~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国・マスコミによる123便墜落事故 原因の誘導」

 12日、フジテレビが「8.12日航機墜落30回目の夏生存者が今明かす”32分の闘い”ボイスレコーダーの新たな声」なる特番を放映した。
今回新事実が分かったとのことで、マスコミに期待はしなかったものの、「もしかしたら」という微かな希望を胸に見たわけだが、・・・やはりフジテレビはマスゴミの一つということに何ら変わりはなかった。
洗脳番組であった。

 要するにこの番組もアメリカ式”美談ドラマで気を引いて洗脳”タイプの構成だった。
新事実というのは、「ドーン」という音が三回あったというものだが、結局これも”隔壁破損説”の裏付けとして使われた。

youtube6分10秒くらいから。

バカな話ではないか。
この隔壁の破壊音を含め一秒程の間にこの三段階の大音響があったなら、確実に急減圧があったはずだ。
この急減圧で機内の状況がどうなるかは想像がつく。
この状況を番組ではこう言っている。

フライトレコーダーによると、横揺れに合わせて上下運動も始まっており、非常に不安定な状況・・・
そんな中乗務員達は乗客を落ち着かせようと懸命だった。

この時の唯一の写真がこれだ。
そんな必死な状況に見えるだろうか。
番組では「そう見えないのは乗客が何が起こっているか知らないからだ」と言っていたが、何を言っているのか。知ろうが知るまいがそんな状況で落ち着いていられるはずがない。
日本人の性質からして、何かあっても大騒ぎはしないかもしれないが、この空気はそんな必死感は感じられない。
乗務員の立ち方を見ても航空機の強烈な横揺れ縦揺れの中での状況とは到底思えない。
酸素マスクも揺れていない。
n-ochiai1.jpg
揺れる機内で書いたと思われる乱れた文字のアナウンスの準備メモ?
これが乱れた文字だろうか。
確かに慌ててはいるが、激しい揺れの中でこれだけの字は書けない。
IMAG0981_480.png
自動車のような細かな振動は比較すると少ないかも知れないが、大きく揺れる中でペンが大きくずれる位の事は想像出来る。
IMAG0984_480.png
これは現場から発見された乗客の書いた文字。
同じような文字だが、「安定している」の文字が見える。
以前見たことがあるが、確か「現在機体は安定している」というような事が書いてあるはずだ。
IMAG0986_480.png

揺れている場合の文字はこのようになるはずだ。
emma9_480.png
essay_03isyo_480.png

何が言いたいのかというと、番組で言うように、単純に最初の衝撃音の後機体が大きく揺れだし迷走し墜落したなどというものではなかったはずだということ。
番組ではとにかく隔壁が破壊⇒コントロール不能⇒ダッチロール⇒墜落、という一固まりの事故で片付けているが、実際はこの事故(事件)にはいくつかの流れがあることを無視している。
間違いなく、最初の衝撃⇒大した異常は無い⇒迷走⇒次の衝撃(地元の住民の川上・相木付近でキノコ雲の証言あり。2機の戦闘機に誘導されていたという証言もあり。)⇒墜落⇒高天原へ激突・後部が折れすげの沢へ(前部は異常な状態に木っ端微塵に吹き飛んだ)http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-180.htmlであるはずだ。
とにかく隔壁の破壊⇒墜落の一つで片付けようとしている。
機内の写真も我々が「状況としておかしい」と騒ぎ続けた部分だ。
ボイスレコーダーの不明部分への追求もたった一つの衝撃音といくつかの機長の言葉のささやかな検証にて終了。そんな事は専門家がずっとやってきた事だ。
騒がれている疑問部分をこれで洗脳したつもりであろうが、全くもって納得出来るものではない。
むしろ、「なぜここまで隠したがるのか。何を隠しているのか。」という疑念を強くさせられたものだ。


 フジテレビはどうでも良いとして、今でもなお肝心な無数の疑問には国もJALも一切関わろうとしない。

初心に戻って考えると、最初の段階として、その破損して落下した垂直尾翼を捜索しなかったことからおかしいではないか。
まあ、捜索できるはずもないが。
既に回収されて隠されているのだから。
これは自殺した(この墜落事故後、自衛隊員の自殺者が増加している)自衛隊員からある人物が渡されたという写真。
以前も書いたが、この二枚の写真が関係した二枚であると考えるのが自然。

二人の自衛隊員(米軍にも見えるが・・)の自殺者、この高さでどうやって自殺できたのだろうか。
登るものもないし、第一こんな高さに掛けるだろうか。
なぜ自殺したのだろうか。
自殺なのだろうか。
jiei.jpg

そして、これがおそらく墜落機の物であろう尾翼。
この鶴のマークの下の大きな破壊痕とオレンジ色の塊が見える。
この尾翼、見つかっていないことになっているのだ。
08151_480.png
 これらが、「まず」の段階の疑問である。
自衛隊、米軍、標的機、ミサイル、地下施設・・・
疑問は一つとして解明されてはいない。
スポンサーサイト
08-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。