~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これでいいのか」

戦争法案に賛成、反対はまず置いておく。
その以前に安倍政権は、違憲である事をせせら笑い無視し・・・

国民に対して法案のメリットを納得させていない。
米軍のケツにつくメリットは米軍にしかない。

TKY201304270434.jpg


震災の問題が何も解決しないうちに莫大な税金をアメリカに献上しようとしている。

その金は殺傷兵器やいわれなき殺戮を繰り返す軍隊に献上される。

我々の稼いだ金が見知らぬ異国の人々を今まで以上に殺すことになる。

日本が加担することは言ってもアメリカに守られる具体性はまったく聞かれていない。

米艦に乗った邦人を助けられないから?馬鹿を言うな。米艦には軍人でなければアメリカ人でも乗れないのだ。
無理やり作った危機を元に説明を始めた馬鹿さ加減。

実際、日本が先制攻撃をしないと米軍が日本を助けることはない。

自衛隊はこの法案で今までグレーゾーンだった危険地帯まで入って行くことになり、100%危険にさらされる事になる。
これは間違いない。しかし自民はリスクは変わらないと言ったり、少ししか上がらないと言ったり、安全であると言ったりまったくもって答えようとしない。

自衛隊入隊希望者が7倍になっているなどとうそぶきながら、今でも全国で勧誘を繰り返している。

自衛隊員が国外で命を落とした場合の補償・棺桶の用意の有無・等々、何も答えなかった。

自衛隊員のメンタルヘルスに関しても何も答えなかった。

戦争における無差別殺戮についての違法性について何も答えなかった。
安倍はアメリカの戦争犯罪・歴史につては一切ノーコメントを貫き、攻撃対象になる実体の見つからなかったイラクについては犯罪者扱いした。警察・検察による冤罪についてもそうだが、あるものを証明できても無いものを証明など出来ないのだ。
アメリカは、イラクは時間をやったのに無いことを証明しなかったと言って攻撃を始めたのだ。小泉はそれに乗っかったのだ。アメリカは戦争犯罪国家である。

戦争法案のみならず、TPP,から子宮頸がんワクチンまであらゆる事がアメリカからの要望である事の証拠を突きつけられても偶然だと苦しい言い訳を繰り返した。

砂川判決にも集団自衛権の事は語られていなかったにもかかわらず、まるで合憲であるとうそぶき、そして法案の正当化はその砂川判決のみに終始しした。そして、憲法学者の違憲よりも大事なのは裁判所であると言いながら、元最高裁判事の違憲との発言を、元であって今は一私人の言う事だと吐き捨てた。

何よりも、戦後最大級であろう国民の反発・デモをまったく無視し、耳を傾けない状態で「国民の為」と偽善を貫く。
国会ではこの状況の中居眠りをする始末。

20141225024018903.jpg


安倍はマスコミを使い、国民を洗脳し、国会をサボり御用番組で一人気持ち良く一方的な法案解説。

国会に出れば前代未聞の総理自らの野次の嵐。謝罪もなし。

安倍は国民に問う前にアメリカで法案通過を約束した。

自衛隊は、すでに法案通過後を想定したマニュアルを作成済みだった。

法案が通る前に「防衛装備庁」の設立を閣議決定済みだった。

どれもこれも国民の意見は眼中に無し。

しかし、充分論議したと言う自民党。

等々・・・

20150917182824aps.jpg


結局この法案のメリットは、「一切」感じられない。
聞けば聞くほどアメリカの為の使いっ走りであり、日本にあるのは散財と危険と恐怖のみ。
どんなバカが考えても、戦争に首を突っ込んだら100%敵を作ることになる。
911後、サミットにて世界中の要人にシカトされ握手されなかったブッシュが引っ張ってきた戦争国家アメリカについて行けばどうなるか分からない方が思考停止している。
日本が今まで戦争にならなかったのは戦争をしない国であったからであることは間違いない。
確かにアメリカについていればある意味抑止力かも知れない。しかしそれは見せかけの抑止力であって、内心敵視する国はいくらでいる。それらの国のアメリカへの怒りが膨れるほど日本への怒りも膨れていく。
今現在の危機というものはそういうところからも生まれていると断言する。
一国についての抑止力は、長い目で見ればいずれ大きな戦争につながる綱渡りであると断言する。
人種・宗教・視点・重要視する対象は様々であり、絶対正義の国など存在しない。
よって、自分の身を守る為に強そうな国について行くなど言語道断。外交以前に人の道に外れると考えている。
しかも、自民はあえてアメリカという言葉を出さずに、国際社会という言葉を使う。
こういった汚いところが国民の怒りを生んだのである。
騙し・裏切り・国民を馬鹿にする政権の強行採決する法案など断じて受け入れる訳にはいかない。

この直後、人数のみを武器にしてこの戦争法案は可決されるだろう。
しかし、国民は今までと違う。
一番日本人が嫌ってきた戦争という言葉が、そして唯一の戦争放棄の先進国としての誇りを捨て去ろうとする暴走が国民の逆鱗に触れたのだ。
私の町でも大きなデモ隊が今でも雨の中声を上げている。
今まで見たことのない光景だ。

94fc377f-s-kaidan.jpg


20150830154302oipii.jpg
005.jpg


もはや考え方の違いではない。
自民党は政治政党ではなく独裁暴走集団である。

自民が潰れるその日まで断固として糾弾し続ける。


Comments

すけろく様
100%同意です。
そうなんです。
何かもう一歩が必要なんですよね。
騒いでるだけでは自己満足で終わってしまうのは目に見えてます。
作られた権力の怖さですね。
ただそれが何なのか・・正直分かりません。
私のような凡人はこういった事で探り探りしながら、じゃあ何が必要なんだろうと考える事しか出来ません。
情報ソースを共有しながら何が良くて何が悪いのだと考えるきっかけを作る事ぐらいしか出来ません。
それでも無防備に騙され続けるよりはマシでしょうか。

絶対的なヒーローでも現れなければ良くは・・いや、そんなものは無いですね。ヒーローも視点を変えたら悪魔にもなる。
いつ良い政府が出来るのか、はたまた出来ないのか・・
いずれにしても正しい権力・リーダーを作る、そして違う民族と仲良くやっていくというのは永遠の課題かも知れませんね。
お互い傷つけないギリギリを見定めなければならないから難しいですね。
育った環境も現在の環境も、文化もそれぞれ違う人達が平和に共存していく事の難しさを痛感します。

すけろくさんの表現で、何となく自分で上手く伝えられない訳のわからない胸のつかえが取れた気がします。
有り難うございました。
もう一歩
planz様 青夏龍様

内容ごもっともです。
抗議の声を先ず揚げる事の意味もわかります。

ただ、もう一歩先へ進まないと、結局、何の影響も無く、
「利用するにはもってこいの存在」になるのではないでしょうか?

国民を省みないと言えば、テレビ、新聞、雑誌類の方がそうでしょう。
影響力を知っていながら、一部を切り取って拡大解釈をし印象操作する。
話題づくりの為に煽るだけ煽りますからね。

そしてそれに煽られた人たちの思いをどう考えるべきか?

これを世論や民意というには厳しいですし、
向かう方向がおかしければ大変なことになります。
何か妙案が必要ですね。
青夏龍 様
いつもありがとうございます。

いえいえ、失礼などということはありません。
真剣に聞いて頂いているということですから有難いです。

で、ご意見に関してなんですが、これについては同じ事を繰り返しになってしまい申し訳ありません、私の伝え方が悪いのかも知れません。

政府の方向性や考え方はその時代背景や誰に対してかによっても変わっていくものだと思います。カレーの話ではないですが。私もそう思っています。
それについてはその都度話し合い導き出された回答に従っていくのが民主主義だと思います。
そこに何の異論もありません。
ただ、今の政権がまずいのはまともな話し合いすらしないという状況を堂々と見せ内容を聞いても何の回答にもなっていないのは事実です。それを間違ってるだろ、まともに話し合いをしろよ、と思うのは当然の事。対案とよく言いますが、これは違うと思います。
何かの目的があってそれについて意見を求めた時に、「こちらはこうしようと思う」と意見を出し、反対者が「いや、それはまずいからこうした方が良いでしょう」というのが対案を出す流れですよね。
それをいきなり無謀なことを持ち出した時に、対案を求めるのは違うと思います。
今までの常識の範囲での案であれば「それも考えないとね。じゃあこうしたらどうか?」と話し合いになるわけですが、突然突拍子もないことを勢いをつけて押し出してきたら対案も何もない、「いや、とりあえず撤回しなさい」となるのが当然です。
友人がいきなり、「俺の友達が喧嘩をしに行くから俺も行くことにする、ついてこい。」「嫌だ?じゃあ今すぐ対案を出せ。」と言われても対案なんかありませんよね?
「とりあえずやめなよ。他の手を考えよう。」としか言えませんよね。
「今すぐ良い案がないなら行くぞ。」
そんなリーダーならまず暴走を止めようとするのではないでしょうか。
他のリーダー見つかるまで様子をみよう、なんて言ってる間に事は進んでしまい、取り返しのつかないことになります。冷静さを欠いているのは与党ではないでしょうか?まあ、ある意味冷静にアメリカに取り込まれるのが一番と考えているとも言えますが、そこに国民の一番大事にしてきた気持ちを汲む様子もない。

この辺が堂々巡りで同じことの繰り返しの話になってしまうのだと思います。
おそらく話しているステージが違うのです。
政界や情勢を元にその中からだけ見て話している人たちはそういった意見になるのだと思いますが、私からすると危機感が足りないと感じます。
とりあえず今はそれでいいでしょうけど、その後どうなるか想像してるのかなと思います。

 単に意見の違う政党の争いであればそこまで危機感を持つ必要も無いでしょうし、考えながら順を追ってなんてことになるとも思いますが、今この状況ではそんなことは言ってられないと思います。ただ、我々に出来るのは物理的に潰すことでもなければ征服を目論むことでもない、ただただおかしいことはおかしいと言うことだと思います。
おかしいと声を上げることに条件等は必要でしょうか。
もちろん、犯罪的行為があるのであれば賛成だろうが反対だろうがそれは間違っています。
今回のことを言えば大きな人数で動いている反対デモのそういった部分が目立っていると思いますが、それは私は悪いことは悪いと思いますし「やれやれ!」などと煽っていることを書いたつもりはありません。ただ、これだけの国民が声を上げているのを無視してるのはおかしいでしょ?と思います。与党の向いている方向が違っているのは紛れもない事実だと思いますし、様子を伺っているだけではどんどん進んでいってしまう。外交・防衛だけでなく司法の場までも無法地帯。

 もちろんどこか任せられる人間はいないものかと同時に考えていますが、なかなか簡単ではありませんね。しかしながら、やはり私は「おかしい事はおかしい」という事を抑えてしまったら権力者の暴走にブレーキを掛けることはできないと思います。不正は不正だと広めることは大事だと思います。というと陰謀論などという言葉でひと蹴りされてしまいますが、「陰謀論」の一言で一括りにされてしまうのは違うと思います。
論というのは説であって、私たちが見つけて広めようとしているのは事実です。
その事実から判断するのは個人です。確かに何でもかんでも根拠なく策略だと叫ぶ人たちはいますので、これは陰謀論と言われても仕方がないですが、ひとつひとつ手にした情報を伝えたり、自分が事実を元に考えたことを伝えるのは陰謀論ではありませんし、国民は知り、自分で考えるべきと思います。
知らなかったからこうなってしまったのですし、今が限界だと感じます。

>違法行為をしているのにも関わらず、どんな活動かを理解もせず、取り込まれている若者たちと全く同じ状態であるとしか見えません。

すみませんがこれに関しては偏った取り方と思います。
私は与党の事の重大さを無視し強硬な態度に出ている態度に激怒した国民たちの行動を伝えているわけで(もちろん私も同意見ではありますが)、取り込まれているわけではありません。見たからそう思うのではなくそう思っていることが目の前で繰り広げられているから伝えたまでのことです。
その見方ですと、今回の国民行動は誰か少数の意見がありそこに群がったその他大勢という認識でしょうか。多くの人間が同じ意見・感情を持ったらそれは民意ではないでしょうか?それを取り込まれてるとしてしまえばこの世から大多数の意見というものは消滅してしまいます。
それは反対側から見た都合での考えだと思います。
何をきっかけにするにしても、多くがそう考えるようになったならそれは多くの民意ですから無視するべきではないのではないでしょうか。
正直私はデモというやり方自体は何かを変えるならあまり効果的ではないと思います。しかしながら一般市民にはそれくらいしかできないし、何か行動を起こさないと気がすまないのだと思います。どこかにもしかしたら民意を受け入れてくれるかも知れないというささやかな期待の表れだと思います。
それは否定できないはずです。行き過ぎる行動はそれはそれで罪としながらもそこまで国民を追い込んだ事に気づいて欲しかったですね。

 あと、これも何度となく言ってきた事ですが、順序や段取りを踏ませないやり方に対する抗議であって、これをなんとかしないことには順序も段取りもできない状況だと思います。
私の考える政府は、その順序・段取りがまともにできるお役所です。
それをさせないどころか色々な事で国民を騙してきたことは今まで調べ伝えてきた事で明白であり、そういった与党に対しては抗議するのは当然のことと思います。
もちろんそれはどの党にも言えることで、自民党だけの問題ではないことも重々承知しております。そういったことが明るみになった際はどの党であれ、抗議すべきだと思います。

ただ、私自身も、やはりこうして意見を聞いたり記事を書く中で時に、「あれ?何か思ってたのと違うな・・・」と調べ直したら「やられた・・・」ということも多々あります。
それは青夏龍さんの言う取り込まれてしまっていた部分なんだと思います。
それはこれからもあると思います。今もあるかも知れません。
なので、寄せられるどんなコメントも勉強の為しっかり受け止めなければと思います。
まあ、ここに来ている「馬鹿」とかいうのは相手にできませんが・・・

 私も文才が無いのでうまく伝えられず混乱させてしまっている部分も多いかと思いますので、そこはご勘弁願います。ただ、今まではコメント様との関係とかも考えて記事を諦めたり表現を変えたりとやってきましたが、Ⅱをきっかけに、思った通りの記事を自由に書きたいと思います。そして、間違っていたら間違っていた、とそんなスタンスでやっていこうと思います。なので、不快にさせてしまうこともあると思いますが、そんなときは申し訳ありません。
どちらにしても我々平和を願うもの同士としてたくさんのことを考えて勉強していきましょう。

横からすみません。
ちょっとplanzさん一旦冷静になり、目を醒ますことをしてほしいかな?と思います。
(ここで言う醒ますとは一時立ち止まり自身や周囲を冷静に分析し理解することです)

ここで見ている限り、今のplanzさんは”不安や恐怖それに伴う悲しみなど、惑わせ迷わせ心が不安定にある人たち”をSEALDsを全面に押し出し、主に若者を扇動している者たちの術中にハマってしまって、正規のデモ活動をしておらず、違法行為をしているのにも関わらず、どんな活動かを理解もせず、取り込まれている若者たちと全く同じ状態であるとしか見えません。

大変失礼ではありますが、直近で現実的な問題についての質問に、まともに答えられていないです。

まず、planzさんの仰られることは、私も同意ですし、当たり前のことであると理解できます。
しかし、そこへ至るには、ご理解されているとは思いますが、順序や段取りが必要です。

望む事を叶えるには、それを実現するに必要な事がありますから、最終的な到達地点から、
逆算するような形といいますか、案を提示するのが望ましいと思います。

あの与党への訴えではなく、テレビカメラへ向けてアピールしパフォーマンスをした野党、しかもダメだダメだとばかりで対案をだすこともしていない。議員としての職務を全うせず、責任を放棄し、国をまともに機能させないように妨害行為ばかりしているように見えてしまう人たちと、planzさんのやっている事は同じに映ってしまっています。

陰謀論を語り、一般市民を惑わせ、扇動し、自身は何の対案も出さない。陰謀論者。
与党を批判し、一般市民を惑わせ、扇動し、自身は何の対案代案も出さない。野党。

大変大事な審議をボイコットするだとか、選挙前の約束を簡単に破るだとか、全くもって国民を馬鹿にした行為を当然とばかりにする議員が選ばれている事が”当たり前の政治”を実現させないようにしている。と感じています。でも、どうしたら?どこから手をつけたら?を考えていると毎日の生活が成り立たなくなります。だから代表を選び送り出している。でもこの現実。

私はまず、露中韓と与野党について勉強したり、活動家自身と団体について勉強したり、といった所から入っているので、なんとも偉そうに言えないのですが……


上に書いたことを例え話にすると。

例えば家族の中で”皆んなの意見を聞き反映させてくれる人”が料理を担当したとします。
それは素晴らしい、個々に対応したそれぞれに満足の行く料理が出てくるでしょう。
だがしかし、それは一時かもしれませんし、もしかしたら初めから無理かもしれません。

「今日は大変だからカレーだけね」など、その時の家族誰も望まない料理が出てくる事もあるでしょう。
また、”家族の健康を考えた”料理、”家族の将来未来を考えた”料理、”ご近所など付き合いを考えた”料理などなどが出てくるかもしれません。

当然、病気にならないように、健康を害しないように、変な食事の癖がつかないように、他所様とご一緒するときのために、いただいた食材をいかすために、などなどの理由で家族の意に反するような料理が出てくることも考えられますよね。

本当に”家族のことを思えばこそ”の結果として。

でもそれは皆んなには伝わらず、理解されず、受け入れられず、反発される。
そんなとき「こんな料理担当はいらない」と排除します。

さて、その日の食事はどうするのですか?
外部から呼びますか?
自分たちで何とかしますか?

他に自分たちの思い通りになる料理担当がいるならいいですよね。
でも、他はだめだ、あいつもこいつもだめだ、とダメだダメだばかり。
排除するなら、代わりの存在が用意してからが良い。

私なら、信頼できる存在にお願いして料理ができるようになっておいてもらい、それから交代させます。
または、次世代からでも変われるように、子供に信頼できる存在として料理のできる人間になってもらい、時期を見て交代させます。

もしも、料理担当になると良い事があったら?得する事があったら?やましいことを考え立候補する人がいるかもしれません。

大変失礼なコメントだと思っています。
本当にすみません。
ただただ、一旦冷静にご自身と周囲を今一度分析してみてほしいと思います。

逆に私自身が目を醒さねばならない状況にあるのかもしれません。
でも現状自分では、それは判りません。
私も自分の状況をよく考えたり、色々と勉強するなどし、planzさんの言われる世界を目指せるようにしたいです。
すけろく様
返信有り難うございます。
ん~、確かに見方によれば曖昧と言えば曖昧かもしれませんね。
繰り返しになりますが、視点が違うのだと思います。
単純に私の描く政府は曖昧というか、当たり前の事を当たり前にしてくれる誰もが思い描くお役所ですね。
細かい方向性はその時代背景や景気や国民性によって受け取られ方も変わるでしょうし、それはその都度議会で議論し国民の意思を尊重して結論を出して・・ってそんな当たり前の事をしてくれることを望んでいるだけなんですけどね。それって世界共通の当たり前の要望ですよね。そんなのおかしいっていう人はいないと思います。
しかし、「そうは言っても」「甘い」「分かってない」と言って、私の言う大前提の上に乗っかってるややこしい条件の中での議論になる。
そうじゃなくて、国民を裏切るような政治家は排除して真面目に機能してくれるお役所を目指したいという、大前提の話をしているのです。乗っかってる条件の議論はそれからの話ですよね。
世論が騒いでるのは大前提を無視されてることに怒っているのであって、正直それは議論するほどの事ではないのではないでしょうか。そこを否定するのであれば何かもっと違う何かに縛られて考えられておられるのではないかと思います。だって繰り返しになりますが、当たり前の事ですよね。
国民を無視して突き進むのが正しい政府だなんてありえませんよね。とにかく、政府として国民の為に働く政府、これ以上の展望はないと思います。それは抽象的でも感情的でも何でもないと思います。そんなの綺麗事、なんて言う方々もおられますが、私からしたら当たり前の事を出来ない言い訳だろ?と思います。
日本人として良い意味でプライドを持って、プライドといっても負けないとかそういうことではなく精神的な美意識を持っていきたいところですね。
とか言うと、また右だの左だの言われるんですよね(笑)
まったくの真ん中の気持ちで言ってるのですが。
上手く説明出来てなかったらすみません。

もったいない
planz様

するどい視点、論点がありながら、
その先の展望についての曖昧な点が気になります。

具体的ゴールが無ければ「純粋な思い」ですら、
単に混乱を招くこととなるような気がします。

「平和な政府」とは何ぞや?というのを具体的に
描かなければ、抽象論、感情論で押し流されるでしょう。
文言で表せないのであれば、議論をする事もできませんしね。
19:00 on 2015-09-30様
はい、無駄です。
馬鹿と思うなら相手にしない方が良いですよ。
私は自分の調べた事と、ここへ来てくださる方の意見や情報によって物事を考えております。
反対意見は聞きますが誹謗中傷は受け付けておりません。
他のコメントの方々に失礼です。
単なる妨害としてブロックさせていただきます。
人を否定するのに馬鹿と言うのが一番簡単ですが、他のサイトへも馬鹿呼ばわりはやめた方がよいですよ。
みんな真剣に考えているのですから。
馬鹿か
馬鹿呼ばわりするくらいなら名前を書け?の理屈が分かりません。馬鹿呼ばわりしたら必ず名前を書かなきゃいけないの?ますますあんたは馬鹿だよ。勉強不足?陰謀論を信じこんでる電波なあんたには何言っても無駄だろうな。
すけろく様
有り難うございます。
手段を選ばずやられてきたのは国民の方ですからね。
平和な政府を作るために、危険な人達を糾弾することは疑問を持つところではないと思うのですが。
国民の出来ることは選挙と世論だけですから、その範囲でどこまで出来るかが難しいところですよね。
でも、もう黙ってるというのは我慢ならない、というのが国民の増えている気持ちだと思います。
どっちの政党とかそういう次元の話ではないから噛み合わない事が多くなってるのだと思いますよ。
現状の政治家・政党の中での話をしている人達と、もっと大前提の話をしている人とでは論点がずれてしまうのだと思います。
どちらの視点も大切ですが、今が酷すぎるから黙れないのだと思います。
う〜ん?
planz様

”平和的な政治を求められる時代ではない”
”国内の危険との戦い”の意味する所はなんでしょう?

手段を選ばず、国家転覆という事なのでしょうか?
現状の破壊と言う事なのでしょうか?

1:31 on 2015-09-29 様
馬鹿呼ばわりするなら名前くらい書きましょうよ。
本当に多数から選ばれたと思ってるなら勉強不足です。
申し訳ありませんが私は誰にも踊らされてはいませんので。
その為に始めたブログです。あなたも始めてみては⁉
馬鹿か
その多数の国民が選んだのです。あんたこそ反日左翼の馬鹿共に踊らされるな。嫌なら日本から出て行きなさい。
すけろく様
コメント有難う御座います。

後を誰に任せるかは難しい問題ですし、自民に投じる人達も「他にいないから」と言う方が非常に多いです。しかしながら、なぜここまで自民を潰したがるかは、他の党とは全く違うからです。
まあ、厳密に言えば別の党と思わせた自民の犬も少なくないのですが。
どちらにしても自民党はただの政党ではなく日本を牛耳ってきた右翼団体に近い存在です。
考え方の違いなどでは済まされない自体です。彼らは国民のことなど考えてはいませんから。
もちろん他の政党もどこまで考えているのやらとは思いますが、自民党ほど悪意むき出しの政治団体は排除するのが当然でしょう。
仕方ないから自民にという国民がこのような多数を武器にした集団を作り上げた訳ですから。
良い政党を見つける以前に、まずは日本を金ずるにしか思っていない連中を排除することが先決と思います。次も同じようなのが出てきたらまた潰す努力をするだけです。
一番の悪は「他にいないから」です。自民党というか日本会議というか日米合同委員会というか、その辺を排除して初めて日本の政治が始まるのだと思います。良い政党どころか、もはやすぐに平和的な政治を求められる時代ではないと思います。我々にしたら国外どころか国内の危険との戦いだと思います。

並大抵ではないことは分かってますが、まずは抵抗することが大事だと思います。
多数と言うなら国民の方が多数ですから。
しかし
自民を糾弾したあとに誰に任せるつもりでしょう?
まさかの民主?
もしやの共産党!?
無政府状態は避けねばならぬと思いますが。


 

 
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。