~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどすぎる・・・・中国発展の裏


 ここ最近急成長を見せる中国だが、環境・食物に対してのモラルが全く無い!
少しでも儲ける為に人命をも危険にさらす。中国の成長も近いうちに行き詰るだろう。


************* 阿修羅より **********

「光る食肉」、中国各地で報告 化学汚染が原因か【大紀元日本4月11日】
http://www.asyura2.com/09/china02/msg/415.html
投稿者 卑弥弓 日時 2010 年 4 月 12 日 01:26:09: gaiBtt4HGQPD.

「光る食肉」、中国各地で報告 化学汚染が原因か【大紀元日本4月11日】(10/04/11 06:49)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d76937.html

食用の魚や肉が、夜間に自然発光する?
一体、どのような汚染が広がっているのだろう。
全く、想像が及ばない。

以下、転記します。
#################################

「光る食肉」、中国各地で報告 化学汚染が原因か【大紀元日本4月11日】

 スーパーや市場で買った豚肉や魚が、夜の暗闇の中で光を放つと、中国各地で相次ぎ報道されている。専門家らは、有毒物質に大量汚染された可能性を指摘する。

 「湖南紅網」の報道によると、湖南省長沙市在住の馬さんは夜中2時、キッチンにおいてあった豚肉から不気味な青い光が発せられていることに気づいた。

 また、「楚天金報」は、湖北省天門市近郊の村民王さんの話を引用。夜中3時に起きたとき、燻製中の鯉の胴体全体から強い光が放たれているのを発見した。「真っ暗な部屋が明るくなるほどの光だった」という。手の指でその粘液を壁につけたら、壁までも光りだしたという。 

 「南方都市報」では、広州市在住の曾さんの体験を報道。夜中の12時頃、暗いキッチンで懐中電灯のような光を発見した。皿にある2匹の魚からだったという。

 専門家らは、このような光る豚肉や魚肉は成長過程において、リン(磷、 Phosphorus)の化合物または他の化学汚染を大量に受けた可能性があり、食用は避けるべきだと指摘している。


************* 転載 終わり *********


 その名のとおり、中国の「汚点」を知るにはこの動画。





















 


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

Comments



 

 
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。