~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の医療の実態・・・


 初記事は日本の医療についてです。
このブログのきっかけとなった話しです。

現在私には末期癌患者の母がいます。辛い話なのであまり触れたくないのですが、多くの方に知って頂きたい思いからすべてお伝えします。
 約半年前、検査から癌が発覚。治療しにくい癌ということで、検査を繰り返しながら担当医と相談をしました。以前にも癌を患っておりましたが、結論としては、「放っておけば半年から一年で命を落とす。手としては抗がん剤しかない。ただ、抗がん剤ははっきり言って効きません。しかも場所が悪くそのまま使うと強すぎるので薄めて使います。」とのこと・・・

 私:「ちょっと待ってください。効かないのにやるんですか?良く知られてるように副作用はあるんですよね?」

 医:「もちろん闘病というくらいですから辛い生活になります。覚悟が必要です。抗がん剤で命を落とすかも知れません。しかも、まず効きません。」

 私:「薄めるということは余計に効かなくなるということじゃないですか?」

 医:「その通りです。」

 私:「効かない上に命を落としかねない副作用がある抗がん剤を使うしかないということですか?」
 
 医:「そうです。もし他のことを考えたければセカンドオピニオンという選択もありますが、どこへ行っても同じだと思いますよ。」

 私:「要するに宣告されたということですね?」

 医:「・・・・苦笑・・・」

 私:「食事等気を付けることはないですか?

 医:「一切ありません。」

 私:「一度考えてみます・・・・」


 前回の癌で臓器をひとつまるまる取ってから半年おきに検査してきました。
問題無しの前回の検査結果からたった半年でいきなりの余命宣告・・・

ここは先進国じゃないのか?・・・
21世紀になってもまだ癌はこんなに怖いものなのか?・・・
抗がん剤の存在ってなんなんだ・・・・そんなに危険なら薬と言えないんじゃないか?・・・

とりあえず、藁にもすがる気持ちで日本癌研究のトップ、国立がんセンターに託しました。
・・・結果、「とにかく、癌の場所の特定をするために地元で何度も何度も同じ検査をしなさい。結果が変わることがある検査だから。」・・・

そんなことを聞きに金をかけて東京まで行った訳じゃありません。
何かがおかしい・・・おかしいと思うけどもこの人達の言うことを聞かなければいけないのか?何か他に前向きに考えられる要素は無いのか?仕方なくネットで調べ始めました。

すると・・出てくる出てくる・・・日本の癌治療の大問題が・・・

例えば、こちらで確認してください・
「抗ガン剤で殺される!」船瀬 俊介 氏WF2006年3月


 医者が悪いのではない。医者を育てているトップの連中と製薬会社だ。要するに利権の為に医者と国民を騙してるのだ。殺しているのだ・・・
当然、政府もグルだ。金・金・金・・・・患者は完全にカモだ・・

 慌てて行ったこと。医者から言われた抗がん剤を拒否すること、医者が関係ないと言った食事療法、ラジウム温泉療法。
 しかし、以前に取った臓器の件や癌の場所が悪かったせいでそれらの療法も思うようにいきませんでした。一番思ったのは、最初の癌発覚のときに手術や抗がん剤をやらなければもっと良い結果が出ていたかも知れない。今の癌は前回の抗がん剤のせいではないのか?・・・私は素人なので証明どころか医者と同じレベルで論議することも出来ない。黙るしか無いということだ。
 結局自分の身は自分で守るしかないということか・・

 これらの情報はネットの世界ではかなりの人々が知っているのかもしれない。私は全く知らなかった。よって、私と家族はまんまと食い物にされたのだ。もし、もっと早く知っていて、内臓を切り刻まれる前に間違った医療から逃れていれば、もしかしたら助かったかもしれない・・・
「生命科学の根本原理」船瀬俊介氏ワールド・フォーラム2008年6月


安保 徹


 私はこれをきっかけに裏事情というものに関心を持ちました。
知らなかったでは済まされない隠蔽された事実がこの世には数え切れないほどあるようです。
本来なら知らされなくてはならない重要な情報が、信じられない理由で隠蔽されています。
自分の為だけではなく、家族の為、皆の為に全て公表されるべきなのです。

 安保徹教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)の「免疫革命」に代表される、癌治療の真実に関する書籍は数え切れないほど出版されており、かなり浸透しているようです。書店でも普通に販売されているのです。それは医療の常識を崩す程の内容なのにマスコミはまともにとり上げません。
マスコミもグル(支配下?)だからです。私の出来ることは、こういう場を使ってどんどん広めて行くことだけです。母は今も入院して体調の悪化と闘っています。ただ、医者の言うとおり抗がん剤をやっていれば今頃どうなっていたかと考えると恐ろしいばかりです。
 ちなみに、国立がんセンターのトップは代々ほぼ癌で亡くなってるそうです。そしてその方々を含め医者のほとんどが、自分が癌になったら抗がん剤は拒否するそうです。

テーマ : 裏事情    ジャンル :

Comments

ありがとうございます
 ご丁寧なコメント有難うございます。
真菌の件、デーヴィッド・アイクのサイトで見て気になってました。良いURL頂きました。近日中に記事にしようと思ってます。
はじめまして
こんばんは、はじめまして

最近ネットで医療に関しての疑問・不審が叫ばれるようになりました。

私も911事件後色々な疑問を抱くようになり政治・経済・歴史etsと調べるようになりました。

最近この世界の大きなカラクリに気が付き、恐ろしい地獄の世を垣間見ました。

裏の世界を知る事で、世の中の政治・経済が理解できるようになりました。

しかし嘆いていてもしかたありません。

一個人で出来る事からやっていく覚悟です。

ブログ主様、これからも真実の配信がんばって下さい。

応援しています。

ご参考までに
http://www.cancer-fungus.com/sub-v1jp/sub-jp.html


最後に、謹んでブログ主様のお母様のご冥福をお祈りいたします。


 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。