~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井静香&小沢一郎、鳩山を盾に突き進め!

 最近表舞台への露出が減りマスコミへのコメントも減った感のある小沢氏だが、一連の騒動から隠れている訳ではない。ふざけたマスコミ・警察・検察との距離を置いたのだろう。そんなゴミどもの相手をするよりも参院選に向けて水面下でしっかり動いているようだ。今日はテレビで元どうりの小沢一郎を見ることができた。
 以前と変わらない自信に満ちた演説だった。(内心はかなりの焦りがあるだろうが・・)
おそらく、厳しい現状に臆するどころか、今まで以上に何が何でも革命を起こすという気持ちだろう。


ozawa.jpg



 マスゴミや、真実を知らない洗脳された国民の批判の声にいちいち反応している暇は無い。どんどん突き進め!
七奉行ら党内の敵が正体をあらわした今、躊躇する必要は無い。マスゴミが隠し続ける「真実を知る小沢支持者」はいくらでもいる。テレビでは見えないが、真実はどんどん暴露され広まり続けている。


 阿久根市 竹原信一市長も市役所の新聞購読をすべてやめた。「歪曲報道は不要」との力強い言葉が聞かれた。心強い!マスゴミはそんな事すらも許せないらしく、まるで悪事でも働いたように記事にする。新聞をとるかとらないか、そんなことは余計なお世話だ。NHKじゃあるまいし。

 
********  新・土佐日記 より ************



2010年 04月 03日


朝日と読売の違い


ネットに公開されている大手2社の記事を比較してみようと思う。

先ず朝日*********************************

阿久根市役所、新聞購読を中止 市長「歪曲報道は不要」 2010年4月1日19時30分

 鹿児島県阿久根市役所が1日から新聞購読を打ち切った。市によると、竹原信一市長の指示。市長は「歪曲(わいきょく)報道をする新聞を取る必要はない」などと説明しているという。

 購読を中止したのは、朝日新聞など全国紙と地元紙の計6紙11部。これまで市役所1階のロビーホールや市民会館、教育委員会、支所などに置かれ、市民や職員が閲覧していた。1日朝にはロビーに置かれていた新聞台も撤去されていた。議会事務局は購読を継続する。

 竹原市長はマスコミが傍聴席にいることを理由に3月議会本会議をボイコット。1月には市庁舎内での撮影を原則禁止すると県内の報道機関に文書で通知するなど、マスコミに批判的な言動を繰り返している。

続いて読売*********************************

新聞購読の契約打ち切り指示…阿久根市長 2010年4月1日(木)10:33

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は3月31日、市役所で購読している新聞について4月から購読契約を打ち切るよう職員に指示、同市役所は1日から全国紙や地元紙など6紙の購読を取りやめた。

 関係者によると、竹原市長は「新聞はうそばかり書くので、市民に見せても仕方ない」「記事はインターネットで閲覧が可能」などと話しているという。

 先月までは計11部が市役所の1階ホールなどに置かれ、来庁者や職員が読んでいた。

 市立図書館や議会事務局は従来通り、購読を続けるという。

****************************************

 朝日・読売が11部のうち何部を占めていたかは明らかではないが、自分のところの新聞が打ち切られたからといって、まるで竹原市長の決断が間違っているかのような報道である。
 阿久根市役所から程遠くないところに阿久根図書館があるが、読売報道によると図書館は従来どおり、市民の購読機会を残している。(市民目線で考えた時、今まで阿久根市役所ロビーの新聞を当てにしていた市民は図書館で用が足りることを示している。)この1点だけは読売プラス1点。
 議会事務局に新聞があったとしても、市民には何の関係も無い。竹原市長に対立する議会は常識があって、我々の新聞を購読し続けていると言いたいのだろうか。

 今度調査してみようと思うが、島原市役所もかなりの部数の新聞が取られていて、各課数部の新聞が綴じて閲覧できるようになっている。どちらかと言えば職員が仕事の合間に情報収集するためにあるようで、しかも隣り合う課で重複したりしているから見直すべきだと思っている。
 今回の阿久根市の英断がこうして記事になり、新聞がウソばかり書くという事実はさておいて、必要か否か各自治体が再検討して、ムダが少しでも省ければいい事だ。(各新聞社には売り上げ減であるが・・・)。

 マスコミ各社の報道攻撃で、阿久根市長はデタラメだと思い込んでいる多くの国民も、この度の「新聞を止めた」報道には、それは竹原さんが正しいと言う反応が多いようだ。これをキッカケに、竹原市長の言い分には一理ある。いやむしろ竹原市長の言い分の方が正しいのでは?と理解が進むことを期待している。


********転載 終わり**********


 もはや、マスゴミの目を気にする時代は終わった。今回の小沢・鳩山問題は、むしろメディア・検察が自らその引き金を引いた事になった。そんな騒動も知ったことかの迫力で突き進むのが亀井代表。あれだけのふてぶてしさも何故か許されてしまう。その爆弾発言も誰も大きく取り上げない。キャラもあるだろうが、小泉・竹中郵政改革での戦争以来吹っ切れたのであろう。一度潰されているだけにこのチャンスは絶対に逃さない。騒ぐやつは相手にしない。デマを鵜呑みにする国民達は言ったって分からない。だったら、何を言われようが自分の思う通りにやるしかないと。小沢氏もその領域に足を踏み入れたのであろう。ここからが面白い。頼もしい。喜んで任せる。結果よりも気持ちで突き進んで欲しい。


 鳩山首相の袋叩き状態は心中察するところだが、そちらに気を引いているうちに二人が・・・
鳩山首相は良い盾役になっている。もう少し耐え抜いて欲しい。就任以来、前代未聞の総理大臣謝罪会見・事あるたびに国民に謝罪。この異例の対応を評価するまともなメディアはない。怒りを覚える。


hatoyama.jpg


kamei.jpg



 亀井氏はある番組で、「郵政見直し」失敗したらどうしますか?の質問にこう答えた。「殺してください。」
 思わず拍手してしまった。実に頼もしい。結果はどうあれ、「あなたに任せるよ」としか言いようが無い。
 小沢氏にも同じような質の高い(?)「凄み」を見せて欲しい。


 ちなみにこれは金銭問題山積みの中、応援の言葉を送った方達に小沢氏が送った手紙との事。
小沢氏が報道のように卑怯者だったら、表立って言う事もなく、こんな事を地道にするはずが無い。本当の意味での支持者を大事にしているのだ。もちろん選挙も視野に入れての事だろうが、変ないやらしさが無いから小沢氏の周りには人が集まるのだと思う。圧力だけなら人は集まらない。マスゴミの洗脳に溺れる国民たちもいい加減気付いて欲しいものだ。





 


テーマ : 政治・時事問題    ジャンル : 政治・経済

Comments



 

 
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。