~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無関心が一番の敵」

 こちらでは放送されなかったようで知らなかった。
今更で申し訳ない・・・・
8・20に放送されたようです。

 「みんな、こういうのやるんだろうなぁ、と思ってて・・
そしたら、ぜんぜんそんなことなくて・・・なんか一人ぼっちじゃん、みたいな感じだったんですけど・・」

 そうだろうと思う。。
私から見ても斉藤和義のしたことは当然の流れだと思った。
この国家の危機にこれからどんどんこういうのが増えるんだと思った。
もっと言うと、有名人達が一気に声を上げてくれ、国民も騒ぎやすくなると思った。

 被災地で応援ライブをするのも当然の流れだが、いや、その前に、もしくは同時進行で「反原発」じゃないのか?と思う。放射能を噴き上げている中で「がんばろう!」でもないだろうに・・と私は思ってしまうのだが。。
無差別殺人の現場で、犯人が徘徊している中、周りも見ずに瀕死の被害者に「大丈夫ですか!頑張って!!」と言っているのと同じではないだろうか?
「がんばれ!福島!!」だけ叫んでいるアーティストを見ていると、私は「お前たちは東電の回し者か」と思ってしまうのだが間違っているのだろうか。ひねくれ過ぎだろうか?

 陰ながら被災者を応援し、表向きは反原発の看板を上げる斉藤和義が一番普通の考えを持つ人間だと私は思う。
「ずっとウソだった」がyoutubeで注目され、何故か賛否両論とやらで、叩く人間も結構居たようだが、どんなやり方を支持するかは別として、それを叩く気持ちは私にはさっぱり分からない。

 斉藤和義:「反対する理由がどこにあるのか、俺はさっぱり分からないし。」
「影響はこれからもっと出てくるはずな訳で、それでも続けましょうって言う方が理解出来ないんで・・」

 そりゃそうだろう。
原発を支持する理由が一つもない今、再稼働や国外への原発の販売など、もはやまともな人間の思考回路ではない。
稼働やメンテナンス、これから起きるであろう事故処理に莫大な金を掛けるなら、とっととすべて廃炉して、従業員達を保証してやれば良い。
そして実質原発の問題点を無視してきた幹部連中、御用学者、政治家は完全無給にしてブタ箱に放り込めば良い。
そうなると、彼らの家族の気持ちを考えると可哀そうだが、その家族に対する罪の重さも感じなければならないはずだ。

そして、動画の終盤でヒップホップ3人組が、私のいつもの言葉と同じ言葉を発していた。
「物事に対して、無関心が僕らの敵だと思う。」

 これを感じる人間と感じない人間では、人生が180度変わってくると信じている。






 今月、山本太郎氏がこちらで講演会を開いてくれる。
この辺一帯にチラシを配って参加者を募っているらしく、自宅にも職場にもチラシが入っていた。
もちろん即チケットを購入した。料金は1000円。
おそらく会場代・チラシ等の経費だけで消えるだろう。本当に頭が下がる思いだ。
私は家族を守るのも精一杯。こんなブログを書くのがやっとだ。
心から応援、支持させて頂く。

先日、山本氏が「スッキリ」に出演した際に、マスコミに問題があることを訴えた。
すると、テリー氏、加藤氏側は、「確実ではないことは報道出来ないんですよ。。」
と被害者のようなテンションで言い放った。
ふざけるな!!!
確実ではない「体に影響は無い」「爆発しても問題無い」を報道しまくったのはお前たちではないか!!

日に日にテレビ・新聞が嫌いになるこの頃である・・・

 そしてこうしている間にも、どうも通常ではない事が起こっている。
さっきまで問題なく動いていたFC2ブログがおかしな動きをしている。
山本氏の事を書き始めた辺りから、頻繁に切断される。
だんだん酷くなりもはや5文字と打てない。
強制終了、強制終了、強制終了・・・
PCのせい?
冗談じゃない。こちらは先日買ったばかりのi5CPUパソコンに光ケーブルだ。

「負けるか!」と意地で数文字ずつ保存しながら書いていたがそれも拒否される始末・・
全く進まないので仕方なくメモ帳に書いて貼り付けている。
結局この何行かだけで一時間を超えている。

123便の記事の頃も何度もあった。
勝手にカーソルが動き、勝手に文字がすべて消える・・
吉野氏も、こちらへコメントが入れられない。消えてしまう、と言っていた。
諦めることもしばしば・・・

この国だか一部の組織だか知らないが、
「本当にどうかしてるぜっ!!!」
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

うまくTBできなかったみたいです
この記事に賛同して私も思うところを書いてみました。うまくTBができませんでしたのでコメします。

うーんいつの間にか2番目の動画が削除されてたんですね・・・惜しいです。肝心のヒップホップ3人組のセリフがないのはね・・・あの3人組はなんというアーティストでしたか?

No title
すみません。

後、動画ファイルのお話しですが、ネット上で公開されている動画ファイルをダウンロードして保存していたり、さらにDVDなどの保存用メディアに記録している人もいますので、そいういった方をあたってみてはいかがでしょうか?

既にやっているようでしたら、失礼しました。
No title
無関心
亀井さんがズバっと言ってましたね。
骨抜きにされた民がダメダメに・・と私も痛感してます。
planz様
こんばんは。

私は震災前に福島を離れた人間なので、今も福島に住んでいる方とは考え方が違っていると思います。
私の両親は避難よりも住み慣れた家を選びました。

除染で街はある程度数値を下げられたとしても、福島県は大半が山林なので、除染で元通りなんて不可能です。
山林地帯にも居住されてる方は沢山居るのです。
数値が高いにも関わらず避難区域にして貰えないなら、ガイガーカウンターを全世帯に配布するべきです。

正直複雑な気分です。
みんな避難させたい…でも避難する事でゴーストタウンになってしまうのも悲しい。
見えない恐怖と共存しても地元を離れたくない方も多い筈です。


福島県全部が危険のように解釈される方が多いかと思いますが、比較的会津地方は大丈夫だと思いますよ。
私が今住んでいる所よりも安全な気がします。
fushigi333 様
 本当に腹立たしいですよね。
いくら邪魔したいからといって、介入し過ぎだと思います。
あの動きは絶対に不自然です。

カーソルが動いた時は焦りました。
ここまでやるか。。。と。

この国、やってる事は中国、北朝鮮となんら変わりはしません。
むしろ汚さは世界一かも知れませんね。
たそがれ様
朝生オウムの映像、私も探してるのですが本当に見つかりません。時間が経ち過ぎて関心も無くなってしまったのでしょうね。でも諦めません。あれは重要ですから・・・ 


> せいぜいブログで斎藤和義さんが言っていたように  ・・・・  会社のデスク付近の若手2.3人にマスゴミを信頼するな!とやってるくらいです。

私もそうですよ。真面目に話してもせせら笑われる事もしばしば(苦笑)
でも、言う価値はあると思うんですよね。現実に真実だったと分かった時、「そういえば、あいつそんな事言ってたなー・・」って思ってもらえれば、と思って懲りずにしゃべってます(笑)時間が経ってから何かのきっかけになる事もあると信じてます。いずれ、どんどん化けの皮がはがれる時期が来ると思いますね。
 

>planzさんのブログを読むと良い位置に引き戻されます。

結構短気なんで、深く考えずに第一印象で考えてしまうんで、結果シンプルになるのかも知れませんね(笑)
まあ、私も勢いで間違っている事をいくつも書いているかも知れないので、もう少し深く考えるべき部分もあるかも知れませんね。


>そこで今更ながらリンクを貼らせて下さい。

よろしくお願いします。
その際は連絡頂ければこちらも張らせて頂きます。

これからもよろしくお願いいたします。
こんばんわ。
はじめまして。
インターネット障害や、文字が打てなくなったり。
最近はそうでもないですが、ブログをはじめた当初(5年前)などは、もうそれこそ頻繁に。
インターネットにさえつながらなくなる始末。
ここ2~3年はそうないですけどね。
それでも数回は似たようなことがありましたよ。
インターネットの障害もあるときもあるでしょうが、すべてそれで片付けることができないレベルを体験してます。
何でしょうね。
ご無沙汰しています
 あれから、オウムと○一を結びつける映像を必至になって探しましたが・・・見つけられません。「他の組織」くらいならちょこちょこ出てきますが、確信ではないですね・・・
 
 えーと「無関心が一番の敵」まったく同感です。と同時に自分が無関心ではないんだが、果たしてどれだけの事をすれば関心を持っていると言えるのかを考えると、大抵自己嫌悪に陥ります。
 せいぜいブログで斎藤和義さんが言っていたように愚痴を綴り、女房子供にそうじゃないんだよ!と力説し「また始まったよ」とヒンシュクを買い、会社のデスク付近の若手2.3人にマスゴミを信頼するな!とやってるくらいです。
 
 斉藤さんや山本太郎さんをどうとらえるか悩んでおりましたが、この記事を読みハッとさせられました。シンプルに考えればいいと気付かされました。
 
 毎度感じていましたが、右だ左だ工作だとやっているとグルグル廻って自分の立ち位置が解らなくなってしまいます。そんなときplanzさんのブログを読むと良い位置に引き戻されます。

 そこで今更ながらリンクを貼らせて下さい。何人かは私のブログを見ている人がいるので少しでもこちらを紹介できればと思います。

 よろしくお願いします。
福島出身 様
 お久しぶりです。
本当に大変な事になってしまいましたね・・・
こういう記事を書く時も、未だに「当事者の気持ちも分かっていないのにこんな知った様な事を書いていて良いのだろうか」と、葛藤しながらの日々です。

 福島の方ということで、貴重な意見として失礼を承知でお聞きしても良いでしょうか。
福島の方としては、この先どういう方向で動いて行ったら良いと思われますでしょうか。
東電や政府のイカれた態度に対する怒りは当然のことですが、現実を考えた時に、どうすべきだとお考えでしょうか?
報道が真実を全く伝えない以上、情報が交錯して私としても実際の現状がどうなのか知る術がありません。
現地の方々はどう考えているのでしょうか。

 私の中では、おそらくもう安心して住めるほどに除染できるとは思えないのです。というより、私の住んでいるここだって、実際はかなり汚染されているのだと思います。
近所の軽井沢でも高濃度のセシウムが発見されたばかりです。おそらく、確実に安心出来る場所など無いのではないかとさえ思います。

 そんな中、肝心の政府はどうして良いか分からず、とりあえず除染してごまかしているというのが現状なのではないでしょうか。本当はお手上げ状態のはずです。
私としては、もう福島はしばらく諦めて早急に移住の手伝いをするのが先決だと思っています。除染で出た廃棄物も全国にばら撒くのではなく原発近くにまとめるしかないと思います。

 もし、これが自分の住む地で起きたらと考えると、とても割り切れるものではありません・・・
おそらく怒り狂うでしょう。
もしくは絶望で沈み込むのかも知れません。
そう考えると福島に押し付ける事にも疑問を感じてしまいますが、現実的には・・・・と考えざるを得ません・・・

 私は以前、野口英世の生家に行く為に一人旅をした事があります。蔵を見て写真を撮りまくり、「どこで食べても同じだろ」と思いながら喜多方ラーメンを食べ、「やっぱ本場は違うな・・」と感心しました。
その晩は英世の生家の駐車場で夜を明かし、いろりを見て、「結構デカい家だなー。これがあのいろりか~」と感動したのを覚えてます。

 私は原発からの距離感はないのですが、同じ福島ですから、あそこももう通常ではないのかと思うと地元でなくとも悲しい気持ちが強いです。磐越のSLにも乗りたかったのに実現出来ていません。
そこは亡くなった母の数少ない旅行で行った思い出の地だったようなのです。一度乗りたかった・・

出来ることなら、元に戻せ!と言いたいところですが、東電・権力に壊されたものは、そう容易には取り戻せないでしょう・・・

 差支えなければ、お気持ちをお聞かせ願えないでしょうか。

coolcat様
 そうなんですよね。
実際に最終段階まで追い込まれないと気が付かないなんて、知恵が無さ過ぎると思いますね。
もう気づいてもいいはずです。
「対応」「対処」「反応」「解決」「反省」・・・こういった言葉を国民は忘れてしまったのでしょうか・・・

 おそらく小出さんの存在すら忘れていくのでしょう。
すでに小出さんの事を思い出さなくなっている人も多いのではないでしょうか。
40年も戦い続けた本当の科学者の偉業を忘れて欲しくないですね。

 ここまで来てやっと気づいたことを、また忘れるなんて愚かな生き物だと思ってしまいます。
まあ、でも一番の原因はマスコミであることに間違いはないと思いますね。
素直過ぎるんですよね。日本人は。

こんばんは。ご無沙汰してます。

本当に原発全て無くして欲しいです。
私は独立して都内で働いて居ますが、震災以来実家の両親からは「たまには帰って来なさい。」という言葉は出なくなりました。
地元は原発から50キロ程ですが、放射線レベルは福島県内でも高い方なので、身体を心配しての事だと思います。

震災以来避難区域となったよく行っていた思い出の海も山も今では行く事すら出来ないのです。
原発なんか早く無くなってしまえば良いのに…。
軍需産業が…
こんばんは

結局のところ日本も軍需産業界が裏で睨みを利かせています。
アイゼンハワー大統領が言った偉大なる発明の核の平和的有効利用となってますが、所詮原子力発電はウランやプルトニウムを保持する為の詭弁でしかないことに何時になったら国民は気が付くのでしょうかね…
 
表向きは日本で核爆弾を開発するのに、最低でも1ヶ月以上はかかると言われてますが、国産ロケットを開発している某●●重工の技術者は3日あれば、核弾頭を搭載したものが出来ると豪語していました。

つまりその道筋は出来上がっているのでしょう…


京都大の小出助教の言っている、たかだか電気を発電するのに、原子力は要らない!

日本国民がこの言葉の本当の意味が理解出来るまで、どれだけ尊い命が犠牲になるのでしょうか?

身内に被害がでない限りこの無関心さが続くのであれば、本当に亡国になってしまいます。


一人でも早くこの重大性を理解して、原子力発電反対の声が国論になることを切望してやみません。

長々と失礼しました。


 

 
03-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。