~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬は家でおでん・・・」

 ずいぶんと寒くなり、肉まん・おでんの季節がやってきた。
以前は「コンビニのおでんって馬鹿に出来ないよな。」と言って夜な夜な買いに行ったものだ。
当時は添加物・化学調味料たっぷりのものを喜んで食べていたので、コンビニおでんも旨いものだと思っていた。

 でも、おでんはスーパーによくあるネタや大根を安く仕入れて工場で煮込んだものを店舗で温めているだけじゃないのか?
店で見ていても、真空パックから出しておでん鍋に入れているだけ。
温め続けるのだから保存料だってさほど必要なさそうだが・・・
と思ったのは甘かったようだ。

odengu_s1.jpg

 私自身はコンビニおでんはもう10年は買ったことはなく、家で作るのが常だ。
良く考えてみれば、おでんは数時間も煮込んでしまったら色も変わり煮崩れしてしまう。
だし汁もだんだんと濁っていく。
それはそれで悪くはないと思うのだが、コンビニで見るおでんはいつ見ても同じ色、同じ形、透き通っただし汁、そして・・・
下の記事を見て「そう言えばそうだな。。」と気づいた。
煮込み過ぎてだしを吸い沈んでいるものはない。

8時間以上煮崩れせず、浮いていなければならないという条件があるのだという。


************* 阿修羅掲示板より *************

 6~7年前のことです。焼きチクワやハンペンなどをつくる三陸海岸のある老舗の練り製品メーカー社長に、こんな話を聞きました。

 その練り製品メーカーは、大手コンビニチェーンとおでんの練り製品を納入する仮契約を結びました。仮契約には「仕様」という品質についてのさまざまな取り決めがあり、それらをすべてクリアできて本契約となります。当然、練り製品メーカーでは、仕様に沿った製品づくりを始めました。しかし、どうしてもクリアできなかったのが、「練り製品はおでんのダシ汁の中で8時間浮いていること」という仕様でした。

 チクワ、ハンペンなどおでんの具になる練り製品は、通常、スケトウダラなどの魚肉のすり身に食塩、砂糖、でん粉、調味料などを入れて練り合わせてつくります。しかし、通常のつくり方では、どうやっても、汁の中で8時間浮いていられません。具材が汁を吸って型崩れを起こしてしまうのです。

 そこで社長は恥を忍んで知り合いの同業者に相談したところ、その人はこともなげにこう言ったのです。

「簡単なことだよ。原料のすり身にリン酸塩とソルビットをたくさん使えばいい。そうすれば、すり身の比率は下がり、おでんの汁も吸いこみにくくなる。使った添加物はキャリーオーバーということにしておけば表示の必要はないから、コンビニチェーンにも消費者にもわからないよ」

 大半のすり身は船上でつくられます。その際、品質保持や増量のためにリン酸塩やソルビットが添加されますが、使用した食品には影響が出ないということで添加物の表示は免除されます。これをキャリーオーバーといいますが、この制度をもっと利用しろというわけです。

 社長は、そこまで品質を落とすことはできないとして、コンビニチェーンとの仮契約を破棄しました。それによって会社がコンビニチェーンに対して支払った違約金は100万円を超えたそうです。

************* 転載終了 ***********

 ここまでしてキレイな見た目をおでんに求める必要があるだろうか。
スーパーの野菜もそう。見た目が統一してあり、その実態は最低限の三種の化学肥料を与えておけば根と葉と茎になるという考え方。

 食品添加物について、”危険だというデータはない”、”危険というのは嘘”・・・というサイトや専門家もいるが、メーカー側が危険性を自ら暴露するようなデータを出すはずもなく、科学者・専門家も人体実験を出来るはずもない。
マウス実験や科学的根拠から導き出す以外に方法はない。
その上で危険である可能性があるのならば黙っていてはいけないと考える方が当然。
少しでも可能性があるなら自粛するのが人の道ではなかろうか?

 「危険は嘘」という人に問いたい。
ならば、添加物入りの食品ではなくて、ここに自然のままの食材とこれから投入される薬品をスプーンに載せて交互に口に入れて毎日食事を出来るか?と。

「リン酸塩製剤」
完全に化学薬品である。
危険・危険じゃない、の前に、なぜ化学薬品を口に入れなければならないのか。
ただ、これは企業側だけの問題ではない。
むしろそんなものを必要としてきた国民にも大きな問題がある。
「安く」「安く」「安く」「面倒くさい」「いつでも食べたい」がこんなものを産みだしてしまった。
本来なら国が規制すべきところを、逆に企業側につき後押ししてきた結果がこんな社会だ。
国民が目を覚まさないと癌やその他慢性疾患は増え続けるだろう。

幸い中国ほどのイカれた偽物は出回っていないだろうが、でも、人の健康を軽視していることに違いはない。
中国の考え方、「捕まらなければ、逃げ切れれば、人がどうなっても良い」
日本の考え方、「ただちに影響が出なければ、証拠が出なければ良い」
その差は僅差。
馬鹿さ加減では中国が上。
卑怯さでは日本が上である。
スポンサーサイト
11-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。