~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まさかの棄却」

 高知の白バイ事件の再審請求が棄却されていた。
しかも、昨年、自民のイカサマ大勝が決まった二日後のことらしい。
見事な筋書き通りだ。これが自民党政治である。

「白バイ事件 裁判所の揺さぶり発覚」

「高知白バイ事件」警察の捏造

「忘れてはならない ~高知白バイ事件~」

「忘れてはならない ~高知白バイ事件~ ②

星の数ほど権力による冤罪あれど、ここまで大きくでっち上げが認知され、捏造の証拠が多く確認された事件は少ないだろう。
この事件はとにかく分かりやすく、警察発表とは違う完璧な証拠・証言がいくつも確認され、裁判所側が交換条件まで出し逃げ切ろうとした酷い事件だ。
特に地元のテレビ局がシリーズ化までして国民に訴えかけたと言うのが非常に大きな効果をもたらした。

 いくらふざけたこの国の司法であっても、ここまでの証拠を突きつけられた上で、多くの国民の疑いの視線の中で、再審自体を棄却するということは、白旗を揚げたも同然である。
しかしそれは事件を知る我々の眼から見た話であって、片岡さんにしてみれば社会的な立場は変わらないわけだ。
「あの人は警官を死なせて入っていた人だ」という社会的事実は変わらないのだ。

photo165965.jpg


 しかし、全国ネットでこの事実を報道する局はほとんど無い。
日曜の報道ステーションでは厳しい視点で追及したらしいが、結局、報ステだけか・・・といった感じ。

******* 阿修羅掲示板より ***********

高知白バイ事件再審棄却①

腰を痛めて珍しく自宅で安静にしている。

幸か不幸か・・・

高知白バイ事件についてジックリとブログを書く事が出来る。。。この事件については、『ネットで騒ぐのは控えて欲しい。』という裁判所からの要請があった旨、伝え聞いており、対応に苦慮していた部分もあるのだが、再審請求は無残にも棄却された。

今後は、ネットと地元高知で思う存分暴れたい(活動したい)と思う。

 。。。 。。。 。。。

高知白バイ事件の再審請求は、4年2ヶ月という長期間、関係者を右往左往させた挙句、昨年12月14日の衆院戦結果(自民党大勝)を確かめるかのように、二日後の同月16日に棄却された。。。判決を下したのは高知地裁の武田義徳裁判長である。

政治と裁判が密接に繋がっている事を再認識させられる判決タイミングだった。

武田裁判長の棄却理由は、2007年(原審)高松高裁の柴田秀樹裁判長(当時)が下した『生徒や教員のほか野次馬等もいる中、警察官が被告人を逮捕して警察署に引致し、現場に戻すまでの間に捏造し得る状況ではなかったから、ブレーキ痕様のもの等を捏造した疑いは全くない。』という判決を踏襲したものだ。

要するに、武田裁判長は漫然と柴田裁判長の判決を支持しただけで何もせずに再審請求を退けたのだ。。。実際には、全ての証拠は、実況見分が終わった後に高知県警によって捏造されている(中段の証拠写真参照)。


この再審棄却については凡その予想はついている旨、片岡晴彦氏を支援してきた中心的人物から、『衆院選が終わったタイミングで、ドサクサにまぎれて判決を出すだろう。』という情報が私の元にも入っていた。

これで武田裁判官は、柴田裁判官らと共に出世コースを確保した。。。彼らは最高裁事務総局のお覚え目出度く、数年後には東京地裁、いや東京高裁判事として特別な事件を精力的に裁いているだろう。

あの陸山会事件を無茶苦茶な「推認判断」で裁いた登石郁朗と同じ出世コースを歩むのだ。我々はこの事実を肝に銘じ、努々(ゆめゆめ)忘れてはならない。。。忘れなければ、必ず逆転のチャンスは到来する。

今は、艱難辛苦に耐えてジッとその時を待つのだ。

国民の意志で裁判官を裁く事が出来る。。。その時が来るまで・・・

********* 中 略 *********

私は、2012年衆院選で未来の党公認候補になった時も、昨年末の衆院選でも候補者としてこの写真入りのビラを配ってきた。。。損得など考えずに徹底的に司法の闇と対決している。

司法は民主主義の根幹を守るものであり、警察、検察、裁判所がグルになった冤罪事件を許していては、法治国家の存立そのものを否定することに繋がるからだ。

政治を真剣に考える者なら、この事件を看過できないはずだ。

現在も、今年4月の高知県議会議員選挙(高知市選挙区)出馬準備として2万枚の同証拠写真入りのビラ配布を行っている最中だ(写真の解説はこちらのリンクで)。

ところで、この事件の特徴のひとつにマスコミ対応がある。。。

私も激しく対立しているところだが、地元新聞シェア84%を誇る高知新聞や地元民法テレビ各局が高知県警からの圧力に屈して、この国家的冤罪事件を報道出来ない。

4年2ヶ月の時間を要した再審請求の過程では様々なドラマがあった。なんと言っても大きな驚きだったのは、高知地裁で再審請求を審査した前任の平出喜一裁判長が、高知地検に県警証拠写真のネガフィルムの開示を要請し、片岡さん側にその精査を許した事だった。

これは画期的判断であり、関係者は飛び上がって喜んだ。。。再審開始に向けて一気に期待が膨らんだ。

44df_R.jpg


そして、ネガフィルム鑑定結果は素晴らしいものであった。

6f5_R.jpg


 心ある裁判官はいるんだ。。。

           此の国の司法は腐り切る前にようやく踏みとどまった。

   再審開始がいよいよ現実味を帯びてきた。


しかし・・・

喜ぶ関係者に冷や水が浴びせかけられた。最高裁事務総局の暗躍だった。

********* 転載 終了 *********
スポンサーサイト

「根本的に・・」

 イスラム国による日本人人質、身代金騒動。
政府がどうするつもりか知らないが、国民の血税を何だと思っているのか。
誰の許可を得て中東の国々に寄付するのか。
その国々が日本人の金をどう使うか理解して渡しているのか。
それが戦争に加担することだと理解して渡しているのか。

Islamic_State1_R.jpg


 今回の身代金も、申し訳ないが支払う必要はない。
私も人間であるから、遠く離れた国で命を落とす可能性があるのは当然気の毒だとは思うし助かって欲しいとは思う。
しかしながら、元を正せばそんなところへ自ら飛び込んでいく人間の自己責任だ。
もちろん、報道する人がいるから情報が入る訳で、そういう人には頭が下がる思いであるが、そこは自己責任の最高峰である。だから価値があるのではないか?何かあったら助けてもらえる訳ではないから価値があるはずだ。
後藤さんも「すべて自分の責任だ」と言ってシリアに入って行ったそうだ。
私の好きな渡部陽一さんも、誰のせいにもしない、誰にも救いは求めないのではないかと思う。
勝手なことを言ってはいけないが、そんな覚悟を感じるのは私だけではないはず。
それが尊敬すべき最前線で命を張る仕事だと思う。
ぬくぬく生きている私ごときが偉そうに言うことではないが、数少ない「しくじったら最後」の仕事なのだと思う。
もう一度言うが、助かって欲しいのは当然である。
一番の悪はそういった戦争があることである。
宗教は人の心を救うものであって、他人と戦うものではない。

 よって、自分の立ち上げた軍事会社の為に飛び込む人間については何も言うことはない。
素人が戦争に首を突っ込んで現地の人の言うことも聞かないで飛び込んでいく人間には同情すらも薄れる。
ど素人が考えても、甘すぎる。

 問題は、身代金もそうだが、それらの戦地に送る金や自衛権の行使である。
多額の身代金を払って人質が助かり、戦争も終わるのであればいくらでも使えば良い。
しかし、本当に助かるかも分からない上に、その金がまた人を殺すのである。
そしてその殺しがまた怒り恨みを生み、殺しを作る。
日本の血税をそんなところに使ってはいけないのだ。三者が出来る事は話し合う事だけだ。
アメリカが「日本は何もしない」と言ったら、「その通りだ!!」「あなた方とは違うのですよ」と堂々と言えばよい。

 そして、その莫大な血税で何が出来る?
日本の中で、苦しんでいる人がたくさんいる。
被災者、被害者、病人、けが人、金の無い老人、仕事が出来ない人・・・早急に何とかしなければならない問題が山積みなのになぜ海外の戦地に?
しかも税金を次々と上げておいて。

 この流れ、まんまと戦争介入へと進んでいるのが国民は分からないだろうか。
イスラム国の暴走を散々報道するも、アメリカが介入を始めるなり報道が減る。
戦争を始めるきっかけ作りが出来れば報道は必要ないのだ。
アメリカが人の戦いに首を突っ込んでいる様は見せたくは無いだろうから、これは予想通りだった。
「アメリカが行動起こしたからもうそんなには報道しないと思う」と周りに話したのだが、まさにその通りになった。
普通に考えたら、戦争にアメリカが介入したら、そこからが大ニュースであり、報道が必要なのだ。
しかし、アメリカ軍が他国の人間を攻撃しているところは報道しない。
今も昔も。

 「次に報道が始まるのは他国を巻き込むときだ」と言ったのもその通りになった。
参加国を増やすように人質が殺されていった。
そして、憲法解釈の操作と言う暴挙を引っさげた自民が無駄な選挙で大勝(嘘の)し、これからやりたい放題になった途端に報道が始まり多額の寄付、そして日本人の人質。
どう考えても日本のアメリカ腰巾着軍の設立へまっしぐらと言うことではないか。
あとは国民を騙し騙し自衛隊を軍化していくだけである。
「大丈夫!大丈夫!これだけ!」と言いながら徐々に規模を拡大していくのは目に見えている。
すべてはアメリカの為。
アメリカは感謝などしない。
日本は犬なのである。

 映画「パール・ハーバー」を見てみれば良い。
あれほどヒットさせたが、開いてみれば単なるアメリカヒーローの皮を被せた反日映画である。
日本軍の奇襲と米兵の苦しむ姿ばかりを流し、日本人が米兵に撃たれるシーンは皆無であった。
この腹立たしい映像を日本国民は喜んで見ていたのだ。
あの悲しき真珠湾攻撃がアメリカンヒーローものに姿を変えてしまった・・・
そのやり方は北朝鮮・韓国と何ら変わりは無い。
20131015224946.jpg


IMG_0763_R.jpg


 アメリカにいい顔をしたければ自分で前線へ行き助けてくるがいい。
日本の総理大臣、政府のやっていることは軍人と何ら変わりないのである。
軍人を総理にするつもりはこれぽっちも無いのである。

plc13022310330012p1_2.jpg


まずは国民を守れ!

「みのもんた次男の冤罪」

 今頃になってこのような記事が。

 阿修羅掲示板より
盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張(リテラ)

fa085ce6ce4a159035fdbfe88b124fcf_22867.jpg


***********転載開始***************

盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張
http://lite-ra.com/2015/01/post-774.html
2015.01.09. リテラ


「どうも、来年3月の第3週から『報道ステーション』の司会を古舘くんに代わってやらせていただくことになりました、みのもんたでございます」

 みのがこんな発言をしたのは昨年まで連載していた「アサ芸プラス」の記事中でのことだった。

 もちろんこれはみののギャグ。2013年、次男の不祥事で『朝ズバッ!』(TBS系)などレギュラー番組を降板したみのだが、最近でも「(仕事のオファーは)どこからもきていません」(みの)という状態が続いている。

 だが、みの本人は現在でも報道番組などへの本格復帰に意欲的で、その機会を虎視眈々と狙っていると見られている。実際、派手な復活パーティや在京テレビ幹部との会合も報じられ、また多くのメディアのインタビューに応じて「やりたいことはまだまだある」など本格復帰の可能性を示唆している。

 そんな中、みのが出版した『敗者の報道』(TAC出版)という本が一部で話題になっている。そこには次男の窃盗未遂容疑逮捕の“真相”が語られていたからだ。


 これまでの報道では、事件は次男が泥酔した男性のカバンからキャッシュカードを盗み、ATMを操作しようとしたとされている。だが、本書によると「本人はいまだに盗みはやっていないと言っています」という。そしてみのもそれを信じているというのだ。

 最初は、このオヤジ、今頃になってまだそんな言い訳をしているのか……と思ったのだが、よく読むと、報道とはかなりちがう事実が次々明らかになってくる。

 まず、みのが次男から聞いた一部始終は以下のようなものだった。8月13日午前1時頃、酔った次男は自販機で水を買おうとした際、自分の財布がないことに気がついたという。

「焦ってあたりを探すとコンビニ前の道路にカードが3枚散らばっていた。そのうちの1枚が自分のメインバンクのキャッシュカードだった。咄嗟に〈やられた! 自分の口座の金を引き出された!〉そう思いこんでしまった次男はカードを拾い、まっさきにコンビニ店内のATMで残高照会しようとした」

 だが、暗証番号が合わない。よく見ると自分の名義ではないことに気づいた次男は、そのカードを店外へポイッと捨ててしまったという。

 その直後、背後にいた警察に呼び止められ何をやったか咎められ、交番に連れて行かれた。その聴取の途中で次男の紛失した財布が届けられたため、財布を落としたのは事実と分かり、そのまま帰宅が許されたという。

 それから1カ月、警察からは何の連絡もなかった。しかし9月11日、自宅マンション前に待ち構えていた刑事たちに次男は窃盗未遂容疑で逮捕されてしまう。その後はみののレギュラー番組出演自粛、そしてマスコミからのバッシング報道が巻き起こっていく。その渦中にありキャスターとしての立場、しかし子供の言葉を信じたい父親としての苦悩で揺れるみの。

 事態はさらに悪化する。10月1日には被害者からカバンを盗んだ容疑で次男が再逮捕されたのだ。当初、次男は容疑を否認したが、その後は罪を認め、マスコミでは窃盗未遂は確定したものとして報道された。

 ところが、10月29日、次男はなぜか起訴されることなく起訴猶予という処分が下されていたのだ。

 いったい何があったのか。実は、次男が盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋は検出されなかったのだという。そして、ATMを調べても“残高照会”を試みようとした記録しか残されていなかった。“引き出し”をしようとした痕跡がなかったのだ。

 これらの事実は、当初から次男が主張していた「落ちていたカードを自分が盗まれたカードだと勘違いし残高照会した」という証言に合致する。また次男はカバンが落ちていたことや、その持ち主が植え込みの中で寝込んでいたこともまったく知らなかったという。

 これらの事実を聞くと、次男の逮捕は明らかに誤認逮捕、冤罪としか思えないだろう。しかしだとしたら、どうしてみのの次男、そしてみのはそのときに声をあげなかったのか。考えられるのは、おとなしく罪を認めれば、釈放と起訴猶予処分にするということで警察と話がついていたという可能性だ。

 当初、警察はみのの次男ということで、なんとしても事件化しようと、前のめりになって捜査を開始。マスコミにもどんどん情報をリークした。ところが、途中で、盗んだとされる“カバン”と“財布”から次男の指紋が検出されなかったことが判明。慌てて幕引きをはかった。

 実際、みのは同書の中で、警察の前のめりな姿勢についてこう疑問を述べている。

「キャッシュカードとカバンの窃盗容疑をわざわざ分けて逮捕するというのはあきらかに異例でした(略)何がなんでも警察は次男を起訴に追い込む腹づもりでいることが明白になりました」
 
 加えてその体制も異例だったという。捜査にあたったのが所轄ではなく警視庁捜査第3課という“プロの泥棒”を扱う専門部署だったからだ。

「単に“置き引き”の疑いがあるというレベルの事件を担当する捜査員たちではありません。そもそも、どうしてそんなスペシャリストたちが出動してきているのか?」

 みのは元検察官で警察内部の事情に詳しい弁護士からこんなことを言われたとも付け加えている。

「原因は君だよ。この件は君が“みのもんた”じゃなかったら、1日でおしまい。逮捕までいかなかったんだよ」
「人の不幸は密の味と言う言葉もある」

 しかし、みのはそれでも結局、同書の中で冤罪とは一言もいっていない。 不当逮捕という表現も使っていない。その背景にはおそらく、みのの次男が警察との取引に応じてしまったということがあるのだろう。次男の側にも他人のキャッシュカードを残高照会とはいえ一旦使用し、そのまま捨ててしまった負い目があり、そのため、「罪を認めれば起訴猶予にする」という取引に応じてしまった。その次男を慮って、一番核心の部分を話していないのではないか。

 だが、もし、みのが本当にキャスターとして報道番組復帰したいと思っているなら、この部分を包み隠さず話し、そして不当逮捕した警察と当時、洪水のような報道を繰り広げたマスコミと対峙すべきだろう。そのことが、みのにとってのみそぎであり、甘やかしてきた次男に対する親の責任の取り方というものではないだろうか。

*************転載終了************

 そして、この記事のコメントも、ほかのサイトのコメントでも、みのの事は「今更何言っている」「今までやってきた事は許されない」「やめろ」とボロクソに言われている。

 確かにそう。みのもんたが奥様層をはじめ、国民を自民寄りに洗脳してきたことは事実。
私も取り返しのつかないことをしてくれたな!という怒りはあるが、「だから何も聴かない」「うるせー」で良いのか?この記事も非常に大きな日本の裏が書かれているのだ。
言葉が本心かどうかは別として、嫌いだから「うるせー」では某燐国の自殺まで追い込むイカれた誹謗中傷国民と何ら変わらないではないか?
権力にひれ伏す著名人も問題だが、だから何を言ってもいいという何様国民はそれ以上に嫌いである。
そういうことをいう連中が立場が逆になった時に、果たしてみのもんたと違うスタンスで立ち向かえるだろうか。その世界でチヤホヤされ大金を手にしてくれば、最初の段階できっかけを逃せばなかなかそれを捨てる勇気は出ないはずだ。
だいいち、30越えの子供の行動を親の責任と言う連中はどれだけ甘い人生を送っているのか。
この場合の親の教育の話など世間話でしろと言いたい。
本人に言葉を浴びせ罵ることではない。



 そのみのもんたが全てを失くし、心中を告白したら、聞いたっていいんじゃないか?
一番の悪はそういった国を作り、自分達の為に人の人生をボロボロにしている権力者じゃないのか?
責めるべきはその権力者じゃないのか?少なくともネット住民ならそれくらい理解すべきじゃないのか?
結局チヤホヤされる金持ちへのひがみではないのか?
と、思うのである。
まあ、これも私の一方的な意見である。

 今回の本題はそこではない。そんな中、みのもんたがした重要な発言である。
要は、息子の事件は冤罪であるということなのだが、問題はその冤罪が故意なのかどうかということだ。
この掲示板の記事を見ると、捜査のミスで出来た冤罪であり、警察側は焦っていたとあるが、果たしてそうだろうか。
 ここには息子の行動と警察の捜査のみが書いてあるが、ここに来る方ならご存知だろうが、みのもんたは吊るし上げられる前に、ラジオで原発について現場へ行き真実を報道すると言った。
特番の準備もあると話した。



その後である。吊るし上げられ猛攻撃を受けたのは。
もし、推察通りなら、みのもんたはアメリカ自民によって使い捨てられたということだ。
弱者同士もめている場合ではない。
国民総動員で自民への誹謗中傷を始める時ではないのか。
日本を救うには、今やるべきは平和ボケ国民の洗脳を解くこだ。
まずは周りからだ。。。

「USO-800 による空間誘導」

 少々オーバーなタイトルにしてしまったが、あながち言い過ぎではないと思う。
これは岩崎さんから伝授された立体バージョンを自分なりにアレンジして制作したもの。

1420986717981_480.jpg
1420986717687_480.jpg

 立体に関しては岩崎さんも全てを公開している様子はないので全貌をお見せする訳にはいかないのだが、こんな感じで自分でイメージに合わせて素直な気持ちでいろいろ試している。
この素直な気持ちが大事で、USO800には絶対的なルールは無い。
最低限の基本はあるのだが、あくまでも使い手の意思が重要である。
イメージを形にして発動させるのがUSO800であるようだ。
今回作ったUSO800はいかに大きな異空間を作るかを目的とし、今までにない物を内蔵させた。
それによって得られた効果は大きかった。

 USO800を付けた自動車は前方に距離感を感じさせない不思議な空間ができ、そちらへ引っ張られるように進むのだ。よって、アクセルを緩めてほとんど踏み込まなくても滑るように進む。
また、雨の日などは、結構な速度を出していても輪だちに溜まった水溜まりの上をハンドルを取られずに直進する。
 その不思議な空間をいかに大きくするか、いかに強力にするかがこれからも主題になると思う。

 うまく表現できないが、その空間はやけにクリアで距離感が無い。
むしろ周りの通常の空間の方が歪んで見える気がする。

 イメージ的にはこんな感じである。

u8 view

 なかなか信じてもらえない話だが、これはエネルギー云々だけでなく、あの世・この世・次元・宇宙・重力・・・を考える上でも考えるきっかけを作ってくれるものであると考えている。
やはり現代科学を元に考えてどうにかなるとは到底思えない。
一日も早く三流科学者が影を潜め、まともな研究者・科学者に光が当たる世になって貰いたいものである・・・

「妙な一致」

 ずい分前になるが、以前こういう記事を書いた。
311の半年ほど前だっただろうか、吉野氏と一日を共にした時にこう言っていた。

* 言葉使いは正確ではありません。

「おそらく10月頃だと思いますが、東京は海に沈む可能性がありますので、その際にこちらも大きな被害があるかも知れません。なのでこういった林道を知っておくと逃げるのに役立つんですよ。」そう言って相木村界隈の裏道という裏道を徘徊した。
「この辺は有事の際にトップの連中がこちらの地下に集結するので一番安全なんですよ。だから何かあったら真っ直ぐこっちへ向かうといいです。」とのこと。
私もその時は深く考えなかったが、少しずれて311が起こった時、「あれのことか?」と思ったのだ。
あの冷静で迷いのない言い方が気にはなっていたが、東京が中心でなかったにしても大きな被害があったことは確か。ただ、「なぜ彼が知っている?情報元はどこか?」と考えた。
確かに素性が分からず不思議な雰囲気を醸し出して知識の量も半端ではない。
父親は研究所に勤めていると言っていた。
あまり個人的なことは言えないが、とにかく「どういう人なんだろう」というのが一番の印象である。
間違いなく普通の身分ではないなと感じた。
 そして、本家ブログのコメントの中で、主と吉野氏と米軍とのやり取りが出てきたのが気になり、どういう状況なのか聞いてみると、普通のテンションで流すように「ええ、米軍のお偉方達が来て主と話すことがあるんですよ。そこで「大将をどうするのか?殺す気か」と言っていたみたいで、その大将は私のことなんですけどね。」と、よく意味は分からなかったがさらっと言っていたのを覚えている。

Pentagon.jpg


 なんで米軍のお偉方が来るんだ?まさか、何しに?と思ったが、最近思うのは、日米合同委員会?・・・
ということだ。

New_Sanno_Hotel_480.jpg


米軍は軍関係の会合にしか来るはずもないと思っていたが、前日の記事を書きながら、これだけ全てを米軍が決めているのなら、あらゆる事に多くの軍人が口を出し操作していても不思議ないのでは?と思うのである。
直接、委員会でなくても、そこから派生する組織があっても不思議ではない。
123便事件に米軍が関与しているのも当たり前と思えるのである。
おそらく読者の方々は吉野氏を単にその筋に詳しい人間だと思われるかも知れないが、おそらくバックには大きな何かが付いていると思われる。詳しくは言えないが、そうでないと辻褄が合わないこともあるわけで。
果たして真相は・・・
9b7d7b10208511de8438a49ed7918403.jpg


最近連絡を取れていないのだが、吉野氏からコメントでも頂ければと思う。
01-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。