~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「根本的に・・」

 イスラム国による日本人人質、身代金騒動。
政府がどうするつもりか知らないが、国民の血税を何だと思っているのか。
誰の許可を得て中東の国々に寄付するのか。
その国々が日本人の金をどう使うか理解して渡しているのか。
それが戦争に加担することだと理解して渡しているのか。

Islamic_State1_R.jpg


 今回の身代金も、申し訳ないが支払う必要はない。
私も人間であるから、遠く離れた国で命を落とす可能性があるのは当然気の毒だとは思うし助かって欲しいとは思う。
しかしながら、元を正せばそんなところへ自ら飛び込んでいく人間の自己責任だ。
もちろん、報道する人がいるから情報が入る訳で、そういう人には頭が下がる思いであるが、そこは自己責任の最高峰である。だから価値があるのではないか?何かあったら助けてもらえる訳ではないから価値があるはずだ。
後藤さんも「すべて自分の責任だ」と言ってシリアに入って行ったそうだ。
私の好きな渡部陽一さんも、誰のせいにもしない、誰にも救いは求めないのではないかと思う。
勝手なことを言ってはいけないが、そんな覚悟を感じるのは私だけではないはず。
それが尊敬すべき最前線で命を張る仕事だと思う。
ぬくぬく生きている私ごときが偉そうに言うことではないが、数少ない「しくじったら最後」の仕事なのだと思う。
もう一度言うが、助かって欲しいのは当然である。
一番の悪はそういった戦争があることである。
宗教は人の心を救うものであって、他人と戦うものではない。

 よって、自分の立ち上げた軍事会社の為に飛び込む人間については何も言うことはない。
素人が戦争に首を突っ込んで現地の人の言うことも聞かないで飛び込んでいく人間には同情すらも薄れる。
ど素人が考えても、甘すぎる。

 問題は、身代金もそうだが、それらの戦地に送る金や自衛権の行使である。
多額の身代金を払って人質が助かり、戦争も終わるのであればいくらでも使えば良い。
しかし、本当に助かるかも分からない上に、その金がまた人を殺すのである。
そしてその殺しがまた怒り恨みを生み、殺しを作る。
日本の血税をそんなところに使ってはいけないのだ。三者が出来る事は話し合う事だけだ。
アメリカが「日本は何もしない」と言ったら、「その通りだ!!」「あなた方とは違うのですよ」と堂々と言えばよい。

 そして、その莫大な血税で何が出来る?
日本の中で、苦しんでいる人がたくさんいる。
被災者、被害者、病人、けが人、金の無い老人、仕事が出来ない人・・・早急に何とかしなければならない問題が山積みなのになぜ海外の戦地に?
しかも税金を次々と上げておいて。

 この流れ、まんまと戦争介入へと進んでいるのが国民は分からないだろうか。
イスラム国の暴走を散々報道するも、アメリカが介入を始めるなり報道が減る。
戦争を始めるきっかけ作りが出来れば報道は必要ないのだ。
アメリカが人の戦いに首を突っ込んでいる様は見せたくは無いだろうから、これは予想通りだった。
「アメリカが行動起こしたからもうそんなには報道しないと思う」と周りに話したのだが、まさにその通りになった。
普通に考えたら、戦争にアメリカが介入したら、そこからが大ニュースであり、報道が必要なのだ。
しかし、アメリカ軍が他国の人間を攻撃しているところは報道しない。
今も昔も。

 「次に報道が始まるのは他国を巻き込むときだ」と言ったのもその通りになった。
参加国を増やすように人質が殺されていった。
そして、憲法解釈の操作と言う暴挙を引っさげた自民が無駄な選挙で大勝(嘘の)し、これからやりたい放題になった途端に報道が始まり多額の寄付、そして日本人の人質。
どう考えても日本のアメリカ腰巾着軍の設立へまっしぐらと言うことではないか。
あとは国民を騙し騙し自衛隊を軍化していくだけである。
「大丈夫!大丈夫!これだけ!」と言いながら徐々に規模を拡大していくのは目に見えている。
すべてはアメリカの為。
アメリカは感謝などしない。
日本は犬なのである。

 映画「パール・ハーバー」を見てみれば良い。
あれほどヒットさせたが、開いてみれば単なるアメリカヒーローの皮を被せた反日映画である。
日本軍の奇襲と米兵の苦しむ姿ばかりを流し、日本人が米兵に撃たれるシーンは皆無であった。
この腹立たしい映像を日本国民は喜んで見ていたのだ。
あの悲しき真珠湾攻撃がアメリカンヒーローものに姿を変えてしまった・・・
そのやり方は北朝鮮・韓国と何ら変わりは無い。
20131015224946.jpg


IMG_0763_R.jpg


 アメリカにいい顔をしたければ自分で前線へ行き助けてくるがいい。
日本の総理大臣、政府のやっていることは軍人と何ら変わりないのである。
軍人を総理にするつもりはこれぽっちも無いのである。

plc13022310330012p1_2.jpg


まずは国民を守れ!

Comments

薄野出利夫 様
 遅くなりました・・
そうですね。
私も彼らの自己責任だと思います。

仰るとおり、まずは真の独立国家になることから始めないと何も変わりませんね。
まねきねこ様
 遅くなりました・・・
仰るとおり、我々が悔しがるのを奴らは喜んで見ているはずです。
こちらはいつでも冷静に対応するのが望ましいですよね。
アメリカの犬
まず不謹慎かもしれませんが
湯川さん後藤さんの為に1銭も出せないとした政府の対応は真に立派です。
金を出せば次々と邦人が拉致され法外な要求が出るのは火を見るより明らかです。
ヤクザの常套手段ですね。
しかしながら情報収集や水面下の交渉等で血税が使われたのも事実です。(迷惑な話です)
自己責任‥そう彼らは自己責任で渡航し亡くなったのです。
自己責任と言えば消防士や警察官そして自衛官、彼らも自らその職業に就いたのなら命をかけて国民を守る(死も覚悟)義務があります。
今後海外や国内でのテロで国民を救出する場面も出てくるかもしれません。最悪殉職される可能性もあります。その場合は彼らや政府を批判せずご遺族や殉職された方へまずは敬意を示すべきでしょう。
アメリカの犬‥そうですね。否定できませんね。
それが嫌なら、本当に独立国家になりたいのなら、「憲法改正」が絶対必要です。
バーク陸戦条約に違反してアメリカ等が大日本帝国に押し付けたのが今の偽憲法です。
「憲法改正=戦争する国」ってアホな脳ミソのヤカラが多いですが「平和」を憲法に記載しているのは中国やアメリカ、ロシア等ほとんどの国々なんですよ。
憲法も多くの条文があり現在では通用しない条文も多くあり、これを改正しても憲法改悪になるのでしょうか?
9条の曖昧な表現を改めて「非武装」と明言する改正もありますね。
護憲主義のヤカラはこのような改正すら考えないのでしょうか。
真の独立日本国のために左翼・右翼を問わず自主憲法制定に立ち上がりませんか?
No title

安倍の独裁政治。

無力を嘆き、傍観するだけなのだろうか?

善人は正義感を基にした長期的な怒りで疲労困憊していく。これも支配層の作戦。折れないよう精神(誠心)をコントロールしていかねば。


 

 
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。