~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「STAP細胞騒動の首謀者」

 コメント様より情報を頂いた。
まさか飯山一郎さんが絡んでいようとは・・・
全て当事者達が公表しない限りは憶測でしかないが、これが関係している可能性は高い。

まずはこのマスコミ達の小保方氏の叩きよう。
これは日刊ゲンダイ。
gendai_480.png
元を正せば、この問題は写真を載せ間違えた事、画像を見やすく加工した事。
細かいことを言えば他にも問題点はあるかも知れないが、訂正すれば良いこと。
ところが、この記事を見ると学者人生まで絶体絶命となっている。
「小保方さんの研究者人生は終わりだろう」・・とまで。
理研幹部は拍子抜け?
お前達の研究だろ。。。
完全に小保方さんは理研の部外者、敵なのである。
(理研事情通)とは誰だ。
関係者ならまだしも事情通などという訳の分からない人間の証言を使って一人の人間を陥れるなどもはや鬼畜である。
公平に小保方晴子事情通を出す気はないのか?
このままでは小保方氏がどうにかなってしまうのではないかと心配である。

・ 小保方晴子氏は医学の進化を目指してSTAP細胞を研究し完成させた。
・ しかし論文で失敗をしてしまった。
・ 自ら訂正をして謝罪した。
・ 同僚の理研及びマスコミ達は徹底的に責め、たった一人を潰しにかかり、細胞の研究そのものを否定し始めた。
・ 自宅や近隣まで追求の手を伸ばし本人は入院。
・ 細胞の研究は続け役に立ちたいという本人の気持ちと裏腹に、こうした記事を使って続けられなくしつつある。
・ 研究を続ければそれを叩くことは容易に想像できる。

・・・これはもはや傷害罪で良いのではないだろうか。

写真を載せ間違えた事に対する代償としてはあまりにバランスが悪すぎる。
まるで犯罪者に対する追求である。


では、何がそうさせるのか。
なぜそこまでするのか。
小保方氏には申し訳ないが、これは間違いなくシナリオ通り。
おそらく発表の段階から決められていたこと。
一旦持ち上げた後、一気に叩き落とし再起不能にする。
効果的なやり口だ。


では疑惑の一説を広めてみよう。

まず、STAP細胞は間違いなく存在する。
考え方は二通りある。
この研究を完全に抹殺するパターンと誰かが独り占めする為の準備というパターン。

では飯山一郎さんのHPを参考に考えてみる。

このSTAP細胞、実は以前から同じような研究が進められており完成されていたと見られる。
こういった万能細胞の研究はES細胞・ips細胞が有名であり先駆者である訳だが、STAP細胞よりもプロセスが難しい。
そこへ来ると、このSTAP細胞は難しいプロセスがないので実用には最適。
isp細胞が遺伝子などを取り込んだりとする必要があるが、STAP細胞は弱酸性の液体に反応だけで出来る。
(※ 簡単といっても私のような素人の言う簡単とはレベルが違うことはもちろんだが。)
そして、今回の論文ではその液体の詳細等は記載されておらず、それが再現性に難がある、再現出来ない、といった事になってしまい叩かれるネタにもなってしまった訳だが。
ただ、いくら論文のようにやれば再現できると言っても、設計図を公開した訳ではなく、あくまでこの細胞を作る技術を発見したというものであるから何ら問題はないと思うのは私だけだろうか。
設計図は実用の段階で特許などを取った後発表するものではないのか?

で、その液体だが、小保方氏は「オレンジジュースのような酸性液で外的刺激を加えた」と言うにとどまったが、その液体こそが飯山一郎さんの作った乳酸菌液であるようなのだ。
まず、飯山さんの弟子なる人が熊本大学の太田准教授なる人物にこの液体を贈った。
そしてこの人物がSTAP細胞のような物を作り出し記事にもなっている。
QQ_480.png
ohta1_480.png


この乳酸菌液については本人が公表しておらず証拠はないが、発表当初「理研から提供された乳酸菌を使った」と言っていたらしいが、どうも隠し通しているらしい。
また、その乳酸菌液、理研にも渡っているはずだという。

こうなってくると、小保方氏の言っていた「名前は言えないが他にも成功した人がいる」、その人であろうと思われる。

元々この乳酸菌液、実用されており、顕微鏡で確認しなくとも幹部につけることで細胞の猛烈な活性化が見られるとのこと。ある意味STAP細胞は既に完成・実用されていたのだ。
そのメカニズムを確認していないだけである。
メカニズムを解明したのが小保方氏である。
乳酸菌に関しては素人という発生学の権威太田氏は結果オーライの実験をして見せただけで事の詳細をうやむやにしている。データ・マックス社に問い詰められシドロモドロになったという証言もある。
要は民間人からもらったペットボトルの液体でトンでもない物を作ってしまったと言えないのだ。

理研は当然これらの事実を知っているはずであり、一番の目的が何なのか分からないが、太田氏のように沈黙しない小保方氏の研究を潰しにかかったのだ。

最近私が注目すべき医療技術はBAND・AIDの「キズパワーパッド」などのジュクジュクを利用する乾かさない傷治療。
人間の免疫を増幅するやり方で昔とは真逆の治療法である。
規模は違うが、STAP細胞も言わば免疫機能を強烈に進化させるもの。
どちらも大きな金が掛からない。(STAP細胞は研究段階の為現在は安価とは言えないが、確立させれば特殊技術なしに治すことができるだろう)
これが騒動の元であるかも知れない。
nyusankin_480.png



言ってみれば現代医療利権には邪魔なものになるはずだ。
簡単に治ってもらっては困るのだ。しかもこんな小娘にお株を奪われたのでは重鎮達のプラドがズタズタになってしまう。
そこで当の小娘を先にズタズタにしたのではないか。
これは憶測でしかないが、これらのことがぶつかり合って潰しあいになるのではないだろうか。

何にしても、仲間を売った理研も、マスコミも、この異常な光景を見ながら一緒になって小保方潰しをする考えの足りない国民達は同罪である。

テーマ : 裏事情    ジャンル :

Comments

じゅういち様
すみません、長らくPC前に座る状況にありませんでした・・・
笹井さんの件、おかしいですね。
遅ればせながら今記事を準備をしています。
ちょっとドタバタしますのでまた報告致します。
No title
笹井芳樹・副センター長が5日、首をつっているのが見つかり、死亡が確認された。(ニュース記事より)
No title
123さんは、本当は真相追求者なんではないでしょうか?

ですが123便に深く入り込みすぎた為、米国戦争屋に脅されて、親米擁護をしなくてはならなくなったのでは・・

反中韓を謳いながら戦争のサポートをする親米の変な人達とは何か違います。

123さんは何者なのですか?
古代岩船物質で乳酸菌をつくるのがコツ
ロシア企業の種明かしをしてしまうのも難だが、高島博士のEMCB液というのも、実は、古代岩船物質を入れて活性化を図っているところが企業秘密なのである。
飯山一郎先生の乳酸菌も、実際のところはその辺が企業秘密なのであるが、本人ブログではそこまで書かれていない。

基本的には、
先日、ご提供させていただいた古代岩船物質を使ってEMBCや乳酸菌関連を行えば、STAP細胞といったことは無料に近い形で可能であります。
その界隈の情報及び成果を人類に無償でそのまま公表してくれているのは天皇家米軍のコンツェルン(アルタイル)だけだということは評価して欲しいものです。(因果応報などというものが存在するのならば、米国や米軍はもっと報われているであろう。役立つ情報や古代技術宇宙技術を人類に一方的に無償で対価無しで提供してあげているから米軍は食うや食わずやの貧しさとなる。よって、「因果応報などというものは存在せず一方通行なのである」)


それと、
昨今では県道124号線上野村中ノ沢林道入り口が固く閉ざされていますが、昭和50年前後の古地図を見ますと、中ノ沢林道標高855mポイントから県道124号線標高780m付近までの旧道が確認できますので利用できそうです。
また、近くのデルタ古代遺跡
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23350.png
は必見です。

なお、
湯川博士云々でしたら、どちらかというと物語山古代遺跡のムー素粒子文明と理研といった関連です。筑波大学の朝永記念館を見学すれば理解できるかと思われます。
理研でわかめスープを販売していますが、ただ単にわかめな訳ではないのです。
No title
どうやらはじめから理研もグルというのが濃厚ですね。
論文や写真なども理研側にこれで大丈夫などと言われて報道した可能性まで見えてきます。

これだけの研究であれば、それ相当のチェック見直しの上発表するのが普通であるのに、緊急発表及び間違えだらけなどというのは、不正選挙に標準を合わせて早急に作りあげた研究内容という事も確定的です。

黒幕は米研究機関バカンティ4兄弟のようです。

医療は確かに最近傾向がかわってきていると思いますが、この現象は、最近医療の実態がバレてきているので方針を穏やかにしようとする新NWO派
(金儲け及び人類奴隷化思想)まだ新勢力なので古株のように金を蓄えておらず、何よりも金が欲しいと考える勢力



バレようがかまやしない戦争や自然現象テロで破壊してしまえば良い(自分らはシェルターや宇宙船で避難)と考える人口削除及び戦争などを重視する旧NWO破壊派があるということでしょう。


舛添やオバマ、Jロックフェラーなどが前者で、田母神やDVロックフェラー、イスラエルなどが後者ということです。
利権争いで内部抗争があるだけで、日本国が同じNWO勢力に牛耳られてる事には変わりありません。

最近では最早その悪事を今まで見てきた一部の在日朝韓連中が完全に洗脳され悪魔の手先だったのが自らが悪魔と化し、自分らでシナリオを作れる程に成長したという事でしょう。

いずれにせよ総本山はバチカン及びスイスですので、日本国においてはNWO内での実権交代が進んでいるだけと思われます。
プーチンなどが日本に影響を与えるようになれば大きく変わるのかもしれませんが、現段階では、旧体制派の破壊工作に関しては反対派が多いので実現は難しくなってるだけで
国家戦略特区、移民受け入れなどの売国政略は着々と進んでいるという訳です。


世直し運動
今晩は。

師匠、素晴らしい推理ですね。

師匠の教え子の私のブログにこの記事を転載か引用させて頂くかもしれません。

飯山一郎氏のブログを多忙な中斜め読みはしているのですが、ていねいに読んでいなかったので、解らない事もあったのですが、本日のこの記事で少し理解が深まりました。ありがとうございます。

拙ブログでは、最近、シリーズで「小保方氏が主張する「大きな力」とは何か?」と言う記事をシリーズで書いているのですが、そのPART2<4月13日付けの記事>で「乳酸菌」を取り上げました。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

その部分だけを転載します。

(7)乳酸菌

http://inagist.com/all/453207757018394624/

☆ぐぬぬな…ひととき☆ @yukiko_gnn

 乳酸菌が原爆の起爆装置に使われた。戦前、理研が原爆の起爆のメカニズムを極秘開発した技術を、理研の湯川秀樹が米国に売り渡した。STAP細胞も乳酸菌が再現実験の要であるコトが分かってきた。理研は、乳酸菌によって、自滅しようとしているのかもしれない。【因果応報】

「乳酸菌」と言えば飯山一郎。「生物の細胞には分化多能性が本来的に備わっていて、その分化多能性が乳酸菌によって活性化される!」と飯山一郎は主張する。

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-9345.html#more

*この後、飯山ブログから転載した図を掲載したのですが省略します。

<転載終了>

この中の【因果応報】に関して吉野さん(貴ブログでは実名を出しているのでここでは実名を出してしまいました。)からコメントを頂きました。

因果応報は誤り。世の中は一方通行だ

LwyPw87w:123:URL:2014.04.13(Sun) 03:24:35:(EDIT)

*******************************

理研は潰れない。世の中は不条理で、一方通行的に力のある奴の横暴がまかり通り、因果応報などないと言う意味かと思います。

そういう状況が蔓延しているのは確かですが、プランZさんも吉野さんも私も、できるだけそうした状況を是正すべく世直し運動をしているような気がします。

なお、批判を頂いた該当部分は私の文章ではなく、@yukiko_gnn様の文章です。

では、お元気で!
同じ構造ですね。
こんにちは。

TPPも同じ構造ですね。

我々は常に誘導されているという事実を論理的に認識する必要が有ります。


 

 
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。