~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒音おばさんの真実・・・

 ずい分前の事件だが、皆さん覚えているだろう。

奈良県平群(へぐり)町の、河原美代子(60)さんが、近隣に騒音を撒き散らし精神的に危害を与え、被害者を病院通いにまでしたというもの。
これは当時の報道。




当時は私もただのB層だった。
正直、「イカれたババアだなー!やだやだ・・」位にしか思っていなかった。

しかし、実はイカれてるのは周りの人間とマスコミ、警察だった。
そして、被害者のおばさんが実刑を食らった。

この事件の真相はご存知の方も多いかもしれない。
今頃・・と言われそうだが、こういうことは全国民が知っていなくてはならない。
なので、遅ればせながらここに拡散する。

この動画とサイトで本当のおばさんを理解した上で最初の2動画をもう一度見てもらいたい。



kobaちゃんの徒然なるままに

最初予備知識なしで見ると、意味不明の言葉を叫び散らしているようにしか見えない。
しかし実状を知った上で見ると、おばさんの一言一言の意味が分かり、心の叫び、自己防衛、そして家族を必死で守る母親の心が見えてくる。
更には、クールにご近所を落とし入れる自称被害者の気味悪さも見えてくる。

そしてこれは、NHKの番組で製作者側と視聴者側との討論をさせるという内容だったようだが、その中で視聴者側の浅野さんがこう発言してネットでは高評価されたとのこと。
しかし、動画は見事にすべて削除されている。
私も見る事が出来ないので詳しくは言えないが、文面で解説が残っていた。

NHK「日本の、これから」で視聴者とテレビ側との意識に大きな差があることが判明   より

******* 一部 抜粋 *********

【浅野発言?】 おあずけを喰らった浅野2回目の発言。

「数年前、騒音叔母さんという報道がありましたよね?ショッキングな映像でした。
報道だけでなく、バラエティ番組にまで流用されて、笑い者にしていましたが、
彼女がどうしてそのような行動に至ったのかなどの詳細は報じられませんでした。
しかし、ネットにはそれらの情報が溢れており、それら情報を総合すると・・・
彼女はテレビの視聴率稼ぎの材料としてもてあそばれたという結論に達しました。
テレビ局のみなさんは、それについてどう考えますか?」

司会者「えーと、具体的な事例について質問されても・・・その事件を覚えてらっしゃる方はいらっしゃない・・じゃないですかね・・」
で、スルー。

********************

報道の姿勢はすべてこうだ。
加害者(裁判上の被害者)はどうやら創価学会の狂信的信者であると見られている。
仲間を連れてきて嫌がらせをすれば、通常はこちらが犯罪者である。
しかし、創価学会を司法が攻める訳もなく・・・
この報道によって、一人の女性、そして家族の人生を狂わせたということを忘れてはならない。
もちろん、だからと言っておばさんのやり方が正しいとは言わない。
無関係の近所の人にも迷惑を掛けたのは事実。

しかし!人間はそんなに強くない。家族が亡くなり、床に伏し、お隣にはいじめられ(しかも仲間を大勢連れて来てまで)、仲良かった近所も知らん振り・・・では普通でいる方が難しい。。
そこへ来てテレビで全国へ顔を出される・・・私なら山の中へ引っ越すだろう・・・
むしろ良くそこまで耐えたと称賛したい。
ご近所も創価が怖かったのだろうが(近所にも学会員がいたかは不明)、そこはどんな形にしてもおばさんを守るべきではなかったのかと思うが・・・それには相手が悪すぎるか。
それこそ家族がいれば敵に回すのも怖いかもしれない。ただ、話を聞いてあげるだけでも結果は違ったのではないか?


創価の信者をすべて攻めるつもりはない。中にはというか、一番下の信者は真面目に人生を考えているだろう。
しかし、私の周りにもかなりの信者がいるしよく誘われる。そして、彼らはどう見ても上からの指示・ノルマに追われている。
会合にも何度か付き合いで連れて行かれたが、そういう場になると話し方も変わり、創価でなくては駄目だと言い放つ。とにかく人に押し付ける。脅す。どんなに性格の良い友達でも創価に関わった途端に人格が変わる。
更に、選挙が近づくたびに「公明公明公明公明」。そういう時だけ連絡が来る。
そして一番怖いのは、「私は」ではなく、うちは学会だからという流れで信者になるということ。
数を武器にするということ。有名人の名前を使うこと。まあ今どき、久本や高橋ジョージやモンキッキーがそうだからと入信する人もいないだろうが。

皆がタチの悪い人達だとは言わないが、これだけは言いたい。創価信者の方々は自分の組織が何をしているかを目を背けないで見て欲しい。
基本、信仰は自分の心の中ですること。信仰を勧めるという行為は、本来相手に幸せを与えるという気持ちの表れのはず。仲間を増やすことではない。
勧めるなら押し付けたり脅すのではなく、自分が幸せだということを言わずとも空気で示せば良い。(作っては駄目だが。)勧誘は相手の状況を・心境を見て、選択肢を与えるだけでよい。二度三度言うものではない。来ないという事は、説得力がないということ。誘ったあなたに原因があると言うこと。

私の思う信仰心、それは自分のこの人生を実のあるものにする為に指針が欲しい場合に使う手段。それには人の気持ちが分かることは大前提であると断言する。人の気持ちの分からないものに幸せなど訪れない。
もちろん政治はまったく関係ない。

 


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments

No title
宗教のせいで戦争が起きている国がある
本当に無意味でしかない
戦争する事がお前らのいう幸せへの導きなのか?
奇麗事を述べて裏では汚い事ばかり、反吐が出る

騒音おばさんは今は幸せに暮らしているのだろうか…
No title
主人のダイリンでも創価は蝕んでくる存在です。
このような被害を軽く見てはいけません
学会の闇の部隊
捜査指揮をしたのは学会幹部の吉村支部長検事 学会ルートで投獄した。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/minegishi.jpg.html

戸籍を調べたところ、改ざんされていたことに気付いた どうやら、父が亡くなったころ、改ざんされたらしい 当時の市長であった(ホンダ)に相談した。
すると、この頃、なぜか自分のまわりの人たちが次々と死んでいった、そこで、検察、警察に相談したら、しばらくは動かないほうがいいと言われた。

創価学会の闇の部隊は政治はもとより、役所、警察、検察、裁判所もコントロールしていることが推認できる


創価学会の秋谷栄之助元会長も元はこの地域の出身とのことで、この暗殺部隊の暗躍が疑われる。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111022.jpg.html
おばさん
騒音おばさん可哀想…
なんかなあ…今何してるのかなあ
RE : ももななさん
これまた重要な情報ですねー
白バイ事件にしても、口蹄疫にしても、そしてこの事件にしても、地方誌がカギを握っているのが分かりますね。
まだ汚染されていないのでしょうね。
ただ、地方誌の宿命は全国区への効果が無い・・・と言うことですね。
でも本来なら、地方発の情報でもこんな重要な証言なら取り入れて捜査しなくてはいけませんよね。。。
もはや警察の仕事は捜査ではなく、操作のようですね。
No title
2009年4月3日に三重県の地元新聞にMさん(現在三重県某市議会議員)の「騒音おばさんは被害者です」と言う投稿が掲載されました。
TV報道当初より、必死で「あれは嘘だ」と呼びかけていました。私もその時期に創価関連の記事をUPしたと思います。
この記事は“事実”です!
RE : ももななさん
 知り合いの情報があるんですか!
この記事が事実である証拠ですね。。
日本の警察・司法の冤罪に対する意識の無さには驚かされます。人の人生を滅茶苦茶にすることを何とも思ってないんでしょうね。警察・裁判官の何割という人間が学会員だそうで・・・
恐るべし、創価!
集団ストーキング
これぞまさに集団ストーカーの実体です。
いかにマスコミが創価に汚染されているか、マスコミだけでなく警察や司法も。
私は事件直後に、おばさんの間接的な知り合いを通して真実を知りました。
多くの冤罪事件を知りながらも、マスコミ報道や警察の発表、裁判所の判決を信じている多くの日本人が真実に気付くよう、このように繰り返し発信することは、とても意味のある事だと思います。
RE:あゆちん♪様
 コメント有難うございます。
正直、私も気付くのが非常に遅かったのです。
でもこのまさかの真実を前提に考えると、腑に落ちなかった部分が納得いくのです。

誤解を生む事になった一つの要因として、普通は集団で攻められれば恐れて小さくなってしまいますが、このおばさんは予想外の反撃に出たということです。
当然相手が悪過ぎますから、おばさんも必死です。その必死さが不運にも自らの首を絞める事になってしまったのでしょう。
しかし一番の悪は、調べようとしなかった、もしくはグルだった警察と裁判官です。
No title
ふぅ~む そうおもっていたが こーだったのか
どーなのだろぉ


 

 
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。