~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「UFO・エイリアン・幽霊・・・」

 今回は、オカルトや都市伝説と呼ばれるものについて。
UFO・エイリアン・霊魂・・・そんなのいる訳ない(笑)、そんな事を言う人は今でも多くいる。
私としてはそれらは当然存在しているし、「科学では証明出来ないから・・・」などという言葉は非常に馬鹿げた話だと思う。
そしてそんなことを言う科学者は四流、五流である。
ましてや、それを聞いて「なんだやっぱり嘘か」などと納得してしまう人もどうかと思う。

 証明出来ないから「無い」と否定するのではなく、「これだけの資料やデータがあるならあるかも知れないから嘘かどうか証明しよう」というのが科学者の仕事である。某大○教授のように、信じる者を上から目線で馬鹿にしまくり何かと言えば自分の知識を全てにこじつけるのはもはや趣味の人としか言いようがない。
「UFOはプラズマ現象だ」という言葉をまともに信じる人がいるなら、それは自分の目と頭を馬鹿にしているというものだ。
「科学者でもないあなたに何が分かるの」というのがお決まりの畳み掛けがあるが、いやいや、説明するのはあなたの仕事じゃないの?という話である。

 オカルト・超常現象研究者のすべきは情報をかき集めその中から真偽を判断し、難しい事は出来る限り勉強し、それでも分からない事は科学者の意見を聞き判断するというのが筋である。
その科学者が研究者を「何も知らないくせに」と言ってしまうのは完全にお門違いである。
関心が無かったり範ちゅうでない事なら研究者に対して、もしくはその事象について科学者としての見解を断言すべきではない。
研究者に対して失礼であり、事をややこしくし真実の発見を遅らせることになる。
発見や証明を遅らせるなど、まさに科学者のすべきことの真逆である。
Gray-Alien-Video.jpg

 この世には数知れず不可思議な事象が起こっているのだが、確かに嘘くさいものの方が多数を占めているのかも知れない。
CG技術も見分けがつかないほど進歩しており、一般人がそれを使いこなすことが出来るようになった。
結果、偽物が星の数ほど生み出され、真実を覆い隠すようになっている。
そしてもっと怖いのは、それらの偽物を見て、更には説明のし易いものを選別して科学者が全てを一括りにして否定し、それを聞いた一般人達が全てを嘘だと断定してしまい、更に更に怖いのは、それをまるで真実を知ったかのように錯覚して信じる者を馬鹿にするようになることだ。
オカルトや超常現象に関わらず、社会の裏話でも何でも自分で考えるというスタンスを変えてはならない。

 間違った否定の例としていくつか挙げてみる。
まずは、インチキ疑惑の代表、スプーン曲げ。
ユリ・ゲラーで大ブームになるも、現在では超魔術やメンタリズムなどで珍しくもなくなり、むしろその曲げ方は超能力よりも信じられないような複雑さを可能にしている。
そしてその技術はスプーン曲げにとどまらず透視やテレパシーまでもトリックで容易く再現されるようになった。
その結果、超能力自体がインチキだと判断されやすくなってしまった。
この超能力を筆頭に、トリックで再現出来たら「インチキ」、CGで再現出来れば「インチキ」という間違った世論が出来てしまった。
wikiで調べると、スプーン曲げ:「スプーン曲げ(スプーンまげ)は、金属製のスプーン(さじ)を撫でたり息をふきかけたり空中に投げ上げただけで、さじの首の部分がぐにゃぐにゃに曲がってしまうというパフォーマンス。
いわゆる科学マジックの一種である。超能力と見做されることも少なくない。」とある。
「パフォーマンス」「超能力と見なされることも・・・」と書かれてしまっている。
ユリ・ゲラー スプーン曲げ

 次にミステリーサークル。
これは何年か前にアメリカの老人達が夜な夜な作ったとして、「なーんだ、やっぱり」という状況が作られた。
普通に考えれば分かる事だが、世界中で出現した信じられないような幾何学模様のサークルを特定の老人達が作ったなど子供ですら信じられるものではない。
世界各地に模倣が流行ったとしても、あのクオリティを一晩で誰にも見つからず作るなどあり得ないとなぜ考えないのか。
中には人工的でありながらものすごいクオリティのものも出現しているが、これは何日も掛けて見られる事を気にせず作ったのであろうと考えられる。それらも一晩で作ったというものの話に紛れさせてしまうだけで、「なんだ、人間に出来るんじゃないか」という世論を簡単に作ることができる。それは、たった一つ紛れさせるだけで否定させるには充分なのだから。
しかし、ミステリーサークルには、人為的なものではありえないという証拠がある。
それは茎の根元は折れておらず、節が出来て曲がっているということを無視されている。
これは100%人工的ではないと言い切れる。
t02200293_0220029312407821269.jpg



 そして、UFOについてだが、これは一昔前よりは理解が進んだ気がする。
それはスマホ・携帯・ビデオカメラの普及により以前とは比べ物にならない情報量がある為だろう。
しかしながら、やはりPCの進化によりかなり良く出来たプロ顔負けのCG動画が激増しているのも確か。
そんな中で、明らかに普通に考えればおかしなものかとりだたされ、本来信憑性の高いものが否定されている。
放送する側の誘導なのか、単なるウケ狙いなのか分からないが・・・
これなどはテレビではずいぶん驚きの映像のように紹介されているが、合成に違いない。

空からこの勢いで黒煙を上げて落ちてくるものがこの程度土にめり込んで終わるはずがない。
一面吹き飛ばされこの至近距離のカップルなどこの世にいないだろう。
当然、煙を上げるほどの高温の隕石にこんなに近づけるはずがない。
見れば見るほどCG合成である。
構成は「ブレアウィッチ・プロジェクト」のパクリを思わせるお粗末さだ。
(*「ブレアウィッチ・プロジェクト」は個人的には嫌いではないが。)
こんなものが出回るおかげで真実の映像が日の目を見ない。
もはや本物と偽物が入り乱れてグチャグチャな状況としか言えない。
これなどは、疑問も多く囁かれてはいるが、この映像がどうであれ、こんなことはすでに起こっている事だと思う。

AE381AEUFO.jpg
extraterretrialttech06_04.jpg

アメリカがアポロ計画以来目ざましい宇宙船の進化を遂げておきながら、火星までロボットを送り込んでおきながら、「月にはあれから行っていません」という言葉を信じる方がどうかしている。
おそらく、我々が思っている以上に大きな事がすでに動き出しているに違いない。
我々には知らされないだけだ。

 これらの間違った誘導とイタズラによって、我々一般人はまんまと踊らされ、星の数ほどある重要な情報を見逃してしまう。
今回、私が言いたいのは、超常現象やUFO・エイリアン・幽霊・・があるかないかということだが、一握りののデータを根拠にあっさり否定するのは言い方は悪いが、愚かだと思う。
なぜなら、それらが存在しないと言い切れる唯一の条件、それは、「今まで存在してきた数えきれない無数の情報達が、一つ残らずすべて嘘だった」時だけだからである。
否定する人は、これらの体験談や証拠画像・動画がすべて全部嘘だと、みんな一人残らず嘘つきか勘違いであると考えているのだろうか。
オーバーに言うと、たとえこれだけの情報が99.99%がデマだったとしても、真実かどうかを判断するのには関係ない。
その中に、たった一つ、たった一つだけでも本物があれば、それは存在するという事だ。
その一つさえもデタラメだという人は何を根拠にその自信を得るのだろうか。
もちろん「信じる」だけでなく、「分からない」「自分が見てないからどうしても信じられない」というのも素直な気持ちであろう。
しかし、「そんなものある訳がない」「勘違いだ」は、申し訳ないがもう少し頭を使って考えてから言葉を発して頂きたい。
少々荒い表現かも知れませんが。

 それらの技術や情報が一日も早く一般に正しく伝わり、一部の人間の利益にならず、平和や一人一人の心持ちの助けになれば良いなと心より願います。
スポンサーサイト

「123便事件の不可解を写真からみる②」

 123便が激しい衝突をしたにしても、なぜ翼以外の写真がほとんどないのか。
翼の写真はよく見かけるしそれらは意外ときれいな状態で残っている。では胴体を思わせる写真がほとんど無いのはなぜか。

これは残った機体の一部だが、翼などは状態が良く、叩きつけられた角度やスピードが、粉々に吹き飛ぶほどではなかった事が分かる。
597x401xffca0d41d82651153a1b0c1c.jpg

595x398x5d6e34be53dd98665bf2a7c9.jpg

388x596x23584e26ffa47271d1a679a6.jpg

 この翼の状態に対して、胴体パネルの状態はどうも噛み合わないと思う。
500x445xdf8c1380829f503f6ccace4d.jpg

508x324x733fa6addf2d009e3ad89ee5.jpg

 確かに、他の航空機事故でも翼は簡単にもげ落ち、叩きつけられた胴体の損傷の方が大きいというのは見受けられる。
が、これらの写真を見て、納得がいかないのは私だけだろうか。
そして、もっと胴体部分が残っていても良いのではないだろうか。
すでに自衛隊が持ち去ったとしたら、ではなぜ翼とエンジンだけ残っているのか。
エンジンなどは真っ先に検証に必要な重要な物証ではないのか。

そして、これはまた不信感を覚える写真である。
1067x747xf1a752cbf8a1477a4149bcah.jpg

ぼかしを入れさせて頂いたが、これは乗客の足である。
猛スピードで突っ込んだとは言え、これ、完全に上から土をかぶせてないだろうか。
機体破片も埋まっている。
救助の為掘り起こしてどかした痕?いや、遺体の上にか?
どう見ても不自然としか言いようがない。
私の中では、何かを時間に追われ隠した・・としか思えない。

「123便事件の不可解を写真からみる①」

 様々な疑問・疑惑が交錯する123便事件(事故)だが、一番わかりやすい証拠である写真から見ていきたい。
(ご遺体の写真には個人が分かる部分には加工をさせて頂きました。)

まず、この事件の不可思議な部分で大きいのが、遺体の状態の極端さである。

 これはおそらくスゲの沢に落ちた後部であると思われる。
頂上で衝突後機体が折れ、向こう側の沢まで滑り落ちて行ったので、ある意味それがクッションになったであろうが、それでもすごい衝撃であったことは間違いない。
そんな中、酷い状況の中これだけご遺体はほぼ原形をとどめている。
まだ生きているかのような状態だ。

c549343dh.jpg

 対して、後部以外のご遺体の状況は酷い。
黒焦げ、バラバラ、肉片がかなり向こうまで飛び散ったと言う。
ここで注目したいのは地面である。
ご遺体はもちろんの事、地面も一面黒焦げであることが分かる。
20100812_56167h.jpg

 ちなみに、ご存知のようにジャンボジェットの燃料は翼の中である。
事故で炎上する要因として、燃料、もしくは機体内部の火災であるはず。
まず、翼はどうか。
390x598xb5477b232d9e73ee615e4aad.jpg

595x394xf061b4277d24d7e66eb3dabf.jpg
 私は素人なので確かな事は言えないが、上の二枚を見るに翼からの燃料で周りが大炎上という風には見受けられない。
内部では燃料が燃え尽きた様子はある。
地面も土色であり、先ほどの遺体の散乱した辺りとはまるで違う。
下の画像の衝突地点、土色の部分であると思われる。

 では、一面黒焦げの状況はどこから生まれたのか。
もちろん衝突によって燃料が飛び散って炎上・・もあり得るが、こんなにも見事に衝突の方向とは直角方向にしかも左、しかも登り斜面方向にきれいに飛び散るだろうか。バラバラに崩壊したであろう二枚の主翼の内部のそれぞれの燃料が同じ方向になど噴出するだろうか・・しかもこの距離。(写真のヘリを見ればその炎上の距離が分かると思う。)
takama+02_convert_20100711121259.jpg

上の遺体の散乱場所の図と下の画像と角度が違うので分かりづらいかも知れないが、合わせて見て頂きたい。
(図を左に90度回して考えて頂けると分かりやすいと思う。)
炎上だけでなく遺体も同じ方向に吹き飛んでいる。普通に考えれば突っ込んだ方向に広がるようにバラバラになるはずだ。
941x780x299f7fcd73aa2a02fdf897ce.jpg
この状況を納得させるのはやはりミサイル説である。
墜落時はともかく、最低でも墜落後撃ち込まれたであろうという説に説得力を持たせる状態ではないだろうか。

1653x1975x2520c19a498470fc1dbb49.jpg

 そして、最後にこの新聞記事から分かること。
123便事件(事故)の最大の謎の一つ、翌朝まで見つからなかったというこの墜落現場のまさにその最中の写真である。
朝日新聞のヘリは午後9時10分に現場上空で写真に収めているのだ。
墜落の約二時間後には民間のヘリが見つけ写真に収め、何故自衛隊が見つけられなかったのか。
そんなことがあるはずがない。行けなかったのではなく、行かなかったという事は明白である。
そして、行かなかったその時間に何をしていたのか、という事に繋がっていく。

「フェイク、フェイク、フェイク」

 先日、テレビ番組でコンビニばかりの食事でもバランスがとれていれば問題ない・・という発言をした医師がいた。
ある料理研究家は、コンビニ弁当もこうやって一手間かければ飽きずに健康的に毎日食べられます・・と言っていた。
専門家が口にする言葉とは思えなかった。
しかし日本国民は医者や専門家のの言うことは恐ろしく素直に信じてしまう。
私も時には利用することはあるが、弁当・惣菜の類は一切買わない。生活に密着させてしまうのは恐ろしいことだ。

 コンビニ内で自然の状態の食品は希少である。皆無に近いかも知れない。
ことに弁当類は当ブログでも取り上げてきたが、知ってしまうと恐ろしくなるほどだ。
食品に関しては中国は信用できない、アメリカやヨーロッパだって成長ホルモン、ポストハーベスト、何が入っているか分からない、日本に住んでて良かったなんて思っている国民も多いのではないか。
とんでもない話だ。言い方は悪いかも知れないが、フェイクを作るのも、うまく騙して売りつけるのもトップクラスである。
食品添加物に関しても、認可されているものは欧州では数百種類、一瞬多いな・・・と思いがちだが、日本は約1200種類と言われている。研究者によると、コンビニ弁当を食材までさかのぼってみると、一つの弁当に約100種類の添加物が使用されていることになるという。そして、一年中何も考えずに生活していると年間約4キロもの薬品(添加物)を摂取していることになるという。

 そんなことをしていれば癌になるのも何の不思議ない。
庶民になればなるほど、所得が無ければ無いほど、添加物たっぷりの安いものを食べるしかない。
気づかせずにどんどん悪いものを食べさせ病気になったら医療でまた薬品を摂取させる。
摂取したらまた違う病気になる。そしたらまた違う薬品を投与する。
だから今の世の中「自然死」というものが無くなりかけている。
体が限界を迎えても薬で無理やり心臓を動かし死なせてくれない。
だから死ぬ時は眠るようには死ねない。体が悲鳴を上げながら死んでいくのだ。
いい加減、生き方を自然に戻していく時期ではないだろうか。

 こういったものをウマいウマいと食べてる自分に気づくべきである。

もうお気づきの人も増えてきていると思うが、このゆで卵。
最近の弁当やサンドウィッチに入っている輪切りのゆで卵は完璧に形が揃っており、損得を感じない。
じゃあ、丸いゆで卵の真ん中だけを掻き集めてきてお客様の気持ちを掴んでいるのか。
そんな訳はない。こういったものを使って消費者の心をつかんでいるのだ。

7c088ea8.jpg

本物のゆで卵は黄身と白身で出来ている。
このロングエッグは使用している添加物の種類としては少ないが、一度バラしてから加工しているゆえ、
「卵白60
卵黄24
デンプ粉3
植物油脂2
増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)3
その他調味液8」
となっている。
もはや卵ではない。

便利?確かにそうだが、そこまでする必要があるだろうか。
卵は丸いから形はバラバラ、当たり前である。
それが我慢ならない人間がどれほどいるだろうか。
はたしてこれを作っている側の人達は喜んで食べているのだろうか。

 そして、添加物の多さと危険さでは群を抜くハム・ソーセージ類。
これは非常に問題である。
fb51e7ce.png

これだけ入っていれば食欲もわかない。
発色剤などは発がん物質として話題になる薬品だ。
これらは市販品のほとんど、99%に入っていると言ってよいだろう。
本来は、塩や香辛料をすり込んで作るが、これらは何百本もの針で大量の塩水と添加物・調味液等を注射している。
食べれば分かるが塩辛いだけで肉の味などほとんどしない。
サイコロステーキだけでなく、激安なステーキ肉などは成型肉であることが多い。これに関しては単純明解、売れないくず肉を油や結着剤で固めたものであり、有難がって口にするものではない。
600x450-2005011100115.jpg

 これはマクドナルドで有名になったピンクスライム肉と呼ばれるもの。加工肉の最高峰であろう。もはや肉である事すら信じられない。確かアメリカのマクドナルドでは裁判によって禁止になったはずだが・・・
0e381470-s.jpg

 はっきり言って、こういったものは食べ慣れてしまうからまた食べたいと思うのであって、普段から食べる習慣をつけなければ体が欲しがることなど無いものだ。
そろそろ飽食の時代を捨てる時ではないだろうか。
無い食材を無理して作る必要もないし、あるものを儲けのために偽物を作るなど馬鹿げた話だ。
あるものを工夫すれば良いだけの事。
この奇怪な食品に慣れ過ぎなのである。
10-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。