~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるか!やられるか!・・・最後の聖戦

 オーバーなタイトルをつけてしまったが、一概に大袈裟とは言えないはずだ・・・


 何故か分からないが、最近ブログを続ける事に疑問を感じる、というより無気力になる事が多くなった。
書こうとしても、気が乗らない。何故か・・・と思いながら久しぶりに以前よく覗いていたサイトを見て驚いた。
いつの間にか閉鎖していたのだ・・・

「4つの目で世の中を考える」

この閉鎖告知の文面を読んで、この迷いが何なのか分かった気がする。
この国に対して諦めの気持ちが強くなったのだと思った。

自分の無力感などという偉そうな事を言うつもりはない。
しかし、「自分がこんな事をしても何も変わるわけじゃない」という気持ちと「一人にでも多くの人に伝えたい」という気持ちが交錯しているのは確かだ。
上のブログ主の気持ちはよく分かる。
この日本のあらゆる現状を見てもなお、気付こうとしない、考えようとしない、聞こうとしない、そのくせバレバレのデタラメ情報を妄信する、真実である可能性がある情報を鼻で笑う、自分の身に降りかかっている悲劇に気付きもしない、という人間が多過ぎる。

 真面目に話しても二言目には、「馬鹿」「アホ」「○○信者」・・・と罵るだけで聞こうとしない連中の言葉があふれかえっているのを見ていると怒りがこみ上げる。「お前らが日本を駄目にしてるんだよ!!」と。
世を操作している悪人達はまだ良いと思う。
自分の好きに動かそうとして実行しているのだから、そこに矛盾はない。
もちろん許せない事だが、まだましだ。
それに比べ、大半の国民は違う。
不平不満・文句は言い続けるが、何が原因か、どうすれば良くなるのか、自分はどうすべきか、何も考えない。ただただ不満を漏らし、それが大人であるかのような錯覚を起こしている。
もちろんそういう国民側が被害者である事を考えれば、知らない事、積極的に考えない事も責められない訳だが、それでは何も変わらない。
というより、その事がこの国を悪化させている元凶となっているのは確かだ。
その元凶達は、何よりも一般論を常識・事実とする。自分の常識と違う事を突きつけられると、理屈もなく頭ごなしにコケにする。そういう人間に共通して言えるのが、こちらの話に対して必ず目の色を変えて怒り出す。
論理的に否定する人間はいない。
何故か。
そこには否定する材料も考えも気持ちも何もないからだ。
自分も含め、そんな大人達の作った国を子供達に託せるはずもない。

そんな事を考えていると、希望を失い、ブログに対する気持ちも失せる日が多くなった。
「草の根活動をしている人も無数にいるのだから、そうは言ってもやめるのも・・」と考えながら。

そんな中、初公判後の小沢一郎が会見を行なった。

強烈だった。。。。

a40a4a545d016aacd795b3d50689fb1b_R.jpg

久々に希望を持った。

こう書くとまた「小沢信者」と叩かれるのであろう。
私は別に小沢一郎が、まったく汚点の無い真っ白な政治家だとは思っていない。
日本で政治家をやっている以上何かしら金がらみの取引をした事はあったと思う。
しかし、それにも根拠は無い。それに、検察がそれを見つけられなかったという事は、もしかしたら実は本当に何も無いのかも知れない。
そして、一番言いたいのは、他の悪徳議員達がどれだけ大事件を何事も無くすり抜けてきたかということ。
自民のスキャンダルは無視と逆ギレを見せられただけで消えてしまったのになぜ小沢氏だけがここまでされるのか。
しかも、4億円の虚偽記載に関しては何も出て来なかったのは大人であれば見ていて分かるはず。
実際、記載はあった。
融資されるまでのつなぎの小沢氏の4億円との関係が略されていただけ。
検察はそれが分かっているからずっと起訴できなかった。
4億円も騙し取ったのを何年も立件出来ないなら検察はクズ組織だ。
小沢氏が得をしているのならとうの昔に犯罪者として処理されているはずだと何故気付かないのか。
そして、国民の税金から億単位の調査費をかけて今まで立件出来なかった検察の仕事ぶりの方がよっぽど大罪だと何故気付かないのか。
ここぞというタイミングでいつも妨害されてきた事に何故気付かないのか。
秘書ごときの存在に、喫茶店で人目につくところで現金5000万円を手渡すなどあり得ないと何故気付かないのか・・・

私の周りにも、「まだ小沢に票入れる人間がいるなんて馬鹿じゃないのか。」と言う人間がいる。
私の目には低レベルな人間にしか見えない・・・
もちろんそういう人間は、私が詳しく話すと怒り出す。
私は別に上から話している訳でもないし、説教している訳でもない。
静かに「実際はこういう事らしいですよ。」と伝えているだけだ。
彼らには聞く耳も無い。


 今回の小沢氏の会見を彼らはどう見たのだろうか。
「まだ嘘をつくか!この狸じじいが!!」くらいに思ったのだろうか。

あの目と話し方を見て、真意かごまかしの嘘かの判断も出来ないのだろうか。
国家を敵に回してまで嘘をつく馬鹿がどこにいるというのか。
司法を敵に回すという事の恐怖が分からないのだろうか。

小沢氏は、とうとう政治よりも最後の聖戦に身を投じる覚悟を決めたのだろう。
聖戦というのは綺麗過ぎるかも知れない。復讐かも知れない。
それでも良いではないか。

今まで国家に歯向かった者はみな消されてきた。
それは、何をおいても知名度・認知度が左右してきたのだと思う。
学者・二流政治家がどんなに吠えても権力には勝てなかった。
しかし!今回は違う。

小沢一郎だ!!
あの小沢一郎が表舞台へ出てきた。
もう潰れたであろうと思ってきた私の予想を裏切って、とうとう最後の戦を始めた。
ここで何も感じないような国民達には私はもう何も期待しない。
一人の大物政治家がすべてを捨てて国家に飛び掛っていく姿を見て何も感じないのなら、そんな奴は嘘にまみれて自決すれば良い。もう関わりたくもないし同情もしない。

私は自分を信じて、反対意見の方々を含め関心を持っている方々を信じて、これからも続けていこうと思う。
以前も書いたが、私の一番嫌いなものは「無関心」である。


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

No title
感謝なんてとんでもないです。
私の方こそ、この様なブログを公開され、実際に行動されている事に感謝です。

本当は色々と書いたのですが、消しました…。今も、ずらずら書いたのですが消しました…。お会いしてお話しできるような縁があれば、その時にお伝えするほうが良いかな?と。

なんだか「やるかやられるか」にもって行く人間操作をしている存在を感じて反吐がでそうになる感覚を最近感じることがあります。
青夏龍 様
 ありがとうございます。
正直、自分でも自分が何をしたいのか良く分かりません・・(笑)
ただ、納得いかないことを流せない性分で・・・
時に家族に迷惑をかけることもしばしばです。

そんな中、賛同して頂ける方が一人でもいる事に感謝です。。
No title
>持論を申し上げれば、他者の発信した情報に対して身を委ねたくないのです。それよりも自分の心に沿って行動したいと常々考えています。

それが一番大事な事だと思います。
誰が正しいなんて絶対分からない。
むしろ正解などないのかも知れない。
だから自分で考える。一般人に一番かけている事だと思います。だからネットや講演会などを通して情報を集め考え、行動に移す。最高の生き方だと思いますよ。
残念ながら今の時代、すべて自分の考えで動くとリスクも負う事になりますが、要はバランスですかね。
自分もバランス取れてるとは言えませんが・・・


>しかしあまりに権力者の実態がバラバラで大きいため、最近は厭世的になってしまっていますね

そこが難しいところですね。
あまりにグチャグチャになってしまって、どこを突っ突いて良いのか分からないのが現状ですね。
あまりに理解出来ない事に関しては多少距離をとって関わらない事も必要かも知れませんね。


>近くの南相木ダムに最近行ってきましたが、さすが東電施設。
周囲とは不釣合い過ぎるほど豪華でした。

そうなんですよね。
原発の余った電力を消費する為だけに造る揚水ダムにここまで金を使うとは・・・
何かあると思う方が普通だと考えます・・・
あの辺一帯を流しているとおもうのですが、考えてる以上に東電の管理、もしくは密かに監視している範囲は広いと思います。ダムは一部かも知れません・・・
あの辺の林道はすべて閉鎖され、山中に車で入る事自体厳しい状態です。すべて東電の管理下でしょうね・・・
No title
私はplanzさんの想いや考えを理解しているとは言いませんが感覚的には「良く解ります」という思いです。
No title
こんばんは、昨日ありのまま~と書いた者です。
返信ありがとうございます。
私も「ありのまま」とは、自身の感性に従って行動する・・・そのような意味で書きました。

持論を申し上げれば、他者の発信した情報に対して身を委ねたくないのです。
それよりも自分の心に沿って行動したいと常々考えています。


疑問に思えば自分なりに調べたり講演会に出席して(自分なりの)解釈を模索してきました。
しかしあまりに権力者の実態がバラバラで大きいため、最近は厭世的になってしまっていますね;

などと愚論をツラツラ書いて退屈させてしまい申し訳ありません。
JALの事件に関して、事故当夜に自衛官が射殺されたという報道と県境の山中に墜落したこと言い知れぬ不気味さを感じます。
近くの南相木ダムに最近行ってきましたが、さすが東電施設。
周囲とは不釣合い過ぎるほど豪華でした。
2011-10-18 00:28
コメントありがとうございます。

 ありのままというのは何をされても黙って受け入れる事ではないような気がします。
身に降りかかった事に対してアクションを起こすのも自然な流れです。
人それぞれですから、すべて受け入れるという考え方もあるのかも知れません。
しかし、生きていく上で不利益が一部の自分勝手な人間の為に自分や家族に降りかかってくるとなると、振り払おうとするのも至極当然な行動・考えだと思います。
私は子供たちのことを考えると黙って見過ごす事は出来ません。
私は凡人ですから特別な事は出来ませんが、「知る」事が何よりも大事だと考えて過ごしております。
知った上で、気にならない方々からすれば無駄なあがきに見えるかも知れませんね。
123便もしかり。
今さら必要ない知識という考え方もありだと思います。
必要・不必要関係なく、知りたい・知るべきという考えがあるから気になるのではないでしょうか。
No title
いいじゃないですか。このままありのまま社会が進んでいても。
個人が世間に認められない行動をとったところでなんにも変わりません。
選挙にしても私の1票は組織票・マスコミによって0にも等しくなるんですから。

私はこの国はこのまま続いていくと思います。
おそらくゾンビのように半死未生の状態で富裕層に使われていくのでしょう。
これもまた一興として、奴隷として長寿を全うするよりも好き勝手に生きて死にます。

最後にJALの墜落事故はとても悲しく、興味を持つほどに不思議な事故であると感じます。
これからも調査報告を待っています。お体には気をつけて。
ありがとうございます。
 コメントの皆様、いつもありがとうございます。
そして、拍手して頂いた方々にも感謝します。
評価頂いた事もそうですが、やはりネットで真実を知る方々はまだまだ小沢氏を支持していることが分かった事が一番の収穫です。
マスゴミの報道を見ていると、まるで国民の大半が小沢一郎を悪人と思っているような言い回しをしていますが、そんなものはでまかせである事がよく分かりました。
阿修羅掲示板にしても、小沢引っ込めの文字の方が希少です。

 要するに、報道と現実はまるで違う。
ネットの中ではむしろ逆。そして、今回ばかりはネット云々関係なく裁判官の異常さを指摘する声が驚くほど押し寄せているようです。
なのに、そちら側の報道はまったくなされていない。
デモ行進もものすごい数で行われています。

 素晴らしい!
日本人に足りなかったのはこれです!
もうマスゴミが隠せないほど活発になった時、日本に大きな変革がおこることでしょう。
一日も早く汚れたマスコミ・政治家・警察・裁判所を排除できる事を祈ります。
私も、デモ行進等、積極的に参加しようと思いました。

 とにかく情報拡散につきる!
おそらく年配の方々の意識を早急に変える事はもう無理でしょう。
ですが、これからを担う若い世代はまだまだ希望を持てるはずです。がむしゃらに情報拡散しましょう。

MieNa1012様、ありがとうございます。
そちらのブログも確認しました。
こちらこそ参考にさせて頂きますので、これからもよろしくお願いします。

 当方PCの調子が悪く、レスポンスが遅れ申し訳ありません。
近々マシンも新たに頑張りますので皆さまよろしくお願いします。
No title
こんばんわ。
この閉鎖ブログの私が引っ掛かるのは、国民を馬鹿呼ばわりしているからだ。自分はすべてを知っているふうな感じである。確かに大衆というものは総じて単純なものである。
しかし大衆がいなければ陰謀は存在しえないし、国家も東電も存在しないのだ。私は、そんな大衆が1パーセントでも理解してもらおうと努力する当ブログの管理人さんたちの涙ぐましい行動には頭が下がります。自分が馬鹿呼ばわりされても諦めない、厳しくもそれでも救いたいという管理人さんからなかなか目が離せませんね。
人はどうしてもくじけそうになる時があります。
そんな時は、心を空にすることだと思います。
No title
はじめまして。MieNa1012という名前でTwitterをしております。

私は集団ストーカー被害者です。どうして国も警察も行政もこの犯罪被害を無視するのかという視点でいろいろ調べている最中ですが、相当国が腐っていることに気が付きました。政府、省庁、警察、行政は一部悪徳企業と手を取り合い税金と利潤をせしめ、国民から搾取する。メディアもこの仕組みの中に取り込まれて真実を報道しない。さらに悪いことに、悪巧みの為に結託している権益者たちは国民の財産、健康はもとより命すらどうでもいいと思っている現状を知りました。集団ストーカー犯罪はこうした者たちが加害者側であるように思えます。

小沢氏はきっとそういった悪者たちにとって都合の悪い部分があるのだと思います。麻生元総理しかり、中川元大臣は「人権擁護法案で私は殺される」と言っており、その通り抹殺されてしまったのだと思います。

こちらのブログは大変参考になりますので、自ブログでもご紹介したいと思っております。(都合が悪かったらお知らせいただけますでしょうか)
お疲れ様でございます
ブログ主さまのご心労お察し致します
どうぞお身体だけは大切にお励み下さいます様お祈りいたします…
さて…我が国 日本人が 如何に 腑抜けにされてしまったかは 実に太平洋戦争の敗戦に端を発する物と私は考えております アメリカは神風攻撃に恐怖しこの民族は殲滅するか民族として痴呆化するしかないと 戦後の戦略を遂行して来たと言われます
これはシンガポールから復員してきた元海軍の私の叔父が現地の米軍の将校から聞いた話として 私が中学生の頃によく語っておりました

果たして我が日本人は見事なまでに愚民化され 今日に至っております…

私はこれも歴史の一頁として 後世に記録されるものと解釈しております…

真の愛国者 小沢一郎氏の今後の行く末を見守りたいと 存じております
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんばんわ。
このサイトは私も知っています。閉鎖の最後の訴えがなんとも衝撃的でした。実は先まで、親兄弟と一緒に居り、この世の中がどのようになっているかを話をしました・・さっしのとうり、全く意に介さないものでした。私でさえこの境地に至ったのに2年はかかったのですから今すぐ説得できるものではないとは思っていましたが。
 その知人が怒り出すのは、小沢が悪であると洗脳されていますね。
残念ですが。しかし、その人の目や口調を注意深く観察すれば少しでも真意はくみ取れるはずです。もはや、大多数の人間がそれを怠っているなによりの証拠です。上記サイトの管理人は気づかない国民が悪いと喝破していますが、それはその方の独りよがりである。人は完全ではない。1万人いても1万人そのようには思わない。もし、1万人そのように思うことができたなら、それは電脳世界なのだ。
 失望とは希望の裏返しです。これを足せば無の境地です。これを機に怒りもなにもない無の境地を目指しませんか。
最後に、各国首脳を並べても恥ずかしくない政治家は・・小沢しか見当たらない。
No title
お疲れさまです。

あのブログ。
閉鎖についての記事を読んで「やっぱり私はB層のままだ」と改めて思ってしまいました。

色々な事を考え周囲や世界の人達の事まで心配したりしていると自分では思っているのに、常に言い訳と自己都合で自分達の事しか実行に移せていない。

話がずれて違う事ではりますが・・・

私はある対象への失望感というような物を感じてやる気が失せ、次に怒りが込み上げ、過度の精神的疲労による体調不良で生活に支障がでるようになったと感じています。

やはり同じ様な感覚や意識を持った人達で交流して行く事が必要と思います。

一人でもがいていると、家族でさえ理解してくれないので、下へ下へと行ってしまうように思います。

私の今の感じている事です。


 

 
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。