~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まさかの棄却」

 高知の白バイ事件の再審請求が棄却されていた。
しかも、昨年、自民のイカサマ大勝が決まった二日後のことらしい。
見事な筋書き通りだ。これが自民党政治である。

「白バイ事件 裁判所の揺さぶり発覚」

「高知白バイ事件」警察の捏造

「忘れてはならない ~高知白バイ事件~」

「忘れてはならない ~高知白バイ事件~ ②

星の数ほど権力による冤罪あれど、ここまで大きくでっち上げが認知され、捏造の証拠が多く確認された事件は少ないだろう。
この事件はとにかく分かりやすく、警察発表とは違う完璧な証拠・証言がいくつも確認され、裁判所側が交換条件まで出し逃げ切ろうとした酷い事件だ。
特に地元のテレビ局がシリーズ化までして国民に訴えかけたと言うのが非常に大きな効果をもたらした。

 いくらふざけたこの国の司法であっても、ここまでの証拠を突きつけられた上で、多くの国民の疑いの視線の中で、再審自体を棄却するということは、白旗を揚げたも同然である。
しかしそれは事件を知る我々の眼から見た話であって、片岡さんにしてみれば社会的な立場は変わらないわけだ。
「あの人は警官を死なせて入っていた人だ」という社会的事実は変わらないのだ。

photo165965.jpg


 しかし、全国ネットでこの事実を報道する局はほとんど無い。
日曜の報道ステーションでは厳しい視点で追及したらしいが、結局、報ステだけか・・・といった感じ。

******* 阿修羅掲示板より ***********

高知白バイ事件再審棄却①

腰を痛めて珍しく自宅で安静にしている。

幸か不幸か・・・

高知白バイ事件についてジックリとブログを書く事が出来る。。。この事件については、『ネットで騒ぐのは控えて欲しい。』という裁判所からの要請があった旨、伝え聞いており、対応に苦慮していた部分もあるのだが、再審請求は無残にも棄却された。

今後は、ネットと地元高知で思う存分暴れたい(活動したい)と思う。

 。。。 。。。 。。。

高知白バイ事件の再審請求は、4年2ヶ月という長期間、関係者を右往左往させた挙句、昨年12月14日の衆院戦結果(自民党大勝)を確かめるかのように、二日後の同月16日に棄却された。。。判決を下したのは高知地裁の武田義徳裁判長である。

政治と裁判が密接に繋がっている事を再認識させられる判決タイミングだった。

武田裁判長の棄却理由は、2007年(原審)高松高裁の柴田秀樹裁判長(当時)が下した『生徒や教員のほか野次馬等もいる中、警察官が被告人を逮捕して警察署に引致し、現場に戻すまでの間に捏造し得る状況ではなかったから、ブレーキ痕様のもの等を捏造した疑いは全くない。』という判決を踏襲したものだ。

要するに、武田裁判長は漫然と柴田裁判長の判決を支持しただけで何もせずに再審請求を退けたのだ。。。実際には、全ての証拠は、実況見分が終わった後に高知県警によって捏造されている(中段の証拠写真参照)。


この再審棄却については凡その予想はついている旨、片岡晴彦氏を支援してきた中心的人物から、『衆院選が終わったタイミングで、ドサクサにまぎれて判決を出すだろう。』という情報が私の元にも入っていた。

これで武田裁判官は、柴田裁判官らと共に出世コースを確保した。。。彼らは最高裁事務総局のお覚え目出度く、数年後には東京地裁、いや東京高裁判事として特別な事件を精力的に裁いているだろう。

あの陸山会事件を無茶苦茶な「推認判断」で裁いた登石郁朗と同じ出世コースを歩むのだ。我々はこの事実を肝に銘じ、努々(ゆめゆめ)忘れてはならない。。。忘れなければ、必ず逆転のチャンスは到来する。

今は、艱難辛苦に耐えてジッとその時を待つのだ。

国民の意志で裁判官を裁く事が出来る。。。その時が来るまで・・・

********* 中 略 *********

私は、2012年衆院選で未来の党公認候補になった時も、昨年末の衆院選でも候補者としてこの写真入りのビラを配ってきた。。。損得など考えずに徹底的に司法の闇と対決している。

司法は民主主義の根幹を守るものであり、警察、検察、裁判所がグルになった冤罪事件を許していては、法治国家の存立そのものを否定することに繋がるからだ。

政治を真剣に考える者なら、この事件を看過できないはずだ。

現在も、今年4月の高知県議会議員選挙(高知市選挙区)出馬準備として2万枚の同証拠写真入りのビラ配布を行っている最中だ(写真の解説はこちらのリンクで)。

ところで、この事件の特徴のひとつにマスコミ対応がある。。。

私も激しく対立しているところだが、地元新聞シェア84%を誇る高知新聞や地元民法テレビ各局が高知県警からの圧力に屈して、この国家的冤罪事件を報道出来ない。

4年2ヶ月の時間を要した再審請求の過程では様々なドラマがあった。なんと言っても大きな驚きだったのは、高知地裁で再審請求を審査した前任の平出喜一裁判長が、高知地検に県警証拠写真のネガフィルムの開示を要請し、片岡さん側にその精査を許した事だった。

これは画期的判断であり、関係者は飛び上がって喜んだ。。。再審開始に向けて一気に期待が膨らんだ。

44df_R.jpg


そして、ネガフィルム鑑定結果は素晴らしいものであった。

6f5_R.jpg


 心ある裁判官はいるんだ。。。

           此の国の司法は腐り切る前にようやく踏みとどまった。

   再審開始がいよいよ現実味を帯びてきた。


しかし・・・

喜ぶ関係者に冷や水が浴びせかけられた。最高裁事務総局の暗躍だった。

********* 転載 終了 *********

Comments



 

 
03-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。