~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球空洞説」

 昨年ウェブサイト「インターネット・クロニクル」で元CIA職員のエドワード・ジョセフ・スノーデン氏が、地球のマントル部分に高度な生命体が存在していてUFOは彼らが飛ばしているとの暴露話を載せた。
・・・正直この情報源は非常に疑わしいとしか言い様がない。

583197_c450.jpg
あのスノーデン氏がまだまだあるであろう政府等の暴露話を飛ばしていきなり地底人話を公表するとは思えない。
元々この「インターネット・クロニクル」、私はよく知らないがタブロイド誌に近いような要素が強いらしい。
おたずね者のスノーデン氏をこのような扱いをしても罪には問われないだろうという暗黙の了解を感じる。

ただし!
ただし、私は空洞説自体は真実であろうと考えており、以前からいくつも本を漁ったりしている。
こういった話を、怪しげな媒体に載せることで信ぴょう性を一気に失わせるという意思も感じられる。
もっと言えば、実際スノーデン氏もこのような情報を本当に持っている可能性もある。
空洞説に関わらず、その上でこのような晒し者にすれば大抵の人は真剣に考えることは無いだろう。

なので、あえて空洞説を取り上げる。

iriguti.png

13950.jpg
このように、地球の中は空洞になっており、その中心には第二の太陽がある。
そして、その中の世界も我々の住む表面の世界と同じような光景が広がっている。
というのが地球空洞説である。
そしてこれは、中から行き来しているというUFOの出入り口と言われるgoogle earthの画像。
合成とも見れないことはないが、このように騒がれても削除されることなく触れられる事もないところを見ると、本物という可能性も秘める。


E59CB0.jpg

E59CB0E79083E381AEE58685E983A8E381B8E381A8E381A4E381AAE3818CE_480.png

これは、火山の中(地底へ)入っていくUFOの映像。
これらを全てインチキと言うことが出来るだろうか。
100のインチキがあっても、一つ本物があれば、それが真実である。





これは、火山活動に何者かが関与しているのでは、と思える映像。



空洞説と言うと、マグマはどこへ行った、マントルは住めるような状況じゃない、とか言われるのが常だが、はっきり言ってそんなもの誰も見たことはないのだ。
人間が確認しているのは地球の薄皮一枚程度だ。その中を調査の数値だけで全て理解したと思う方が無理がある。
確かにプレートによる地震などを見ればそのような作りなのだろうと思えるが、私はこう思う。
そんな大きなマントルの規模で対流していれば地表がガタガタ揺れるくらいでは収まらないだろう。
大地震といっても、地球からしてみたらほんの皮膚表面が痒い程度のもの。
癌の如く、地震のプロセスなど科学者達の思い込みに過ぎないと考える。

そんな空想論で全て否定するよりも、実際に起こっている目撃例などから想像する方がよっぽど科学的と言えないだろうか。

空洞と言うと、天体の誕生のプロセス上そうなるはずがないと言われるが、こう考えられる。
(* 高温の塊から地球(天体)が出来るというのが正しいとしての話。)
ガスなどで密度の低い高温の天体の元が自転による遠心力で風船状に広がっていく。中心の核の部分(物質)は強い重力の塊であり、中心にとどまる。
軽い物質は広がっていくことで核になる熱源から遠ざかり固まっていく。
冷えたところで、遠心力により海水は分離して更に外(地表)へ出てくる。
内側に海があるとしたら、もっとかなり重い液体?なのかも・・・と考えられる。

もし内側の世界があるならば、天気は安定しており、宇宙線などの害もないはず。
天候による災害等はないのではないだろうか。

と考えている自分はおかしいのだろうか・・・
とも思うことはあるが、しかし、いつの世も何かしら間違った解釈の中で生きている。
どちらが正しいなどとは言えないはずだ。
スポンサーサイト
テーマ :    ジャンル :
04-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。