~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「STAP潰し続行中」

 STAP潰し、大詰めに来ているようだ。

******** 産経ニュース ********
 米国で最も権威がある医学賞で、ノーベル賞の登竜門ともいわれる「ラスカー賞」の今年の受賞者に、京都大の森和俊教授(56)が選ばれた。米国のラスカー財団が8日発表した。

 日本人の受賞者は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発して2009年に受賞した山中伸弥京都大教授に次いで7人目。他にノーベル医学生理学賞を受賞した利根川進氏や高脂血症治療薬のスタチンを開発した遠藤章氏らがいる。

 森教授は細胞内で起きる「小胞体ストレス応答」と呼ばれる仕組みを解明した。がんや糖尿病、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎、脂肪肝などの数々の病気に幅広く関わる基礎的な仕組みで、世界中で新薬開発に向けた研究が進められている
********************

 こうして一般人からしたら同じジャンルのSTAP細胞関連ニュースは忘れさせようという意図は見え見えである。
根拠がないと言われるだろうが、タイミングもばっちり、STAP研究者からしたらこれでSTAPは忘れ去られた思いであろう。
また、これでSTAP潰しの首謀者はアメリカであろうことが確認できた。
アメリカ医学会、もしくは権力者からの命令で日本政府・関係者は小保方潰しに入ったと想像出来る。
一番心配なのは小保方さんの体調である。
笹井氏の自殺?以来、メディアは小保方さんに全く触れなくなり、国民の熱も冷めたところで、更にこのニュースで「STAPはもういいや・・」という空気を作ることに成功した感じだろう。
その裏で小保方さんは生き地獄の中、厳しい監視(妨害)されながらSTAPの証明に必死になっていることだろう。
おそらく証明はさせてもらえないだろう。
それが完結した時、小保方さんがどうなってしまうのか心配でならない。
もはやわざわざ潰す必要もない状態なのだから・・・

****国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」より****

誰も笹井氏が首つりをしているところを見ていない

○当初、「5階の研究室で、笹井氏が倒れていた」
のを警備員が発見したと報道


(注)この時点では、誰も、笹井氏が、首つりをしていた場面を見ていないことに注意。

笹井氏は

「倒れていた」ところを発見されているのである。


しかもこの時点では「5階の研究室内で」

と報道されている。

○そのあと、「4階と5階の階段の踊り場に笹井氏が倒れていて、階段の踊り場の手すりにひものようなものがかかっていた」

と報道
(注)
倒れていた場所が、「5階の研究室」から「4階と5階の階段の踊り場」に変わっている。

○階段の踊り場の手すりにひものようなもの

がかかっていたと報道。

しかし、手すりのような低い場所に

ひもがかかっていても、通常、首つりなどは

できないはずである。

なぜなら、足がついてしまう

から、首つりなどは不可能ではないか?

この時点では、

「笹井氏が倒れていたのを発見された事実」と「近くの4階と5階の階段の踊り場の手すりに、ひものようなものがかかっていた」

と報道されている。

この二つを結びつけて、(半ば無理やりに)自殺か

となる。

この時点で、再生センターも病院の一種であるため

医者が、笹井氏を見て、「すでに死亡している」

と言っている。

(しかし、この時点で、医者が「死亡している」

と言い、再生センターという一種の病院内であっても、

医者の目の前で死んだわけではないので、もしかしたら、死因を司法解剖される可能性は残っていたはずである)

○そのあと、40分ぐらいたって

「まだ生きているか死んでいるかわからない」

となり、すぐ近くの病院に移送される

○すぐ近くの病院で

死亡を確認。

この時点では、「病院内」で「医者の目の前で

死亡」となったので

死因は司法解剖されないことで決定となる。
********************
スポンサーサイト

「自民とマスコミの癒着ぶり」

 まずは今更ながら日本をダメにいている御用タレントの一人「辛坊治郎」の醜態から。
当時唯一日本の経済を守ろうとした自民党員中川昭一氏の酩酊会見が実はヤラセで、死因にも疑問が残っているのは皆さんご記憶のことと思う。
忘れない為にこの時の辛坊治郎の鬼の首を獲ったような暴言。



そして、辛坊自らが救助で多額な税金を使って”おめおめ帰ってきた際の映像。


 目に障害をもつ人を巻き込み、誰が考えても危険な船の冒険など身勝手としか言いようがない。
少なからずとも私は出航の時、危険過ぎると思った。
 そして、この辛坊が”故たかじん”に代わって国民を洗脳している番組についての記事より画像を紹介します。
「晴耕雨読」より
見よ、この自民お抱え番組のような画を。

1410097563_480.png
1410099918_480.png

内閣総理大臣・安倍晋三
メディア全般を管轄する総務大臣・高市早苗
NHK経営委員・百田直樹 
そして、ミヤネ屋

だいいち、津川雅彦や山口もえ、ざこば、偏った田嶋陽子などに政治の何が分かるというのか。 
この日本を代表する御用クソ番組、まずこういうところから潰していかないと国民の目は覚めないだろう。
たかじん然り、まともな事を真面目にしゃべっている人間を黙らせ、せせら笑うこの輩たち、いつかその報いが自分に降りかかるだろう。

「FASH 発売中止 やっぱり・・・」

 9日発売の「FLASH」が突如販売中止になった。
発売後に回収というのはよほどの理由があるはず。
しかもその理由については「発売を中止して、世の中に出ない雑誌なので、どこに不備があったかについては、コメントを差し控える」とのことだが、不自然極まりない。

flash01_480.png


*********** 日刊スポーツ *********

セレブSEX写真で?フラッシュ発売中止

 写真週刊誌「FLASH」を発行する光文社は8日、今日9日発売の同誌9月23日号の発売を中止すると発表した。広報が「一部の記事に不備があった」などとコメントを発表。どの記事が問題だったかという点には「発売を中止して、世の中に出ない雑誌なので、どこに不備があったかについては、コメントを差し控える」と話した。書店への配本は始まっているが、回収を進めるという。

 関係者によると、計8ページの袋とじ特集「海外セレブ美女プライベートSEX写真スキャンダラス流出!!」が問題になったという。米アップルのデータ保管・共有サービスの「アイクラウド」のアカウントがハッキングされ、有名女優や歌手らの私的なヌード写真などがインターネット上に流出している問題で、この特集は、流出写真18枚を掲載。写真に修整を加えることなく、有名人のものと特定している。

 本人の許可を得ずにヌード写真などを掲載した場合、多額の損害賠償を請求される可能性がある。このため、回収費用を払った上で販売中止することを選択したとみられる。日本雑誌協会が公表する同誌の発行部数は、約21万4000部。

 [2014年9月9日7時3分 紙面から]
*************************
           ・
           ・
           ・
********** Yahooニュース ********

東野幸治 「FLASH」発売中止の真相を確認 海外セレブ写真の袋とじが理由?
(写真:リアルライブ)


 9日、お笑い芸人の東野幸治が自身ツイッターで、「今週のフラッシュは発売中止らしいです。海外セレブ美女プライベートSEX写真スキャンダラス流出という袋とじが理由なのか? 今、確認したら、たいしたことないような感じですが。。。マリアナ、グランデも自撮りしていたのには、ビックリでした。というか、普通にFLASH売っている」とつぶやいた。

 9日発売予定の写真週刊誌「FLASH」が発売中止となったことを、出版元の光文社が8日、公式サイトで「一部記事に不備がありましたので、発売を中止することといたしました」と発表していた。

 東野は「FLASH」が発売されているとつぶやいていたが、リアルライブ編集部近隣のコンビニエンスストアに確認したところ、「記事に不備があったため、返品されたので取り扱っていません」と返答。東野は一体どこで「FLASH」を入手したのだろうか?
**************************

入手は簡単。
当初は一部コンビニで販売してしまったそうで、突如中止・回収になったようだ。

表向きは”計8ページの袋とじ特集「海外セレブ美女プライベートSEX写真スキャンダラス流出!!」”が問題らしいとの関係者の告発らしいが、この告発がトラップであることは容易に想像出来る。
この「FLASH」一応コンビニに探しに行ってみたがさすがにもう残っていなかったが、おそらく同じ内容であろう写真記事が他の雑誌で出ていたから間違いない。
東野も言っているように、騒ぎ立てるほどの写真ではなかった。
FLASHも馬鹿じゃないだろうし、その筋のプロであるから、海外の莫大な損害賠償が発生しそうな強烈なものを載せるはずもない。
となれば、なぜFLASHだけなんだ?ということになる。

 何かを黙殺しようとした時、完全黙秘は逆に誰かしらが真実を突き止める。
なので、こういった噂をネットで先に流す方が効果は絶大なのだ。

 前置きが長くなったが、要するに何を隠したかというと、表紙を見れば一目瞭然。
「報道ステーションのディレクター自殺」である。
”現役報道ディレクターの不可解な自殺 < 公園の蚊” を押し通したかったところ、邪魔が入った為「今すぐ回収!!抹殺!!」ということだ。

 この「自殺?」、突っ込まれて困るのは当然実行犯を雇った組織。
雇った組織は報道ステーションのスタンスが気に入らない組織。
報道ステーションのスタンスは”他ではやらない原発報道”。
他ではやらない原発報道が迷惑なのは、と考えれば、黒幕は絞れる。

 この国、恐ろし過ぎないだろうか・・・
09-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。