~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航123便事件の真相・・・南相木ダム②

 
P1020026_convert_20100901211532.jpg
1日、頭を整理する意味も込めて再度南相木ダムへ。
今日は知人のI氏を連れて、ダム湖周回コースを折りたたみ自転車にまたがり調査してみた。


P1010761_convert_20100811231527.jpg
連日の猛暑で気が滅入ったが、標高が高くて助かった。
カラッとして、不快指数は低いようだ。



P1020007_convert_20100901212038.jpg
ダム下流の多目的広場。多目的と言いながらパイロンで進入禁止のようだ。
ここは、通常人の出入りはない。入る理由もない。
多目的と言いながら、全く手入れをしていない。
芝も無ければ石だらけ。スポーツ等には一切使えない。

少なくともこの村にはここまで広い広場の必要性を感じない。
というより、もっと集落の中に体育館もグランドもある。
わざわざこの山中に作る必要はない。そして、水路・石垣など見ると、単なる広場とは思えな
い造りだ。ここは入り口が二箇所あるが、一つは通常通らない裏の裏だ。
なので、普通の認識では入り口は一つと考えてよい。地元の人間でなければ裏までは知らない
だろう。
なのに、私がI氏に説明をしつつゆっくりと入り口を一旦パスすると、なぜか山梨ナンバーの
車が結構な勢いで広場へ飛び込んでいった。
唖然としながらも、不審に思い裏の入り口から進入してみた。
すると、その入り口から更に脇へ入った所(行き止まり。下の写真)で止まっていた。


P1020011_convert_20100901220529.jpg
すれ違った後、様子を見る為に降りようとすると、逃げるようにバックして足早に去っていった。
どう見ても間違えて入ってしまったという感じではなかった。
山梨ナンバー・・・公安だろうか・・・
ちなみに、ここは上から水をひいてあり、24時間流れ続けている。
何の為に!と聞いてみたい。おそらく表向き用の用途は決まっているのだろうが。
これだけ書くと、また妄想とか言われるだろうが、一度現場を見て頂きたい。
見なければこの空気は伝わらない。
このような場所がいたる所にある事の不自然さを理解するには感じるしかない・


P1010054_convert_20100731221724.jpg
そして、恒例の御巣鷹山トンネルへ。


P1020018_convert_20100901212514.jpg
内側にこんなプレートが貼ってあった。
「トンネル照明ボタン」
「歩行者、二輪車で通行の際に押してください。」
なぜこんな物が・・・
当初は一般開放するつもりだったという証拠になる。
ということは、現場と上(裏)とは別の存在である証拠でもある。
現場的には、予定通り開放するつもりだったのだろう。



houjinnoshinrin_convert_20100903235050.jpg
ここは法人の森林。
地元民の証言から、実はこの山の上付近で事故の際ピカッという光と直後に水蒸気が上がった
という場所である。ここで核(古代兵器)が炸裂したという事だ。
そして、それのお陰(?)でこの一帯が変化を起こしたという。
一般的にはこんな所は通っていない事になっている。

P1020040_convert_20100901215357.jpg
P1020055_convert_20100901214154.jpg
これらは、厳密にはどこのものか分からないが、この辺の物に違いはない。
写真では非常に分かりづらいが、焦げているのだ。表面が溶けている。
という事は、この辺でとてつもない熱源に襲われたということだ。

もう一度言っておくが、一般的にはここは事故とは無関係だ。
ではなぜこれだけの熱源を証明する物証が出てくるのか。

**************

そして、I氏と現地解散したのだが、帰り道、一台の車にしばらくつけられたという。
しつこいので、T字交差点でわざとウインカーをギリギリまで出さずにいると、その車も出さ
ず、I氏が出すとその車も同方向へウインカーを出しついて来たという。
コンビニで止まったらやっと去ってくれたそうだ。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

シャンバラが人間牧場地球出張所だ
ただし、シャンバラが人間牧場地球出張所だ、
と言うとバッシングされる。
宇宙勢力最大のタブーなのであまり他の人には言わない方がいいかもしれない。

彼らの得意技は、「燃焼の停止」である。
不可解な航空機、車等のエンジン停止、等は、人間牧場に都合の悪い人物に対し、シャンバラが止めている。
<例 ↓は典型的なシャンバラの力の誇示である。>
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/61-7-超軽量機.pdf
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/60-7-4-JA7490.pdf

以上は事実なのだが、これは、最大のタブーでもある。これを言うと、トコトンバッシングされるであろう。今後、シャンバラが神のごとく地上に出てきて(ニセなのだが)救世主だなんだと言い出す。しかし、ニセなのでついていくと死亡させられてしまう。

そこで、登場するのが日本の超古代兵器である。
これで日本は守られる事になる。
今度の闘いは、なかなかに手ごわい。神風では足りない。そして、いよいよ超古代の兵器が登場である。
南相木ダム「100年の森」は1885年11月11日生まれのパットン将軍も記念している。「「『16世紀が一番よかった。20世紀は嫌いだ』」」
アメリカの英雄パットン中尉が
「『16世紀が一番よかった。20世紀は嫌いだ』」
と述べているのである。

現代人は、あまりにも人間牧場化しすぎており、チベットの介在ということもすっかり忘却してしまっている。


http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha811.html

で、パットン将軍がシャンバラのおかげで活躍とあるが、これは誤りだ。
シャンバラはヒットラーに対しても扉を閉ざしている。人間牧場に対し、都合の悪い人間に対し、扉を閉ざすのだ。
シャンバラこそが人間牧場地球出張所なのである。


パットン将軍は、「軍人の血統」で荒神が手助けして闘っていたのだ。
これは、当方も軍人家系(超コチコチの軍人家系)であるので、パットン将軍の言っていることは身にしみてよく理解できる。当方も「コチコチの軍人」である。平時は揶揄されて損な性分であるが、いざ戦争となれば、いよいよ本領を発揮するのである。今度の戦争は対宇宙である。戦争の総決算ともいえる。わくわくである。

当方が日航ジャンボ123便の際の自衛隊のやらかしたテイタラクに関して述べるのも、「コチコチの軍人」からすると、1985年8月12日の自衛隊の動きは、軍隊としてあるまじきものであった、と思うからである。
人間牧場地球出張所(シャンバラチベット)から日本を見ると朝鮮が邪魔、古くは邪馬台国が邪魔
人間牧場地球出張所(チベットシャンバラ)は、日本の神界勢力地域を古代より狙っている。

チベットシャンバラから見て、朝鮮が邪魔なのである。
南相木ダムの「100年の森」から1885年の件について
http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-196.html#comment459
で述べたが、1885年に
・朝鮮を占領
・朝鮮に政変
が出てくるのである。1985年8月12日の日航ジャンボ123便すら、搭乗者からして、朝鮮への圧力、なのである。

古くは、邪馬台国が邪魔だった。それで、「じゃまたいこく」の当て字が名前となっているのだ。誰にとって邪魔なのか。人間牧場地球出張所にとって邪魔なのである。
九州地方で人間牧場化が顕著なのも、人間牧場地球出張所(チベットシャンバラ)の理想とするモデル地域になっているからである。
人間牧場地球出張所
宇宙勢力の「人間牧場地球出張所」がシャンバラである。

「緑龍会」というのが、「日本病」の元凶でもある。

「儀式的な自殺が求められていたという」というのが、いかにも宇宙勢力の手下の口封じと酷似する。「日本病」そのものだ。
公開すればよいのである。
隠蔽しようというのは、いつまでも進歩が無い。

人間牧場地球出張所は時期が来たら地上に戻って、地表民族を滅ぼして地球全体を支配することを目的にしているという。

<参考>ただし、性質からして宇宙人の中継所といった性格がシャンバラだ。半分程度変換して読む必要がある。↓
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha200.html
アイルランド人勢力の影響力低下が懸念される。
もっと本質的な問題として、小沢になると

・アイルランド人勢力が抜けてしまう。→ケルト人アイルランド勢力の影響力が抜けてしまう。

という根本的な問題が発生します。

映画・音楽等をはじめとして、人間の文化的なもの、というのは、ケルト人に由来するところが大きいのです。
キリスト教が入る前のアイルランド、というのが、日本と同じような超古代の人間的なひながたなのです。

日航ジャンボ123便の時も、アイルランド系アメリカ人のレーガン大統領が寝ている時に発生したのです。
アイルランド系アメリカ人のケネディ大統領の暗殺も、人間的な動きを封じたい勢力が引き起こしたものです。

アイルランドケルト人的なものを排除してしまえば、本当に無機質な人間牧場になってしまいます。
なぜに「バチカン」、「ヨーロッパ」が議論に出てこないのか
そもそも民主党議論と言うのも、

民主党
「党員・サポーター」
とあるのだから

・党員→共産党員 中国ロシア
・サポーター サッカー圏→ ヨーロッパ ヨーロッパの南の諸々

がバックなのです。
中国ロシアは出ているのに、
「ヨーロッパ」
が不気味なほど出てこない。
他でも、上の上に「ヨーロッパ」がふんずりかえっている、ということを言うところは皆無だ。

バチカン、イルミナティ、というところはヨーロッパが総本山なのにです。

諸々の上の上を調べていくと、「バチカン」、「イルミナティ」というところが出てくるわけです。
総本山は「バチカンマフィア」というところです。
ここの特徴は、魔術集団ということ。物質世界という発想にたたない宇宙瀬力なのである。
魔術が云々、星座が云々、・・・。地球の発想ではありません。

「バチカンマフィア」。日航ジャンボ123便然りです。

大変に不気味なことです。
左下を見たら、日経平均(7日大引) 9,226.00 (笑)
日経平均(7日大引) 9,226.00
これは、
大島九は226で死んだ→坂本九が亡くなった日航ジャンボ123便は226時件類似である。ということです。

分かり易いです。ただ、上のバックのバチカンマフィア勢力も考慮しないといけませんが。
<参考>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
二・二六事件(ににろくじけん)は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。事件後しばらくは「不祥事件」「帝都不祥事件」とも呼ばれていた。
レーガン大統領「(= 未知が敷かれている必要はないのです。)」1985年8月12日の日航ジャンボ123便の内容を事前公開した映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに寄せて。一般教書演説で。
レーガン大統領「(= 未知が敷かれている必要はないのです。)」
1985年8月12日の日航ジャンボ123便の内容を事前公開した映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに寄せて。一般教書演説で。


<以下引用>
バック・トゥ・ハリウッド [編集]

左からレーガン、ナンシー夫人、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグレーガンのお気に入りの映画は1985年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、ホワイトハウス内の専用上映室で何度も見たという[18]。この映画には、タイムマシンで30年前の1955年に戻った主人公マーティが、そこでこのタイムマシンを作った科学者ドク・ブラウンの若かりし頃と対面、自分が未来から来たことを告げる。そんなことは全く信じないドクが「そうか、じゃあ1985年には誰が大統領になってるんだ?」と聞くと、マーティは「ロナルド・レーガンだ」と答えるが、ドクは呆れて「ロナルド・レーガン?(二流)役者のか? なら副大統領は誰だ?(コメディアンの)ジェリー・ルイスか?」とこれを笑うシーンがある[19]。

1986年2月4日の一般教書演説で、レーガンは逆にこの映画から別のセリフを引用、「映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも言っていたように、我々の行き先には道が敷かれている必要はないのです[20]」(= 未知を恐れる必要はない)という一節を挿入して、議場の喝采を浴びている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3
<引用ここまで>

・なぜに、アメリカ公開をNA月SA日にしたのか。
・なぜに、日本版の公開日を12月7日にしたのか、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC
中性子爆弾の話は当時からわかっている。その上で公開できない物があるのだ。
*****のところが「中性子爆弾」なのである。

<以下引用>
JALの事故の話をいろいろ話してくれました。(上に書いたのは、その時の一部です。)
「*****!」この一文字に愕然としました。
(これ以上はすいませんが無理です。)
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b7f115bafd76dc1af7477e0a1e74d391
<引用ここまで>

ただ、その程度のことは、昭和60年当時からささやかれているし、守秘義務の無い身分の人が「中性子爆弾だ」と言えば、それまでである。
当方も
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
にて、ためらい無く書いている。

しかし、その上の背景に、
下田→ペリー→米英戦争→アイルランド、イギリス戦争
が出てくるわけである。

1985年8月12日の日航ジャンボ123便の際に、アイルランド系アメリカ人のレーガン大統領は寝ている時間なのである。

ここで人間のドンパチがあったところで、お互い共に黙り込むような事態が発生したわけである。御巣鷹も然りである。

また、日本に最初に圧力をかけるところ、というのは、
・伊豆八瀬童子(亀系)
・上野村黒澤家(鶴系)
なのである。
南相木ダムの「100年の森」とは1885年に端を発する。
南相木ダムの「100年の森」とは、1885年
http://ja.wikipedia.org/wiki/1885%E5%B9%B4
という意味なのである。

1932年の5・15事件も、バックはイギリスなのである。1885年に類似例があったのである。
1885年5月15日 - 英海軍が朝鮮巨文島を占領(巨文島事件)

1985年8月12日の臼田のパラボラ電磁パルス砲での文部省の砲撃も、1885年8月12日にさりげなくでてくるのである。
1885年8月12日 8月12日 - 教育令改正

そして、1885年11月23日の大阪(大坂)事件である。
1985年8月12日の日航ジャンボ123便は、大阪行きであった。
<大阪(大坂)事件>
この事件は1885年に起こった自由民権運動の激化運動の一つ。朝鮮に政変を起こし、日本国内の改革に結びつけようという発想に基づくものであった。
大井憲太郎を中心に、景山英子や旧自由党の一部が参加。朝鮮半島に渡って改革派の独立党(金玉均ら)を支援し、立憲体制を築こうという計画が立てられた。国内における自由民権運動が政府の弾圧のため閉塞したため、海外に進出することで日本の国威を発揚し、また国内改革をも図ろうと考えたものである。爆弾を製造したり、資金を集めるため強盗も行われたが、実行前に計画は漏れ、139人が逮捕された。大井らは1889年、憲法発布の恩赦によって出獄した。福田英子(景山の改姓)の著書、『妾の半生涯』には、このときの収監の状況が描かれている。
北村透谷は自由民権運動に参加していたが、大阪事件の際強盗に誘われたため、悩んだ末、運動を離脱した。しかし、のちに発表した長詩「楚囚之詩」には、この事件のおもかげがあるといわれている。
独立党離党について
どうも独立党から首にされたと勘違いしている人が多いようですが、少なくとも吉野氏に関してはむしろ自ら辞めているのですよ。よく調べてから広めてください。
書き込みを自粛するようにとは言われたようですが、結果自ら辞めたんです。辞めるまでしなくてよいと言われたにもかかわらず自主的に辞めたんです。
調べればやり取りは分かります。
そして、吉野氏はコシミズ氏を恨んでなどいません。
吉野氏にもコシミズ氏にも失礼になります。
独立党員の方々もそんなチープな工作などしないでしょう。

* 訂正
   
 吉野氏によると一部の党員によるバッシングはあるようです。ただ、コシミズ氏はそういったバッシングについて快く思っておらず気にかけているようです。
間違ってもコシミズ氏のさしがねではありません。

『(新)日本の黒い霧』のメント覧より再び抜粋


幹部4人を含む5人はコシミズ先生への卑劣な謀略を働き、クビになった連中です。
このブログの信憑性を上げてから登場し、除名した独立党の信憑性を下げる。
腹は見えてる。今、主を擁護してるのは退会した元独立党員ばかりだろ。
飄(つむじ風)ブログなんて気持ち悪いほど、この主を持ち上げてる。

あの低空飛行の目撃投稿は「飄(つむじ風)」の主だったのか・・
よく読むと、否定すると工作員指定という考え方が一致してる
・・・・・・・・

10/02/26 15:52
└Unknown
証拠を出すといって、ずるずる出さないのは退会幹部5人組のやりかたです。
JAL123の墜落原因なんて解明する気はないです。
そういう人間だから、独立党をクビになったのです。

10/02/26 14:48
└Unknown
荒らしている独立党員の皆さん、
即刻、退会した元独立党員の5人(主さん、Sさん含む)への攻撃をやめなさい!
貴方達の長々とした卑怯な行為はバレてますよ。
退会した人間にまで嫌がらせとは恥ずかしいとは思わないのですか。

10/02/26 15:52
└Unknown
証拠を出すといって、ずるずる出さないのは退会幹部5人組のやりかたです。
JAL123の墜落原因なんて解明する気はないです。
そういう人間だから、独立党をクビになったのです。

南相木ダムの「444」mというのは人類「解放」をあらわす。
レーガン大統領就任当日に、イランのアメリカ大使館人質事件において人質となっていた大使館員らが、444日間ぶりに解放された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

当然、「イラン 日本一派」の界隈がレーガン政権への反対勢力として浮かび上がってくる。

日航ジャンボ123便のイランへの積み荷として、関わってくる。
基本的には、ケネディ暗殺、レーガン狙撃の連中が日航ジャンボ撃墜の元である。
アイルランド系アメリカ人、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA
ケネディ大統領、JAL123便当時のレーガン大統領である。

ケネディ大統領は暗殺されている。レーガン大統領も、狙撃を含む、暗殺未遂にさらされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

もちろん、レーガン大統領が寝ている時間帯に発生した日航ジャンボ123便撃墜も、レーガン政権に対する圧力である。

おのずと、イギリスMI6界隈が浮かび上がってくるのである。
デル・バンコ一族(バチカンマフィア)と日本の旧財閥の闇が日航ジャンボ123便に発展した。
<以下引用>
レーガン政権のときから、金価格の上昇を狙うロンドンとチューリッヒのデル・
バンコ一族――国際通貨マフィアと、それに抵抗するウォール街のディーラーとの間で
、壮絶な金の戦争が開始されたのです。そして、その結果、ウォール街のディーラーは
敗れたのです。
 この戦争によって、米国の象徴ともいうべき、チェース・マンハッタンとJPモルガ
ンは深刻な痛手を被ったのです。これにより、チェース・マンハッタン銀行の経営者で
あるデイヴィット・ロックフェラーは、米国の象徴ともいわれた「ロックフェラー・セ
ンター」を三菱地所に売却せざるを得なかったほど、追い詰められたのです。
http://www.intecjapan.com/blog/
横田のWC-135
この記事は結構重要なのです。↓
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/7e253755b1bff9adfda150f4933769b4
ただ、RC-135をWC-135とするとよいのです。
それで、以下を付けたすと良いと思われます。

<以下引用>1985年ころ、横田基地にはWC135がよく飛んできていた。垂直尾翼にWEATHERの文字。航空雑誌を見れば、気象観測機と書かれている。マニアに聞くと、WはWeatherの意味で、台風の目の中に飛び込んで行って気象データをとるとのこと。台風も来ないのに横田にはよく飛んでくるな、という感想は持ったが、当時はそこまで。航空雑誌の記述もマニアの説明も、それはそれで正しかったのだろうが、核実験などとの関連は考えもしなかった。
古い写真を引っ張り出してみたが、やはり空気採り入れ口は今と同じ位置に付いていた。今と同じ機能は持っていたのだ。当時の飛来の意味は、今となっては調べる術もないが、知らないと言うことは、恐ろしいことだと今更ながら感じさせられる写真の一つだ。
http://www.rimpeace.or.jp/jrp/okinawa/wc135yokota.jpg
横田基地に着陸したWC135「気象観測機」(1985.8.3撮影)
レーガン大統領はアイルランド系アメリカ人
レーガン大統領はアイルランド系アメリカ人。
当然、イギリスは快く思わない。ここが、日航ジャンボ123便に多大にかかわりがある。
酸欠にならなかったのも燃えていなかったということ
以下は、元全日空機長で本を出している方とのやりとりである。
ところで、御巣鷹は独特のすりばち状地形である。火災が発生すれば、二酸化炭素が沢に充満し、酸欠による一酸化炭素もあいまって、生存者が出る状況に無い。
この状況からも、地面が光っていたことが裏付けられるのである。

F19--------------------------------------------------------------------------------
木がなぎ倒されただけの、スゲの沢の後部胴体付近部分までが光っています。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/908.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1728.jpg
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/4(土)18:31 [PC]
N・M --------------------------------------------------------------------------------
F19さんへ
 落合証言は正しいと思いますよ。
 墜落地点から、すげの沢の略中間点までは火災が発生しており、また唐松類はすげの沢まで後部胴体でなぎ倒されています。従って、視界は良好であり、すげの沢の谷底であっても、その火災を見ることが出来たと思いますよ。即ち、何の不思議もないと云うことです。
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/3(金)23:21 [PC]
F19--------------------------------------------------------------------------------
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/908.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1728.jpg
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/2(木)21:25 [PC]
N・M--------------------------------------------------------------------------------
F19 さんへ
 「この程度の位置関係も分からないとは驚嘆しました」の件、あなたへ返上致します。
 あなたは「燃えていないところが光っていた」と主張しておられますが、それはガサネタですよ。また、その主張で何を言いたいのですか?
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/2(木)16:08 [PC]
F19--------------------------------------------------------------------------------
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg
1985年8月12日夜間に米軍が撮影した写真右上が生存者が出たスゲの沢になります。

本を出している方がこの程度の位置関係も分からないとは驚嘆しました。
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/2(木)0:56 [PC]
N・M--------------------------------------------------------------------------------
F19 さん
 すげの沢の位置は、夜間の写真では上方の枠外となります。また黒焦げ部分も、夜間の写真では上方の枠外だと思いますよ。何か錯覚していませんか?よくご確認下さい。
--------------------------------------------------------------------------------2010/9/1(水)22:33 [PC]
F19--------------------------------------------------------------------------------
印がついているところはスゲの沢です。
沢ですから一番底になります。
よくご確認下さい。
--------------------------------------------------------------------------------2010/8/31(火)23:19 [PC]
N・M--------------------------------------------------------------------------------
F19 さんへ
 下記の位置関係図であなたが印を付けておられる地点は「すげの沢」ではなく、墜落点からすげの沢を結んだ線上の略中間点ですよ。即ち、すげの沢はそこ(印が付けてあるところ)までと同じ距離を谷底へ向かって更に下りたところだと云うことです。この説明でも分かりませんか?
--------------------------------------------------------------------------------2010/8/31(火)1:05 [PC]
F19--------------------------------------------------------------------------------
位置関係図をもう1枚つくりました。↓
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1640.jpg
これでもわからんでしょうか。
ttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/629.html
--------------------------------------------------------------------------------2010/8/28(土)15:26 [PC]
N・M--------------------------------------------------------------------------------
F19さんへ
 あなたは「燃えていないところが光っていた」とのことで、そこに印を付けておられますが、そこは生存者が発見された「すげの沢」ではありませんよ。即ち、「すげの沢では光っていない」と云うことであり、何ら問題ないと云うことです。
--------------------------------------------------------------------------------2010/8/20(金)22:59 [PC]
F19--------------------------------------------------------------------------------
日航ジャンボ123便 ・川上慶子さんらが救出されたスゲの沢 燃えていないが光っていた ・燃えたところは写っていなかった。
ttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/618.html

1985年8月13日各紙朝刊には、炎上する御巣鷹の尾根が1面に大きく報道された。

ところが、実際には、
・燃えていないところが光っていた。
・燃えたところは写っていなかった。
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg

まず、1985年8月13日、御巣鷹から生存者の川上慶子ちゃんが救助されたテレビの生中継は、感動ひとしおであった。
ttp://file.ascensionnote.blog.shinobi.jp/631f4e2c.jpeg
さて、生存者4名が救出された御巣鷹の尾根は、もちろん、燃えていなかった。
しかし、前夜夜間の上空写真では光って写っている。

一方、雑誌各誌で多数報道された焼け焦げた地点。まるで広島長崎を思わせる惨状が広がっていた地点である。
だが、不思議な事に、前夜夜間の上空写真では写っていない。

↓8月12日夜間の米軍撮影カラー写真と、8月13日頃の各誌報道写真を比較してみた。
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg  
--------------------------------------------------------------------------------2010/8/19(木)0:32 [PC]

あーそういえば独立党会員は工作員という言葉をよく使いますね。
日米韓の提携を深めていかなければならない。
バチカン公式サイト がイタリア語(イタリア=デル・バンコ一族マフィア)
バチカン公式サイト (英語)(イタリア語)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A

「デル・バンコ一族マフィア」=「バチカンマフィア」


要は、日本政府(アメリカ)の上に、ニセ政府(バチカン)がふんずりかえっているのが日本の姿だ。
日本政府は選挙によって選ばれるのに、ニセ政府は、どうだ。

日本は国民主権では無いのである。
日航ジャンボ123便でバチカンマフィアの邪悪性について反省し、
日米韓の提携を深めていかなければならない。

自衛隊然りだ。JAL123便の時のようにバチカンマフィアについていってはならない。日米韓の同盟が重要である。
バチカン公式サイト がイタリア語(イタリア=デル・バンコ一族マフィア)
バチカン公式サイト (英語)(イタリア語)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A

「デル・バンコ一族マフィア」=「バチカンマフィア」

なんかつまらない構図が見えてしまいました。

毒立党会員だと思えばすべてのつじつまが合いますね。
南相木ダム多目的広場は「UFO専用空港」
<以下引用>UFO専用「空港」にとうとうお客様?フランス
2010年09月05日 18:09 発信地:アレ/フランス

前へ関連写真7/7枚
次へクリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用するフランス南西部、ボルドー(Bordeaux)から西に約35キロのアレ(Ares)村には世界で唯一、UFO専用の公営空港がある。4日には1976年の開設以来初めてUFOが現れ、降り立ったエイリアンが報道陣の質問に答えた。ただしUFOは人間が作った偽物で、乗っていたのもエイリアンに扮した地球人。英紙テレグラフ(Telegraph)によると、アレ村には毎年約2万人の観光客が訪れるという。

写真は、写真は偽UFOから出てきたエイリアンのふん装をした人に突撃インタビューをするジャーナリスト(2010年9月4日撮影)。(c)AFP/PIERRE ANDRIEU
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2753551/6146440
御巣鷹の黒い炭は「ダイナモンド」
御巣鷹の黒い炭は「ダイナモンド」
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/1077.html
ブラウンガス発生が可能。

付近の雨や沢がヒヒ色に光る原理は、「ダイナモンド」からのエネルギーで励起された水がブラウンガスとなり、さらに水素がヘリウムに低温で核転換するため。結果、南相木付近は新鮮な酸素が豊富で、高高度にも関わらず山登りでも疲れない。本当は、南相木ダム周回道路はマラソントレーニングにも最適である。

「(新)日本の黒い霧」の管理人とコメント覧の123氏(吉野氏)との関係が解らなくてウズウズします。
ご本人と会われているのでしょう?
早く教えて下さい。

あと、ばらんばらんな123氏のコメントだけど、
何故かリチャードコシミズ氏の小間使いっていう印象がすごくあります。
8月12日というのはモリソン号砲撃事件のジンクスが。祖国から「受け取り拒否」という仕打ちを受けたのは、このモリソン号事件だけである。
古代より8月12日と言うのは(旧暦返還も考慮しても)

・日本がアメリカに砲撃する日
・ソ連が攻めて来る日
・ソ連が水爆実験をする日

というジンクスがあるのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8812%E6%97%A5




1837年8月12日(旧暦 天保8年7月12日)- 鹿児島湾、浦賀沖に現れたアメリカの商船「モリソン号(Morrison)」に対し薩摩藩及び浦賀奉行は異国船打払令に基づき砲撃を行った。(江戸湾で砲撃を命ぜられたのは小田原藩と川越藩)
しかし、このモリソン号にはマカオで保護されていた日本人漂流漁民の音吉ら7人が乗っており、モリソン号はこの日本人漂流民の送還と通商・布教のために来航していた事が1年後に分かり、異国船打払令に対する批判が強まった。

漂流民送還が目的であることを薩摩藩当局の役人に伝えたにもかかわらず、8月12日(七月十二日)、モリソン号は再び砲撃を受け、ほうほうの体で鹿児島から逃げ出すことになる。この期におよんでキングは長崎への入港を考えるが、祖国からの思わぬ攻撃におびえきった漂流民たちが反対したため、結局、マカオへと引き返すことになった。

この船は、非武装で、日本人漂流民7名を伴い、漂流民送還と通商
交渉のため来航したことがわかったため、幕府の対外強硬策に対し、批判が
高まりました。

長英は『夢物語』を執筆し、いたずらな打ち払いはかえって国防上の危機を招くことになる、として幕府の政策批判を始めた。だが、このことは、かねてから洋学を嫌い、崋山らに敵意をいだいていた目付の鳥居耀蔵(1796-1874)によって、彼らを陥れるための材料にされてしまう。
 天保10年(1839)、崋山・長英らは鳥居の陰謀により、無人島(小笠原群島)渡航を計画した容疑で摘発される。これは全くの濡れ衣であることがすぐに判明するが、その捜査の過程で崋山・長英らの幕政批判が問題となり、彼らは処罰されることになった。いわゆる「蛮社の獄」である。

・1945年 - 第二次世界大戦・ソ連対日参戦: 麻山事件。満州国鶏寧県麻生区で避難中の日本人開拓団がソ連軍に襲撃され、421名自決。

・1953年 - ソビエト連邦が「初の」水爆実験(RDS-6)を実施。

「(新)日本の黒い霧」の管理人とコメント覧123氏(吉野氏)の関係を知りたくてウズウズします。
ご本人と会われておられるのでしょう?
早く教えて下さい。

あとなぜか123コメントはばらんばらんだけどリチャードコシミズ氏の小間使いの様な気がするのは何故だろう。

JAL123便が南創木村ミツカンロゴ山そばを通過。中埜家の阪神社長が搭乗していた。
1985年8月12日 日航ジャンボ123便
http://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8812%E6%97%A5
1985年 - 中埜肇、阪神タイガース球団社長(* 1922年)
1985年 - 塚原仲晃、脳神経学者(* 1933年)
1985年 - 浦上郁夫、ハウス食品社長(* 1937年)
1985年 - 坂本九、歌手(* 1941年)
1985年 - 北原遥子、女優(* 1961年)

ミツカンロゴ山(ずみ岩)のそばを日航ジャンボ123便は通過した。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1746.jpg
ミツカンといえば中埜家である。

ゆずぽん(U2ポン)のミツカンである。
U2偵察機
http://ja.wikipedia.org/wiki/U-2_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

阪神タイガース球団 中埜肇社長がJAL123便に搭乗していたのである。

御巣鷹の尾根に登っているとよくわかるが、阪神ファンの遺族がお供えした阪神タイガースグッズが何者かに持ち去られ、減少が続いている。
日本古来の名家 中埜家もJAL123便に乗せられ自衛隊(上はサッカーを推進するバチカン)に脅された一族と言える。
そういえばジャニーズといえば「100パーセント勇気」
そういえばジャニーズといえば「100パーセント勇気」演唱:光Genji 作詞:松井五郎作曲:馬飼野康二編曲:馬飼野康二 である。

この動画はすごいリークを伴った中国の白龍会による対日戦略ビデオである。非常に対自衛隊戦略というのが伺える。
http://www.youtube.com/watch?v=6Pm4WNBo53M

わざと日航ジャンボ123便のリークを行っている。これは高度ですばらしい。

・「むねをたたいてぼうけん」→「ねをたたいてぼうけん」→「根をたたいてぼうけん」
確かに、オレンジエアは、はじめ、根のように見えた。
http://www.youtube.com/watch?v=2D0hvAeNk0Y

・「やりきるしかないさ」→「がんばるしかないさ」
JAL123便高濱機長「がんばれ がんばれがんばれ」
JAL123便佐々木副操縦士「いま エアコンはファイアーです」
ttp://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/JAL123_2.zip

・「きずついてちゃ」→「ひつついてちゃ」→「火つついてちゃ」
JAL123便高濱機長「がんばれ がんばれがんばれ」
JAL123便佐々木副操縦士「いま エアコンはファイアーです」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_5032.wav

・「だきしめながら」→「抱きしめながら」
両脇に子供を抱きしめるJAL123便乗客
ttp://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
http://orange.ap.teacup.com/jap123air/timg/middle_1174319167.jpg

・「きみとおいかけてゆける」→「きみとおういかけてゆける」
自衛隊機と日航ジャンボ123便
JAL123便福田航空機関士「機長!他機に接近!」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_4832.wav
南相木ダムはナチス第4帝国の中心地
ヒットラーは1985年12月まで生存していた。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm
日航ジャンボ123便の「4」ヶ月後まで生きていたのである。(諸説あるが、1985年12月が正解だ。)これも、ナチス第4帝国への秘儀である。

日航ジャンボ123便にピカドンが発生し突如前部乗客・乗員がひでぶした
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/timg/middle_1165812180.jpg
南相木ダム付近であるが、ダムサイドは
444m
である。
これは、ナチス第4帝国の中心地にするという意志のあらわれである。
JAL123便墜落の真実→自衛隊習志野空挺団の小林がJAL123便を撃墜
JAL123便墜落の真実→自衛隊習志野空挺団の小林がJAL123便を撃墜
御巣鷹では救助の米軍を日本政府・自衛隊が追い返して生存者虐殺を開始した事を忘れてはならない
御巣鷹では救助の米軍を日本政府・自衛隊が追い返して生存者虐殺を開始した事を忘れてはならない


日航ジャンボ123便 悲劇的虐殺事例「自衛隊 西川博之氏の無念」  救助に来たと喜んだ見方のはずの自衛隊に、殺傷された。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/221.html
朝3時代には存在しなかった、スゲの沢の150人前後にものぼる「死体の山」が朝には出現したのである。


<参考>日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html


<自衛隊の日本人虐殺 悲劇的事例>
自衛隊 西川博之氏の無念
日航ジャンボ123便ですが、早い段階では200人近くは生還できる
状態で生きていただろうということです。


一番悲劇的なのは、味方が助けに来たと喜んだ、
自衛隊「西川博之」氏28歳 でしょう。ご遺影写真、若いですが、結構格が上の勲章をつけています。(新)日本の黒い霧、にも、西川氏について書かれた記事があったと思います。
墓碑の場所と、JAL123便座席表からして、当初生き残っていた可能性が高い。

さて、運良く生き残った。

自衛隊が来た

喜んだ

わけも分からず殺された
http://www.asyura.com/09/lunchbreak27/msg/669.html


御巣鷹の尾根に行くと、まず最初に西川博之氏の無念があります。

最下段、右側に、西川博之 氏の墓碑が。

運良く助かったのに。

仲間が救助に来たと思ったのに。

いかに無念であっただろうか。







<以下参考>
高濱機長が当日、急遽乗務が決まったことからも「嵌められた」のでしょう
高濱機長が「教官」となっていることも重要です。

通常の乗務になりますと、自由な立場で動くことが出来ない。
「教官」
ならば、
操縦していても
通信していても
計器を確認しても

問題ありません。


がんじがらめの運行規定に縛られる事は無いのです。


事実、高濱機長は、極めて、高度な操縦技術を遺憾なく発揮しました。

JALは事態を事前に察知し、最善の陣営で臨んだのです。

これは、福田航空機関士が、JAL123便乗務の前に同じJA8119号機で
JAL363便、JAL366便にて福岡を往復して、機体に異常がないか
確認させている念の入れようでした。


JALは、いろいろと問題はささやかれるようではありますが、
愛すべきJALなのであります。何より、
社員が優秀である、
という強みがあります。

また、スチュワーデス物語にもありますように、
人を育てる、
ことに関しても、熱心な会社であり、
飛行機に対するあこがれ、ブランドイメージを形作っておりました。

そしてまた、ビジネス利用はもとより、
子供連れ客等、その場で利益をうまない利用客へのサービスも
真心がこもっており、顧客満足に多大な貢献をしておりました。

昨年秋頃、当方が講師の公演会が東京都文京区湯島にて行われました。
「JAL123便は自衛隊が撃墜した」著者の池田昌昭主催で、昨年秋頃、当方が講師の公演会が東京都文京区湯島にて行われました。乗客・乗員・軍人の無念の真実を代理で述べる公演会ですから無料にて行いました。

内容は、今も同じ話をしておりますが
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/220.html
のような内容です。
物証も交え、核心のみ列挙する、よい話ができたと思います。

>No title
>なんだか益々お話しを聞いてみたい気持ちが強くなっ>>て来ています。
>吉野氏の講演会に無理にでも行くべきかも…と思いま>>したが、吉野氏は誰かの講演会のゲストのように参加>されているんですよね…。
>
>私はあのブログはワザと間違いを書いているし、ワザ>>と反感を買う事をしているし、仲間を落とす様な事も>しているし、なんだか気持ち悪いと思っていました。
>
>これで、あのサイトの管理人さんがちょっと調べて、>>関わる人が…って感じで静観する事にした。という記>事を書いていた事に納得できました。
>
>あのサイトの管理人さんってやっぱり凄いんだな…。
>planzさん自体凄いし…夜がもっと眠れなくなってしま>います。
>2010-08-09 01:55 : URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
昭和天皇と平成天皇は血もつながっていない他人。
昭和天皇と平成天皇は血もつながっていない他人。
(渡辺文樹監督天皇伝説)

昭和天皇・ロック爺さんが攻撃されたのが日航ジャンボ123便である。
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/



昭和天皇は国民のことをよく考えていた(日本は豊かだった)

平成天皇は?だ。(日本は貧しい)


昭和天皇がなぜかバッシングされているが、これは大変にまずいことである。↓
http://20060912.blog89.fc2.com/blog-entry-155.html
昭和天皇は日本の事をよく考えていた。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
丸ちゃん様
わざわざお気遣いコメント有難うございます。
ネットのメリットは真実を拾えることでもありますが、偽情報が多かったり妄想を膨らます場所でもありますよね。
なので私も実際どこからが妄想になってしまっているのか分かりません。
なので、三者の意見は目を覚ます薬にもなります。
これからもご意見お願いします。

吉野氏はどちらかと言うと夏の登山は嫌いなようです。
なんでも、お供えの花に群がる蜂とかが苦手なようです。
確かにあの一帯は蜂もそうですがアブが凄いんです。

それに、むしろ雪道の方が楽なのだそうです。
雪があった方が細かな木や枝などに足を取られる事もなく歩きやすいとの事です。

ちなみに、うちの場合夫婦の男女関係入れ替わってますので、女性っぽさが出てしまっているのでしょうか(笑)
今日はまじめに
いや、わりかしいつも真面目なンだけども。A^_^;←タンジュン

…物事の価値は人が決める事ではなく、
自分が見つけるものだと思うし、
物事そのものよりも価値を見つけようとする人の心に価値があるのだと思います。 by丸ちゃん

一部抜粋
『自分でおどろいたことを発見したら、ソレをやるのもわるい事ではない』
(丸ちゃんが大好きな)水木しげる先生の言葉


この先、秋が来て冬になっても彼は御巣鷹の尾根に登るのでしょう。
人からなんと言われようとも、無報酬で…。

…物事の裏もよく知りもせず単純に判断してしまってごめんなさい。m(__)m

あと関係ないケド、なじぇかplanzさんは女性だとずっと思っていましたー。( ̄▽ ̄)

今でもそのイメージが抜けません。( ̄ ̄;)
幅6mの獣道
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


 

 
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。