~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県伊那市「分杭峠」

 ゼロ磁場パワースポット「分杭峠」へ行ってきた。
*参考 ・・・ 分杭峠 ゼロ磁場の情報サイト

度重なるテレビ放映の影響により、マイカー規制がかかり、途中からシャトルバスでの通行となる。

P1030238_R.jpg

P1030241_R.jpg
シャトルバス駐車場に着くと、運転手が「ここを5分ほど下った所が気場になります。」と乗客達を促す。
私は、そこが観光用の見せ掛けで、本来のスポットは水場であることは分かっていたが、とりあえず言われるがままにそちらへ行ってみた。
案内される気場はこちらだ・・・

DSCN8854s_R.jpg
私は気というものをはっきりと見たことも無いし、感じたことも無いので、当然ピンと来ない。
*上の気場の写真は他サイトからお借りしたもの

ここにずっと居ても効果はどれほどのものか・・・という感じなので、本来のスポット(水場)へ向かう。

ここは、水場への入り口だが、土砂崩れということで通行止めになっている。
これは一つ目のゲートで、ただのバーだが、この先にもう一つゲートがあり、それは板で覆ってあり、扉に若干の隙間が作ってある。「ここから先は危険な為何があっても保障しません」というような警告が記載されてありながらも、「通るなら通れば良い!」という感じの造りになっていた。
P1030239_R.jpg

当然突入する訳だが、少し行くと確かにすごい土砂崩れが・・・
P1030245_R.jpg
ここでもう一度崩れたら終わりだ。
こんな状況にも関わらず、何組かの訪問者とすれ違う。
知っている人は直接こちらへ来るようだ。
P1030243_R.jpg

崩れた巨木や石達にビビリながら進むと、現れたのが水場だ。
P1030256_R.jpg
ここへ来るまでに気付いた事がある。
どうもゲートを過ぎて少し入った辺りから、時折(若干だが)目眩のような、平衡感覚を失うようなフラフラするような感覚に襲われる。
襲われるといったらオーバーだが、どうも違和感がある空間が何度か訪れた。
気のせいかと思ったが、一応同行した知人に話すと、やはり同じものを感じていたようだ。
どうやら、エネルギー的なものを感じているようだ。
普段はそんな経験は無いので、ここだから感じるということであろう。

そこで、この水場の付近を散策してみると分かった事がある。
やはり、そのエネルギーは、一点から放射している訳ではなく、何箇所にもわたって存在しており、その中へ入ると目眩のような感覚で感じるようだ。私の場合、プラス、顔の前面にフワッと何かをかけられるような感覚も感じる。
そして、これが勘違いではない証拠に、「この辺から感じる」「この辺で終わっている」という位置が二人とも一致していたのだ。そして、その強いと感じる所に丸太のイスや広いスペースがあったりする事に気付いた。
そしてその感覚は、水場から4,50mほどで感じなくなる。
結局、ここで1時間半は滞在したであろう。

また、水場の横には「これは飲み水ではありません」と書かれていたが、おそらく売店で水が売れないからだろう、という事で、しっかり水を汲んで持ち帰った。どう見ても飲み水だ・・・

P1030252_R.jpg
最初のバス乗り場まで戻ると、一週間病んでいた首と肩の痛みがほとんど取れているのに気付いた。
そして、売店でパワーストーンを物色していると、見知らぬおじさんが大きな布袋を持って近づいて来た。
そして袋の中の一つの石を何も言わずに手渡してきた。
何かと思ったら、おじさんは私にOリングテストを始めた。
*参考・・・ Oリングテスト
すると、「なんだこれ!!」
・・・すごい効果だ。どうやら、気場の地下の石らしい。
この白い部分が重要とのこと。
そして、今度は私の着けていたトラ目石のブレスレットを手で軽くなで、またもやOリングをすると、さっきの石と同じ結果が・・・
そしてこう言った。
「ここへ来ても馬鹿馬鹿しいと思ったらそれで終わり。何も得る事は無い。気のせいと言うが、気のせいがどれだけ大事か分かってない。気の持ちようで健康にも病気にもなる。」
確かにそうだと思う。
「気の持ちよう」という言葉は、通常”曖昧な状況を誤魔化す”時に使い、実際は気の事など考えてはいない。
「気の持ちよう」とは、本来、「気を自分の為に操る事」なのだと思う。
しかし、人は無意識に気をコントロールしているのに、”気”は”思考”の事だと履き違えているのではないだろうか。
こういう事を、最初から馬鹿にしてせせら笑う人間は、自分の事すら何も分かっていないのだと思う・・・

P1030269_R.jpg


テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

Comments

an+open+mind 様
コメント有難う御座います。

私は古文は苦手ですが、「いとおかし」の「おかし」が「可愛い」であるように、「怪しげなる」は「不思議」のような意味合いだったりするんじゃないでしょうか・・・

私の情報収集の結果、やはり慢性的な病気は薬品等では治らない場合が多いように感じます。
an+open+mind様がどのようなご病気なのか知らないので、勝手な事は言えませんが、一般的な病の場合、食事・運動・漢方等の自然薬を用いて、免疫を高める事がすべての病に勝つ事につながる事も多いようです。その一環として、この様なパワースポットを訪れたりするのも必要かも知れませんね。
私は、体の大部分を占める水分を綺麗にする為に、炊事には水道水は使わず、ある場所の水源まで汲みに行っています。、

まだまだ人間なんていうのは、人体の仕組みを知り尽くしてはいないと思っています。
なので、あらゆる可能性を追い続ける事は、本当の健康を得る上で、非常に有効だと思います。

応援しております。
青夏龍 様
小名浜原発・・・
二年ほど前になりますでしょうか、(新)日本の黒い霧のコメント欄でもずいぶん話題になってました・・・

この期に及んでもまだ原発推進するイカれた連中は、まさに子供の頃に抱いていた、地球征服を目論む悪の組織そのものです・・・
修行の山、救済の地
山岳修行者、陰陽師などはこのような山で鍛錬をしたのでしょうか。「いと怪しげなる山在り。もののけを成敗せん。」
私はいわゆる難病で長年の医者通いをしており、「怪しげなる山」でも情報サイトの方が「病弱者」のための地です、とおしゃるなら試してみたいです。
ルルドの泉のように全世界から救済を求める方々がこの地を目指してやって来る日があるかも知れません。
No title
すみません。横入り失礼。
原発の事が出ていたので、以前気になった事を…

原子力戦争という映画に小名浜原発がでてくるんですよね。
しかも、関連記事に「実際の小名浜原発を撮影」って…

それと、日本とイランと原発…

「原子力は素晴らしい私達を豊かにしてくれる。」
そう教わった。子供の頃の私は素直に信じた。
水月 様
コメント有り難うございます。

>実際は御名前を出さない日本の方です。
これは私にとって良い情報です。有難いです。
正直、中国の能力者には疑念を抱いておりますので・・・
超能力者に金を支払う国ですから、あらゆる手段で能力者になりたがる人間が多い、もちろんインチキも多い。
なので、自分でもこんな事を書いておきながらインチキだったら・・・などと考えてしまいます。
日本人と聞き、ある意味ホッとしました。(笑)

児玉教授の件、本当に怒りしか出てきませんね。
児玉さんにしろ、小出さんにしろ、こういうまともな人間の言う事を無視する国会はすべて崩壊させるべきです。改善など期待できません。というより、もはや犯罪者の集団です。国民は我慢し過ぎました・・・

原発の核の件、(新)日本の黒い霧のB氏も言っておられました。日本の原発ではパーツに分けて核兵器を製造していると。
実際見て知っていると。
記事にも書きましたが、これが原発とロケット開発に力を入れる日本の本性だと思います。
分杭峠
はじめまして。
一年ほど前から貴方のブログを拝見しております。
分かり易く、客観的でいて直感的な文章にひかれます。
きっかけは、『ひふみ…123』からの検索でした。
震災後時々拝見しておりましたが、昨日久しぶりに参りましたら『分杭峠』が上がっていましたので、一夜思いメールをさせて頂きました。
とても感覚が敏感でいらっしゃるのですね。
それを分かり易い表現で書かれていて、楽しく読ませて頂きました。石を差し出した男性の御話は興味をそそりますね。
さて、分杭峠0磁場を発見した方は、中国の気功師。と言うことになっております。けれど実際は御名前を出さない日本の方です。その方は磁場調整をも出来る方です。

それから、震災についての記事も上げられておりましたので、御存知かも知れませんがご参考になればと思いお伝え致します。
2011年7月27日 (水)の衆議院厚生労働委員会に児玉龍彦東京大学教授が参考人として発言。
http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/52166029.html

私は観ておりませんが、今朝テレビで、報道されていたそうです。
そして、もう一つ。
http://www.youtube.com/watch?v=3tDZ-S8AnDk&NR=1

福島第3原発が、核兵器燃料を製造していた為に狙われた。と言う話は御存知でしょうか。。
青夏龍 様
 行田市ですね、調べてみます。
123便しかり、googleマップには色々と隠されていますね。
隠すという事は関わっているという事。隠す側の規模に驚かされます。
中央構造線も非常に深く関わっているようですね。http://bungui.fineup.net/landsat.html
自分の知識の無さを悔やんでいるところです・・・

五井野氏の件、調べてます。
また連絡しますね。

黒い石、今度試して見ます。
No title
こんにちは。001で書込むと言っていた名無しです。
001は昔使っていたハンネなのですが、やはり止めて青夏龍にします。すみません。
この記事を読んで思い出しました。「行田市 ブラックホール コンパス」でググると出て来るページにもありますが、以前、埼玉県行田市にある古墳の近くにグーグルマップの衛星画像上に黒く丸くぼかしが入れられている部分がありました。
その記事に、コンパスが狂うとありますが、これが本当ならば、ゼロ磁場地点が、人が普段生活している場所にもあり得るのかもしれないと思いました。
それと、石ですが、例の黒い石も何か放っているのでしょうね。

中央構造線が行田市の下を通っているのかも。


 

 
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。