~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセンションは起こるか・・・

 ネットを中心に本、講演会等でアセンションが世の中を騒がせている。果たして現実に起こるのか。

アセンションの一番有力(?)というか多数派の説は、2012年に地球がフォトンベルトに入り、同時に地球は現在の第三密度(三次元と同義語だろうか?)から第四もしくは第五密度に上がり、人類は肉体と幽体の間のような存在になるというものだ。


そういった説を唱える一番の有名人は、エハン・デラヴィと中丸 薫であろう。


中丸 薫 ブログ


エハン・デラヴィ オフィシャルサイト



 お二方とも熱心な研究家で尊敬に値する。精神的な部分で勉強になるしこれからも関わって行きたい存在だ。ただ私なりの考えを言わせて頂くと、この宇宙で2012年12月23日というのはほんの一瞬の中の一瞬でしかなく、その一日でそこまでの変貌を遂げるとは思えない・・・アセンション自体は起こると思う。というよりすでに起こっていると思う。しかし最低でも何年とか十年とかかけて何かしらの変革があるのではないだろうか。


 一番の変化は人類の精神的な変化だと考える。これはお二方だけでなく多くの説に共通していることだが、アセンションによって、精神的に出来上がっていて上の存在に上がっていく人間と、そうでなく更に落ちていく人間とに分かれるというものだ。


 その証拠として、ここ何年かで犯罪者の凶暴かつ異常化が激しくなっている。社会問題というだけでは考えられないほど異常化している。一方では平和思考が高まっており環境問題に取り組んだり、昔に比べて物欲がなくなってきている気がする。そして、霊的存在についても以前に比べて理解が高まり、オカルトという扱いからスピリチュアルというブームさえ産んだほどだ。


 これから2012年に向けてこの変化が加速して、結果地球が平和に近付くのではないか。
そう考えると、日本の政権交代もその徴候ではないだろうか。アセンションの影響で世界の国民の意識が変わってきた、するとフリーメーソン、イルミナティ等の闇の政府の力が弱まる。そのあおりで闇の政府が運営するアメリカが非力になる。その言いなりになってきた自民党が力を無くす。その結果民主党が政権交代を成功させた。


 自論だが、これをきっかけにこれから先日本が本当の意味での先進国となり、精神的に世界を引っ張って行く事になるはずだ。日本は本来神の国であり、遠い昔から世界をひっぱていく存在だった。(私は「竹内文書」は本物だと信じている。竹内文書Wiki)今まではそれを闇の政府(アメリカ)が阻止してきた。しかし、アセンションをきっかけに本来の地球に戻ることになる。それまでは様々な事件、天災、謀略が起こるだろうが、悪が消える最後のあがきである。だから、いちいち一喜一憂しないで冷静かつポジティブに、そして反省することを忘れない生き方をすることが一番大事である。


 アセンションは、天変地異の滅亡の時ではなく、地球から悪が消える変革の時と理解する。
一日も早く闇の政府が崩壊するように祈るばかりだ。


この後もアセンションについて気になることはその都度記事にして行きたい。

テーマ : スピリチュアルワールド    ジャンル :

Comments



 

 
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。