~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オウム真理教 取り巻く本当の異常者達」

 しつこくオウム事件について。

これは強制捜査前日の模様を放送したもの。




完全に犯罪集団扱いだ。これから強制捜査ということは、まだ容疑の段階だ。
今でも教団全体が犯罪者であるとの認識が常識となっている。

ここで問題にしたいのはマスコミはもちろんのこと、住民達の行動である。
「今まで捜査しなかったことがおかしいんだ」と正義と被害者を掲げているが、もしも有罪ではなかったらどうするつもりなのか。謝罪するつもりなのか。
怪しい行動が多いオウムを疑うのも分かるし腹が立つのも分かる。身内で何を言うのも構わないし、教団に抗議するのも当然だし、警察に通報するのも当然だ。ただ、公の場で寄ってたかってあの勢いで犯罪者と決め付ける言動はどうであろうか。少なくとも信者全員が一丸となって犯罪行為をしてると言い切れる状況ではなかった。
今でも、ほとんどの信者は無実で事件のことなど知らなかったと思っている。
自分は被害者であり、奴らは悪人だ、だから我々は何を言っても良いんだ。
言えば言うほど自分は正義なんだという勘違い。
一般人であれ、人を簡単に犯罪者に仕立て上げるのはそれこそ犯罪である。

 監視小屋を作りそして、施設を四六時中盗撮する。
これはオウム以外の不審者にやったらどう思うだろうか。
信者が監視塔からこちらを監視し大きな声を上げている。怪しい・・・
申し訳ないが、逆の立場で自分達が悪い事をしているという認識が無ければ、近隣住民がこちらに対してああいった行動に出てきたら同じことをするだろう。「ここの住民は何を考えているんだ」と思うのが普通だ。
「何をしてるんだ!出てきて名乗りなさい!」私もそう言うだろう。
強制捜査の際も、信者達がバリケードを張って警察を牽制したが、それも信者達にしてみたら当然の行動だ。
不法に身に覚えのない容疑で全国にいや、世界に犯罪カルト教団として発信されようとしているのだから。
それをありのままに報道するのは当然の事だが、おどろおどろしいBGMにタイトルを付けられ全国放送される事態は真面目に関わってきた信者にとっては我慢ならないのは当たり前だ。

 住民達はオウム潰しで躍起になっていて、オウムに対して何をしても正義であり自分は間違ってないと思っているだろうが、三者から見たら、やり過ぎ・犯罪的である。むしろ自分の施設から身を守るために監視している信者達よりも攻撃的・異常行動である。

 私の自宅から20分ほどの所に以前オウムの関連施設があり全国ニュースになった。
生中継も何度となくされた。
その頃には、地元の住民だけでなく近隣の消防団までも呼び出された。
私も夜間の監視に引っ張り出されそうだったが断った。
はっきり言って不法侵入であり安眠妨害である。
知人に聞くと、地元の住民は中まで入って教団の物を運び出したりしたそうである。


 どちらが犯罪者か考えなくても分かりそうなものだ。
でも、住民の方が被害者だから何をしても良い。「オウムは悪者だから攻撃すれば正義である」というおおよそ普通ではない思考回路によって住民達は自己催眠に陥った。それをしている人達のほとんどは自分は何もされていない訳である。
テレビで見て、うちにもオウムが来た!追い出してやれ!という半ばお祭り騒ぎなのである。
本当に被害にあった人達はそんな暇潰しな行動はしていないはず。
もっと具体的に教団と闘い疲労困憊していたはずだ。今でも苦しんでいることは容易に想像できる。
だが、当時騒いだ連中はどうであろう。
今でも被害者の事を考えて活動しているだろうか。
もちろん全て忘れて通常の生活を送っている。
そんな輩にあそこまでする権利はないのだ。

 お上がまともでないから致し方ない部分もあるが、洗脳するマスコミ、それにまんまと乗っかって正義のフリをして喜んでいる住民達、それを使って畳み掛けるキャスターや記者達。
日本をダメにしている、日本人をダメにしている代表である。

 そして、このような交流は無かったこととしている事も納得がいかない部分です・・・

images80CE2PWM.jpg

見てください。

 http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-284.html


以前の記事ですが、麻原とたけしが楽しそうに対談している動画は消され、オウムを非難している発言会見は残っています。
事件後のこの会見報道ではたけしの「面白いなあ。麻原さんは宗教から一番遠い人のような気がする」を、まるで麻原は宗教者の感覚が欠けていると捉えさせるナレーションがかぶせられている。
ちがう、この発言は、たけしが麻原を宗教者にしては分かりやすくフレンドリーな人で話し易いという意味で言ったのを覚えている。
こういった内情は無かったことにして、たけしは最初から麻原を疑問視していたかのような報道をしたのだ。

 毎回言わせて頂いてますが、私はオウムを擁護するつもりはありません。
とんでもない事件を起こしました。
ただ、政府の一部組織や某政党教団にはめられた部分は間違いなく大きいと思っています。
そういった真実を見極めるには、このような報道や住民活動がフィルターになっていて邪魔なのです。
よって、このような記事をしつこく書いている訳です。

 オウム事件に関わらず、様々な事件の会見や現場で見られるこのような偽善発言・行動に大きな憤りを覚えるものであります・・・


スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
03-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。