~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「USO-800」自動車への導入①

 遅くなりました。
では、岩崎士郎様より伝授されているUSO-800の車への導入法をお伝えします。
私はまだ初心者ゆえ、細かな間違いや表現の間違いなどあるかも知れませんので、その際は岩崎様が訂正のコメントを入れてくれると思います。そんな時は速やかに訂正を入れますのでご了承ください。

まず、必要なものですが、アルミテープ(ホームセンター等で売っています。)、ハサミ・・・以上です。

P1040323_480.jpg
これだけで自分の車が別物に変わります。
この段階だけで、エンジンのフィーリングがガラッと変わり、回転がスムースになり、パワーが増し、クッションが良くなる筈です。
他の通常のお金のかかるチューンと違い、乗り心地と運動性能が反比例しないというのがU8の素晴らしいところです。路面の段差で「ガタン!」が「カタ」に、「ゴトン!」が「コト」に変わる筈です。尖った衝撃はほぼ無くなるでしょう。
エンジンも高性能になるつつ音は静かにクリーンになります。
個体差はあるでしょうが、何も感じないという事は無いはずです。



では、実践に入りますが、ここで大前提がいくつかあります。
基本的にUSO-800(以後U8と略します)の素材は何でも効果はあります。
紙でも効果はあります。ただ、自動車という屋外であり熱を伴う場所で使う為、アルミテープが一番使い易いということです。ただ、現実には素材によってその効果に特性が出るようで、結果的にアルミテープが最適なようです。
そして、もう一つ重要な前提が。
このU8、単に通常の物理的に、電気が起こるとか、そういった類のものではありません。
いや、電子が発生するといった効果が基盤になるのですが、単にその電子で全てを操るのではなく、まだ未知のエネルギーや空間、自分の生体エネルギーなど、様々なものが関係しておりますので、まあ、現在では俗に「オカルトチューン」などと呼ばれてしまいますが、まだ未知の科学であり、決して根拠無きおまじないなどではありませんので、実際にやってみて下さい。
よって、使う人(エネルギーを受け取る能力)によってその効果は違ってくるようです。
しかし、中には感じる人もいるなどというレベルではないのでぜひ実行することをお勧めします。
やってみればすぐに効果に気づく筈です。

テープの価格は関係ないのですが、あまり安いもの(100均など)では、イメージとして自分が「効かないのでは?」と思ってしまいがちなので、避けた方が良いかも知れないとの事です。


 また、U8は”尖っている”という事が重要であって、その角度や長さに絶対的なルールはありません。
その作業の時々で自分の直感で決めて良いそうです。その直感がより良い効果を生む事になります。
納得いかない気持ちで作った物を貼っても効果は薄れるといった感じでしょうか。

では、これを使って写真のような矢印を作って貼っていきます。


まず、U8を上向きに車の四隅に貼っていきます。
私は堂々と外側に貼っていますが、気になる場合はバンパーの裏などに貼って下さい。
合計四枚です。これが、自動車のU8チューンの基本になります。
これだけで車の挙動が変わる事に気づくと思います。
ハンドルを切った時の横Gによるロール(揺れ)が減っている筈です。
とにかく四隅にU8を配置することで”場”というものが出来ます。
もういちど確認してください。四隅に上向きが基本です。

automobile-t9669_480.jpg

これは私の車ですが、これを裏側に貼れば効果は同じで目立たなくすることが出来ます。
* 私は大中小三枚を重ねて効果を上げていますが、一枚貼りで十分効果はあると思います。

また、この四枚は車体を重力のがんじがらめから解放する効果がある為、効きが強いとフワフワフロントが浮いた感じになってしまう事があります。まさにこれで効果を実感することになるのですが、あまりフロントが浮いてしまうと車体の下を抜ける風(空気)でスピードを上げた時に危険を伴う事になりかねませんから、この浮き過ぎをおさなくてはなりません。
それには、フロントにもう一枚づつ斜め前下向きのU8を追加します。
* 上向きはそのままです。あくまでも追加です。貼る位置は都合の良い場所で大丈夫です。
  あまり上向きと極端に離さない方がいいかと思いますが。
これで、フワフワ感が無くなるのがすぐに実感出来ると思います


P1040283_480.jpg

次はバッテリーです。
まず下側四隅に上向きで貼ります。写真は二枚しか見えませんが、当然向こう面にも二枚です。
そして、+-のターミナルに向かって横から先を曲げる感じで貼ります。
長さは7~15センチくらいで自分の感性で決めます。
* 私はスペースの関係上、横から貼っています。

全部で6枚貼る事になります。

これで、エンジンのパワー(トルク)が上がったのに気づくと思います。(個体差はありますが)
効果の表れ方として、半日から一日経つと、より違いがはっきりします。
また、ライトが明るくなったりオーディオの音質が良くなると思います。。
SXG75D23L9_480.jpg

次はサスペンションです。
まず、ストラットタワーに上向きに貼ります。リアなどはタワーがいじりづらいかも知れませんので、サスペンションの付け根を確認して、その辺りの壁に上向きに貼ります。

p1_480.jpg

これは私の車ですが、次にショックアブソーバーに両端を切ったU8を貼ります。
* 油分が残るようなところはクリーナーなどで脱脂した方が良いかも知れません。
* もし、タイやを外さないと出来ない車の場合は、ついでにやってしまいたい事があるので、次回まで我慢して下さい・・

P1040282_480.jpg

以上、第一弾です。
車によって難しいかったり不可能だったりする箇所があると思いますが、絶対!という事はありませんので、その場合はご自分で都合良くアレンジしてみて下さい。

まだまだ序盤ですが、ここまでだけでも大きな変化に驚くと思います。

ぜひ実践してみて下さい。

では、②までお待ちください・・・
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments


嘘八百ですが、もの凄くピンポイントに今話題になってますね。トヨタの言うことが本当なら貼るところもバンパー脇とか良さそうです。
先見の明というやつですね。
サトマサ様
 大変遅くなりまして申し訳ありません。
USO800の基本は四隅になりまして、ターミナルの分は本体から+-の二つの電極への為のものになりますので、合計6枚で大丈夫です。
ただ、このUSO800は基本通りでなければならないというものではなく、使い手の意識で効果も変わってきます。
重要なのは自分がこうすれば良いのではないかという気持ちに従うことになります。
オカルトっぽく聞こえるかも知れませんが(笑)、本当にそうなんです。使い手次第というのがUSO800の特徴です。
何かあればまたコメントお願いします。
バッテリーに貼る枚数の確認
次はバッテリーです。
まず下側四隅に上向きで貼ります。写真は二枚しか見えませんが、当然向こう面にも二枚です。
そして、+-のターミナルに向かって横から先を曲げる感じで貼ります。
長さは7~15センチくらいで自分の感性で決めます。
* 私はスペースの関係上、横から貼っています。

全部で6枚貼る事になります
◆始めましてです。大阪の友人からUSO-800教えて貰いました。ところでですが全部で8枚貼ることになるのではないでしょうか?
Coolcat 様
 すみません!コメント見逃していました。
吉澤様、ちょっと探ってみたのですが、難しくて私には分からないですね・・・・
でも、この世・あの世の全てはある法則に則って存在するのでしょうから、暗号化することが出来るのも納得いきますね。

coolcat様は17日も行かれるのでしょうか?
私は田舎者なのでそういった会に簡単に立ち寄れるというのがうらやましいです。
私が立ち寄れるのはダムくらいです(笑)

何か興味深い情報がありましたら、是非コメントお願いします。

吉野さんパッタリですね・・・
もうやめたなんてことは絶対にないでしょうから、何か佳境に入ったんでしょうか。
何にしても吉野さんは123便事件の象徴的存在ですから気になりますし、ずっと頑張ってもらいたいですね。
名称変更してました
ワールドフォーラムは『新生ワールドフォーラム』と名称を変更したようです。
吉澤様の懇親会で私の前の席がワールドフォーラムの関係者の方でした。
色々とお話も聞くことができました。

吉澤様の次回の講演会は6月17日の予定です。

吉澤様は新聞記事や広告から暗号を解いているようです。
新聞記事の見出しや広告の文体にキーワードが隠れていてそれを独自の解釈で読み解く手法なので、講演会に実際に参加していないと分かりにくく、言葉や文章では説明できないですね。

今は吉野さん誰とも連絡を取っていないようですね。吉野さんと一緒に御巣鷹に行った方も「携帯かけてもつながらない」と言ってましたし、新日本の黒い霧のブログ主も最新記事で吉野さんに連絡欲しいと書いている程なので、ちょっと心配しています。事件に巻き込まれていなければ良いのですが…


ご存知かもしれませんが、pranz様の他に紹介していたブログを貼っておきますね。

http://www.google.co.jp/gwt/x?client=twitter&wsc=tb&wsi=187a1a72218006a0&u=http%3A%2F%2Fwww.news-us.jp/&ei=Rt2bT_j-OZaRkQWU8pSXAw

daemon 様
 >ベクトル平衡体をアルミ板で作ってみました。

 >岩崎さまやplanzさまにとっては今さら的な話かもしれませんが

いえいえ、とんでもない。。今更どころか、なんと頼もしい読者様でしょうか。。
こういう事はとにかくやってみる事ですよね。
そこから新しい発見があるのですから、素晴らしいです。
私なぞはど素人ですから何でも知りたい気持ちです。。

daemon様にはすべてお伝えしますのでお待ちください。
今日にでもメールさせて頂きます。。

No title
こんにちは。

実験の方向性(?)が浮かばないので、とりあえずは‥と
タイヤの外周に沿って回転方向に向けて4つ矢印を貼って
みました。

結果はですね~、よろしくなかったです。

ドタドタするような、後ろへ引っ張られるような、落ちつ
きのない感じでしたので、数百メートル走って、すぐ剥が
しました。

考えてみれば、矢印の向きがてんでに回転するわけですか
ら当然と言えば当然なのかもしれません。

ローターの裏側やドラムの表面など動かない所に貼るべき
なのかな。まだ試してはいないけど。

あと、バッテリーは液漏れ後のある古いバッテリーでも、
新品でも同じ効果が出ました。面白いですね。

それから、planzさんの記事を見て、thriveで紹介されて
いたベクトル平衡体をアルミ板で作ってみました。

これを車に置いて走ると、USO-800のような劇的な変化は
何も感じないのですが、何かが違うような‥気がするだけ
かもしれませんが、ただ今検証中です。

岩崎さまやplanzさまにとっては今さら的な話かもしれませ
んが、まずはご報告まで。


Coolcat 様
 なにやら本人(私)の知らないところで話題になってたんですね~
記事(USO800)に対してあまり反応が無いので世の中あまりフリーエネルギーには関心が無いのかと思ってました。
今でも岩崎様から毎日ご教授頂き、私の相棒(プリウス)は今やスピードを上げれば上げるほど滑るように走ります。
峠に入ったらコーナリングは下手なスポーツカーより早いはずです。急カーブでの負荷が無く、何事も無かったかのようにスッとクリアします。
お蔭様でエコカーの宿命である走りのつまらなさをひっくり返すことが出来ました。

ただ、ちょっと最近問題というか不安があり、続編に規制をかけざるを得なくなりました。
問題をクリアできたら再開したいと思います。
ということを告知しようとしていたところでした。
それほどUSO800は重要なアイテムであると言えますね。

吉澤 稠 様の研修会、ワールドフォーラムだったんですね。行きたかったー。
佐宗さん亡き後もしっかり引き継がれているようで本当に良かったです。

「スライヴ」、やはり重要なカギとなりそうですね。

吉野さんはどうしてるんでしょうか。
黒澤村長が亡くなった今、中曽根が生きているうちに123便事件に決着をつける必要がありますね。

吉澤さんは123便にどんなアプローチをしている方なんでしょうか?
行って来ました
昨日は残念ながらB氏は講演会がブッキングしていたらしく、お見えにはなられませんでした。

内容はS氏の話と被るところもあり、私達にとってはさほど目新しい情報はありませんでしたが…

講演会の中でスライブの話からフリーエネルギーの話となり、なんとpranz様のブログを紹介していました。

次回はトーラスの話もすらしいです。

123便の背景として、米中露台北朝韓国、日本の旧日本軍、外人部隊、裏自衛隊、そしてレプテリアンと…

123便が反重力装置を載せていたのでは?との話もあり、S氏のUFOの参戦節を補完するかのような内容もありました。

それにしてもpranz様と岩崎様のタックルに注目が集まっています。
岩崎様の『USO800』が多くの人の目覚めのきっかけになるかも知れませんね。

様々な事柄が表に押しだされる流れになってきて、やっと時代の流れが変わり始めるのかも(あくまで希望ですが…)
daemon様!
 魔法の杖(バトン)はすでにお渡ししました。

 今はもう、daemonさんも立派な魔法使いの1人じゃあありま
せんか!

 私や管理人さんからdaemonさんに贈る言葉は「フォグワーツ魔法学校へようこそ!」ってな感じでしょうか?

 ここから後は、次々に新しい「奇跡」を起こしてください!

 まあ、もっとも「3次元または4次元の奇跡」は「5次元の当たり前」と思ってますが…

 ある意味、これがアセンションかも?

                    岩崎拝!
すみません>岩崎さま、planzさま
USO-800があまりに奇想天外で興奮しすぎてました。
じっくり腰を落ち着けて取り組んでみたいと思います。
最大のコツその2
 疑問になって仕方がないことや、不安なこと、心配なことについては、それらの要素を「無視」する、もしくは「スルー」すると、それらの「問題点」が「現実」となって現れてくることはない!…というのがUSO-800の大きな特長のひとつだと思います。

 考えても解決できないことは考えない…それが使いこなすコツのひとつかもしれません。

 理屈よりも理論よりも、人間の意志が結果を導き出すと、USO-800の特性を看破されたのであれば、ご自分のその能力を信じることが、よりよい結果を導くことになると思うのですが…

                    岩崎拝!
最大のコツ
 案ずるより産むがやすし!…という言葉があります。

 やってみなければ分からないのがUSO-800です。

 質問するヒマがあったら実験されたらよいのでは?

 逆に、分かったことがあったら教えてください!

 私はUSO-800について、もっと知りたいですよ!

                  岩崎拝!
岩崎さま、
お返事ありがとうございます。
矢印の向きについては分かりました。

下向きには、駆動力に必要な荷重だけあればいいってことですよね。
そうすると、後方へ地面を蹴る力やコーナリングの横Gに耐える力の向きにも矢印が欲しくなると思うのですが、それはplanzさんの第2弾を待てばいいのでしょうか?

すみません、質問ばかりで。確かに、何事も自分で試してみないと何とも言えないですよね。でも、今はまだ上向きのを剥がす気にならないので、もうちょっと後で誰か他の人の車で試してみようかな。(笑

脱引力&如意の話、そそられますね。
この先どうなるかと思うと、なんだか楽しみになってきした。

私は息子といっしょに至近距離でUFOを見たことがあります。
それは世間で言われているような金属でできた円盤ではなくて、銀色に反射する綿菓子のような輪郭があいまいなものでした。それが強い意思を持って飛んでいる気がして、ずっと気になっていたのですが、なんとなく、その解決の糸口としてアルミの矢印があるような気がして、不思議な縁を感じてます。
今後もよろしくお願いします。




結界的にですか?
 矢印は、尖端の向いた方向にエネルギー(正体は不明です)を動かす力を持っているのだと思います。

 死体の頭につける上向きの三角布は「この遺体はもう使い物にならないから、出ていきなさい!」と「魂」に知らせる効果があるのだと思います。

 死に装束の3点セットは「頭の三角巾」と「手甲」「脚絆」ですが、元々は「手甲」も「脚絆」も四肢尖端向きに尖った形だったのではないかと想像します。

 頭と四肢末端から「出て行け!」という感じですかね?

 そうすると、クルマの場合は、四隅に貼った矢印の下端から「結界」が立ち上がるのだと思いますが

 フロア下の空間から「エネルギー」を吸い上げて、結果的に、フロアから上に「エネルギー界(=場)」ができているのではないでしょうか?

 そんな風に考えると、下向き矢印の場合は、フロアから上の「車室」部分から「エネルギー」が抜けていくことになるので、ドライバー及び、同乗者はエネルギーを吸われる(んなアホな…)ことになるかもしれません。

 確かめたことがないので、下向きの矢印を増やすとどうなるか…いちど、daemonさんがカラダを張って確認した上で報告してくださる…というのも、今後のために大いに意味があると思いますが…やってみる?

                    岩崎拝!
訂正です!
 下歩行→下方向に訂正願います!
daemon様!
 地上では、基本的に「引力」が働いているので、今以上に地面にクルマを押し付ける必要があるかどうか?…ということになりますが

 私は「好み」の問題だと思います。私はいつの日か、本当に「引力」に逆らえる装置を作って、自分のクルマをUFO(IFO?)化させるのが目標なので、なるたけ車体を地面に押し付ける力を排除したいと思っているだけです。

 タイヤが地面に動力を伝えて走る、今のクルマのシステムだと、地面にタイヤが接しているだけで、実重は限りなくゼロに近い…という状態が理想だと思っています。

 ショックアブソーバーに両端矢印のシールを貼るのは、サスの動きを、上方向だけでなく、下歩行にもアシストさせて滑らかな足を作ろうという意図です。

 結果的に下向きの矢印でクルマを地面方向に押し付けることになるかも分かりませんが、縮むだけのサスというのもいただけないと思い、最小限、許した下向きの矢印とお考えください。

 あくまで「これをやってはいけない!」という否定のルールはないので、好みに従って好きな方向に貼ってください。

 USO-800が、それなりの結果をプレゼントしてくれると思いますよ。

 フロントの前下向きの矢印を、逆に前上向きにすれば、現状のままでも、スピードによっては一瞬、空中に浮揚することもできるのではないかと思います。

 私は、あくまで「重力」とか「引力」という力に対しては「対抗」してやろうと思っているので、なるたけ下向きの矢印を使いたくない…というタイプとご理解ください!

                    岩崎拝!
岩崎さま
四隅に上向きを貼ったときには、すでに昔のラリー車風に車高が
上がって驚いたのですが、さらに斜め下を貼ると前だけ下がって
走安性がよくなる‥本当に恐るべしですね。

たとえばなんですが、結界として貼るときは上向きにと言うよう
なことを言われていたように思うのですが、車の四隅に下向きを
貼ると走安性はどんな感じになるのでしょうか?
その場合、結界的にはまずいのでしょうか?
daemon様!アンディー様!
 フロントの浮きを抑えるためにフロント(横)に貼った斜

め下向きの矢印ですが、これを貼ることによって、クルマが

若干ヒップアップします。

 お気づきとは思いますが、フロントの沈み具合は、矢印の

傾きによって変わるので、お好みの姿勢になるように…とい

うか、お好みのダウンフォースが得られるように、傾きを調

整してください!

 もしかすると、この部分に関しては、アンディーさんのゴ

ム磁石が便利かもしれませんよ。矢印の方向が人体に向かな

いので、余計な影響はないかも知れません。

 それにしても、矢印ふたつで1トン以上あるクルマの姿勢

が変わるなんて、USO-800恐るべしでしょ?

                     岩崎拝!

 
アンディー様!
 実は、当初、USO-800は「磁石+尖ったもの」という立体型のものでした。

 確かに、鉄板でできている自動車に取り付けるには便利だったのですが、大掛かりになるのと、効果の割りに人体に対する副作用が大きいという理由でやめた経緯があります。

 しかしながら、この立体型が完全に否定されたというワケではなく、磁石に工夫を加えると、とんでもないモノが出来上がる可能性は、まだ依然として存在するのです。

 着想は悪くないけれど、ヒネリが足りないのだとコメントしておきます。

 空間の放射線エネルギーを低減させる…という目的だけであれば、アンディーさんの発想は決して間違いではないと思います。

 ただ、放射性物質には、それぞれ固有の「半減期」があるので、空間の線量が落ちたからといって、放射性物質の量が減ったという意味ではないと考えてください。

 空間の放射線エネルギーを低減させて作業者の安全を確保することで、放射線障害の元凶となる「放射性物質」の処理作業の安全性を高めることは十分に可能だと思います。

                      岩崎拝!

 
No title
ゴム磁石が悪影響だったなんてめちゃショックでしたよ。
しかも上向きにではなく、横向きにしてました。なんといいますか・・現実の世界ではないような?
どうやら磁界というのは、空間に影響を与えるようです。
この印を福島原発に貼ってみたらどうですかね。放射線が上に行き、
地震も軽減するなら使ってみるのも手ですね。
岩崎さま&planzさま、ありがとうございます!
さっそく試してみました。
すごいですね!
笑いが止まりません。
USO-800の効果はすごいです。

一番気になっていた浮遊感ですが、前方下向きの矢印で
タイヤの接地感が戻りました。手応えがなくて怖い感じ
はもうしません。

バッテリーもやりました。セル一発で違いが分かります。
ぼろい純正カーステの音も高音が出るようになりました。

ショックアブソーバーもすごいです。昨日までは安定感
はあるもののゴツゴツしててただ固いだけだったのが、
今日はしなやかです。気分はビルシュタイン?!

昨日まででもじゅうぶん満足していたのですが、これで
またまた別物になりました。

けっこう車好きだったので、改造費に何十万もかけて
いたあの頃に知っていたらなあ‥なんて思います。
ボディよれよれのデルタに貼ってみたかった‥。

第2弾、楽しみに待っています。
よろしくお願いします!



 

 
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。