~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川元財務大臣の死去

 四日午前八時二十分ごろ、自民党の中川昭一元財務相(56)が東京都世田谷区下馬五の自宅二階の寝室のベッドでうつ伏せ状態で死亡しているのが妻によって発見された。


  毎日jp


 自殺・他殺ではないようだ・・・との事だが、毎度毎度この手の事件はタイミングが良すぎる。本人は次へ向けて前向きに気持ちを固めたところだったという。確かにそんな時に遺書もなく自殺というのは考えにくい。病死?眠れないということで病院に通っていたとの話も聞くが、だからといって致死量の睡眠薬を飲んで・・・部屋には大量の睡眠薬が・・・というのはあまりに古いドラマのようだ。しかも、死亡時には嘔吐していたという話があるが、普通に考えれば吐くほど具合が悪かったら家族に声をかけるものではないか。私は専門知識はないが、睡眠薬で突然吐いてそのまま亡くなるとは思えない。


 何の証拠もないが、やはり何らかの疑惑を感じる。例の酩酊会見もかなりの疑惑があり、植草一秀氏も著書の中で疑念を抱いている。酩酊会見直前かなりのワインを飲んだとされていたが、実際は意識朦朧になるほど飲んではいなかったようだ。ましてや、今日のテレビでのコメンテーターが証言していたが、彼は酒に飲まれるタイプではなかった、酒には強かったとのことだ。そんな人物がG7という重要な状況で普段の自分を無くすほどがぶ飲みするなどありえない。側近の人物たちも黙って会見の場に出すこと自体事件である。報道でも「なぜ止めなかったのか・・・」と伝えたところもあったが、「なぜ?」どころではない。絶対にありえないことだ。そこに疑惑を感じないほうがイカれている。まず間違いなくあれは仕組まれたものだ。


 中川氏は、小泉・竹中の売国行為に財務大臣として最期まで反対していたと聞く。また、拉致問題にも小泉の訪朝以前から取り組んでいたようだ。狙われる理由は十分にあると考えている。今回も、自身の落選と自民崩壊によって、何か自分なりのアクションを起こそうとしたのではないか。それを感じた関係者グループによって落とし入れられたのではないかと想像している。守るものを無くした時、人は意外な行動に出る。中川氏は自分の立場や家族のことを考えて出来なかった事を、落選を期にしようと思ったのではないか。本当の善意を見せようとして、やられたのではないか・・・だとしたら、人間とはなんと恐ろしいことか。あくまでも私の想像に過ぎないが、同じことを考えている方は多いのではないか。思い過ごしかもしれないが、インタビューを見ていると前総理と現総裁は何か知っているような気がしてならない・・・。他に人物とは明らかに空気が違う。むしろ思い過ごしであって欲しい。


 故人の意思を守る為にも真相を明らかにしなくてはならない。昨日無事生還した植草氏(心から応援すると共に、今後の身の安全を心配するものである・・・)やフルフォード氏・コシミズ氏には是非期待したい。


 マスゴミ達には邪魔をしないようにお願いしたい・・・

Comments



 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。