~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワールド・トレード・センター」

 昨日日テレで放送した映画「ワールド・トレード・センター」・・・最悪な映画だった。
「パールハーバー」を彷彿とさせる恒例のアメリカの「自己中ヒーロー崇拝主義映画」だ。
そこには911の重大さ、悲惨さ、怒り、驚愕、疑問・・・何一つ感じさせない。ニコラス・ケイジを使って何という映画を作ってしまったのか。


 最期のナレーションでは、「911は人に何が出来るかを見せつけた。人がどこまで邪悪になれるのか。だが同時に人には善意があることも見せてくれた。みんなが助け合った。理屈ではなくそれが正しいことだからだ。そのことを語り継ぎ、記憶に留めたい。あの日見た多くの事を・・・」と締めくくった。
ふざけてもらっては困る、911を過去の記憶として終わらせるつもりなのか。何一つ解決していないのに警察官や消防をヒーローにしてハイ終わりか。


 「911ボーイングを探せ」


 山積みの疑惑を放置するつもりなのか?冗談じゃない、ブッシュを引きずり出して全て吐かせ、市中引き回しにしなければならない。被害者(破壊の際の爆弾による被爆者)の数も未だに増え続けている事ももっと報道しなければならない。現場にいた人間の多くが爆弾による被爆で癌等に侵され苦しんで次々亡くなっている。被害者の苦しみもこんな映画の比ではないはずだ。


 真実を知る人間は、勇気を持って暴露しなければいけない。いい加減アメリカに翻弄される世の中は終らせなければならない。ロックフェラーに踊らされ殺される時代は終わらせなければならない。マスコミは早く目を覚ませ。

Comments



 

 
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。