~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「都知事選から感じる違和感」

 PCの調子が悪く、更新が遅れ申し訳ありません。。

被災地の問題を差し置いて、一人歩きしている都知事選だが、何やら引っかかる・・・
宇都宮氏と舛添氏との一騎打ちかと思いきや、小泉の差金で突如浮上してきた細川氏だが、どうも見ていると何だか気持ちが悪い。
小泉が何を考えているのかよく分からず首をかしげていたのだが、一つの可能性がよぎっている。

まず、先日書いたように、小泉が単純に国民の事を考えて脱原発を訴えているとは思えない。
何らかの利権狙いという線も消えてはいないが、今現在の状況を見ていると細川氏もまた噛ませ犬ではないかと思ってしまう。
20140118k0000m010174000p_size5.jpg



********  朝日新聞DIGITALより転載 ****************


都知事選、脱原発派の一本化断念 市民団体有志は細川氏2014年1月20日21時13分



23日告示の東京都知事選で、脱原発の主張が重なる日本弁護士連合会前会長の宇都宮健児氏(67)と元首相の細川護熙氏(76)に一本化を求めていた市民団体のグループは20日、一本化を断念した。両陣営に協議を求めたが、実現しなかったという。このうち代表者ら31人は、細川氏を支持する声明を出した。

 このグループは、脱原発をめざす約20の市民団体や個人で発足。昨年12月28日に脱原発などを掲げて宇都宮氏が立候補を表明した際は、市民団体の多くが宇都宮氏を支持する方針だった。ところが、今月14日に細川氏も脱原発を掲げて立候補を表明。「票が割れて原発推進派を利する」として、15日から一本化の模索を始めた。

 中心となったのは、弁護士の河合弘之氏とルポライターの鎌田慧氏。20日に会見した両氏によると、グループは15日、両陣営に一本化に向けた話し合いを要請。宇都宮陣営は同日夜に「公開の場での討論が必要」、細川陣営は17日に「いかなる団体の支援も受けない」と回答し、まとまらなかった。

 20日には、細川氏が電話で「原発を再稼働させない、脱原発をしっかりやっていく」と話してきたという。河合弁護士らは20日に協議。一部の有志で「原発ゼロを最優先政策として掲げる細川氏を支持する」と決めた。有志に名を連ねたのは河合、鎌田両氏、作家の瀬戸内寂聴氏、音楽評論家の湯川れい子氏ら31人。近く事務所を構え、インターネットを使って細川氏支援を勝手連として呼びかけるという。

 細川陣営の一人は「政党の支持を受ける候補との一本化は好ましくない」と言う。宇都宮氏は16日、「細川さんは政策を何ら語っていない。脱原発以外の主張も公開の場で討論すべきで、一本化の話はその後に出てくる話だ」と述べていた。

 昨年7月の参院選東京選挙区では、脱原発を掲げた共産の吉良佳子氏(31)が70万票、無所属の山本太郎氏(39)が66万票で当選した。比例区では、緑の党の三宅洋平氏(35)は落選候補のうち最多の17万6千票を集め、このうち4万1千票は都内で得た。(石川瀬里、後藤遼太)

************ 転載終了 **********


あの自信たっぷり、言うことを聞かない奴は全て敵というスタンスの小泉がこのような馴れ合いに首を突っ込むのを黙認するだろうか。
脱原発の為にここまでするとは考えにくい。
目的は、脱原発派の合流ではなく、最初から宇都宮氏の票を割る事ではないのか。
細川氏の表情を見ても、どうも本気で都政を引っ張って行こうなどと考えているようには思えない。
自民・舛添の当選へ向けての工作ではないのか。

事実、宇都宮氏も言っているように、細川氏は「政策を何ら語っていない。脱原発以外の主張も公開の場で討論すべき」。
脱原発しか言っていない。本来ならなんの説得力もない候補者だが、今この世論に乗っかって「脱」だけ言っておけば、むしろ説得力も増すというもの。
今の国民の意識は原発だけに向いている。
結果、
【都知事選・最新世論調査】 舛添要一氏40%、細川護煕氏16%、宇都宮健児氏15%、田母神俊雄氏6%・・・某政党

と、知名度とタレント性でトップの舛添氏に続いて、細川氏と宇都宮氏が互角になっている。
細川氏がいなかったらと考えると、まんまとしてやったりという感じではないか・・
という事は、何の事はない、小泉はやはり自民党員であり、細川氏はとんだ噛ませ犬。
細川氏はすべて承知の上という方が理にかなっている。

ただ、おそらく小泉・自民側は、細川氏はもっと人気集めが出来る予定だったのではないか。
しかし、先端好きの都民にしてみれば、細川氏は古過ぎた。
ましてや、またしても”お金借りた事件”話に振り回されるというのはうんざりしているだろうから、これ以上極端に支持率アップは無いだろう。

そうなると、宇都宮氏に頑張ってもらうのが一番脱自民の起爆剤になるのではないか。
宇都宮氏に関しては正直詳しいことは知らないし、政策にすべて賛成は出来ないのだが、まずこの国が必要としている脱原発=脱自民を実現するには今回唯一の選択肢かも知れない。
気にかかるのは、宇都宮氏が簡単に潰されてしまいそうな空気も持っているような気がすることだ。

utunomiya.png


肩書きからしても、自民からしてみれば、潰しがいのある存在である気がしてならない。
また、会見で特定秘密保護法案の廃止、安倍政権の暴走ストップ、原発のない社会の実現、日の丸・君が代条例反対、などを主張しているのだから、潰したい以外の何者でもないだろう。

良からぬ計画に潰されない事を祈る。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments



 

 
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。