~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”スーパーサイズ・ミー”

 先日、コメントのコムロ様より米ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」を紹介された。
世界で話題になったようだが、私は全く知らなかったので、参考にしようと近所のレンタル屋へ。
しかし、肝心の題名を忘れ自宅へ戻り、確認しがてらちょっと検索にかけると、なんとyoutubeに13分割で公開されているではないか。
これはラッキーだと思いすぐにすべて視聴してみた。
コミカルな映画のラベルからは想像しない内容だった。この監督かなり本気だ。
下手をすれば完全に体を壊す。

Wiki ”スーパーサイズ・ミー”

51JJ6W29QJL__SL500_AA300_.jpg


2004年公開。
監督のモーガン・スパーロック自身が一日に3回、30日間、マクドナルドのファストフードだけを食べ続けたらどうなるかを記録したドキュメント。
一見馬鹿げた実験だが、果たして意味の無いものだろうか。
もちろん毎日3食365日ハンバーガーを食べる者はいないだろう。
しかし、最近の特に若い人達はどうだろう。まったく無関係とは言えないのではないだろうか。
毎日とは言わずとも、かなりの頻度で食べているのではないか。別にハンバーガーである必要はない。
”ファーストフード”もしくは”レトルト”や”冷凍食品”というくくりにすれば、かなり近い状況が散見されるのではないだろうか。
保存料を混ぜ冷凍にし温めるだけ、そういう意味では何も変わらないはず。
この映画の場合は、ほとんど同じ物を食べるという部分がリスクとしてそこに上乗せされるだけだ。

 私は、別にファーストフードを否定するつもりはない。
頻繁に食べたいとも思わないが、その時々のシチュエーションで、お菓子的な感覚で楽しむのは別に問題ないと思う。ただ、それを食事としてとらえた時に危険が潜むのだと思う。
私くらいの歳になると、晩飯はマックにしよう!とは思わないが、20代の頃は、かなり喜んで食べていたのを覚えている。そして、驚いたのは、映画の中に登場するアメリカの学校の給食事情。。。
こんなずさんな食事を与えているとは夢にも思わなかった。
あれは、食事ではない・・・・

アメリカの犯罪者の増加は、こういったところからもたらされるのではないかと感じる。
また、日本の若者の凶悪犯罪が増えているのも、同じことが言える。
というより、ファーストフード時代の到来に甘えて、食事への関心をサボり、子供達にそれらを与えてきた私達の前後の世代に、親としての責任感が足りないのかも知れない。

育ち盛りに毎日あんな食事をしていたら、体だけでなく脳もやられてしまうだろう。
とにかく、「ファーストフードは食事ではない」ということを常識として認識しないと、これからの世の中を作っていく若者達が壊れていく・・・

 私はこのブログを始めて、いろいろ調べ、また、コムロ様のような真面目な読者の方達から様々な知識、考えを頂き、幸いな事に、食事だけでなく世の中を冷静に見る事が出来ている。
情報を提供するどころか、頂く事が多いのは本当にありがたい事だ。
お蔭で、食事も人一倍気を使って、子供には与えているつもりだ。

 この映画に関して、批判的な意見もあるようだが、私からすれば言い訳にしか聞こえない。
実験のしかたについて、様々な批判があるようだが、ファーストフードの利用法を最悪にした場合の結論を実際にデータとして出したこの映画に何の問題もないと思っている。
問題は、マックに近づくな!ではなく、食事のあり方を考えろ!ということだ。
この最悪の実験に近づかないように頭を使って生きろというメッセージととらえるべき。
また、マックの問題点は、その金にものを言わせた展開の仕方、子供をターゲットにし、まるでディズニーランドの如く単なるファーストフード店を誇大表現している事だ。
 ただ、正直、太ったのをマックのせいだと言って裁判を起こすのは、どうかしていると思う。
食べるのも食べないのも自己責任である事は間違いない。
太りたくなかったら、体を壊したくなかったら、頻繁に食べなければ良いだけの事。
体作りの責任を店のせいにするようでは、その人は一生変わることは出来まい。

 マクドナルドのすべき事は、異常な広告の仕方をやめる事。
そんな金を使うなら、本当に客の事を考える事。
成分表示をもっともっとオープンにし、客が考える事が出来るデータを目の前に出す事。
それが出来ればトラブルは無いはずだ。
 いや、マクドナルドだけではない。
食品全般に言える事。
ただ一つ・・・

「隠し過ぎ!!」


 著作権上どうかと思ったが、結構前の映画なのでyoutue動画を拝借・・・
ありがたい・・・








スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)4/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)5/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)6/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)7/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)8/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)9/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)10/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)11/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)12/13

スーパーサイズ・ミー(日本語吹き替え版)13/13

 最後で流れる”上映後のマクドナルドのいくつかの改善。”・・
マクドナルドがやり過ぎを認めたようなものだ。
モーガン・スパーロックに敬意を表す。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

Comments

福田元昭 様
返答が遅くなり申し訳ありません。
 いつも読み応えのある一生懸命なコメント有り難うございます。勉強になります。
吉野氏も今は陰で動いているようで、何をしているのか気になりますね。123便に関しては何か新しい情報が欲しいところですが、事が事なだけに難しい事件ですね・・

ブログ始めたとの事で、私も仲間が増えたようで嬉しく思います。とにかくこういった事に関心を持つ人が増えてくれないことには日本は良くなりませんからね・・
是非とも良いブログにして下さい。
拝見しましたが、私よりも質の高い内容ですので、勉強させて頂き、参考にさせて頂きます。
頂いたコメントのURL、リンク出来ませんでしたのでこのブログのリンクに入れさせて頂きました。

 ブログの順位はそんなに気になさらなくても、いきなり上がったり下がったりしますよ。私は自分が今何位か気にしなくなりましたが、ちょっとした事で一気に上がります。
このブログも、つむじ風さんにリンクして頂いたり、123便の記事を書いた時は最高2位まで上がりました。
特にこのジャンルはマイナーなので、少しの訪問者数でものすごく変動します。最初の順位からじわじわ上がるというよりは、突然上がり、高順位に一度上がるとそのランキングを見た方々が頻繁に見てくれますので割と上の方で安定します。

 順位自体を気にする事はありませんが、やはりランキングが上がるという事は真実を知る国民が少しでも増えるという事なので、ぜひ頑張って下さい。応援しております。

 画像の挿入ですが、割と簡単です。
私のやり方はこうです。
保存した画像をフリーソフト”リサイズ”で同じサイズに変更しておきます。私は横480で統一しています。
アップロードの画面にもサイズ変更のサービスがありますが、時間がかかりイライラしますので、”リサイズ”をお勧めします。複数の画像をいっぺんに同一サイズに変更できます。

本文編集の画面の、画像を挿入する位置にカーソルを置いて、山(富士山?)の絵のアイコンをクリックしますと、アップロードの別画面が出ます。
そこで先ほどのサイズ変更した画像を選択し、アップロードをクリックします。
すると下にアップロード済みの画像の一覧に表示されますので、”この画像で記事を書く”をクリックすると本文のカーソルの位置に挿入されます。

ちなみに、他サイトのリンクを貼るには、”URL”のアイコンをクリックし別画面を出します。そこにそのサイトのURLを貼り付け、タイトルを書きこんでOKをクリックするだけです。

何か分からない事があればコメントでも構いませんので書き込んでください。私も決して得意ではないですが、分かる範囲でお伝えします。
 では、ご健闘を祈ります。
コムロ 様
 丁寧なコメント有り難うございます。
特典映像、必見ですね。
やはりもう一度ちゃんと見るべきですね。。。
・・ということは、やはりマクドナルドに問題があるという事なんですね・・・
乗りかかった船なんで、もう少し調べてみようと思います。

 このブログは、正直いち早く情報を提供するものではないですし、その目的なら「つむじ風」さんなど他に良いブログや、阿修羅掲示板があります。
私としては、そういった情報を頂いて一般人の目線で考え、マスコミ等のフィルターを取り除いた、本当の世界で生きていければ良いなと思い書いています。そして、一番は、フィルターのかかった世界から一人でも多くこちら側へ来てもらえれば・・と思うのですが、やはり一人でやっていると、本当に自分が正しいのか?もしかしたら自分が間違っているのか?と、何の根拠もなくフィルターの向こうへ引きずり込まれそうになる事があります。
そんな時、コメントを頂けると、また戻って来られる訳です。なので、コメントの方々、そして拍手してくださる方々の力は非常に大きいです。

 そんな中、フィルターの向こうとこちらの違いで、一番重要なのが生活や体に与える影響です。放射線に対する認識や、医療・食品に関する間違いは自分の人生に直結してきますので、これから積極的に知識を深めたいと思います。

 今現在、なかなか更新が進まない状況に我ながら情けないですが、生活のリズムを少し変えてでも多く更新出来るようにしたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

ご無沙汰しています
プランZ様、お久しぶりです。
以前、貴ブログに何度かコメントを投稿させて頂いた福田元昭と申します。
 4月に勤務先がかわり、あまりに多忙で、とても投稿などできない状況でした。とは言え、その後も貴ブログはすべて拝読しています。
 思えば、昨年8月と今年1月から3月にかけて何回かコメントさせて頂いたような記憶があります。私が何かコメントを投稿すると、それに対してプランZ様は、たいてい返事をブログ上に書いて下さいました。誠実な方だと拝察いたしました。
2010年8月の貴ブログに「吉野氏との接触」と言う特集が掲載されていました。その後、私も「吉野氏との接触」をはたし、学ぶところ大でした。
ところで、何かにインスパイアーされ、PCの苦手な私がブログを始めました。福田元昭の「桜の木になろう 」と言うタイトルにしました。

http://ab5730.blog.fc2.com/?share=38416&index

 まだ、わからいことだらけで、FC2ブログの説明文を読んでも写真や図などが挿入できない有様です。いずれ、ご教示頂けたら幸いです。
勝手ながら、拙ブログのリンク先に貴ブログを貼り付けさせて頂きました。
FC2ブログの「謎」部門で第24位の貴ブログと比べ、本日生まれたばかりの 拙ブログは、同部門7652位 と言う有様です。ご指導ご鞭撻賜れれば幸いです。
どうもありがとうございます
planz さんのエントリ-記事に触発されて何気なくコメント欄でお勧めした映画ですが、さっそく取り上げてもらいこんなに嬉しいことはありません。私はDVD を購入して持っているのですが、本編は勿論ですが、付属についている映像特典にも本編以上の興味深い取材映像が満載です。そのなかの1つに、マックのハンバーガーやフライドポテトといくつかの他社の手作りのハンバーガー、ポテトをガラスジャーの中に何日か入れて食品の痛み具合、腐り具合を比べる実験があります。他社のハンバーガーやポテトが何週間かするとカビだらけになり、我慢出来ない異臭を放ち腐ってゆくのに対し、マックのそれらは腐るどころか、カビひとつ生えないのです!コメント欄のどなたかがおっしゃっていましたが、マクドナルド製品は常温保存をしても腐らないのです。(モーガン・スパーロック監督が書いた本も読みましたが、それによれば、紙袋に入れたままのマクドナルドのハンバーガーを丸1年近く戸棚の中に置きっぱなしにした人の証言で、ほぼ全くかわりないままの状態で見つかったそうです。また、エリック・シュロ-サーの本によると、マクドナルドではありませんが他社のファーストフード店のシェイクひとつだけで32種類の添加物が入っているそうです。またマクドナルドのハンバーガーパテ一枚には300頭以上の牛の肉が混ざり含まれている計算になるそうです。)人間は本来昔から塩を利用したりしながら食べ物を保存するための工夫を考えてきました。それは食べ物が今よりも遥かに不足していた頃からの、人間が生き延びて行くための切実な取り組みであったのでしょう。なるべく本来の栄養価を壊すことなく、風味を損なわないように知恵を絞り編み出してきたものであり、体に害がない、という大前提が当たり前にあった筈です。それでもそんな食品も保存期間に限度があるのは当然のことですし、本来食べ物というものは腐るものなのです。皆さんよく考えて頂きたいのですが、腐るから食べ物なのであって腐らない食べ物など食べ物ではないのです。ただの工業製品です。動物が車に轢かれるとその死骸にすぐさまカラスが群がって来ますが、彼等は時間が経過した死骸を啄むことは決してしません。体によくないことを知っているからです。体に良い食べ物とはなんでしょうか?恥ずかしながら、私はplanz さんから誉めていただいたような者では決してなく、ろくな取り柄もない男ですが、それでも唯一胸を張って自慢できることがあります。昨日のコメント欄でもお話ししましたが、無農薬玄米を何十年にわたって食べ続けている事です。その経験からはっきり言えることは、体に良い食べ物とは「新鮮な」食べ物です。新鮮な食べ物とは何か?それは「生きているもの」若しくは「たった今まで生きていたもの」です。玄米は水に浸けていると芽が出てきます。ジャガイモや人参などもそうです。これは生きている証拠です。生味噌や納豆も顕微鏡でみると、(人間の体に良い善玉)菌が生きて動き回っているかのを見ることが出来ます。飯山一郎先生の米研ぎ乳酸菌汁を使った豆乳ヨ-グルトを今の日本の全ての子供たちに食べさせてあげたいです。
動物や魚の肉も殺して、調理したらすぐ食べるのが体に良いのです。友人が海釣りに行った時、釣ったタコをその場でぶつ切りにして刺し身で食べたとき、切り身がまだ口に入れたときもモゴモゴと動いていた、という話を聞いたことかありますが、きっと体のために最高に良い食べ物ってそうしたものなんだろうな、と思います。だからわが家では玄米も炊きたてを、料理も調理したら直ぐに食べるようにしています。その方が間違いなく「美味しい」です。(マリナーズのイチローが以前テレビで自宅の食事の際に「ごはんは炊きたて、炊きたて」と繰り返し強調していましたが、さすがだなぁと感心した覚えがあります。)体に良いものは、決して表面的な味覚ではなく、体が「美味しい」と返事をしてくれます。ウチの女房、子供たち全員、玄米に比べては白米は食べごたえがない、という表現で美味しくないと口をそろえます。(但し玄米は炊き方に慣れと経験が少し必要ですが、難しいことではありません。)planz さんのおっしゃる通り、食べ物は体のためには勿論、精神に及ぼす影響がとてつもなくあると思いますし、むしろそっちのほうが、より深刻な問題となって表れているのではないでしょうか。ブログから問題提起してくれているのは、紛れもなくplanz さんですし、何時も貴重な情報による勉強をさせて頂いているのは我々の方です。何よりも思いを言葉にしてくれる、その時の共感からくる喜びがplanz さんのブログを愛読して止まない理由です。これからも今まで同様貴重な情報、正鵠を得た見解で我々を教え導いて下さいますようよろしくお願いします。
No title
いやー、面白かった。ついつい、見入ってしまいました。
マックは確かに美味しい・・というか、麻薬のような美味しさです。おいしいように錯覚させられているので中毒になりやすいのでしょうね。マックのハンバーガーは一ヶ月たっても腐らないそうです。これは恐ろしいことです。
彼らの遺体も腐りにくくなっているはずですね笑
つまりは、消費者がいかに考えるかにかかっています。スマホもそうだと思いますね。何でも依存だけは避けたいですねぇ・・
青夏龍 様
 >睡眠中に消化器官など内蔵がつかれてしまい
そうなんですよね。私も寝る前に食べると翌朝地獄です。
当然一日中だるいです。
二日そういう事を続けると一週間近く体調が戻りません。

就寝時間など関係なくやられますね。
寝てる間に内臓が動いていると熟睡できていないという事を意識しないといけませんねー・・・
あと、病中などは、昔は「たくさん食べて薬飲んで寝ろ」なんて言われたもんですが、両方とも逆効果だという事を本当に最近になって知りました。。
食べるって疲れるんですよね・・・
薬までぶち込んだら悪化する一方です。

 この映画に関して、「同じ物をずっと食べてたら何だってそうなるさ。」なんて批判もあるようですが、そんな事はないと思います。
ごはん・魚・味噌汁・野菜を毎日食べてもそこまで体調を壊すことはないはずですよね。まあ、飽きてしまうというストレスはあるかも知れませんが。

ファーストフードが決して体に良いものではないことは間違いないです。食べ物で体を壊すこと自体がおかしな話ですからね。食べ物は本来体を作るものですよねー。
No title
最近、自宅での食事には細菌の生きている発酵食を心がけているのですが、どうしても夕食に外食や持ち帰り弁当などを食べる事がありまして、そのなかでマックも食べるのですが、翌日の体調が悪くなり便利や下痢をするのは、マックが多いです。
どうも歳のせいもあり、睡眠中に消化器官など内蔵がつかれてしまい、翌朝に身体がだるくなったりしている感じです…。


 

 
03-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。