~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フレコンバッグの侵攻」

 マスコミが福島の放射能汚染を報じなくなってずいぶん経つが、国民の中には「もう原発事故は収束したんじゃないの?」なんてことを本気で思っている人も少なくないようだ。
そんな方々に断言しておく、「収束することは絶対にない」。悪化の一途を辿るのだ。
放射線をUFOのような乗り物で一気に上から消滅させる方法でもできれば別だが。
最近では、確かに汚染水から放射性物質を分離するものや、放射線を消してしまう電解水なども発見されているようだが、はっきり言ってそういったもので広大な国土をきれいに除染することなど出来ない。もちろんどちらも凄い研究であり、これからも続けるべき研究だと思う。が、前者のような分解・分離するものは結局濃縮された危険な放射性物質を作るだけである。それをどう処分するかという問題が発生することは考えずとも分かる。後者も画期的な物質を作り上げたと思うが、それを事故で起きた放射線を全て消し去るにはあまりに途方もない時間と金が掛かることは明白。
 
 要するにもう手遅れなのだと言わざるを得ない。
こうしている間にも次々と汚染水は流出している。その量を追い越す勢いで放射線を消していくなどどう考えても無理だ。
そんな方法を進化させている間に、とにかく全ての原発を止め、破壊された原発をいかに封じ込めるかという事を考える事が先決であることくらい子供でも分かりそうなものだが、世を動かすべき大人達はとてつもない馬鹿らしく、他の事を優先する。

 なんとか放射線を処理していけそうな感じのするフレコンバッグの中身はどうであろう。
頑張れば減らしていけるだろうか・・・
いや、100%無理だ。
これを見てほしい。



お役所としては流出は無いと言うのだ。
フレコンバッグの耐用年数は3~5年という。
しかも雨ざらしであるから余計に耐久性は下がるであろう。
すでに崩れ始めており、各地で中身が流出しているのが事実である。
しかしお役所は流出していないと言う。
目の前に流れ出た抜け殻が浮いていようとも、あってはならないから「無い」のだ。



桁が違う。
そして増え続ける。
他国の戦争などに首を突っ込んでいる場合ではないのだ。
しかし、日本の政府は馬鹿というか自分の事しか考えない。
自分の立場と利益しか考えない。
この辺は考え方の違いなどではない。
本来だれがどう考えても当然の選択肢、優先順位である。
そこに住んでいる人達の尊厳はどこへ行ってしまったのか・・
スポンサーサイト

「123便、乗客の死因は・・・」

 久しぶりになってしまったが、このブログの主題の一つでもある123便事件。
もちろんこれからもしつこく追って行く。先日も昇魂の碑まで登らせて頂いた。
もはやこのブログで調査を始めた頃の様子とは違っている。
整備され、慰霊に来るには確かに良くなっているかも知れないが、どうも歓迎できる変化ではない。
いかにも昔の事は忘れて、手を合わせるセレモニーの会場と化している気がしてならない。
冗談じゃない。まだまだ何も分かってはいない。
真実が公開される日までこの惨事は当時のまま保存しなくてはならない。

nikko01.jpg

hqdefault.jpg


 今回注目したいのは、遺体の状況である。
まず、上の写真が墜落現場の写真だが、この主翼に燃料タンクが搭載されている訳で、火災が起きるのはこの燃料が引火した場合、バラバラになって漏れ出た燃料に引火した場合、下の別の事故のように(燃料が漏れ出た状態かは分かりませんが)機体の内部で火災が起こった場合などがあるようだ。
132519006_11n.jpg

entry_img_269-400x298.jpg

 このように機体内部で火災が起こり中に取り残されていた場合遺体は当然黒焦げになってしまうであろう。
だが、123便のように墜落の衝撃でバラバラに破壊した場合、、少なくとも画像や映像を見るに機体自体が大炎上している様子はない。
バラバラになった破片一つ一つが周りの物を焼き尽くす程の強烈な炎上をするというのは考えづらい。
 そして後ろ半分の機体は衝突時に折れてスゲの沢に落ちて下のように前半分のような破壊はなく、遺体もほぼ原形をとどめている。生存者の四人もここで見つかった。

c549343d.jpg

 しかし、前半分のご遺体は、どれ程の割合かは分からないが、このような状態で多く発見された。
(*こういった写真は貼り付けるべきか悩んだが、個人は特定出来ないであろう事と、あくまでも事件の検証の為ですので不快な思いをされたら申し訳ありません。)
後ろ半分とはまるで比べ物にならない状態。

20100812_56167.jpg

 本題であるが、群馬県警察医の話になります。
「日航ジャンボ123便 。「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は」より。

*********** 転載開始 ***********

「第4に、なぜ遺体は黒こげだったのか、である。ジェット燃料はJET-A/40という灯油の部類でケロシンというが、マイナス50度の上空でも凍結しないように、灯油よりも純度が高く、水分が少ない。燃料は主翼内の区切られたタンクに入っているが、大気中に出たケロシンはガス化しやすく、煤(すす)も出にくい。にもかかわらず、主翼の燃料タンクから遠いところに投げ出された遺体が炭化している。遺体が集まっていた所で黒こげ状態が激しかったという。
 当時、遺体の歯形で本人確認を行った大國勉氏(歯科医師、群馬県警察医会副会長)に、青山さんは何度もインタビューを試みている。「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。…二度焼きしたような状況だ」。周囲の木々が幹の中までは燃えていないのに、遺体だけが骨の芯まで焼かれているのはなぜか。群馬県の検視報告書において担当医が「二度焼き」という言葉を使ったことは、ただごとではない。詳細は本書に譲るが、遺体の惨状はジェット燃料の火力のせいだと思い込んでいた私は、この箇所を読んだとき鳥肌がたった。 」
********** 転載終了 *************

 通常では考えられない遺体の状況だったということだ。

そこで、先ほどの墜落後の状況の予測をふまえて、上空からの現場写真。
e0126350_1550098.jpg
左下へ向かって伸びる黒焦げがある。(その一本上の同じように斜めに落ちていく跡がスゲの沢に落ちて行った後ろ半分の軌跡である。)
墜落場所はさほど炎上は感じられず、先へ伸びていくにつれて黒焦げが酷いことが分かる。
吹き出た燃料が飛んで行き燃えた?
いや、これを見ると分かると思うが、
takama+02_convert_20100711121259.jpg

123便はU字溝から矢印の方向へ激突した訳だ。なぜ左方向へ一斉に燃料が噴射するだろうか。
また、赤・青・黄の点は遺体の散乱状況である。
右方向には一体も無い。
現場を見ないと分からないであろうが、この図でいうと、右から左方向にかなりの急こう配である。
それを考えると余計に左方向だけにすべてが吹き飛ぶなど考えられるだろうか。

 そして、その中、上のような真っ黒焦げの遺体がいくつもできるだろうか。
まったくもって不可解である。
間違いなく何か他の力・現象が加わったとしか思えない。
これはいろいろな方が提唱しているが、状況からして、墜落後ミサイルを撃ち込まれたという事にするとすべて辻褄が合う。

 こういった事実が明るみになるまで追究していかなければならない。

「これでいいのか」

戦争法案に賛成、反対はまず置いておく。
その以前に安倍政権は、違憲である事をせせら笑い無視し・・・

国民に対して法案のメリットを納得させていない。
米軍のケツにつくメリットは米軍にしかない。

TKY201304270434.jpg


震災の問題が何も解決しないうちに莫大な税金をアメリカに献上しようとしている。

その金は殺傷兵器やいわれなき殺戮を繰り返す軍隊に献上される。

我々の稼いだ金が見知らぬ異国の人々を今まで以上に殺すことになる。

日本が加担することは言ってもアメリカに守られる具体性はまったく聞かれていない。

米艦に乗った邦人を助けられないから?馬鹿を言うな。米艦には軍人でなければアメリカ人でも乗れないのだ。
無理やり作った危機を元に説明を始めた馬鹿さ加減。

実際、日本が先制攻撃をしないと米軍が日本を助けることはない。

自衛隊はこの法案で今までグレーゾーンだった危険地帯まで入って行くことになり、100%危険にさらされる事になる。
これは間違いない。しかし自民はリスクは変わらないと言ったり、少ししか上がらないと言ったり、安全であると言ったりまったくもって答えようとしない。

自衛隊入隊希望者が7倍になっているなどとうそぶきながら、今でも全国で勧誘を繰り返している。

自衛隊員が国外で命を落とした場合の補償・棺桶の用意の有無・等々、何も答えなかった。

自衛隊員のメンタルヘルスに関しても何も答えなかった。

戦争における無差別殺戮についての違法性について何も答えなかった。
安倍はアメリカの戦争犯罪・歴史につては一切ノーコメントを貫き、攻撃対象になる実体の見つからなかったイラクについては犯罪者扱いした。警察・検察による冤罪についてもそうだが、あるものを証明できても無いものを証明など出来ないのだ。
アメリカは、イラクは時間をやったのに無いことを証明しなかったと言って攻撃を始めたのだ。小泉はそれに乗っかったのだ。アメリカは戦争犯罪国家である。

戦争法案のみならず、TPP,から子宮頸がんワクチンまであらゆる事がアメリカからの要望である事の証拠を突きつけられても偶然だと苦しい言い訳を繰り返した。

砂川判決にも集団自衛権の事は語られていなかったにもかかわらず、まるで合憲であるとうそぶき、そして法案の正当化はその砂川判決のみに終始しした。そして、憲法学者の違憲よりも大事なのは裁判所であると言いながら、元最高裁判事の違憲との発言を、元であって今は一私人の言う事だと吐き捨てた。

何よりも、戦後最大級であろう国民の反発・デモをまったく無視し、耳を傾けない状態で「国民の為」と偽善を貫く。
国会ではこの状況の中居眠りをする始末。

20141225024018903.jpg


安倍はマスコミを使い、国民を洗脳し、国会をサボり御用番組で一人気持ち良く一方的な法案解説。

国会に出れば前代未聞の総理自らの野次の嵐。謝罪もなし。

安倍は国民に問う前にアメリカで法案通過を約束した。

自衛隊は、すでに法案通過後を想定したマニュアルを作成済みだった。

法案が通る前に「防衛装備庁」の設立を閣議決定済みだった。

どれもこれも国民の意見は眼中に無し。

しかし、充分論議したと言う自民党。

等々・・・

20150917182824aps.jpg


結局この法案のメリットは、「一切」感じられない。
聞けば聞くほどアメリカの為の使いっ走りであり、日本にあるのは散財と危険と恐怖のみ。
どんなバカが考えても、戦争に首を突っ込んだら100%敵を作ることになる。
911後、サミットにて世界中の要人にシカトされ握手されなかったブッシュが引っ張ってきた戦争国家アメリカについて行けばどうなるか分からない方が思考停止している。
日本が今まで戦争にならなかったのは戦争をしない国であったからであることは間違いない。
確かにアメリカについていればある意味抑止力かも知れない。しかしそれは見せかけの抑止力であって、内心敵視する国はいくらでいる。それらの国のアメリカへの怒りが膨れるほど日本への怒りも膨れていく。
今現在の危機というものはそういうところからも生まれていると断言する。
一国についての抑止力は、長い目で見ればいずれ大きな戦争につながる綱渡りであると断言する。
人種・宗教・視点・重要視する対象は様々であり、絶対正義の国など存在しない。
よって、自分の身を守る為に強そうな国について行くなど言語道断。外交以前に人の道に外れると考えている。
しかも、自民はあえてアメリカという言葉を出さずに、国際社会という言葉を使う。
こういった汚いところが国民の怒りを生んだのである。
騙し・裏切り・国民を馬鹿にする政権の強行採決する法案など断じて受け入れる訳にはいかない。

この直後、人数のみを武器にしてこの戦争法案は可決されるだろう。
しかし、国民は今までと違う。
一番日本人が嫌ってきた戦争という言葉が、そして唯一の戦争放棄の先進国としての誇りを捨て去ろうとする暴走が国民の逆鱗に触れたのだ。
私の町でも大きなデモ隊が今でも雨の中声を上げている。
今まで見たことのない光景だ。

94fc377f-s-kaidan.jpg


20150830154302oipii.jpg
005.jpg


もはや考え方の違いではない。
自民党は政治政党ではなく独裁暴走集団である。

自民が潰れるその日まで断固として糾弾し続ける。


「砂川判決の真実」

 報道ステーションが大スクープ。
時すでに遅しとしないで、叩きつけて頂きたい。
本来、唯一のよりどころがこれで崩れる訳で、これで法案を推し進めることは出来ない筈だが、間違いなく安倍政権は強行採決する。
「理由」「意見」「世論」は眼中に無いのだから。
とにかく、こういったことを国民が知り、声を上げ続けることに意味がある。
拡散希望。。

sunagawa01.jpg
sunagawa02.png



09-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。