~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みのもんた次男の冤罪」

 今頃になってこのような記事が。

 阿修羅掲示板より
盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張(リテラ)

fa085ce6ce4a159035fdbfe88b124fcf_22867.jpg


***********転載開始***************

盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張
http://lite-ra.com/2015/01/post-774.html
2015.01.09. リテラ


「どうも、来年3月の第3週から『報道ステーション』の司会を古舘くんに代わってやらせていただくことになりました、みのもんたでございます」

 みのがこんな発言をしたのは昨年まで連載していた「アサ芸プラス」の記事中でのことだった。

 もちろんこれはみののギャグ。2013年、次男の不祥事で『朝ズバッ!』(TBS系)などレギュラー番組を降板したみのだが、最近でも「(仕事のオファーは)どこからもきていません」(みの)という状態が続いている。

 だが、みの本人は現在でも報道番組などへの本格復帰に意欲的で、その機会を虎視眈々と狙っていると見られている。実際、派手な復活パーティや在京テレビ幹部との会合も報じられ、また多くのメディアのインタビューに応じて「やりたいことはまだまだある」など本格復帰の可能性を示唆している。

 そんな中、みのが出版した『敗者の報道』(TAC出版)という本が一部で話題になっている。そこには次男の窃盗未遂容疑逮捕の“真相”が語られていたからだ。


 これまでの報道では、事件は次男が泥酔した男性のカバンからキャッシュカードを盗み、ATMを操作しようとしたとされている。だが、本書によると「本人はいまだに盗みはやっていないと言っています」という。そしてみのもそれを信じているというのだ。

 最初は、このオヤジ、今頃になってまだそんな言い訳をしているのか……と思ったのだが、よく読むと、報道とはかなりちがう事実が次々明らかになってくる。

 まず、みのが次男から聞いた一部始終は以下のようなものだった。8月13日午前1時頃、酔った次男は自販機で水を買おうとした際、自分の財布がないことに気がついたという。

「焦ってあたりを探すとコンビニ前の道路にカードが3枚散らばっていた。そのうちの1枚が自分のメインバンクのキャッシュカードだった。咄嗟に〈やられた! 自分の口座の金を引き出された!〉そう思いこんでしまった次男はカードを拾い、まっさきにコンビニ店内のATMで残高照会しようとした」

 だが、暗証番号が合わない。よく見ると自分の名義ではないことに気づいた次男は、そのカードを店外へポイッと捨ててしまったという。

 その直後、背後にいた警察に呼び止められ何をやったか咎められ、交番に連れて行かれた。その聴取の途中で次男の紛失した財布が届けられたため、財布を落としたのは事実と分かり、そのまま帰宅が許されたという。

 それから1カ月、警察からは何の連絡もなかった。しかし9月11日、自宅マンション前に待ち構えていた刑事たちに次男は窃盗未遂容疑で逮捕されてしまう。その後はみののレギュラー番組出演自粛、そしてマスコミからのバッシング報道が巻き起こっていく。その渦中にありキャスターとしての立場、しかし子供の言葉を信じたい父親としての苦悩で揺れるみの。

 事態はさらに悪化する。10月1日には被害者からカバンを盗んだ容疑で次男が再逮捕されたのだ。当初、次男は容疑を否認したが、その後は罪を認め、マスコミでは窃盗未遂は確定したものとして報道された。

 ところが、10月29日、次男はなぜか起訴されることなく起訴猶予という処分が下されていたのだ。

 いったい何があったのか。実は、次男が盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋は検出されなかったのだという。そして、ATMを調べても“残高照会”を試みようとした記録しか残されていなかった。“引き出し”をしようとした痕跡がなかったのだ。

 これらの事実は、当初から次男が主張していた「落ちていたカードを自分が盗まれたカードだと勘違いし残高照会した」という証言に合致する。また次男はカバンが落ちていたことや、その持ち主が植え込みの中で寝込んでいたこともまったく知らなかったという。

 これらの事実を聞くと、次男の逮捕は明らかに誤認逮捕、冤罪としか思えないだろう。しかしだとしたら、どうしてみのの次男、そしてみのはそのときに声をあげなかったのか。考えられるのは、おとなしく罪を認めれば、釈放と起訴猶予処分にするということで警察と話がついていたという可能性だ。

 当初、警察はみのの次男ということで、なんとしても事件化しようと、前のめりになって捜査を開始。マスコミにもどんどん情報をリークした。ところが、途中で、盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋が検出されなかったことが判明。慌てて幕引きをはかった。

 実際、みのは同書の中で、警察の前のめりな姿勢についてこう疑問を述べている。

「キャッシュカードとカバンの窃盗容疑をわざわざ分けて逮捕するというのはあきらかに異例でした(略)何がなんでも警察は次男を起訴に追い込む腹づもりでいることが明白になりました」
 
 加えてその体制も異例だったという。捜査にあたったのが所轄ではなく警視庁捜査第3課という“プロの泥棒”を扱う専門部署だったからだ。

「単に“置き引き”の疑いがあるというレベルの事件を担当する捜査員たちではありません。そもそも、どうしてそんなスペシャリストたちが出動してきているのか?」

 みのは元検察官で警察内部の事情に詳しい弁護士からこんなことを言われたとも付け加えている。

「原因は君だよ。この件は君が“みのもんた”じゃなかったら、1日でおしまい。逮捕までいかなかったんだよ」
「人の不幸は密の味と言う言葉もある」

 しかし、みのはそれでも結局、同書の中で冤罪とは一言もいっていない。 不当逮捕という表現も使っていない。その背景にはおそらく、みのの次男が警察との取引に応じてしまったということがあるのだろう。次男の側にも他人のキャッシュカードを残高照会とはいえ一旦使用し、そのまま捨ててしまった負い目があり、そのため、「罪を認めれば起訴猶予にする」という取引に応じてしまった。その次男を慮って、一番核心の部分を話していないのではないか。

 だが、もし、みのが本当にキャスターとして報道番組復帰したいと思っているなら、この部分を包み隠さず話し、そして不当逮捕した警察と当時、洪水のような報道を繰り広げたマスコミと対峙すべきだろう。そのことが、みのにとってのみそぎであり、甘やかしてきた次男に対する親の責任の取り方というものではないだろうか。

*************転載終了************

 そして、この記事のコメントも、ほかのサイトのコメントでも、みのの事は「今更何言っている」「今までやってきた事は許されない」「やめろ」とボロクソに言われている。

 確かにそう。みのもんたが奥様層をはじめ、国民を自民寄りに洗脳してきたことは事実。
私も取り返しのつかないことをしてくれたな!という怒りはあるが、「だから何も聴かない」「うるせー」で良いのか?この記事も非常に大きな日本の裏が書かれているのだ。
言葉が本心かどうかは別として、嫌いだから「うるせー」では某燐国の自殺まで追い込むイカれた誹謗中傷国民と何ら変わらないではないか?
権力にひれ伏す著名人も問題だが、だから何を言ってもいいという何様国民はそれ以上に嫌いである。
そういうことをいう連中が立場が逆になった時に、果たしてみのもんたと違うスタンスで立ち向かえるだろうか。その世界でチヤホヤされ大金を手にしてくれば、最初の段階できっかけを逃せばなかなかそれを捨てる勇気は出ないはずだ。
だいいち、30越えの子供の行動を親の責任と言う連中はどれだけ甘い人生を送っているのか。
この場合の親の教育の話など世間話でしろと言いたい。
本人に言葉を浴びせ罵ることではない。



 そのみのもんたが全てを失くし、心中を告白したら、聞いたっていいんじゃないか?
一番の悪はそういった国を作り、自分達の為に人の人生をボロボロにしている権力者じゃないのか?
責めるべきはその権力者じゃないのか?少なくともネット住民ならそれくらい理解すべきじゃないのか?
結局チヤホヤされる金持ちへのひがみではないのか?
と、思うのである。
まあ、これも私の一方的な意見である。

 今回の本題はそこではない。そんな中、みのもんたがした重要な発言である。
要は、息子の事件は冤罪であるということなのだが、問題はその冤罪が故意なのかどうかということだ。
この掲示板の記事を見ると、捜査のミスで出来た冤罪であり、警察側は焦っていたとあるが、果たしてそうだろうか。
 ここには息子の行動と警察の捜査のみが書いてあるが、ここに来る方ならご存知だろうが、みのもんたは吊るし上げられる前に、ラジオで原発について現場へ行き真実を報道すると言った。
特番の準備もあると話した。



その後である。吊るし上げられ猛攻撃を受けたのは。
もし、推察通りなら、みのもんたはアメリカ自民によって使い捨てられたということだ。
弱者同士もめている場合ではない。
国民総動員で自民への誹謗中傷を始める時ではないのか。
日本を救うには、今やるべきは平和ボケ国民の洗脳を解くこだ。
まずは周りからだ。。。

Comments

赤軍 ロシア イラン
> 8月12日放送のフジテレビのJAL123便・特番は表面的には、事故調報告書の
>スートリーをなぞっているが、実はきわめて現代的な手法で、一部真実を国民に伝えてい
>た。

> それは何かといえば、番組自体は表面的には、事故調ストーリーを上書きするものであ
>るが、その一方でさりげなく、JAL123便事件が持つ本質を国民に知らせたと私は
>思っている。

> 8月12日のフジテレビJAL123便特番ではどういった場面で、JAL123便事
>件が持つ本質を国民に知らせたか。

> まず第一に、陸上自衛隊第1空挺団の出動を取り上げたことである。

> 実は日本の陸上自衛隊第1空挺団が出動するのは、日本国家の危急存亡の時なのであ
>る。

> つまり、JAL123便撃墜事件に最新兵器が使用され、支配者階級にとって今までの
>政治支配が、ひっくり返される事態でもあったことを第1空挺団の出動が暗示していた。

> 今までの支配体制がひっくり返る事態だったからこそ、日本の自衛隊最精鋭とされる第>1空挺団に、出動命令が黒幕から下ったことを国民に知らせた。

> 第二に、JAL123便墜落現場では、墜落後も生存者がいたことをあの番組は、国民
>に知らせた。

> 第三に、事故調説とは別に、JAL123便撃墜説があることを、各著書を提示するこ>とにより、国民に知らせた。


日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、
戦後40年の米国支配体制がソ連勢力に攻撃されたため、国家存亡の危機ということで第一空挺団の出動となった。

よど号事件と同様に、赤軍が暗躍している。
・福知山線の件も赤軍拠点の同志社大学と自衛隊福知山部隊を結ぶ路線で発生している。
・2011年の311を引き起こした ちきゅう号は、ロシアの設備でイラン人が操船している。 http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/25058.png  ロシアイランからの攻撃により日本存亡の危機ということで米軍は友達作戦等最大限の支援を行った。

日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事のJAL123便高濱機長はイラン革命の際、唯一救助を申し出た人物だったため、イランから睨まれ、御巣鷹にて火炎放射器にて徹底的に焼かれた
2015.01.13 Tue 20:45 様
 コメントありがとうございます。
すみません、ちょっと記事の表現が悪かったかも知れません。
もちろん、みのさんの素行は悪かったと思いますし、日本をここまでにした一人であると思いますので、許す必要もありませんし、応援をする必要はないと思います。
私も応援する気もないですし、おそらく結局はこの先名誉挽回する事もないと思います。

 ただ、その一般の視線に隠された政府の汚い手段、みのさん家族に対する暴挙は我々も認識しなければならないだろうという記事でした。ある意味彼も社会の被害者ではないかとも思うわけです。なので、「ざまあみろ」のひと蹴りで済ませるのではなく、我々ももう少し深い見方をするべきではないのかなと思うのです。そうしないと、我々もいいように騙されているということになりますから。

 みのさん自身は今までの報いですから仕方ないといえば仕方ないですけど、誰しも同じ境遇になれば同じ素行になる可能性はあると思いますしね。環境は怖いです。

対抗馬はないですね。
妥協するにも選択肢がないというのはありますよね。
民主党代表選も不穏な空気が流れてますし、不安材料しかありませんね・・・
困った国です。

みのさんは素行が悪すぎましたから。彼の番組の制作スタッフによればセクハラは完全に黒です。なので応援できません。それとは別に自民は嫌いなので選挙では投票しませんが対抗馬がいなくて本当に困ります。


 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。