~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ー 福島の子供たちの苦悩 -

 最近感じるのは、マスコミのささやかながらも東電・政府癒着からの別離・・・
今さらながらであるが、やっと、東電の嘘・隠蔽体質・政府との癒着に対してマスコミの批判的な報道がチラホラ見え始めた。
ここで終わってしまう可能性もあるが、今までの日本の惨状を考えると、飛躍的な進歩であると思う。
あの大災害との引き換えのようになってしまうが、できる事ならこれを機に、組織的国民洗脳は腐敗政府と心中して頂きたい。そうなる為にはあまりにも大きな代償であったが・・・

そんな中、まだまだ肝心な報道が抜けている。
現地の現状がまったく伝わって来ない。
今や、まるで一番の問題は放射線量とセシウムであるかのように伝わっているが、当初騒いでいた肝心のプルトニウムやストロンチウム、プルトニウムよりも毒性の強いと言われるアメリシウム、数多くの要素が無視されている。
一つや二つ計測しても意味が無いという事を政府はごまかしている・・・
原発敷地内で検出された致死量の10シーベルトもそれっきりだ。
今まで近付いた人が無事であるはずが無い。おそらく重大な危機に直面している作業員の方々は少なくないはずだ。

そういったことは未だに放送しない。

そして、何よりも可哀そうなのは、子供たち。


********* 阿修羅掲示板より *******


放射能汚染されている事をわかりながら暮らしている 福島県の子供達
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/453.html
投稿者 旦開野 日時 2011 年 8 月 11 日 00:00:47: EX1vFrNUmU2b6

@s_kiyoe 季世恵さんのTwitterより


福島の子ども達を招いての楽しいキャンプが終わりました。
お別れの時、見送る側も見送られる側もみんな泣きました。
今の福島に帰りたくない、帰したくないからです。
帰る間際不要なペットボトルを何本も集める子どもが大勢いました。
親に自分が飲んだ安全なお水を飲ましてあげたいからだと言うのです。
https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100535288274763776


福島の子ども達を帰すために貸し切りバスがお寺に着きました。
「お土産を買う所はどこがいい?」と尋ねると
子ども達が「スーパーではなく函南のお野菜が買えるところをお願いします
」と言うのです。小学生も中学生もみんな願いは一緒
。待っている家族に安全な野菜をお土産にしたいって。
https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100540605972754432


キャンプ最終日。
東京の子どもが仲良くなった福島の子どもに「今度は私が福島に会いにくね!」
と言いいました。
すると相手の子は突然真顔になり「今、福島には来ない方がいい…」と答えたのです。こんなことあっていいの?
来てはいけないと言ったその場に子ども達は知っていて帰って行ったのです。

https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100592597160046592  

************ 転載終了 **********

 
いまだ、原発を推進する愚か者、まともな忠告を無視して子供たちに対して何の配慮もしない鈍感な親。
避難出来ない親が悪いとは言わない。転居など簡単な事ではない。
いたし方ない事であろう。

しかし、同じ避難しないなら、子供たちに不安を残したままというのはどうだろうか。
理由・考えはどうであれ、子供たちも日々不安を感じたままというのは私には理解できない。
大人の不安をそのまま子供に抱かせるのではなく、少しでも、嘘でも「大丈夫」という言葉をここで使うべきではないだろうか?国民を騙し続けた「大丈夫」は子供に対して使うべきだと私は考える。

内心の不安とその後の対処は大人が考える事。
「大丈夫だよ」と言いながら、本気で心配するのが親ではないだろうか。
もちろん危機感を持たせることも大事だと思うが、友人を呼ぶ事も出来ない場所に住んでいるという悲観的な心のまま毎日を過ごさせるのは、違うと思う。

子供がそれを言うという事は、親もそう伝えていると言う事。
ということは、親もそれほど危険を感じているという事。
そこまで感じているのなら、何が何でも避難すべきではないだろうかと思ってしまう。
私は、ここが駄目になったらすぐさま避難すると決め、家族にも伝えてある。

ひきかえ、そんな中でも、一生懸命親に気を使う子供たち。
危険と思いながら親の元へ帰っていく子供たち。
選択肢を持たないまますべてを背負っている。

どちらが大人だろうか・・・・
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

Comments

のりにぃ21 様
 コメント有り難う御座います。
逃げるだけではダメ・・・分かりますよ。


この記事を書いた時と今ではだいぶ状況が変わっていますね。
当初は、とりあえずは何よりそこから逃げてそれから先の事を考えるべきと思いました。ましてや子供を持つ身としては、何を捨てても子供の安全。当時はまずはそれだけで良かった気がします。
ただ、ここまで全土に広がってしまうと”とりあえず”すらも何だか分かりません・・・

 今何をするべきか、正解は分かりません。
私としては、まずはやはり子供の身の安全。「福島のものを食べろ。それが出来ないなら非国民だ!」みたいな空気も漂っていますが、私はまっぴらごめんですね。言い方は悪いですが・・
福島の人が悪いわけじゃないけども、危険なものは危険でしかないですよね。同情の為に毒物を口にするのはおかしな話です。そんな事じゃなく、身を守りつつ、何をすべきか。
それは、この大惨事の根源である原子力村・政府・・に対して声を上げる事だと思います。余裕のある人は福島を助けるのも必要でしょう。
確かに逃げるだけでは何も変わらない。”なんでこんなところに逃げて来なければならないんだ”と思いながらぶつけどこもなく生きて行くなんて納得いくはずもなく。
積み重ねたものを無くして、黙って知らぬ地で生きて行くにはそれなりの納得できる理由が欲しいですよね。

 でも、それを誰に求めてもおそらく納得いく回答は得られないでしょうね。これを乗り越えるには、精神的成長、考え方の変換が必要になると思います。それこそ生まれ変わるくらいの覚悟が必要ですね。なんて、他人事みたいに言っていますが、いつ自分に振り掛かるか分からない状況ですし、むしろ気付かないだけで、もう手遅れの状況かも知れない。

 私もうまく言えませんが、原発・震災のお陰で、それほど大きな転機に入っているのだと思います。これは、必然的に起こった変革期なのかも知れないとすら思います。
ここでみんな変わらなければいけないとも思っています。
この変革の時を間違った乗り越え方をすると、本当の平和はしばらくやって来ないような気がします。

~次元について~読ませて頂きました。
全くもってその通りだと私は思います。
4次元ですが、立体プラス時間という考えが一般的だと思いますが、これは言い換えれば4次元の一点一点が事象であり、今起こっている事の繋がりで出来ているとも説明出来るのではないかと思います。言うなれば、三次元で起こっているような一つ一つの出来事の塊であり、それこそパラレルワールドに繋がるのではないかと思っています。まあ、所詮ここは三次元ですから、うまく四次元を説明出来るはずもないのですが。

このブログの”あの世”の部分でそういった事を語りたいと思っていましたが、今のところこの世の問題でいっぱいいっぱいになっていまして・・・
いずれそんな記事も書きたいと思います。
そういった事を信じる理由として、こういう事を書くと馬鹿だアホだと言われるのであまり触れたくありませんが、私はこちらの世界(この世)へ来る前の断片的な三つの記憶が残っているんです。本当に断片的、会話(?)をしているシチュエーションなのですが、向こうからこちらを見て語っている自分の記憶が残っているんです。
だから、この身がダメになっても間違いなくあの世(むしろ向こうがこの世だと私は思いますが)は存在する。魂は永遠だと実感しています。

 長くなってしまいましたが、面白いブログだと思いますので、リンクさせて下さい。
ご迷惑でしたらご一報下さい。

 良いコメント有り難う御座いました。
初めまして
ツイッターからお邪魔させていただきました。

本当に、日本は二極化してしまったと感じます…

今まで、マスコミや東電に踊らされていた人たち。
この「見せ掛けの平和」が、これからも続いていくと思っている人たち。

対して

これからの日本を真剣に案じて、出来るだけのことをしている人たち…

管理人さんの仰るとおり「人生の経験地」がものを言うのでしょう。


しかし…僕は、放射能から逃げること=根本的な解決になるとは思っていません。

もちろん被曝から出来るだけ逃れる努力はとても大切ですが
それ「だけ」では、その先がうまく行かないと思うのです。

うまく言えないのですが…

何にせよ、周りに踊らされること無く
自分の「直感」に従って進んで行こうと思います。

僕も細々とブログを書いています。
もしお時間があったら、チラっと覗いていただけると幸いです。

またお邪魔するかもしれません。失礼します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんばんわ。
そのような評価を頂き、恐縮です。経験値は管理人さんの足元にもおよびません。ただそういう意味では私も一般世間からは変わり者と思われているかもしれませんね(笑) 皆が迎合するものには距離をおく習性があるのかもしれません。しかしこれは人に備わった危険回避能力の一部なのかなと思う次第です。AKBやレディガガのどこがいいのかさっぱり私にはわからないのです。

実は私も飲み水は、山から採ってきた水をのんでいます。

アンディ様
>大人は社会通念という洗脳にかかってしまっている。
そうなんですよね。この似非常識の洗脳はいつまで続くんでしょうか。

私が思うに、周りを見ても、人生において大きな挫折や苦悩を経験した事がない人間ほど、常識・世間体などに振り回されているような気がします。
私は挫折ばかりでしたので、社会的なプライドみたいなものはこれっぽっちもありません。・・威張る事ではありませんが(笑)。

なので、周りの目よりも自分の考えを優先する事が常になっています。それによって変わり者扱いされる事もありますが、結果的に後悔する事にはなっておりません。

むしろ、ずっと無難にこなしてきた知人の方が、今になって融通の利かない、面白みのない生活を送っているようです。当然このような真実や裏の話などには非常にウトいです。

無難にこなす事が悪い訳ではありませんし、自分が無難な人生を 送れなかっただけなんですが、やはり結局、経験値がモノを言うんじゃないでしょうか。
社会的な成功は簡単に崩れるし、死ぬまで続く事はない。
精神的な成長や知識は生涯の宝です。

勝手な想像ですが、アンディさんもいろいろあったんじゃないでしょうか?
こういった事を真剣に話せる方々は、おそらく経験値が高いのだと私は思っています。
No title
こんばんわ。
どちらが大人か、わかりゃしないですね。ただ、大人は社会通念という洗脳にかかってしまっている。
我が国のトップはなぜ無能なのか・・という問題だが、これは多分暗殺、社会的抹殺を極度に恐れているからであろう。
過去の政治家の不審死などでみせしめられているからである。東電も官僚も政治家も暗殺を恐れているとみていいでしょう。
人間、自分の生き死ににかかわると、どうしてもあちら側の要求を呑んでしまう。実は小泉が二期目の総理になった時のあの顔は、それを物語っている。演技ではないだろう。
だからといって、国民から選ばれた人間がその国民を裏切っていいはずがない。
青夏龍 様
>たとえ親や周囲の大人達が口だけで「大丈夫」と言っても・・・

それは言えますね。
子供は大人が思っている以上に敏感ですから・・

余計に親の態度というのが大事になりますね。
自分がそこまで信頼されているかというと、正直自信はないかも知れません(苦笑)・・
テレビ等で見ていると、子供の前でインタビューに答える親たちは、とても子供の心を感じながらというようには思えないんですよね。まあ、無理もないと言えば無理もないんですが・・

とにもかくにも、東電の知らんぷりぶりには吐き気をおぼえます。
No title
子供達は健気ですからね…

たとえ親や周囲の大人達が口だけで「大丈夫」と言っても、
それが自分達を安心さえるための方便であり、
親達が現実を知るに連れ血相を変えている様を見たり、
それらに感づいたりもしていて、あえて親達の前ではフリを続け、
「キャンプ楽しかったぁ~」と無邪気に振る舞ってみせる…

「お母さん(家族)を余計に悲しませたく無いから…。」
そんな風に心の葛藤があるのでは?と苦しくなります。

だから、親達からは離れたときだからと、本音が出ている…

でも、無事に帰って来た子供達が持ってきたお土産が、
子供が買って来るようなものではなく、
「安全な水」「安全な食べ物」だったら…私は堪らない…
なりふり構わずの移住を決意するかもしれません。

こんな風に感じました。

親を絶対的に信じ「大丈夫だよ」に完全に安心できたら、
子供達は相当楽になるでしょうね…。


 

 
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。