~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「元検事の告白」

 障害者郵便制度悪用事件で、厚生労働省元局長・村木厚子氏を陥れた一人、大阪地検特捜部の元検事、前田恒彦氏が出所後初めて公の場で取り調べの全面可視化などの推進を訴えた。


ネットではフロッピー前田などと罵られたりもした訳だが、こうして出所後日本の腐敗構造から出て、腐敗権力の更生を促している以上、心から健闘を祈る。
言っても、彼だってある意味検察組織の被害者であったことは間違いない。
検察・警察・裁判所はおそらくそうせざるを得ない仕事場なのであろう。

日本の権力組織が特異でタチが悪いのは、特定の悪代官がいて従わざるを得ないのではなく、組織の体質がそうである為、誰であっても逆らえず、誰が捕まるか分からないところである。
韓国の反日活動も相通ずるところかも知れない。
そして、輪をかけて悪化させているのがまたしてもマスコミ。
日本の正義を握る検察が不正に改ざん、無罪と分かっていながら陥れたこの事件をほとんど報道しないというのが本当に信じられない。
img323dadd2zikfzj.jpg

「警察・検察が想定したストーリーと違う話が出てきた。そうすると往々にして聞かなかったことにする。業界用語では“つまみ食い”というのですけど・・」
これって大大大事件なんではないか???
今、そしてこれから裁判関わる人は不安を抱えて日本の司法に身を委ねなければならないということだ。

不正を洗いざらいぶちまけて、可視化を徹底し、検察幹部を総入れ替えし、裁判官も総入れ替えして、最高裁事務総局を解体してもらうまでは、とてもじゃないが私は裁判など関わりたくはない。
まあ、もとより裁判など関わりたくないのは当たり前だが、こんなものを見せられたら尚の事恐怖感が増す。

それと、鳩山・小沢民主党(現民主党ではなく)が解体されてから、可視化という言葉自体聞かれなくなってしまった。
民主党を猛攻撃し、よりによって自民党に票を入れた人達は、この日本の落ちっぷりに気づいているだろうか。
結果はどうなろうと、鳩山・小沢民主党が政権を取った時の期待感を忘れてしまっているのだろう・・・
自民とその犬達によって、ここぞとばかりに切ったスキャンダルカードで全ての期待も消えてしまった・・・

司法の改革など夢の夢なのか・・・

Comments



 

 
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。