~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災による国民の動向について

 地震から早くも一週間が経ち、テレビも通常の放送に戻りつつある。
被災者の方々においては、寒波が追い討ちをかけかなり厳しい生活を送られていると思われる。
何とか耐え抜いて頂きたい。

そんな中、国民の風潮として気になることがある。
それは、買占めもあるが、異常な萎縮ぶりである。とにかく「被災者の事を考えると・・」と言って、閉じこもり金を使わず自粛・・自粛・・・
数日前、食事を作る時間が無く、外食に出かけたのだが、客足はいつもの三分の一ほどだろうか・・・
ガソリンを使わないと言う事もあるかも知れない。それは理解する。
しかし、地元の店に行くのにそこまで躊躇するのか?
本当の理由は確信持てないが、おそらく自粛であろう。

おそらく大抵の方々は「そりゃそうだ」「同じ国民として当然だ」と思うのだろう。
でも果たしてそれは本当に被災者のことを考えているだろうか?
私はそうは思わない。

その外食の際も家族の「こんな事してちゃいけないね。もうやめなきゃ。」の言葉に私はすかさず反論した。
そして、昨日FMで「その通り!」と思うやり取りがあった。
リスナーの「自粛に対して、会社の社長の”そんな事をしたら売り上げが落ちてしまう”の言葉に腹が立った」という葉書に対し、パーソナリティーの三四六が、「でもこういう考え方もあるんじゃないかなー。一生懸命復興して、被災者の方達が立ち上がった時、日本が元気が無かったらどうだろう。立ち上がった時に元気な日本で迎え入れる事も大事なんじゃないかな。元気な私達が普通に生活をして金を動かして日本を元気にする。その上で気持ちは被災者と共にある。それが大事。そういう考え方もあるんじゃないかな。」
(*表現は若干違ったかも知れませんが、内容はこんな感じでした。)

これには拍手だった。まったくその通りだと思う。外食の際も私は同じ事を言ったばかりだった。
何でもかんでも我慢して萎縮してしまったら誰が得をするだろうか。軒並み倒産して日本が崩壊するだけだ。
普通に生活をし、金なりボランティアなり、その余力に気持ちを添えて届ければ良い。
その余力だって集めれば凄い力となる。むしろ萎縮しない方が余力は増える筈だ。不景気のさ中、更に萎縮した息も絶え絶えの搾り出した救援は負の力すら与えかねない。言い方は悪いが自己満足に終わってしまう。もっと言うなら、自粛する方が簡単である。
本当に被災者の事を考えるならば、景気を良くし国民の心を元気にし、単なる同情ではなく暖かい気持ちを与える方が大事だと考える。

震災01



賛否両論あるだろうが、がむしゃらに頑張るのは素晴らしい事だが、がむしゃらに萎縮するのは何も生まないと確信している。

この風潮の中、こんなことを放送で言うのは普通ためらいもあるだろうが、それをはっきりと言った三四六に賞賛を送る。

そして、一つの憤りは・・・
普段セレブ、セレブと言われ浮かれている連中はどこへ行ったのか。
その有り余る余力はどこへ持って行くのか。。。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

追加費用¥0で生存できる方法もあります。
当方も講演会講師として公演するようです。

さいたま でも、5~6μSv/h程度の通常の5倍程度の高い放射線レベルが続いています。

いろいろと問い合わせをいただきますが、共通するのは、
「カネは無いけれど生き残る方法は無いか」
ということです。

もちろん1000万円程度出せば、体系化された放射線治療が受けられます。

しかしながら、その程度の金額が出せない状況の方でも追加費用¥0で高放射線環境下を生き延びる方法があります。



エネルギー水で新生赤血球の著しい増加が認められます 投稿者:123 投稿日:2011年 3月18日(金)07時31分32秒 返信・引用
放射線障害と致しまして、外部被爆にしろ内部被爆にしろ、まずは赤血球がやられます。赤血球がだめになる速度と新しい赤血球の速度の競争ということになります。

赤血球がぐしゃぐしゃな状態になり、気力のない状態等になります。
これを急激に回復させる方法としてエネルギー水があります。

<理論>
エネルギー水を吸いますと、新生赤血球の増加速度を速めることができ、ぐしゃぐしゃな赤血球と、新しい赤血球が同居した状態が観察できます。

リサイクラーの排気を部屋に充満させる方法が最も効果的ですが、
電気が制限されていてガスが使える今回のような場合につきましては、

<追加コスト¥0で可能な方法>
ガスコンロの魚焼き機能のトレイに水を入れる。(水道水でも小便でも可)

常時、コンロの火をいれておく

水が少なくなったら追加する
2011-03-18 08:18 : 123 URL : 編集
電気も物資も無い状況で強放射線の今回のような状況の対応方法
電気も物資も無い状況で強放射線の今回のような状況の対応方法



被災地近郊は、電気物資無しで強放射線ながらガスが使える状況です。

このような場合は、以下の方法が大変効果的です。
費用も暖房代わりとすれば追加費用¥0です。

・ガスコンロの魚焼き機能のトレイに水(水道水でも断水なら小便でも可)を入れて常時火をたいておく
(エネルギー水効果)

・ヤカンに小便を入れて常時煮詰める(高温微生物槽放射線低減効果)
(効果大ながら、臭気が激しいため閑散地のみ可能)
2011-03-18 07:18 : 123 URL : 編集
家庭用ガスコンロの魚焼き機能でエネルギー水を作成し、部屋に充満させることが放射線対策として有効。 追加費用もほとんど無料です。
放射線治療は、可能なのですが、通常、多額の費用がかかります。

そんな中で、今回提案させていただいているガス魚焼き機能を使った方法は、
暖房と考えるとほとんど追加費用無料です。





1985年8月12日の日航ジャンボ123便では撃墜に使われた核ミサイルの内、
不発の物が未だ御巣鷹に散乱していますので、被爆することが可能です。

それで、当方で、登山をしてはいろいろな方法で治療をするということを繰り返し実験しておりまして、
エネルギー水で処置するというのが有効な成果になります。

顕微鏡(最高解像度の位相差顕微鏡)レベルでは、
高レベル放射線でぐしゃぐしゃになった赤血球と、
エネルギー水(コンロの魚焼き機能)を吸ったことにより新しくできた赤血球が
同居している様子が観察できます。


今回の福島の案件は、御巣鷹の状況に非常に近いですので、
当方の実験やノウハウが役立つと思います。
2011-03-16 22:08 : 123 URL : 編集


 

 
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。