~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の警察のお仕事」

 警察は何の為に存在するのか。

こういったデモ行為は思っている以上に各地で起こっている。
”確実に国民は怒っている!!”
なのに報道されない。まるで原発事故など大した問題ではない、と言わんばかりに。



 このデモ隊が何者か知らないが、言っている事は的を得ている。
”警察は何を守ろうとしている!?”

オリンパスの問題など比べ物にならない程の大罪だ。
なのに、警察は東電に対し、捜査もしようとしない。
そして、東電本社を、勝俣会長を、100人単位で取り囲みVIP警備をしている。


 奴らがやっているのは、単なる道路占拠ではないか。
そして都合が悪い時の警察官はだんまりを決め込み、ひたすら警笛で仕事をしているふりをする。

警察官!!いい加減目を覚ましてくれ!!
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

やはり、米軍がチベット周辺から遠ざけられようとする動きが見られる。
やはり、米軍がチベット周辺から遠ざけられようとする動きが見られる。
http://redfox2667.blog111.fc2.com/?no=21

米軍縮小の動きがそもそもおかしいが、

そういえば、防衛大臣がチベットに行っているが、
シャンバラ人間牧場と日本人虐殺の打ち合わせではないか。
日本人は大変に危機的状況にある。

米軍の大規模軍事演習「勇敢な盾」がほとんど完全に無視されているのは、日航ジャンボ123便の時と瓜二つで危険な状況である。
米軍の大規模軍事演習「勇敢な盾」がほとんど完全に無視されているのは、

日航ジャンボ123便の時と瓜二つで危険な状況である。


米軍が行なっている「勇敢な盾」軍事演習
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/06/valiant_shield_1469.html
は規模の割に、マスコミには、ほぼ完全に無視されている。

「勇敢な盾」は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Valiantshield06seal.png
の旗印通り、チベットシャンバラ人間牧場本部に対する牽制である。


チベットシャンバラ人間牧場本部に都合の悪いことは避けるという、政府やマスコミの意図が見て取れる。

この米軍の正しい動きが完全に無視される動きは、日航ジャンボ123便の際、米軍以外は、全て、シャンバラ人間牧場側についてしまった1985年8月12日と重なる。

日航ジャンボ123便で生存者の救助を行なったのは米軍だけであったことを忘れてはならない。

自衛隊も警察も住民も、烏合の衆で誰も救助には役立たなかった。
そもそも軍事産業であるべきアメリカが警察に乗っ取られているのはおかしいのである。
そもそも、軍事大国であるべきアメリカが警察に乗っ取られているのはおかしいのである。
http://video.google.com/videoplay?docid=-1551348336255792191#

米軍の縮小、警察の拡大。
これは、人間牧場シャンバラに都合のよい方向性である。



米軍は対シャンバラで戦っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%87%E6%95%A2%E3%81%AA%E7%9B%BE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Valiantshield06seal.png

「盾」の中心は地球人間牧場本部シャンバラ。
ナイチンゲール猟   C-9aナイチンゲール  シャンバラ
http://hon42.com/iryou/nai.php#link=1-117
悪魔達のナイチンゲール作戦のワナに騙されるな!
↑悪魔の知恵が生み出したピンクリボン運動の本質
↑なぜ現代医学の治療では最も残酷な化学兵器の第一剤が使われるのか?
↑●人の心理は背景が暗ければ暗いほど美しく感じる

たとえば神戸のルミナリエはなぜ美しいのか?それは背景が暗いからである。発光ダイオードが昼間に光っていても美しくない。一つの一つの発光ダイオードを美しく見せるにはどう工夫すればいいか。それは簡単なことである。背景を暗くすれば良いのだ。
暗さというのは光だけではない。5000人以上が死んだ震災という心理的な暗さもある。
では医療産業を美しく見せるためにはどうすればいいか?
この作用を応用して魔物達は美観をよくするためのシカケ剤を開発したわけである。
まったく同じ原理である。それを見せるための心理的、さらには患者の肉体的背景を暗くすればいいのである。
医療従事者たちが尊敬される職業というのは、トリックがわかってしまえばなんのことはない。単純な心理トリックなのである。
、彼らはなぜ医薬品と使用して発ガン物質や禁止された化学兵器剤を採用する必要があったのか?
それは莫大な巨利をもたらす心理的効果を作り出すために最適だったからである。悪魔のシカケ剤を投与して残酷な病魔を演出し、心理的背景を暗くしてくるのは、この心理的背景が暗ければ暗いほど崇高に見えるという心理的効果を狙ってシカケているからである。
医猟のカラクリ、仕掛けられた罠のカラクリがわかってくるとなんのことはない。単純な心理トリックを積み重ねているだけなのだ。

↑●阿鼻叫喚戦場で活躍したナイチンゲール
白衣の天使ナイチンゲールはなぜ美しい偉人として崇められるのか?それは戦場という阿鼻叫喚地獄で活躍したからである。
ナイチンゲールが活動した場が阿鼻叫喚地獄でなく、保健室のおばさんであれば同じ人間でもナイチンゲールの名前は歴史に残っていないであろう。ナイチンゲールが足かちぎれ、悶絶死視野が続出する悲惨な戦場であったということが重要な着眼点である。これこそが悪魔が仕掛ける医猟産業の演出を読み解くためのポイントである。
つまり、人間には心理的背景が暗ければ暗いほどなんでもないものが美しく崇高に見えて尊敬されるものだ。
医療産業にとって発生してくると言う病魔は残酷で悲惨であるほど商売の土壌として都合が良い。
現代医学や病院ビジネスというのは治療はしてもそれで対価を取っているビジネスである。車の修理工が尊敬されるという話は聞かない。タダでやっているならまだしもベラボーな対価をとっているにも関わらず、どうしてそんなバカ高いサービスが美しく見えるのか?
悪魔達は何でもないこと、それどころか、猛毒の発病剤や悪魔の化学兵器剤をいかに獲物に美しく、高い価値があるかのように感じさせて食いつかせるか、自分たちを応援させ、尊敬させるかと言うことに日々、悪魔の知恵を働かせているわけである。

↑●悪魔のひらめき「積極的に仕掛けて稼ごう」
そこで悪魔の知恵はひらめいた。「獲物を猛烈に悪化させてのたうちまわらせればいいではないか、獲物が苦しめば苦しむほど、その病魔から救い出そうとする医猟業界は美しく見え、高値で掴ませることが出来るぞ」と。
このアイデアが現在世界の独占となった西洋医学と称したロックフェラー医猟ビジネスのはじまりである。そのロックフェラー自身は自分の発明したインチキ医療はもちろん受けずに長生きした。
つまり、ピンクリボンが美しく見えるのは余命一ヶ月の花嫁がのたうちまわるという心理的暗さがそれを懸命に助けようとする白衣の天使たちを心理的に輝かせて熱狂させているのである。
逆に考えてみれば病魔の進行もたいしたことが無くて、それほど深刻な状況で出なかったらピンクリボン運動や検診運動は加熱しないだろう。
考えてみれば○○検診というのも一番化学兵器で悪化させる病気が流行る。これも計算しつくされたシカケによる演出効果なのだ。逆境が強ければ強いほど人間の精神は加熱する。そういう意味でも意図的に仕掛けた架空の病魔という敵には暴れ回ってもらわなければならない。
こんな当たり前のトリックにも気づかずに日本中が騙されているのだから、その精神レベルの低さはゴキブリ以下である。
気づいてみれば殺す獲物はオトリ鮎である。
白衣の天使が崇高に美しく見えるようにするには、背景となる病魔を残酷にすればするほどよい。そんなものが体内に存在しないなら、自分たちで仕掛けて作為的に作り出せばいいのである。だからこそ、地獄の悶絶死を誘発する化学兵器剤が最適なのだ
彼らが仕掛けてくる病魔の残酷さと検診運動等の社会運動の高まりは見事に比例するのである。絶妙なシカケと誘導のコンビネーションがおりなす感動のハーモニーである。
人々は、苦しんでいる人を懸命に助けようとする産業こそを信頼しようとする。悪魔の知恵はその心理を巧みに計算しているのである。そしてその心理効果によって虚構の手柄を演出し、自らの欲望の成就、利権拡大に繋げることを企てていたのだ。

↑●赤十字社はなぜ批判されにくいか
「獲物を落として感動させよ」

↑●残酷な後遺症が莫大な利益と熱狂と尊敬をもたらした
つまり、昼間に見たらなんでもないような小さな光を美しく見せるには背景を暗くすれば暗くする程いいわけである。背景が残酷で過酷になればなる程、なんでもないささいな行為が美しく見えるものである。
たとえばこういう事態をイメージしたらわかりやすい。友達、恋人、あるいはお父さんと山に登ったとする。そこで運悪く道に迷い、遭難して自分の水筒の水が無くなった。近場に水場も見つからない。二人とも水に非常に困っている。そのときに相手がわずかな水をわけてくれたとする。
このときに飲める水の価値、その行為の価値ははかりしれないはずだ。そのときなら1リットルの水は1万円にも10万円の価値にもなり、その行為の心理的に感じられる美しさは日常の行為とはまったくかけはなれた価値を持つ。そのときに水をくれた人には見方がいい意味で大きく変わるはずだ。
背水の陣に追い込まれたときの水の価値は売ってくれる人がいるなら10万円でも買う必要がある。医猟産業が目を付けたのはこの心理である。これを仕掛けて作り出す必要があったのだ。
水を欲しがっている人に水を汲んであげることぐらいは普通の家にいる普段の環境なら大したことではないからすぐに忘れてしまうような行為だが、山で遭難した時の過酷な環境で自分の水筒の水を人にあげることは、大きなことになる。おなじ水をあげるという行為も過酷な環境ほど、何百倍も美しく見えるものだ。これこそが猛毒発ガン物質を究極のお宝特効薬に見せるための原理なのだ。水は毒ではないが、彼らは猛毒発ガン物質をいかにお宝に見せるかに悪魔の知恵を使っているのだ。それが経済至上主義社会である。もちろん、教育産業も同じ、その本質はほとんどが有害な破壊カリキュラムによって知能を殲滅させ、子供たちという獲物をしゃぶりつくすビジネスなのだ。だからこそ、医学部を出ると説明書一枚すら自分で読めないような医者が続出しているのである。そのカラクリは自分では何の判断能力も持てないロボットを作り出すための狂育にあったのだ。

↑●虚構のイメージ作戦によって発覚しない巨悪犯罪
医猟にはこれと同じ心理的なシカケが最初から最期までほどこされ、その巧妙なシカケによって悪魔の保険金殺人は発覚しないのである。気づいている人たちもそのベールに覆われ、大衆に染みついた崇高イメージが厚すぎて、なかなか批判することは難しい。
たとえば、私がテレビに出て「聖路加や赤十字社なんかしょせん金儲けですよ、患者なんかいいカモでしょ」なんてことを言ったら「日々、患者のためにがんばっている医療従事者たちに失礼な!」とブーイングの嵐に遭うであろう。歪んだ精神の人間だと誰もが思い、潰されるのは見え見えていることである。だからこそこの悪夢の産業の実態は誰も露骨に言えなかったのだ。
真実を語ると言うことはいくら自分が悪者にされてもかまわないという覚悟が必要である。家畜奴隷たちは骨の髄までプロパガンダに騙されているのだ。奴らが調子にのって「もっと痛めつけて、のたうちまわらせろ」と積極的に化学兵器剤で仕掛けてくるのは当たり前のことである。
シカケればシカケるほど崇高な名医に見え、自分たちの築きあげた屠殺の檻に獲物が飛び込んでくる心理的シカケができているからだ。
苦しいときに、ましてやもうこのままでは死ぬと思いこまされている獲物にとって助かるかも知れないという化学薬品は巨費を投じてもいいと思うお宝に見え、医者や看護師は命の恩人と感じる。助けられたという恩は計り知れない。
つまり、彼らは悪魔のビジネスを巧妙な心理的なシカケを重ねていてくことによって、何の価値もない獲物にとっては未来の暴利を生み出す後遺症を仕掛け出す化学兵器、猛毒発ガン物質をベラボーな価格で獲物自らにすがらせ、それを投与し、屠殺していく自分たちの行為を崇高で美しく演出することに工夫を仕掛けていたのだ。

↑●演出次第で悪魔の化学兵器がお宝特効薬に見えるシカケ
この心理効果を積極的に仕掛けていくことで虚構の演出を考えだしたのだ。ささいなことをいかに美しく崇高に見せるか、悪魔の活動をいかに美しく見せるか、猛毒発ガン物質をいかに特効薬に思いこませるか、すべては演出なのだ。なぜなら、騙される家畜奴隷たちには何が原因でそうなっているのかという規準はないのである。
また価格の高さというのも家畜奴隷たちには魅力的に映るのだ。家畜奴隷は高いものほど価値があるという思い込みがある。だから、価格を高く設定することで、毒の疑似餌に旺盛に食いつかせるように計算されているのだ。もちろんそれには、高い化学薬品を売りつける前に猛烈発ガン物質であるシクロホスファミドなどのアルキル化剤などを駆使して仕掛けて追い込んでいく作戦が既に施されているからである。
こんなことは考えてみれば当たり前のことである。気がついていないというのはそれだけ認識能力がないからだ。国家狂育とは家畜奴隷たちに家畜奴隷であると勘付かせないための狂育なのだ。屠殺される豚たちが自分たちが人間に何をされているかにすべて気がついたら卒倒するだろう。
人間も扱われ方は本質的にはまったく同じである。豚にしろ人間にしろ、真実を知ったとしたら卒倒することはどちらも同じことである。
これが悪魔たちの仕掛けた残酷な罠であるということに罠に墜ちた獲物たちは気がつけない。
悪魔の手足となった医猟医猟従事者たちよ、反論できるものなら覆す証拠を出して反論するがいい。

↑●よく考えてみたら残酷なのは当たり前のことだ
私の書いていることこそが人間社会の真実である。しかし、よく考えてみれば別にそれほど驚くほどのことでもない。
たとえばもともと評判の悪い者や組織が悪いことをしたというニュースが流れたり、噂が立ったところで
「アイツならやりかねないな」とわかつている人は驚かないだろう。
これは人間社会全体の本質にも言える。その残忍さ、凶悪さの根拠は誰でも漠然とは知っていることだからだ。それは動物対人間の関係においては誰でも知っているとおり、ごく当たり前の感覚であり、当たり前すぎて誰も疑問にすら思わないほど当たり前の感覚なのだ。
ほとんどの人が疑問にすらも想わないと言うことは、それくらい虐殺収奪して笑い、楽しむことがこの世界では当たり前の間隔だからこそ違和感を感じず、疑問にすら思わないのである。
医猟産業が発病剤の開発に明け暮れ、人間に発ガン物質や発病剤を投与するのもそれと同じくらいごくごく当たり前のことなのである。
そして人間同士の歴史上の出来事もまったく同じである。家畜奴隷たちは、今だけ、自分たちだけ特別な扱いという幻想に酔いしれている。
自分も社会から同様に扱われるということも考えてみれば当たり前のことである。当たり前のことにようやく気づけたのだ。
狂育されるということはたいへんなマイナスからの出発である。それは自分という感覚を捨ててひたすら支配者に服従する人生である。
この気づきに小学生の頃に気づけた人は今後、無駄な人生を歩まずに済むだろう。

↑●医猟信者は人間の当たり前の感覚を人間同士だけは例外として覆してみよ
私はそれは人間に対しても本質的には同じように扱われているという当たり前のことをそのまんま書いただけである。荒唐無稽なカルト信者は別として、当たり前すぎて反論しようもないだろう。なぜなら人間が者言えぬ弱い者にやっていることが残酷であまりにも非道なことは誰でも漠然と知っている事実だからだ。
もし反論するなら、
「人間同士だけは例外なのだ。人間同士だけは愛し合い、助け合いの社会なのだ。医療産業の人々は病気がなくなったら、市場が衰退し出番は減るが、それでも医療に携わる人々は人々の健康を願って病気を無くすために懸命にがんばっているのだ」と反論するしかない。
しかし、それは誰が考えても妙な論理を展開することになるから、さすがに自分でも矛盾を感じて難しいから誰も言えないだろう。
私は医猟がなぜ凶悪な産業であるかということはまだまだ根拠はいくらでも出せる。
なぜなら私の言うことの方が真実だからである。本質を覆すと言うことはたいへんなことである。
私は今後、医猟従事者という凶悪殺人犯に対しては、たとえそれが末端の者であろうと病院名や顔写真などを晒して凶悪保険金殺人として追求する。
医猟産業が凶悪な本質で回っていることが事実である以上、たとえ末端のものに意志がなかろうと、動かされた凶悪犯の手足で有り、自分のやってきた役割という本質を覆して反論することは無理であろう。

↑●本質的に残酷なものほど逆イメージでカモフラージュを強化する必要がある
この残忍な世界の中で医猟従事者が尊敬されているように人間に対してだけは逆に残酷どころか、逆に美しく見えるのは、その残忍さは巧妙な演出によって人間の扱い方だけは、違ったふうに見せられ、印象づけられているだけなのだ。
現代医学の医者の本質は豚の喉に包丁を突き刺している屠殺師と同じである。
それが尊敬されるのは病魔という架空の罪をかぶってくれる存在を作り出し、その病魔から救い出そうとしているという建前が通用しているからである。
製薬利権も赤十字社も屠畜産業が動物にやっていることと本質的にはまったく同じである。その本質的な残忍さは同じある。美しく見えるのはあくまでもカモフラージュされた幻想に過ぎない。
ピンクリボンにしろ、医療現場のドキュメンタリーにしろ、表面上は懸命にそして、獲物がのたうちまわれば、のたうちまわるほど、その残酷で憎い病魔から救い出そうとしている医猟従事者たちは美しく見える。もちろん彼らはその心理的効果もよくわかった上で仕掛けているのだ。
だからこそ、世の中には医猟従事者を批判するとムキになって怒ったり、擁護するクルクルパーがゴロゴロいるのだ。
しかし、それは彼らが仕掛けた人工の産物であることは科学的に解明した。そして彼らは本質的には治ることなど願っていないのである。
ピンクリボンで1ミリでも見つかればシメタものである。さっそく地球最強の発ガン物質マスタードガスを投与し、放射線をかけまくり、獲物はガンのみならず、さまざまな余病を一気に大ブレイクさせる。その余病も苦しみも恐怖も彼ら医猟産業の者たちに巨利をもたらす。
そして最後はホスピスで1日5万円の暴利を吸い出し、葬儀屋と結託して稼ぐ。
その悪魔の保険金殺人犯罪を美しく見せかけなればならないのは当然である。

↑●病魔のイメージが確立してしまえば安心して犯行を重ねられる
どんなにムチャクチャな惨殺をしてもすべてはガンの性質、病魔の進行という言い逃れが出来るから安心して化学兵器を投与することが出来る。
彼ら自身の化学兵器剤を駆使した演出こそが、皮肉にも彼ら自身を美しく魅了させ、彼ら自身が追求されることから守っているのである。
数万人を惨殺した凶悪保険金殺人犯の日野原が絶大な尊敬を集めるのも計算しつくされた心理的トリックである。
人間社会が虐殺収奪によるパイの奪い合いであると言う真実からすると、殺した数だけ、別の者を救っていると言うことも言える。
この残酷な世界で対象が変わればコロッと崇高になるなどと期待している荒唐無稽なオメデタさ。
その荒唐無稽な勘違いが、のちに阿鼻叫喚地獄の檻に転がり落ちて人生の最期を迎えることなど家畜奴隷たちは考えもしなかったのだろう。
その気づかない精神の本質は人間に虐げられる弱者のことなど考えたことさえもないからである。その無頓着な生き方の結末こそが悪魔の医猟にしゃぶりつくされ、悶絶死という結末なのである。
私が現代医学ならぬ現代医猟を調べてきてわかったことは表のイメージと裏腹に卒倒するほど残酷な悪魔たちの饗宴、跋扈であった。その悪魔的な犯罪の証拠の数々は示しているとおりで、誰でも図書館やインターネットで裏付けを取ることはできる。
その根拠はよく考えてみたら当たり前のことばかりだ。なぜなら人間のやっていることとは弱者をシャブリ尽くし、虐殺収奪することが当たり前の感覚で生きている者がほとんどだからである。どうやら、その感覚は自分がやられるときの危機が迫っていることにも気づけないようだ。
当たり前のことに気づけずに人生を棒に振る人が大半である。医猟の現実に気がつけば、ようやく虚構の世界に気づけたのかという感じである。

↑●莫大な資金が演出に投じられている
医猟界はそうして人々を騙して吸い上げた巨万の富をいったい何に使っているのか?そのコストの半数は厚労省、マスコミ、広告、医者へのバラマキ、狂育などに費やしているのである。
つまり、巨万の富は次なる虚構の演出のコストとして投資されているのだ。
猛毒の化学薬品で家畜奴隷を病魔の進行と見せかけて屠殺するシーンを見せることは次の屠殺を正当化し、化学薬品を売るためのマーケティングだったのである。何度も見せられていると比較の出来ない家畜奴隷たちは、てっきりそんなものだと思いこんでしまうからだ。
私がそのカラクリをバラせば、世界で数百兆円と使われて築きあげた虚構のイメージは大崩壊する。それはドミノ倒しに国家転覆、現代文明の崩壊に繋がる。その真実は仕掛けられたイメージとはまったく逆の凶悪な悪魔の世界なのだ。私はその虚構を躊躇なくメチャクチャに破壊しまくることに決めたのである。

↑●「獲物にシカケのトリックがバレるとマズイ」
そして彼らはガン治療ひとつとってみても、抗ガン剤なるものが化学兵器の第一剤であることや指定発ガン物質であること、準備段階で毒ガス用の防護服を着て仕込んでいることなどは見せないようにしているのである。当然それらの添付文書も獲物には渡さない。獲物が真実に気づくと出番が無くなるからだ。いかに獲物に事前にその危険を察知されないようにし、その本当の恐怖はホロホロ作戦によってカモフラージュし、獲物自ら足取り軽く、屠殺台に上らせるかが屠殺師たちの技術である。
なぜ彼らは戦時使用も禁止された化学兵器剤や放射性物質などの残酷な後遺症をもたらす物質を治療と称して使いたがるのか? しかももっとも危険である残酷な後遺症をもたらす第一剤を使いたがるのか?この心理は単に悪化させてリピートを狙うと言った一面だけではないのだ。そこには家畜奴隷たちに心理的熱狂や尊敬を起こすためのさまざまな巧妙なシカケが施されているのである。目的はカネだけではないのである。悪魔達は獲物たちの心までしゃぶりつくして堪能したいのだ。かかった獲物の末路は乳牛と同じである。乳で稼いで最期は肉で楽しむ。魔物達にとってはタダ殺すだけじゃつまらないからだ。

↑●仕掛けられていた残酷なナイチンゲール猟のワナ
この本質を突き詰めていけば背筋も凍る悪魔の知恵、驚愕の真実が見えてくるのだ。その真実に気づけば「人間とはここまで悪魔になれるのか」と眩暈がし、ため息が出るだろう。
そのひとつは仕掛けて悪化させて増悪させていくことで次の治療と称した商品が売れるからだが、単にそれだけではない。残酷な後遺症を仕掛けることが副次的にさまざまな心理効果をもたらすことを狙っているからである。それは甚大な心理的熱狂効果が得られるからだ。獲物の苦しみ、阿鼻叫喚地獄が大衆を熱狂させ、自分たちを尊敬させる効果を狙っているからである。インフルエンザが大流行したときにマスクの価格がプレミアになったのと同じだ。
皮肉なことに彼らのその悪魔の知恵が悪魔の虐殺マリオネットである医者や医療従事者達を尊敬される職業にしているのである。彼らの悪魔の知恵はそこまで計算しているのだ。アホ地球人の知能より彼ら悪魔は上手である。
真実に気づいてみれば白衣の悪魔はゴマンといるが、白衣の天使など、ほとんど存在しないのである。そう思い込まされていたものたちの本当の正体は殺害の実行犯、殺人の助手だったのである。この手の話を書き続けてきたサスペンスドラマの作者でもひっくりかえるほどのサスペンスが現実の世界の真相だ。

↑●感動と熱狂を引き起こすロミオとジュリエット効果とは?
人が感動する心理作用としてロミオとジュリエット効果というのがある。恋愛を成就させるのに困難な条件があればあるほど恋愛感情は燃え上がるという法則である。
これらは逆行する勢力が人間の恋愛感情の刺激になるという効果だ。魔物達はこの心理作用をさまざまな虚構の演出に応用し、心理的なワナを仕掛けていたわけである。
タイタニックという映画の大ヒットも同じだ。
その心理を医猟に応用すれば次の通りだ。
「医師や看護師達は懸命になって患者を残酷な病魔から救い出そうとする。けれどもその残酷な病魔は医療従事者たちの助けたいという願いも虚しく残酷にも患者の身体を蝕んでいった。そして今もその病魔は猛威を振るい続けている。助けきれなかった命のために医師達の努力は続く…」このストーリーである。
大衆が騙された現代医学のイメージはこんなところだろう。
この演出が感動のロミオとジュリエット効果をもたらすのだ。
これこそが莫大な利益と尊敬の地位を生み出し獲物たちを屠殺場に引き寄せる仕掛けられていた第一の心理トリックだったのである。この心理的シカケは獲物が屠殺場に来るはるか以前からシカケられているのである。家畜奴隷社会ではいつでも屠殺解体処理するための準備が家畜奴隷たちには心理的にほどこされているのだ。

↑●真の医療は収益の悪化でとうに潰されている
ここで重要なのは本当に病気が治るようにでもなったらゲームオーバーになってしまうことだ。本当の威嚇は病気を治してしまうが故に一回しか客が来ないマズイラーメン屋と同じく収益が得られず稼ぐ医猟に圧されて潰されたのである。
奴らにとって病魔がなくなるとか治るなんてことは言語道断。出番が減れば社会的地位も下落してオマンマの食い上げになるからだ。崇高イメージさくせんにしろ、それをマスコミにナガさせるにしろ、資金が必要である。仕掛けて稼がないと、一発80万の手術にもありつけなくなるからだ。そうとなればよってたかって痛めつけて病魔は残酷な状態になるほどよい。
経済至上主義とはすべてはリピートで成り立っているのである。日本の家が30年くらいですぐにガタガタになるようにわざと潰れやすくつくってあるのもそのためだ。
人間とは悪魔の虚構に踊らされる誠に哀れな家畜奴隷である。
医療の手柄や功績とは心理的に落として持ち上げたり、意図的に選び出して悪化させて演出させたことと対比させて錯覚を起こさせる人間の錯覚を利用した心理トリックに過ぎない。
その証拠に現代医学の臨床試験やエビデンスといった科学的根拠とは、つまるところボロボロに痛めつけて死にかかった末期の患者と比較して、「これをやったから延命効果があったのだ」という結論の出し方ばかりである。比較する対象がひどく限定されているということにトリックがあることに気がつかなければならない。つまり、イメージ作戦でひっかかっているから考えもしないだけでなんのことはない。きわめて単純なトリックである。心理的にも物理的にも対比で自分たちの手柄だと思わせているだけである。

↑●癌は外部要因であって病魔などではない
しかし、そんな病魔など人間の身体には最初から存在しない。たとえそう見えたとしても、それは摂取している化学物質や公害などの外部要因である。
過去の事例を上げれば水俣病や神通川周辺のイタイタイ病にしてもそうだ。あれらは原因不明のときは病魔が蝕んでいるように見えたが、その実態は解明されてみれば外部の有毒な化学物質が原因だったのである。
たとえば、浄水器で考えたらわかりやすい。浄水器は家族の身体を守っているがあれらはテレビの実験で限界以上に何年も使い続けて限界点を超えると今度は逆に水を浄水するどころか、毒水を垂れ流す毒水製造機に変化するという。
これは浄水器とはいえ、限界点があり、いつまでも機能するものではないということ、限界点を超えれば逆に毒が盛れだしてくることは誰でもわかる簡単な原理だ。
癌組織も全くこれと同じ原理だ。彼らはその毒が盛れだした悪質液などを病魔だと取りあげて、恐怖を演出しているのである。それは毒水を出す浄水器が毒を生産する能力などないのと同じように単に限界点を超えたから症状として出てきているに過ぎない。
しかし彼らはそう解釈しない、患者を苦しめる病魔ということになってもらわないと巨利を生み出すビジネスが成立しないからだ。つまり、欲望がひどく解釈を歪ませているのである。
爆発増殖の殺人細胞など絶対に存在しない。それらは欲望が作り出した架空の存在である。そしてその荒唐無稽なことを信じられるか、信じたフリができる者にしか医師免許は与えないのである。
あの場合、原因は内部にある病魔ではないのだから毒を盛って症状を抑える毒薬を投与しても治癒効果はまったくない。
病魔であるというのは歪んだ物の見方から出ているに過ぎない。
あれらは一部の地域の風土病だったために原因が解明され、ガン産業のようなビジネスに発展しなかったに過ぎない。要は癌も水俣病もイタイタイタイ病も同様に化学汚染から生じているものなのである。患者自身の内部の病魔とはまったく無関係であったことは多くの人が知っているとおりだ。
しかし彼らにとってその真相学会も明示されることは莫大な利権の縮小に繋がるから絶対に表には出さないのである。なぜなら、その原因を突き止めるということは、患者自身が自己防衛するという形で、自己解決できてしまうからである。
それは今までのようにお医者さんに頼って手術をしてもらったり、薬を投与してもらうというビジネスが成立しなくなるからである。彼らにとって病気というのは自己解決できず、お医者さんに頼るしかない。原因不明の病気である。要望することも可能であるということであってもらわないと困るのだ。
だから彼らは、自己解決できる真相解明は決してしようとしないのだ。
さらには、その真実が明らかになることは自分たちのしてきた化学兵器剤や放射線などによる発癌や増病のシカケというトリックがばれてしまうからである。
ガンが残酷に蝕んでいくように見えるのもガン細胞とはまったく無関係であり、ガン細胞はその化学物質から身を守るための症状だったに過ぎない。
これがバレたら虚構で莫大な利益を上げている犯人達にとってはのオマンマの食い上げになるからその真実は隠されているのだ。
 
↑●「オレたちに感謝してくれや」のための演出
彼らはそれらの悶死や手遅れ死の統計を作り出して何を言わんとしているのか?
要するに「自分たちに感謝しろよ」という事である。だからこそ悪化した人間ばかりが統計に採用されるのだ。
「アンタもこうなるところをワシらが早期発見、早期治療で救ってやったんや。アンタの今があるのもワシらのおかげなんやでぇ。ワシらに感謝してくれや」と言っているわけである。彼らの説明には翻訳が必要だ。
化学兵器で猛烈に発ガンさせて余命一ヶ月の花嫁のように短期間で全身が癌だらけにし、ズルズルにして悶死させるとそうならなかった獲物は「あぁ、自分も遅れていたら、ああいうふうになるところだったのに先生達のおかげで救われたんだ」と思う。よくテレビで出てくる証言で、「あのとき発見されていなければ今頃自分は手遅れで死んでいた…」という話とか、なんとなくそう匂わせる話が多い。
余命一ヶ月の花嫁の話は躊躇しているうちに大きくなって手遅れになったというオトリの鮎として利用するにはもってこいである。
それらの真相は多数の患者の中でそう思いこんでいるカモだけを選んでテレビで編集しているだけである。またそれはあくまでも思い込みの世界で実際には気づいていなればどうなっていたかは確認したわけではないはずだ。
実際ところが何もしていなくても実はどうもなっていないのだ。両方の比較が出来ないだけだ。それは両方体験して比べることは出来ないから無知蒙昧な獲物は医者が言うことが正しいのだと思っているに過ぎない。獲物には規準がないからやりたい放題の事が出来るわけだ。
つまり、これは演出による悶死と対比させている心理的錯覚に過ぎないのである。これを獲物は現代医療の手柄であると錯覚させられているのだ。悶死が壮絶であればあるほど対比の心理で獲物は感謝する。こうなれば怪しいものはものはとりあえず癌と判定して斬りまくる医者ほど名医になるのも当然だ。
これは他の医療もいっしょである。たとえば歯科医療では、40年前に削らなければいけないとか抜かなければならないと言われていた歯が今も減益で働いてくれている」といった本の記述を何度もメチャクチャにすることがあった。ということはそもそも医者の言うことがウソだっただけである。日本人の歯は日本歯科医師会の方針、歯学狂育によってメチャクチャに歯壊されているのである。もちろん、歯科医達の生活のため、入れ歯産業のためである。歯がドンドン順調に壊れてくれなきゃ商売にならないのだ。これもまったくガン産業と同じ。
これが発覚しないのは、ガンにしろ、歯科医療にしろ、検診付け、薬漬けで、いじくりまくって、壊しまくってやることは利益を生み出すビジネスになるが、間違っていると言うことのほうはビジネスにならないからである。儲からないからほとんど言う人がいないだけだ。

↑●現代文明とは騙しの文明である
本質に気づいてみるとこういう演出に踊らされていることは多い。経済至上主義社会とはいかに利益を上げるかである。だからまかり間違って人々が病気にならなくなるなんてことがあっては困る。どうやったら利益が上がるか、自分たちの価値が上がるかを考えとるわけだ。
獲物をその気にさせるかという心理ゲームである。車のセールスでも同じである。欲しくない商品をいかにその気にさせて買わせるか。電車通勤で、必要のない人間にいかに車通勤させる気にさせるか。その気にさせて車を買わせるぐらいならまだいいが、医猟産業とは、必要もないのに有害な治療で獲物を陥れてワナに誘導し資産を虐殺収奪する惨殺収奪ゲームである。
医者がやたら治療をすすめるのも歯医者が歯をはやく削りたがるのも、車のセールスマンのことを考えたらわかりやすいはずだ。彼らには販売ノルマがあるのである。もちろん、それは建前上は命を救うためなどとカモフラージュされている。
ガンの被害にあった人より、歯医者の被害に遭っている人は覆い。それは最初の治療と称したシカケが引き起こしているのだ。化学薬品の投与で副作用と称したもので悪化すれば次の販売の口実が出来るというシカケ。つまり、こうして生かさず殺さずに後遺症で終身カネヅルを作り出してシャブリ尽くすのが医猟産業の本質である。養護学校に通うような子供たちの本当の真相は製薬利権が引き起こした薬害なのである。その証拠に添付文書の副作用には膨大に奇形児発生の警告がある。それを複剤で組み合わせればどの薬がどう作用してそれが起こったかなどの因果関係はほとんどわからなくなるというシカケ。困ったことに成ったら獲物たちはまくた医猟産業に頼ってくるのだ。
騙し合いの世界こそがこの人間社会の真実であり本質だ。たとえば入手困難な限定販売の商品となると欲しくなる心理もそうだ。
現代人とはこれらの虚構に踊らされた滑稽なる生涯であることに気づいていないのである。
たとえば、北朝鮮で戦争で勇敢な活躍をした将軍様が尊敬される心理も同じだ。それらの攻撃から国民を守った将軍様の活躍は虚構であるが本人達は国家狂育で本当だと思いこまされているのだ。
つまり、あの熱狂は戦争というものがあるから得られる効果なのである。現代医学の化学兵器に後遺症作戦も同じ。それがカルト社会の真実だ。
世の中の本質が見えてくると真実とはこんなことばかりである。現実の世界はカルト宗教も上回るカルト社会だからである。911にしてもそれを機会にやったイラク戦争の戦費に日本人は莫大なカネを騙し取られたのもいっしょだ。
心理効果だけではない。テロ攻撃をされたのだから攻撃する動機が出来たということである。病気が悪化してきたから次の治療や薬品を投与するというのもいっしょ。つまり悪化させることで次の治療をするという正当性を作り出して、販売戦略を拡大させていく収奪の正当性が成り立つわけだ。

↑●「弱った獲物を仕留めよ」これがこの世の当たり前
だまされる人間の心理に共通しているのは、世の中の残忍な本質というものが全くわかっていないということである。わかってない無知だけなら知らないだけだから、プラスマイナスゼロでまだいいが、全く逆のおとぎ話のような幻想の世界に生きているのである。私から見たらまったく滑稽なる人生を生きている人々のなんと多いことか。
地獄の獲物には悪魔が救いの女神に見えるのだ。だから目の前にワナにかかって化学兵器のトラップで仲間が悶死してもおかしいと気付かないのだ。
それらの悶死は人間の醜悪な精神の本質から生じていものであり経済至上主義社会の残酷な本質である。自分の精神が汚れている限り、この社会の本質を何ひとつ見抜くことができない。そして一生だまされ悪魔に捧げ続ける人生を繰り返すのである。これが滑稽なる究極アホ惑星の地球人の哀れな実態である。
そもそもこの社会というものは全ての根元はこの世界を作っている者たちの精神性で決まるものである。精神性の本質はは同じである。
だいたい人間社会を見渡してみればわかるように人間社会の本質というのは弱い獲物がいれば、「コイツら弱いやつや。コイツら弱いから何も文句を言うことはできないな。だったら思いっきり利用して殺してやれ」ということしかやってないのである。歴史を見たら全部そう。
たとえば、牛や豚や鶏はどんなに辛くても残酷な仕打ちをしてくる人間に「辛いからやめてくれ」と訴えることは出来ない。
しかし、考えてみたら彼らがつらいのは当たり前のことである。人間なんて最低生物がそんこといちいち考えているわけがなかろう。だから、人間の屠殺シーンは動画で見たらわかるように、地球上の生物の中でも死に方の悲惨さ、滑稽さとしても最低である。人間の思考回路は「コイツら何も言えへんのや。とことん利用したれ」ではないか?違うか?違うというなら人間は崇高な精神で接していると証拠を出してみよ。そんな事例はほとんど皆無であることに気がつくはずだ。
これが人間の当たり前の感覚である。では自分たちが何をされるかくらいは予測できることではないか。
しかし、荒唐無稽な家畜奴隷はその精神が相手によってコロコロ変わると思っているのだ。こんな簡単なことが飼育された家畜奴隷にはわからないのである。だから平気で悪魔の檻に入っていく。その結果、当然襲われてメチャクチャにされる。当たり前のことである。悪魔が自分を助けてくれると思っているのだ。
私から見たら滑稽なる実態である。心の眼が見えていない人間というのは物理的に目が見えない人間よりももっと不自由な人生を生きているのである。
醜悪な地獄と白衣の天使のような夢のおとぎ話の世界が同時に混在していると騙されて思いこんでいるのである。絶対にあり得ないことである。私は絶対の自信を持って悪魔の産業であると断言できる根拠はまさにそこである。

↑●残忍な社会が自分にふりかかってくることがわかってないノーテンキさ
それは何も人間社会だけではないのである。海でも川でも湖でも弱った獲物がまず狙われて強いものの餌食になる。アフリカのサバンナでも全部一緒である。
当然、人間が一番残忍性の強い魔物族であるから、その醜悪な正体は悪魔すらも超えているのだ。社会を見れば住宅街にある屠畜場、屠殺解体場を見ればわかるはずである。それが荒唐無稽なチンケワナににかかるよな獲物は1自分だけが特別扱いされるような気分になっているのである。
彼らのホロホロ猟のワナにかかったら、「ああ、ナイチンゲールが助けてくれてるんだ」と思う。まったく滑稽である。アホである。
その特別扱いされているかのような演出はもちろん悪化させて終身カネヅル奴隷にするためにシカケ剤を打ち込むためのワナとして施されているという簡単な世の中の当たり前のことがどうしてもわからないのである。荒唐無稽な家畜奴隷牧場で狂育されて将軍様のご慈愛の世界などと幻想の世界に生きているからである。
彼らが犯人がそのような態度をとる本質は、彼らにとって捕獲した捕獲を悪魔の檻から逃げ出したないようにするためにはそのようにする必要性があったのである。なにしろね人間だけは強制的にぶつりてきな鎖に繋ぐことは出来医猟から彼らにはそう演出する必要があったのだ。

↑●疲弊した獲物を悪化させよ」
「獲物たちよ、私たちに感動してくれ」

↑●残酷な後遺症が虚構の感動を作り出すシカケ
ナイチンゲールが偉人として語られていることは知っているはずだ。ではなぜナイチンゲールは偉人として尊敬されているのだろうか?
この心理的効果に気づけば彼らがなぜ化学兵器の第1台を使い出したかということが、見えてくるのである。それは、単に金を稼ぐということだけが目的ではないのである。彼らは、獲物たちの心をしゃぶりつくして殺人ゲームを楽しむ方法をよーくわかっているのだ。
ナイチンゲールが戦場の天使などと偉人として祭られているのも戦場という壮絶な地獄の中で活躍したことになっているからだ。つまりナイチンゲール効果とはその人間が活躍した背景が壮絶で残酷な阿鼻叫喚地獄であればあるほど、それに寄り添う白衣の天使が美しく感じるという心理効果のことである。ロミオとジュリエット効果と違って私の造語だ。
世話をする者とされる者の間に愛が生じる心理のことナイチンゲール症候群(Florence Nightingale effect)という。
この心理は背景が暗ければ暗いほど感情が高まるというどちらも似た心理である。
それが擦り傷の手当をする保健室のおばさんくらいだったら感動の話にもならない。地獄が悲惨で傷ついた兵士達がのたうちまわればのたうちまわるほど、そこで看護する看護師達は美しく見えてしまうものである。魔物がこの心理作用に注目しないわけがない。

↑●「存在しない虚構の病魔を作り出せ」
しかし、こんな都合の良い戦争は待っていてもまず起きない。なぜならそんな病魔など人間の身体の中に存在しないからである。暴走分裂しながら宿主を殺す細胞など絶対に存在しない。
だからそんなものはいくら待っていても起きないのだ。だったら自分たちで意図的に仕掛けて、そう思わせるトリックを作り出せばいいのだ。
そこで彼らが目を付けたのがウィルヒョーの細胞分裂伝説である。ここでは書かないが細菌説も同じく虚構である。ガンが暴走分裂するという虚構の病魔を演出させれば莫大な利益と利権がふくれあがる。
だからこそ肺がん治療のガイドラインがマスタードガス(イペリット)の投与なのである。なにしろマスタードガスに被曝した工員や兵士は胃癌羅患率は40倍という実績が証明されている。
この不可解な治療ガイドラインの事実もこれらが悪魔の追い込み作戦、考えようによっては地球の浄化作戦であることに気づけばすべて辻褄が合うのだ。
これを応用すればこう考えたらいい。
まずは獲物の病気と同じ病気や症状を増悪させる毒薬を投与する。猟師たちたちは電話で「明日はアイツに仕掛けるぞ」と打ち合わせしとるわけだ。タップリ痛めつけて架空の病魔との戦争を仕掛けることが彼らが考え出した第一の作戦である。将棋のように戦法に名前を付けるならホロホロ作戦であったり、ズルズル作戦であったり、余病作戦である。副作用と言っているがそのホンネは副作用とした副次的に発生してくるさまざまな余病が経営にとっての主作用だったのである。
そうしてのたうちまわった獲物を懸命に治療するシーンを撮るのが家畜奴隷たちが感動する一番いい映像になり、いい宣伝に使えるわけだ。
つまり、自分たちが登場するシーンで背景を暗くして自分たちの見栄えを輝かせるための美観剤である。それを見た獲物がその阿鼻叫喚地獄に飛び込んで全財産を差し出して頼ってくるというのだから悪魔達も笑いが止まるまい。獲物の悶死で貯めてきた資産を大放出し、札束が飛び込んで来るのだからホクホクである。
「獲物は美しく屠殺せよ」

↑●悪魔の知恵が生み出した虚構のナイチンゲール大作戦
現代医学とはさまざまな戦法を組み合わせた家畜奴隷の屠殺解体である。その屠殺解体ショーがテレビでショーになっているわけだ。解体とは肉体だけのことではなく、資産のことだ。ミツバチがハチミツを集めたら巣箱を解体して蜜を収奪するのと同じである。乳牛を使えるだけ絞り尽くしたら屠殺場で解体して焼肉パーティーになるのと同じだ。その解体とパーティーが住宅街で堂々と当たり前に行われている残酷な人間社会の現実である。人間にもその残忍性が同じく降りかかってきて当たり前であるということが騙される荒唐無稽な獲物にはどうしてもわからないのである。
医療と称した虚構に気づいてみれば、虚構の病魔を仕掛けるのも輩。真犯人が仕掛けて苦しむ獲物によりそって収奪するのも輩である。つまり、ロミオとジュリエット効果やナイチンゲール効果に近い心理作用からすると人は患者が苦しんでいるところで懸命に治療している医師や看護師というシーンにこそ感動し、行動に駆り立てられるのである。冥土の土産に教えてやれば仕掛けていたのも輩だ。
患者の苦しみは感動や医者達の尊敬の感情が増すわけだ。これはプロジェクトXの地下鉄サリン事件でのたうちまわる被害者を受け入れた病院の院長が尊敬されるのもまったくいっしょである。あの被害者の苦しみこそが聖路加国際病院を美しく感じさせているわけだ。毒ガス事件が三発起これば世界の聖医である。その真相は毒ガス獲物たちの終身カネヅル効果のうま味をよーくわかっているから、まとめて引き受けただけである。
これが残忍に保険金殺人に明け暮れる病院ほど獲物が殺到するシカケ。その結果は病魔であると思いこませているから犯人は堂々と逃げ切れるし裁かれることもない。悪魔の知恵はそこまで計算しているのだ。

↑●現代文明そのものが北朝鮮と同じだ
こんな茶番劇につきあわされていたわけだから北朝鮮と同じである。人間社会全体が北朝鮮といっしょなのだ。これだけ滑稽な現象が展開している世界であるから虚構の世界のカラクリに気づきそうなものだが、家畜奴隷はその悪魔の檻に産まれ、悪魔の檻で育ち、その世界しか知らないからわからないのである。そして唯一独占したものたちに騙される。独占の理由は何も市場拡大だけではないのである。他との比較が生じては困るからだ。
たとえば、パソコンソフトにしろ、車にしろ、他の商品の比較によってこれはいい、これはここが使いにくいということに気づくが、そもそもひとつしかない世界だと比較する規準がないから、指定されたものを使わざるを得なくなる。これが犯人達の仕掛けた第一の罠である。
現代医学は本質的に猟奇的であり、残忍性が強いのに、おかしいと気づくのが難しいのは他の医療は潰してしまったからだ。そしてそれをすべて病魔がやったことにすればいい。
そのシーンを意図的に仕掛けて作り出してその阿鼻叫喚地獄を撮影すればいいわけだ。人は比較対象がないから病魔だと思いこむ。その発病のシカケ剤は医療産業にとって最大のニーズとなる。たいていの病魔の真相とは病魔などではなく、発病剤の作用そのものである。誰一人治したことのない現代医学がおかしいと思わないのは比較が出来ないから現代医学が仕掛けた発病はすべて病魔ということになっているからだ。そのためにも絶対に他の医療は潰して独占体制を築いておく必要があったのである。そうすればやりたい放題の医猟天国が実現する。魔物たちがそう計算して仕掛けてしくるのは当たり前のことである。
つまり、本質的に言えば獲物である患者がのたうちまわって苦しんでいるシーンで医者がよりそっているシーンほど人は感動するわけであるから、当然ながら、その虚構の演出のシカケ剤として化学兵器禁止条約の第一剤、第一級の猛烈な発ガン物質が選ばれたというのが真相である。さらにはその恐怖によってはやく手を打っておかないと検診が盛んになり、早期発見、早期治療ビジネスが栄えるなど副次的にさまざまな効果があるのだ。ビジネスチャンス拡大である。
彼らは自分たちの商品である毒薬や自分たち自身が美しく最大限に価値があるように見せかけるために日夜追い込み戦法、利益の拡大を研究しているのである。これだけ悪魔的な産業でありながら、人間のやっていることの当たり前の感覚に過ぎないのだ。

↑●獲物の苦しみは猛烈であればあるほど美しく見え熱狂するシカケ
患者の苦しみが猛烈であればあるほど、それに寄り添う医者達が美しく見えるというシカケ。だったら彼らが「もっとも残酷に痛めつける方法はないか」と当然、戦時中の化学兵器の後遺症に注目するのは当然のことである。
禁止条約の第一剤とはもっとも残酷な被害をもたらし、元兵士達を医療従事者達を潤す終身カネヅルにしてきたてきたからだ。これを先に投与してしか出てしまえばそれによりそう白衣の天使たちが美しく見えるというシカケ。
そうして獲物の苦しみこそが関係者の潤いとなる。その兵士達は一生後遺症に苦しみ医猟に頼り続けたのだろう。そしてそれに寄り添うナイチンゲールが尊敬されるわけだ。だからこそ彼らはその経済効果、虚構の天使効果に目を付けたわけだ。
彼らは第一剤を仕掛けて得られる経済効果を計算したわけである。すると莫大な利益と宣伝効果がはじき出されたわけだ。彼らが経営やナイチンゲール効果に一番効く化学兵器を選ぶのは当然だ。病魔という虚構は残酷で闘いが困難であればあるほどよい。
そのシナリオは白衣の天使たちが懸命に助けようとする。それにもかかわらず残酷な病魔は、患者を蝕んでいく。このシナリオこそが最高の感動を生み出すのである。
その困難に立ち向かって懸命に患者を救おうとするシーンにアホ家畜奴隷たちは涙し、感動し、早めに手を打とうと屠殺場にすがりついてくるというシカケ。なんとも単純な読みである。これが屠殺解体ショーに感動して獲物たちがワナに飛び込んでくるシカケだったのだ。
それで仕掛けて獲物がのたうちまわって苦しめば、その効果によってより医者達や製薬会社が尊敬され、頼られるというシカケ。犯人達があらかじめ計画し、計算されたシナリオである。これこそが悪魔の知恵が生み出したナイチンゲール作戦である。
その獲物の苦しみは大きければ大きいほど仕掛けてくる魔物達にとって都合がよい。だから日本の医猟は今も何十兆円と肥え太り続け、医師は尊敬され続けているのだ。虚構の演出にまんまとアホ家畜奴隷牧場の家畜奴隷たちはワナにハメられていたわけである。虚構の世界の踊らされる哀れな人々である。

↑★動画 「余命一ヶ月の花嫁」の願い 準備中

「獲物たちよ、私たちの活動に感動してくれ」

↑●感動の刺激は常に作り出さないと困るシカケ
悪魔たちは自らの欲望を成就させるために、仕掛け剤を投与する。打ち込んでしまえばこっちのものである。
ナイチンゲール効果は大衆という無知蒙昧な獲物を屠殺場に導くための一押しになっているわけだ。現代医学とは現代猟学である。
すべてが将棋の戦法と同じく、いかに獲物を追い詰めて詰んでいくかという学問であるからだ。
だとすれば、戦法を極めた棋士が名人や竜王になれるように獲物の追い詰め方、さらには追い詰めながらそれに勘付かれない戦法を編み出した医師ならぬ猟師や医学者は尊敬され、医猟界がこぞって持ち上げるわけだ。医猟界を将棋に例えれば日野原名人、日野原竜王である。医療界がこぞって大尊敬してやまないのは当たり前のことである。
得意技は一気に悪化させて光速の寄せで資産を毟り取る毒ガス戦法である。なにしろ、毒ガスの後遺症を受けると獲物には受けがないのだ。タダで金をとられるのである。やつらが獲物が気を許した隙を見逃すはずがないではないか。ホロッと気を許した隙にすかさず打ち込んでくる。獲物は二度と逃げられない。当たり前のことである。
獲物の資産をいかに効率よく収奪するかが現代医学という学問の本質である。そのためにはどれだけ痛めつけていくら殺そうがまったくかまわないのだ。

↑●仕掛けて開拓した虚構のビックビジネス
医療を莫大な富を生み出すビックビジネスとする彼らにとって病気が治ってもらったら困るのは当たり前のことである。
つまり病魔というのは車の両輪と同じく医療を崇高なイメージとして人々の心に維持させるために絶対必要なものなのである。だからこそ彼らはもっとも残酷な化学兵器剤だ仕掛け続けているのだ。
その病魔は人を苦しめ続ける憎い悪魔の病であればあるほど都合がよい。その残酷に人を苦しめ続けてやまない病魔が悪魔的であればあるほど、それに立ち向かう白衣の天使たちの活動は崇高で美しい。真犯人である彼ら魔物を持ち上げているのはその虚構の病魔にほかならないからだ。
まったくよくできた自作自演である。ガンにしろ、何にしろ、現代医療の治療は、このシカケと利益確定の繰り返しで相手の王将とも言える精神と資産を追い詰めていき、虐殺収奪で暴利を上げるインチキビジネスだったのが真相だ。犯人が目の前にいたと言うことだ。

↑●「獲物に猛毒薬を救いの特効薬と思いこませよ」
病魔や苦しみは壮絶であればあるほどよい。毒ガス保険金殺人のプロである日野原重明が聖医と崇められ、絶大な尊敬をされるのは、そんな背景となる地獄の演出という仕掛けがうまく作動してこそ成り立つ虚構である。
その毒ガスの仕掛けが彼らを崇高に美しく演出しているからである。だからこそ獲物はてっきり0.1グラム10万円の毒薬に資産を投じて即決で飛びついてくるのだ。その薬や治療法が選ばれたと言うことはそれがもっとも彼らにとって利益を生み出し美観をよくする方法だからである。
しかし、私はその悪魔の犯罪の本質を見抜き、発信することにした。彼らにとっては殺してやりたい目障りな存在であろう。このウルトラ大ペテンがバレたら彼らの資産や功績は連鎖的にすべて崩壊するからである。
「獲物たちよ、苦しんで私たちを潤してくれ」

↑●「仕掛けて、いつまでも医猟にすがらせよ」
病気になることは車が必要とされる社会が続かないと自動車メーカーは困るのと同じである。ほっといたら治った人の統計は医療統計に一切含めないのは当たり前のことである。私は医猟従事者たちに訊いてみたい。ほっといたらどうもならなかった人の統計の採取は誰が何のためにやっているのだろう?ほっといたらインフルエンザが勝手に治癒して病院に来なかった人の統計はどうやってつくるのだろう?
私は過去にインフルエンザにかかったり、ノロウイルスにかかったことがあるが、まったく医療を受けず、クスリも飲まずに家で寝ていたら、わずか2~3日ほどですぐ治ってしまった。もちろん医療機関に報告などしていない。私が勝手に治ったことを医療機関はどうやって統計を採取しているのだろうか?
この話の場合、そもそもインフルエンザだったことは診察を受けていないからインフルエンザではなかった可能性もあるから「インフルエンザだということをどうやって確認したのか?」という反論は出来るだろうが、私は個々の事例をいちいち議論しているのではない。あくまでも一般的に勝手に治った事例はすべて統計にならないようになっているだけなのだ。
その潜在的な統計で薄まると彼らにとって都合の悪い統計が出来てしまうから一切無視するのだ。勝手になっおっている事例、どうもならなかった事例が潜在的に膨大にあることに大衆が気づくと自分たちの商品の価値が下がるからだ。医療統計とはそんなものである。

↑●医療統計の単純なカラクリ
つまり、そもそもそんな対象は調査の対象にならない。都合のいいものしかカウントしなければサイコロを振ったときに
こういう世の中では造反が必要である。
上から人道的におかしな指示が出た時には、造反が必要である。

第二次世界大戦中の杉原千畝のごとく、とりあえず人道的な動きをすることが重要な教訓である。


1985年8月12日の日航ジャンボ123便では、長野県警レスキュー隊以外の造反救助が出なかった。
日航ジャンボ123便 ソ連の日本侵攻としてのJAL123便尾翼破壊、及び自衛隊の裏切りによる撃墜、公安(ソ連)指示の生存者虐殺であった。
日航ジャンボ123便 ソ連の日本侵攻としてのJAL123便尾翼破壊、及び自衛隊の裏切りによる撃墜、公安(ソ連)指示の生存者虐殺であった。
助けに来たのは米軍(日ソに敗退撤退)と警視庁(日ソに敗退撤退。御巣鷹の尾根に警視庁の墓ができる。)、それと長野県警レスキュー隊(ユダヤ部隊で県境越境しての異例の造反。唯一実績4人救助。)のみであった。日本人の生存にはユダヤ勢力が重要である。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/661.html

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根スゲの沢の写真にソ連軍機の椅子と酷似するシートが認められる。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/648.html

日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にロシア語ソ連キリル文字が見られる。ソ連軍機が一緒に落ちている状況。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/654.html

日航ジャンボ123便 CVR音声コックピット「ソ連エア」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

日航ジャンボ123便の垂直尾翼破壊はソ連機の衝突によるものと分析される。

日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95ブレードの形が一致している。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/640.html

JAL123便JA8119号機垂直尾翼右側外版残骸とソ連Tu-95ブレード比較
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6549.jpg

JAL123便コックピット「ソ連エア」
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

JAL123便コックピット「機長、他機に接近」
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/639.html

JAL123便 乗客小川さんが機内から撮影した写真にTu-95ベアが写っている。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html
ご指導頂きありがとうございました。
数多くの貴重なアドバイスや過分なおほめの言葉を賜りありがとうございました。
12月27日から29日迄、プランZ様がお住まいの長野県に
SKIに行きました。
県北部の野沢温泉です。
年明け後、プランZ様のアドバイスに従い、
TRYしてみます。
引き続きご指導頂けたら幸いです。
それでは、よいお年をお迎え下さい。


 

 
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。