~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所・警察・役所・銀行・保険会社!?

*  私が職場の方にこの事件の話をすると、意外な反応が返ってきました。
その方も登記の記載に不審を抱き悩んでいるところだそうです。
四家で連名にし所有している土地が、気づくとその中の一人だけの名義に変わっていたそうです。その人曰く「最初からうちだけの土地だった。」だそうです。
間違いなく誰も署名していないのに名義が変わるなどありえないと役所へ訴えたところ、全く調査もせずに「裁判所へ言ってくれ」と言ったそうです。

・・・もう事件そのままじゃないですか。。。

その方は私の話を聞いて青ざめていました。
その土地は四家が墓地として使っているので厄介だそうです。
役所が裁判所の名を出すのは本来イメージが悪すぎる。
しかしそれをあっさり言ってしまうところをみると、やはり裁判所もグルだという証明じゃないでしょうか。
”厄介ごとは裁判所で潰してもらえ”という事でしょう。
 

*************************

 まさかこんなとんでもない事件だとは知らなかった・・・
またもや今更ながらで申し訳ないのですが、小川達夫さんの戸籍改竄事件をご存じだろうか。
以前何度か目にした事はあったのだが、こんな大規模な話だとは知らずにスルーしていた。
改めて見てみると、まさかここまで日本が腐りきっているとは思わなかった・・












http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/874.html

http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/779.html


 ご存じない方の為に簡単に説明すると、事の発端は元柏市会議員の小川達夫さんが、職員の助言で自身の戸籍が改竄されている事を知ることに始まる。そして、その改竄によって億単位の財産を失っている事に気づく。調べ始め、62年の3月には住民票まで完全に改竄されていることが分かる。そして、その三か月後、父が事故で無くなる・・・
その際、保険会社から保険金1億程が受け取れることを知らされるが、結局実際に支給される事はなかった。
警察に相談するも、その件に関してはしばらく触れない方が良いというような警告を受ける。
自民党員であった事もあり、地元の党に話を持ちかけると、自民党が崩壊するから関わるな、という警告を受ける。
全てに不信を抱き、裁判を起こす。


1/3保険会社が保険金殺人を行い自民党議員が国家ぐるみで犯罪を隠蔽



3/3保険会社が保険金殺人を行い自民党議員が国家ぐるみで犯罪を隠蔽


1/5裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜

2/5裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜

3/5裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜 小川達夫さんって

4/5裁判所を操る創価学会や裏社会の系譜 2012年末経済どん底

まとめ5/5マネーそして裁判所が人を殺す時代に


 裁判所は、原本を確認すればすぐにわかる事、と柏市に原本の開示を求める。
しかし、今もって柏市は開示を拒んでいる。
そこで、偶然、以前母親から受け取っていた戸籍謄本と現在の物を比べてみると、本来修正の上塗りで書き換えられていくはずの戸籍謄本が、確実に別物であった。これはまさに証拠である。
弁護士を通し、その証拠を提示するべく準備するも、”弁論後の提出だったので無効である”との事実無根の理由で却下され、結果、棄却される。
裁判官は、異常な逃げ腰で閉廷を急ぎ、異常な判決を繰り返す。

 保険金に関しても、知らぬ間に和解の文書が捏造されていた。
まったく覚えのない小川さんは、東京海上日動宛てに事実の確認を要求するも、担当弁護士から「二度と連絡してくるな」という回答があったのみだった。
 そして怖いのは、この間協力してくれた人間が、首を吊り亡くなり、夜中に侵入者に頭を割られ障害者になり・・・何人も不慮の事故に遭っている。
そして、奥様も知らない内に何者かに保険がかけられていたという。
 こうなってくると、当然父親も殺されたに決まっている、という事になる。
そして、周りの人間は、弁護士も含めてこの件に関わる事を頑なに拒むという。
ご本人も、命の危険を感じ、20年も昼夜逆転の生活を送っていたと語る。
そして、今でも戦い続け、ネットが普及したことを受け、Uストやyoutubeで公開インタビューを受けている。


 なかなか複雑で、また法律等も絡んでおり、また、今現在明確に理解出来るサイトやブログが見つけられていないので、私もまだ完全に理解していない。よって、間違っている部分があるかも知れない。
皆様もご自身で調べて頂きたい。むしろこちらが詳しく教えて頂きたい位なのだが、とにかくこの事件はただの個人的な不可解事件では済まない。
 
 問題は、なぜこんな事が起こるのかという事だが、小川さんは調べた結果ここまで分かっているという。
完全に断定はできないが、おそらくこれが真実であり、この国の仕組みの一部である。

 * この事件で分かるのは、裁判所、役所、法務省、警察、銀行、保険会社、協力者・・・が結託している。騙し取った金の使途は、銀行の不良債権等の穴埋めにしているという。当然多額の袖の下も含まれるであろうことは想像がつく。
そして、それらを発覚しないように、戸籍、登記などを改竄して何も無かった事にする。
それに対してのアクションを握りつぶす為に裁判所や警察が協力する。
そして、ここでも創価学会が登場する・・・


 一時期、保険会社の不払いが横行しニュースになった事もあった。どうやらその中にはそういった不審事件も含まれていたのではないか。ちなみに、第一生命の生命保険における不審死数は柏市が1位だという。
 そして、こういった闇の仕組みはずっと昔から行われており、小沢氏もそれを知っているが故の発言をしている。「その昔からの仕組みを壊さなければ何も変えられない」と。
そういった事を知っているからこそ狙われるのだと・・・

 その辺の仕組みも小川さんは追究し、導き出した答えがある。
その辺は長くなるので、小川さんの話を聞いて頂きたい。

小沢一郎の知る闇1/2創価発祥の地:風魔一族の系譜


小沢一郎の知る闇2/2創価発祥の地:風魔一族の系譜

これを聞くと、この日本の腐敗政治の理由の根底が見えてきた。
私は今まで思っていた。
 悪い政治家や官僚がこの国を壊している事は分かるが、いまいちやり方や矛先が統一していない。悪だったと思えば裏切られ、消えていく。悪が消えたと思えばまた違うところから湧いて出てくる。
しかしその輩達に派閥や役職における共通性が見いだせない事が多い。
一体誰が首謀者なのか?誰が消えれば良いのか。まともな政治家は何故それらを排除できないのか?
それらの違和感がスッと解決した気がした。

 日本の闇組織にこれといったグループが単独で行動している訳ではなく、昔からの恨みつらみや残党の習性によって、裏切りを利用し、むしろお互いが戦い続けるという捨て身の行為が、今の日本を作っているのではないか。
そして、裏金にも言及しているが、これが正解だと言える。一国の中に裏金が半数ほどを占めると、現実的に税金という国家への金が動かなくなり、その国は滅びる・・・

 まだ、かじり掛けなので間違いがあると思うが、今まで気づかなかった部分が随分見えてきた。
123便しかり、やはりかなり昔から掘り起こさないと見えて来ないのかも知れないと感じた・・

 現在、小川さんはあの生田弁護士を味方につけ闘っている。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

Comments

No title
これが柏市戸籍改竄財産乗っ取り事件&保険金殺人事件詳細です。最高裁主犯、検察、法務省、警察、弁護士、自民党、大手銀行、地銀、信金、損保、ヤクザ等がグルになっての国家犯罪です。

http://suihanmuzai.com/ogawa.index.html
Coolcat 様
 いやー、驚きです。そんなもんなんですね。。

世の中言ったもん勝ち、やったもん勝ちという感じがします・・・・
土地を取られるなんてホント笑えないですよ。

当事者がインフルエンザでダウンしてますので、復帰したら話してみます。
貴重な情報有り難う御座いました。

なんか法の無力さにショックです(苦笑)
権利とは
そうなんです。勝手に居すわれば取れちゃうんです。
例えば、昔は垣根等で境界線代わりにしてたりして、台風とかで倒れたりしたあとに隣家が自分の敷地を増やして垣根を設置したのに気が付かず、相続とかで再測量して発覚しても、垣根を設置して20年以上経過してると、境界線が違っていると裁判をおこしても、認知していたとみなされて、現状にそった測量で確定されてしまいます。

権利とは、この場合、地代を取っているとか、登記簿不実記載で裁判をおこす、とかになると思います。
土地の税金はどうしてたのでしょうか?


登記簿の土地に抵当権とか、根抵当権とかついてたりしませんかね?
銀行から融資を受ける際に名義人書き換えられたりすることもありえます。


私も現場を離れて、だいぶ経過してるので、あまりお役に立てませんが…
ご参考になるでしょうか?
Coolcat 様
 遅くなりました。

>土地の場合権利が無くとも20年間占有すれば、本来の権利者の権利が無くなってしまいます。

そうなんですねー。。。
法律は本当に難しくて厄介ですね。本当、苦手です・・・

占有するという事は、例えば人の土地に勝手に20年住んでしまえば元の所有者が気づかなければ所有権を主張出来るという事でしょうか?

また、権利を主張するというのはどういった事ですか?
時期が重要です
同僚の方に、登記簿が書き換えられた時期を確認されることをお勧めします。

土地の場合権利が無くとも20年間占有すれば、本来の権利者の権利が無くなってしまいます。

20年間何ら権利を主張していないと権利を放棄したとみなされ、時効が成立してしまいます。

名義変更されるまえの閉鎖登記簿等も参考になると思います。
Coolcat様
 デジタル化・・なんか重みが無いですねー。
以前は重要書類は”必ず手書きで”というのが常識でした。
今では手書きの方が通用しなくなり、しまいには印鑑ですら印刷で済んでしまう。
便利と必要の境界線が曖昧になってしまい、その結果がこのような事件を促進させる事になってしまった気がします。

自分の情報を見る事が出来ないという時点で異常な状況です。
見れないどころか、消される事だって無いとは言えませんよね。
登記も所有者を書き換えれば”ハイ、おしまい”です・・・

こうして記事にしているうちはいいですが、私も含め、他人事でなくなった時、初めてその恐怖に気が付くのでしょう・・・
本当に一人づつでも理解を得ていくしかないですね。


>planz様にお手間を取らせしまっているのではと

結構PCで普通に見れてますよ。全然問題ないです。
専門知識のある方の情報は非常に貴重です。
このブログの信憑性を上げてくれますから。

これからもよろしくお願いします。


いつも重要な情報有り難う御座います。
常連のコメント様には感謝です。
デジタル化が…
全ては、デジタル化されたことでこれらの改竄が容易になっているのです。

昔は戸籍簿は手書きで、間違いは二重線を引き訂正担当者の印が押されていました。

改正前の戸籍を出す時は「原戸籍」と言う物を申請します。この戸籍は家長制度の残っていた時代の物で、戸籍の変遷が確認出来るものなのですが、きっとこれも役所は出さないでしょうね。

登記簿もデジタル化によって改竄され易くなったのは間違いないでしょう。
登記簿の他に法務局のなかに公図という地図が残っているはずです。昔の物だと地番だけでなく所有者名も書いあったりします。


今は何でもパソコンになってしまい、登記簿も該当箇所しか観られなくなって、調査しづらくなってしまっていますね。

私が携わっていた当時から電子化の波が始まっていましたから…


いつもコメントの返信ありがとうございます。

私が前時代的なPHSを使用して投稿させて頂いているので、リンク先もパソコンのアドレスでなかったりするので、planz様にお手間を取らせしまっているのではと、いつも内心ヒヤヒヤしながら投稿させて頂いております。

インターネットは両刃の刃ではありますが、一人ずつでも真実に近づけ覚醒出来るよう頑張っていきましょう。
コムロ様
いつも有り難う御座います。

〉私は真面目な創価学会信者のことも被害者とはみなしません。
もちろんお気持ち分かりますよ。
私も自分のブログとは言え、こういった内容なので極力感情は入れないようにしてるんです。怒りを訴えたい記事は別として、事実を伝える事を主とする場合は冷静に、というか、冷静を装って書いています。(笑)
なので、ブログを離れた時の学会員への感情は記事のそれとは全く違います。ましてや個人的に随分嫌な思いをしてますので、コムロ様に負けない位の怒りを秘めていますよー。
だって、常人じゃないですから・・ヤツらは。
コメントだから書きますけど(笑)
恐るべき腐り果てた国家、日本
驚くべき、恐るべき情報を教えて頂きありがとうございます。とっくの昔にこの国家は来るところまで来ていたのですね。ただ、この国の国民自身がもはや被害者とは言えないのと同様に、私は真面目な創価学会信者のことも被害者とはみなしません。言い回しの問題ですから、planz さんも承知して下さると思いますが。
ティジャス様
 有り難う御座います。

ティジャス様もいろいろと大変な目に遭っておられるようですね・・・
とにかく敵が多すぎる。

もう急がないととんでもない事になりそうで恐ろしいですね。
国民の意識改革が急がれます。
今こそ国民が一致団結して、法すらも蹴散らす力が必要だと思いますね。どうせ向こうも法なんか無視してるのですから。
No title
腐ってる それしか言葉がない。

私も被害者になりかけた身なのでよく分かります。
力の乱用で人の尊厳を傷つけるなんて…卑劣ですよね。
こうしたものがない世の中にしたいと願う力が、ますます強くなってほしいですね。
もんきち様
 >「いい加減気が付けよ!!」とも思います。
そりゃそうですね。。
普通に考えれば納得いかない事ばかりしてますから・・

なんていうか、思い込みって本当に怖いです。
創価の怖いのは、「自分は創価だよ」じゃなく、「うちは創価だから」っていう家系単位で繋がってしまうところですよね。
友人もそうでした。高校位まで「興味ない」と何の活動もしていなかったようですが、親からちゃんとやれと言われるようになり、渋々集会で作文を読んだりしていたのが可哀そうでした。付き合いで集会に行った時思いましたが、あの威勢の良さは宗教というより右翼でした・・・

友人は本当にいやそうでしたが、取り巻く環境から逃げられない様子でした。
選挙のたびに電話来るし、新聞進められるし、とても宗教信者とは関係ないことばかりしてますから。
やりたくないのにやるのは宗教じゃないですよね。洗脳です。

久本、高橋ジョージらの創価タレントのテレビ出演への執着を見ていると吐き気がします。
「お前らの枠を若手に回してやれ!!」と正面切って言いたいです。・・・言ったら囲まれるんでしょうね~
No title
そんなひどいことを言われたんですか(怒)!!
創価って最低ですね。最低最悪です。
私も、以前嫌がらせをされたことがあって警察を呼んだことがありましたが、創価の名を出すと警察の態度が変わるんですよね。。。それまで警察は弱者の味方だと思っていたのですが、見事に裏切られました。
ご近所さんから司法、政権まで根は深~くはびこってますから(苦笑)本当に深刻ですね。。
ある意味末端会員も被害者には違いないのですが・・「いい加減気が付けよ!!」とも思います。自分で考えて判断するってことができてないんですよね。(ため息。。)

当方、佐久市の南に住んでおります。^^
Iターンのためこれでも充分すぎるくらい寒いと思っておりますが、地元の人の話を聞くと昔はこんなもんじゃなかったと皆さん言われますねー。
南牧村が北国の春の舞台とは知りませんでした。東北方面かと思ってましたが、白樺やからまつといえば長野ですね☆春めいてきたら思い浮かべてみます♪

このままだと、いつのまにか原発再稼動・官僚天国と何にも変わらないままになりそうですが、そうならないように!微力ながら努力いたします!よろしくお願いします(*^_^*)

もんきち様
 こちらこそ有り難う御座います。
年始のご挨拶を入れようと思いながらズルズルしてしまい申し訳ありません。

朝木明代議員の話知ってますよ。
ご家族や支援者達が絶対に自殺ではないと活動してましたよね。
以前はネットでも○○学会などと誤魔化し表現してましたが、私ははっきり書かせてもらってます。私も何度も迷惑を被ってますし、付き合いで集会にも連れて行かれたことも何度かあります。
正直あれは宗教ではありません。
単なる庶民の攻撃的団結集団です。私の中では宗教は個人の心のあり方であり、布教活動は同じ心のあり方を薦める(勧めるではないと思います。)ボランティアであるべきだと思います。なので、基本は個人である筈です。
創価は、団結こそが力。
逆に言うと、団結を取ったら何も残らないと思います。
団結の為に自分を捨て、人を傷つけ、強引に引きずり込み、金を使って人を動かし、金を使って隠ぺいする、最低の集団だと思います。うちの母は、学会員に「聖教新聞とらないから癌になったんだよ」と言われました。
私は「創価学会に入らないとろくな死に方しない」と言われました。
創価学会員のみが幸せで安らかな最後を迎える事が出来るのだそうです・・・
話していて、怒りしか湧いて来ませんでした。

しかし一番の問題は、末端信者は知らぬ間にその片棒を担がされるという事でしょうね。ある意味被害者ですね。

今回の記事の動画にもあるように、昔からのその名残をすべて排除しないと、本来の日本に戻れないと思います。
でも、創価の根はものすごく深いですからねーーー。
難しい問題ですね。

話は変わって、
ここのところ佐久も寒いですねーーー!!
そちらは南佐久の方でしょうか?

それにしても雪が降らない・・
あの「北国の春」の北国は南牧村との事らしいですが、まったくもって北国の雰囲気はありませんね~
有難い事ですが、おかしな気候になってしまいました。地球に何かしらの変化があるのでしょうね。私が子供の頃はクリスマスに膝まで積もるのが当たり前でした。

 気候よりも世界情勢に変化が欲しいところですね。
凡人なりに情報拡散頑張ります。
今年もよろしくお願いします。
No title
昨年はブログを通じて色々とお世話になりましたm(__)m
今年もよろしくお願いします☆

planzさまは、平成7年9月の東村山市議会議員の朝木明代議員が殺された事件はご存知でしょうか?反学会活動をしていた彼女は自殺を偽装される形でビルから突き落とされ死亡しました。結局まともな捜査もされず、自殺ということで片付けられています。
当時近隣の市に住んでいた私は彼女の活動に対してとても共感していたので大変な衝撃を受けました。
そのような団体が長年にわたって政権与党に入っていたのですから日本が良くなるはずもありません。。
planzさまがこれからも世の中の謎、悪を解明してくださることを期待しています☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
JAL123便の際には、米軍と世界政府が真正面から軍事衝突したと分析できます。
音響として記録されているのは50Hzの音になります。
(関東側のコンセントの周波数)
よって、東京電力側の電線からの電力で発振させています。

耳に聞こえないということですので、可聴帯域の20hz~20khz程度以外の周波数の超音波で変調を行なっているということになります。
撮影場所から少し佐久側に行ったところでR299を横切る黒部幹線付近からと想定されます。

これは、かなり大きい破壊エネルギーになりますので、
軍事兵器としての意味合いです。長時間留まるとひっくりかえったりします。
「入口」になりますので、都合の悪い場合は出力を強くしてわからないように殺害といったことになります。



通常ですと、いろいろと弾圧が発生したり特殊部隊にやられたりするところですが、
彼らは弱いものいじめの集団ですので、強い者には手出しができません。

当方分析では、風貌がパットン将軍に似ているので手出しができないのだと思います。
ブログの内容からしましても、言っていることがパットン将軍そっくりです。
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/George_Patton.jpg
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha811.html

それで、開かずの入口ですが、
あの十字のマークは、赤十字のマークとしての意味合いで、
「世界政府入口」というか、「地上の星入口」「シャンバラ入口」という地底基地入口になります。

軍旗でも、国籍に関わらず救助のみを請け負う「ナイチンゲール」というC-9a飛行機や医療部隊が存在します。
翼には、同じ十字マークが表示されています。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=C-9a&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt




世界政府というのは、一言で言うと
人間牧場
を操る人たちです。裁判所警察役所銀行消防団宗教然りです。
自衛隊も米軍についている限りは良いのですが、残念ながらJAL123便の際には世界政府につきました。

JAL123便の際には、米軍と世界政府が真正面から軍事衝突したと分析できます。
その後の動きとして、米軍横田基地のC-9bナイチンゲールが廃止になっています。

日航ジャンボ123便の際に、米軍以外の生存者救助が行われなかったのは、
他が、全て世界政府についたからです。


 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。