~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「報道ステーションのディレクターが自殺。?・・・」

 古舘 伊知郎の「原子力村」発言を皮切りに、数少ない真実の報道へ向けて歩みだしたと思える報道ステーションだが、その動向を心配していたところ先日ミヤネとの交代説が出るなど不安材料がちらほら・・
しかし、この二日、番組のディレクターが自殺したとの情報が騒がせている。
もちろん陰ながらの騒ぎである。
現役のメイン番組のディレクターが自殺したのにテレビで大騒ぎになることはなかった。
どうやら「蚊騒動」は、その自殺報道で一時止める事も出来ないほど重要らしい。




************* 「木下黄太のブログ」より ***********


福島の甲状腺ガン報道を続けていた「報道ステーション」ベテランのディレクターが自殺ということについて。

2014-09-03 02:12:55 | 福島第一原発



非常に不可解なことが起きています。

テレビ朝日の「報道ステーション」で中核的にこの福島報道を続けていたディレクターが先月末に自殺されたそうです。今年の3.11.の時に、「報道ステーション」が伝えた、福島の甲状腺などの問題に関して取り組んでいた中心人物です。

すでに20年以上のベテランディレクターで、子会社のテレビ朝日映像の方だと聞いています。

数日前に、会った知人などによれば、いつもと変わりなく元気そうに見えて、取材のことを話していたそうです。

実は、このディレクターは、ことしの3.11.前に三田医師にも長時間のインタビュー取材をおこなっていました。

「福島の健康状態で、懸念されることが多いから、取材をさせてほしい。」ということだったそうです。

三田医師は「僕は東京の人は数多く診ているけれども、福島は診ている数が圧倒的に少ないから、僕は福島に関しては、あなたの期待にこたえる話はなかなか出来ないかもしれませんよ。東京の話なら出来ますが。それでもよいですか。」

こう答えたそうです。

このディレクターは「もちろん、そのつもりです。しかし、東京の話は、伺っても放送できるかどうかが、最終的に会議で決まるので、それだけはご了解下さい。僕は、こうした問題を伝えたいので。」と、そう真面目に答えていたそうです。

取材時間は3時間。熱心にインタビュー撮影をして帰ったと言います。

数日後、彼から三田医師に連絡がありました。

「すいません、やはり会議では、先生の取材は流せないことになりました。すいません。」

こういうふうに取材がうまく放送につながらなかった事をきちんと報告してきたディレクターは、彼だけだったそうなので(多くのそうしたケースがあるのに)、三田さんには印象に残ったということでした。

このディレクターは間違いなく、「報道ステーション」の中核スタッフであったのは、実は別のことでわかります。

「新聞協会賞」という賞があります。ここにニュース部門でエントリーしている中に、テレビ朝日の「報道ステーション」の内容があります。再審決定された袴田元受刑者の単独インタビューです。

そして、ここに、彼の名前がでています。

 テレビ的感覚で言うと、こうした「新聞協会賞」に、テレビ朝日本体の記者の名前だけでなく、子会社のディレクターである彼の名前も記載してエントリーされているのは、そのディレクターが為した仕事の比重が、このスクープを取るのに、大きな役割を果たしているからだろうと推察します。その意味では、このディレクターの方は、取材的な達成力がいろいろと大きくなっていたのだろうとも思いますし、それはテレビ朝日の中でも一定程度は評価されていたと思います。

 そうしたベテランのテレビディレクターが自殺することは、通常は、なかなか考えられません。

 勿論、自殺は個人的な要因もありえますし、元気そうな人が、突然自殺したことなど、僕の身近でも昔、ふつうにおきています。だから、その直前の言動だけでは、なんとも言えません。

気になるのは、こうした使命感があるようなタイプの人が自殺する場合、仕事で重要なことがあるときに、それを投げ捨て死ぬことがあるのはどういうことだろうかということを、きちんと考察しておかないとならないということです。

個人事情でなくて、なにかありうるのか(個人事情なら何もこちらは確認の必要はないですから)。

この話は、そうしたことを確認しておかないとなりません。彼の自殺につながるような何か原因やトラブルのようなものがあったのか。彼のしてきた取材(福島に限りません)によって、何かと抵触していることはあるのか。その取材によって、何かおきていることはあったのか。

いずれにしても、そうした考察や確認を続けるしかないと思います。

ただし、ああした報道まででも、今の東京キイ局でおこなおうとすることは、大変な心理的労苦があることだけは、いずれにしても間違いないと僕は思います。この方が、真面目で、三田医師に対して、きちんと侘びの電話を入れる律儀さがあったことも気になります。そうした人間的まともさがあることは、テレビ取材という仕事の中では、取材者本人を心理的に追い詰めてしまう結果になる場合も、ままあるからです。

テレビという箱は、全ての人にとって夢の箱ではありませんから。




 僕は直接は存じ上げませんが、被曝の問題に似たような意識を持っていたと思われるこの方のご冥福をお祈りいたします。




【追記】

 このディレクターの自殺に関して、殺人というような陰謀史観がネットで平然と流れていて唖然とします。そんなことをどう確認をして言っているのか、本当に理解に苦しみます(確認しているとは思えませんが)。

[この人に取材を受けた知人は「身の危険を感じている。私が死んだら殺されたと思ってください」と彼から聞いたという。]

こんな記述まで、Facebookで読みました。話に具体性がないですし、なんで取材相手に、取材者がそういうことを言うのか? まったく意味が分りません。取材対象に、それを言うことに、なんの必要性があるのか? そういう発言を取材対象に言ったら、相手を困惑させるだけです。取材者と取材対象は、そもそも心理的距離感が不可欠。こういう発言、 報道に携わっている人間が、取材相手にそんなことを言ったら、実はアウトです。普通に考えたら、25年仕事をしている人間の言葉ではないです。こういう形で、裏づけが全く出来ない、陰謀史観的妄想を平気で書く人に、許せない思いが僕は強いです。

================================転載終了==========================



 間違いなく言えるのは、この自殺、「おかしい・・・」ということである。
証拠がない以上憶測でしかないが、自殺は信じられない。
普通に考えると、今までの番組作りに対するものではなく、これから何かを大きく報道しようとした事に対する完全故意の操作行為ではないか。
当然警察はこれ以上調べることはあるまい。

そこで上の情報元ブログの【追記】部分について、一言申したい。
******************************
このディレクターの自殺に関して、殺人というような陰謀史観がネットで平然と流れていて唖然とします。そんなことをどう確認をして言っているのか、本当に理解に苦しみます(確認しているとは思えませんが)。
         ・
         ・
 取材対象に、それを言うことに、なんの必要性があるのか? そういう発言を取材対象に言ったら、相手を困惑させるだけです。        
         ・
         ・
こういう形で、裏づけが全く出来ない、陰謀史観的妄想を平気で書く人に、許せない思いが僕は強いです。

******************************

 とあるが、確かに関係者、知人の気持ちとすればそのへんは理解できるものではある。
が、それでは閉じ込められた真実は発掘されないのではないか?
「なんの必要性があるのか?」と言うが、それこそこのブログ主の想像に過ぎない。
我々が知らない「必要性」も考えなければならないのではないか。
まずは憶測から疑いをかけなければ問題提起にもならない。
問題提起が無ければ追求など生まれてこない。
感覚として、また経験上、持っている情報上、可能性を感じれば憶測であることを提示した上で問題提起すればよい。それから、追求までもっていければ真実の発掘に繋がる、もしくは国民の意識を変えることにも繋がる。

確かに中には面白半分の陰謀論や作り話を憶測ということを提示せず振りかざす輩も多数存在する。
これは失礼極まりない。
しかし、私も含め多くのブロガーは国民の生きる権利すら権力に潰されている現状が許せず、肝心の国民自身が目を覚ますべく言論活動をしているわけだ。
一般人が裏付けを取れるはずもなく、また、誰かが裏付けを取るのを待っていたら全て時間が洗い流してしまうのだ。
とにかくおかしい!と思ったら即発言するべきだと思うのである。
もちろんそこには「配慮」というものを含めるのは言うまでもないが。

 やはり、この自殺に関しては警察発表を鵜呑みにするべきではないと考える。
仮に自殺でないとすれば他殺の可能性は十分あるではないか。
おかしいと思うことはおかしい!と、どんどん拡散するべきである。
それほど今の日本は追い込まれているとも言える。
(今でも、かもしれない)

Comments



 

 
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。