.html
>不正選挙を国会で追及し暴露する政治家が本物の政治家である。m(_ _)m
>2015-09-18 13:02 明治百姓

不正選挙を追及暴露する政治家が国士であることに同意します。

しかし不正選挙が行われている現場は国会ではなくNHKですから、私は追及暴露は国会でではなくNHK前の人畜無害平和安全歌舞音曲祭で全世界メディアの耳目を集めて行うのがよいと考えます。

かつて国会で日本病の親玉イスラエルモサドNHKを暴露しようとした民主党石井紘基議員はNHKテレビ中継国会質問当日朝自宅を出た途端暴漢によって刺殺され、なぜか時をおかず駆けつけた菅直人によって当日のNHKテレビ中継国会質問原稿書類が入った鞄を持ち去られました。

国会にはイスラエルモサドNHKの手先スパイ議員が送り込まれており、スパイ議員の親玉はテレビ芸能界麻薬王池田大作実子前原誠司が民主党党首脳として国会内のスパイを束ねています。菅直人はその手下です。

この石井議員暗殺事件以後NHKの国会テレビ中継は激減しました。よって、石井議員暗殺指令を部下前原誠司に命じた本当の悪魔はイスラエルモサドNHKであることが判明するのです。動機と機会と手段を兼ね備えた者が真犯人ですから。

以上より、国会内でNHK不正選挙を追及暴露すれば直ちに国士の命が重大な危険にさらされるのです。

まして新たなモサドスパイSealds奥田某が国会内に出入りし始めました現在、国会内は無法状態です。

『君子危うきに近寄らず』

君子国士はすべからく全国NHK前で「NHK不正選挙を追及暴露する」平和安全歌舞音曲祭を連日連夜開催してNHKを武力を一切使わずに礼楽の力で地上から消滅させましょう。

和を以て貴しとなす慈悲菩薩君子常民は和合して礼楽を楽しむものです。
再度、リンク先を貼り付けます。
今晩は。

昨日のメッセージにも貼り付けてあるのですが、再度、拙ブログのリンク先を貼り付けさせて頂きます。

http://ab5730.blog.fc2.com/

今朝、口封じの歴史・高天原山事変編31と32を含む「472.2015年9月24日に地球が滅亡するのか?」をUPしました。よかったらお読み下さい。

この記事だけのURLも下に貼り付けておきます。今なら上のリンク先の方でも最新記事ですので、すぐにお読みになれます。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-677.html

それでは、よろしくお願いいたします。
青夏龍 様
非常に貴重な情報有り難うございます。
なるほど、それは気付かなかったです。
そうですね、爆発しかないですね。あの深い密集した森の地面に突き刺さるというのはよほどの力が加わったのだと思います。
U字溝から墜落地点の間は急斜面で、地面自体上から何かを刺すのは難しい状態です。よって、刺さらずに叩きつけられた物は隠密の内に持ち去ったのでしょうね。そして、そうなるとやはり墜落後の破壊と、その場に墜落させる為の最低でも二度は打ち込まれてる可能性がありますね。だからボイスレコーダーも改竄する必要があったのでしょうね。
吉野氏の話しによると、U字溝の折れた木は実はチェーンソーで切った偽装だとの事です。が、見ないことには鵜呑みにしてはならないと川上村側からU字溝の山に行ったのですが、見上げた瞬間に「ん~、ちょっとキツい・・(汗)」と諦めてしまいました・・その内に必ず写真を撮ってくるつもりです。とにかく急斜面で・・
どちらにしても、かなりの人間が動いて隠蔽工作をしているのは100%間違いないですね。当時の証人が生きている内に解明しないと迷宮入りになってしまう・・

架線放火の犯人、イザヤですね・・
母親はイスラエル人というから余計に驚きますね。
本人も実際予言的な発言もしてますね。
バンドの歌詞も随分暴力的だと叩かれてますけど、私もメタルおたくな部分があるのですが、そう叩かれるような内容ではないと思いましたがね。結果平和を願ってるじゃんって。
ただ!、本当にやっちゃいかんですね┐('~`;)┌
すたば様
返信遅くなり申し訳ありません。
今、そういった活動を調べていますので少々お待ちください。
ちょっと調べただけでも活動自体はいくつもありましたが、出来るだけ効果的な事をしたいですからね。あと方向性ですよね。

プランZさんは 芦 田 博 さんという人のブログは見たことがありますか?
先ほど検索するとブログサービスが終了しており終了直前に記事の削除もしていたようで現在は閲覧できませんでした。

一応、ウェブアーカイブに少し残ってました。
ttp://web.archive.org/web/20100203115558/http://blog.oricon.co.jp/deepblues/3
ここに、次のような記載があります。

> 発掘して、次々と発見される航空部品…。
> 「みんな、ちょっと手を止めて! これ、おかしくないか?」
> 出てくるほとんどの破片が、斜面に対し垂直に突き刺さっているのです?
> 発掘地点はU事項から200m程度下ったところにあります。
> 第一接触時に、この周囲に後部胴体が損壊したから部品が多いのもうなづけます。
> ただ斜面から滑り落ちた、もしくは落下した後部胴体部品が、その圧力で土に埋まる事は理解できますが、
> どのようにして斜面に垂直につきささったのでしょうか?
> 突き刺さっている部品の先端を目で追ってみると、見えたのは空でした。
> 123便の進入方向と反対方向の空。
> どうして、反対の空から部品が振って来たのでしょうか?
> (この模様、映像におさめています)
> オレンジ色の破片もここから発見されています。

便の進む方向と逆へ飛ぶ破片がどうしてできたのか?
これ、そのまま素直に考えれば、空中で何らかの爆発があったという証拠ですよね。
福田元昭 様
お久しぶりです。
123便については途切れることなく訴え続けて行きましょう‼
リンクについては申し訳ありません。
再開時に確認するとリンク切れや方向転換されて、ん?というものが多かったので一旦全て消して確認しながら再構築していたのですが、福田様を含めいくつもURLが分からなくなってしまい、探そうと思っていたところです。出来ればコメント欄にリンクを入れていただけますでしょうか。数少ない123便繋がりです、勿論再度登録させていただきます。よろしくお願いいたします。
世直しの為に、貴ブログが更なるご発展をなさる事を祈念しています。
プランZ様、お久しぶりです。プランZ様からのご指導を頂き、ブログを書き続けている福田元昭です。

http://ab5730.blog.fc2.com/

 義理のお父様のご逝去、お悔やみ申し上げます。また、貴ブログの「再・復活」<「~この世あの世を知るⅡ~」ご生誕>おめでとうございます。

拙ブログ<福田元昭の「桜の木になろう」>でも、最近、「口封じの歴史・高天原山事変編」と題して、「日本航空123便墜落事故」と呼ばれる出来事の真相究明をしています。

拙ブログ<福田元昭の「桜の木になろう」>では、開設当初から貴ブログをリンク先の筆頭に掲載しています。

拙ブログが貴ブログのリンク先から外れてしまった事をとても残念に思います。世直しの為に、貴ブログが更なるご発展をなさる事を祈念しています。

 それでは、お元気で!


 

 
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。