~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パワースポット?」

 先日、いつもの炊事・飲用の地下水を切らしてしまい、仕方なく近所のスーパーのミネラルウォーターを購入してきた。しかし、雪の最中の家族の「美味しくないから汲んできて」の言葉に「マジか・・・」と思いつつも、悪いことじゃないから頑張るか(汗)と、重い腰を上げて一時間掛けていつもの水汲み場へ向かった。
ミネラルウォーターを美味しくないというのも面倒な話だが・・・
案の定、かなりの雪・・
IMAG0608_480.png

いつも出かける時は「面倒だな~」というのが一番なのだが、ここへ来ると非常に心が落ち着く。
静けさと景色もあるだろうが、どうもそれだけではない気がする。
ここは水だけではなく、魂も洗われる気がしてならない。
ちょくちょく水汲みに人が来るので落ち着くことが出来ないのだが、この日などは天気が悪いこともありゆっくりすることが出来た。
IMAG0613_480.png

雪の日はこんな感じでタンクをトランクいっぱいに積んで帰ります。
IM0610.png

こうして水を入れながら、「ここってパワースポットって話は聞かないけど何か違う気がするんだよな」と考えていると、以前見た動画で秋山真人氏が「この世のいたるところにそういった場所がある」と言っていたのを思い出した。
秋山氏はテレビなどで何かと誤解を受けたりもしているが、私はものの考え方・取り方が似ているので信頼している一人だ。
 なので、自分が思う以上、ここもパワースポットとして自分の中で認定することとした。
おそらく、綺麗な水が出る所はそういった場所が多いような気がする。
特にここは日本で数少ない黒曜石の産地であり、この辺りで出る湧水は黒曜水として出回っている。
ただ、ここが一番純粋な黒曜水が出る場所だと思われる。
その辺の水とは艶が違う。

 要は、人それぞれ波長も違うし抱えているものも違うので、感じ方は違うかも知れないが、自分がここだと思った時、そこが自分を浄化し力を与えてくれるパワースポットなのだと思う。
以前記事にした分杭峠も、ただただ棚ぼた狙いで行ったところで何もならない時間の無駄であるはず。
やはり、人間とパワースポットも送信機と受信機の関係であり、両者の波長が合った時その効力を発揮するのではないだろうか。
そして、その波長が合う幅が大きく、多くの人に効力をもたらしやすい所が有名スポットとなるだけではないか。
私にとっては、ここはパワーを取り込むというよりも、浄化されるタイプのパワースポットだと思う。
IMAG0611_480.png

 動画の中で秋山氏が、家の中にもパワースポットを作ることが出来ると言っている。
家の邪気の溜まりやすいコーナーや、南西に、石やアクセサリーなどを基本左右対称にアーティスティックに絵を描くつもりで配置する。そして、三ヶ月ほど気分のいい時にその前へ行き本を読んだりリラックスして過ごす。
そうしてる内に良いパワーがそこに溜まり、パワースポット化するという。




 この世の全てはある意味波動で成り立っていると思う。
なので、単に何かを崇拝するのではなくて、自分にとって良い波動を見つけ、また、貯めて、そこを大事にするというのは非常に納得がいく。左右対称にアーティスティックにというのはまさに自分にとって崇拝しやすくなる効果があると思われる。見た目も自分がしっくり来ないと波長も合うはずがない。
気持ちの良いものを貯めていく事で、そのパワーを再度受け取る。考えてみれば当然かも知れない。
思い返しても、自分にとって嫌な思い出のある所で楽しいことは起こらない。
楽しい思い出しかない所では自分を発揮できるし、悪い結果も出にくい。

普段の生活の中でも自分のお気に入りの場所があれば、良いイメージを頻繁に持ち込み自分のパワースポットにする。
そういうスポットが生活圏にどんどん増えていけば気持ち的にも魂的にも人生すら好転するかも知れない。


スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

「大雪」

 またしても間が空いていまい申し訳ありません。
雪との格闘で疲労困憊しておりました・・・

豪雪地から見れば大した事ではないのでしょうが、慣れていないというのは怖いことでこの町は軽いパニックでした。

15日、朝玄関を出てビックリ・・・
軽く腰までの雪が一面を覆っていました。
愛車がこんなことに・・・
IMAG0621_480.png

全てが埋もれてしまい、出勤も出来ず車を動かすまでに6時間の雪かき。
元々雪が珍しい訳ではありませんが、これは初めてでした。
もはや除雪車も動けないほど車があちこちで立ち往生。
雪かきしながら、目の前でスタックする車達の救出の日々でした。
IMAG0622_480.png

メインの通りは除雪後もこんな有様。
自衛隊も出てきて全国ニュースに。
約四日間に渡り、高速の通行止めと立ち往生のトラックでいっぱいになりました。
運転手さん達は何キロも歩いて飲食店を目指していました。
IMAG0648_480.png

スーパーは生鮮品などは品切れ状態。
パンすら手に入らない状態は初めてです。
IMAG0641_480.png

現在はだいぶ落ち着き、食料品もガソリンも通常を取り戻しました。
ただ、今でも一本裏道へ入ると片側通行状態で路面は洗濯板のよう・・・
渋滞が続いています。

もう勘弁・・・という感じはあるのですが、災害というのは普段関わりを持たない人達との交流を生み、また、日本人の困っている時こそ自分だけでなく人の事を考えるという遺伝子に刻まれた美学と言いますか、使命というものを感じました。
某国ではありえないことでしょう。
あらためて、この国(国民)の霊的レベルの高さを感じました。

それを邪魔する政治家、お役人達は見習って自分を理解し勉強し直して頂きたい。
安倍さん、舛添さん、自覚を持ってこの国を動かして頂きたい。。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「白バイ事件 裁判所の揺さぶり発覚」

忘れてはならない ~ 高知白バイ事件 ~

忘れてはならない ~ 高知白バイ事件 ~  ②

「高知白バイ事件」警察の捏造証拠

 高知白バイ事件、タイヤ痕やネガの証拠捏造は確定状態にありながら絶対に認めない警察、そしてそれを認定する裁判所。
協力者の小松氏は、怒りのあまり県警本部長宅付近で深夜に皮肉の替え歌を歌いながら通行したところ、逮捕・起訴された。起訴内容も事実とはかけ離れていたようだ。専門家曰く、こんな立ち小便程度の事で起訴されるなど前代未聞だそうだ。
とにかく、警察も裁判所も証拠の捏造を闇へ葬るという方向性を変えるつもりはないようだ。

そしてとうとう、裁判所は最後の手段に出てきた。



 
 要するに、片岡さん側の「停止中に白バイが突っ込んできた」という説明を取り入れつつも、白バイが突っ込んだ際に衝撃でバスが動き、それによってタイヤ痕がついた。そんな感じで納得するなら再審請求を通してあげてもいいぞ。どうだ?と無茶苦茶な駆け引きにでてきたのだ。
もっと言うと、捏造のことは忘れろ、無罪になるにはそれしかないぞ、いいな!ということだ。

根本的に間違っている。
事故の真相がはっきりするのは再審請求が通り、審議が始まってからだ。
審議の中で真実が明らかになり、判決が出るはずだ。
今回裁判所が言っているのは、あらかじめ事故の真相を決めて、審議が始まったらそれを納得させるだけということになる。
逆転無罪を与えてでも捏造だけは闇へ葬るつもりだ。

どう考えても納得できるものではなく、叩きつけてやるべき内容なのだが、片岡さんからしてみたら、今蹴ったらもはや無罪は永久に勝ち取れないとなりかねないので複雑な心境のようだ。

「無罪」を人質に自分達の犯罪を隠すという卑怯極まりないやり方だ。

裁判官は最高裁事務総局の判断に従わないとやっていけない。
真実は二の次。
これが我が国の司法制度なのだ。
kouti01_480.png
koti02_480.png



だいいち!
マイクロと言えども、この大きな車の先頭にオートバイが横から突っ込んだ位で、ブレーキを踏んでいるバスが前方に(白バイの進行方向から見て右に直角)タイヤ痕を1メートルも残しながら進むなどという事は起こりえないということくらい分からないのだろうか?
高知県警は本当のアホなのか?
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「関東の高線量の理由」

 少し古い話になってしまうが、これは拡散すべきと思いますので皆様もブログで、口伝えで、どんどん広めて頂きたく思います。

 一般には311以来福島界隈が危険だという認識だと思いますが、我々ネット住人は関東もかなりの高線量で、真実は分からないが既に人体への影響も報告されている事を知っています。
だが、私も含めそれはフクイチからのものと思っていた人の方が多いのではないだろうか。


こんな重要な情報が大々的に報道されないこの国が恐ろしく思えて仕方がない。



********** 「石渡としお後援会」 ***************


■東海村原発、危機一髪!

■5月20日、長生村にて東海村村長村上氏の講演が行われました。
マスコミも政府もほとんど報道していませんが、東海村原発ですが実は爆発寸前でした。
ここからは、村上東海村村長のお話です。

「昨年3月の大震災で、東海村は震度6強で、5.4mの津波を受けました。原発の電源は断たれ、非常用電源3台のうち、1台が津波でダウン、原子炉内が高圧になり危険でしたのでベント(原子炉内の高圧ガスを抜く)を170回行いました。
幸い海辺に6.1mの防護壁を1日半前に完成していました。
70cmの差で津波を防ぐことができて2台の非常用電源が動き出しました。
防護壁の完成がなかったら福島原発同様に爆発したでしょう。
危機一髪でした。」

如何ですか!マスコミや政府はこういった事実を報道しましたでしょうか?
もし東海村原発が爆発したら、本町内の住民も避難を余儀なくされたかと思います。
それだけではなく、この故郷に2度と戻れなくなったかもしれません。

ところで今問題になっている福島第一原発の4号機の使用済み核燃料プールの状態は世界を脅かす究極の破局の原因となる問題です。
余震によって崩壊し、水漏れを起こして爆発すると、5時間後に東京は住めなくなります。
在日の米国人は2日で日本から避難する態勢を取るなど神経質になっています。
これは元スイス大使の平田光平さんのお話しです。
政府はこの危険な原発をベトナムに2期輸出が決定しています。
しかもベトナム政府の進める導入可能性調査にかかる20億円は日本政府の丸抱え。しかも総工費1兆円は日本側が低金利で融資も決定している。
日本でダメなら海外でてなことでしょうか。

東海村等々の上記の内容は、何ともショッキング的なお話しだと思いませんか。
特に福島第一原発はこれが現在進行形の話題だけに無気味なことです。

*********** 転載終了 ***********

これは市議会議員 石渡としお(おそらく千葉県大網白里市の市会議員さんだと思います)さんのブログで公開された茨城県東海村の村上村長の言葉。

とんでもないことだ。。。。

フクイチでベントした時は政府も巻き込んだ大騒ぎの上で行われた最後の選択であったはず。
それを東海原発では、我々の知らない内に170回も行っていたのだ。
しかも、それをしなかったら爆発していたかも知れなかったのだ。

これを報道しないのは、国民への裏切り行為である。
まあ、最初から守る気もないのだから裏切りにすらならないかも知れないが・・

だいいち、全国の原発は度重なる事故を起こしてきたが報道して来なかった。
ベントなどアチコチでやっていたはずである。

なので、線量が高い地域は311以来上がった線量ではないかも知れないのだ。

日本全国原発がある以上、全く漏れた事がないなんてことはありえない訳で、我々はずっと騙されてきたのかも知れない。癌が増えたのも、もしかしたら全国の原発に原因であった可能性も捨てられないと思われる。

言わない、調べない、伝えない。こんな国での原発など余計に不気味な存在である。
案の定、都知事選では脱原発派の票数を細川・小泉組と宇都宮氏で割って、自民公明の犬、舛添が当選して、これで原発も心置きなく動かせるようになった訳だ。

もう一発爆発しないとこの国のイカレた政治家たちは何も考えないのだろうか・・・

tokai2.png


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
02-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。