~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「警察の職務」

 この撮影者、ちょっと追及の仕方が上手ではないが、こういう人もいないと困る。
国民がみんな黙って従う訳ではない、我々は警察の下ではないということも主張しないとだめだ。
私も納得しないことは黙ってはいない。
先日も警察の職質の仕方が強引だった為、30分説教させて頂いた。
最終的に「申し訳なかった」と言われたので事無きを得たが。
下手をすると強引に引っ張っていかれる恐怖もある。
なのでなかなかこういう行動には出にくいものだ。




この動画の中でも警官は法律が法律が、職務だ職務だと詰め寄っているが、警察の仕事は捕まえるありきではない。犯罪から国民を守ること。事故から国民を守ることだ。
守ろうとなどしていない事が見え見えだからこういう動画が増えるし、こちらも法律を出して少々強引な拒否の仕方を勉強する訳だ。

撮影者の言うように、警察の取り締まりは危険な所ではなく捕まえやすい所で行われている。
もちろん速度オーバーは捕まっても仕方がない。ただ、危険な運転をしたから捕まるということを元にしなければならない。
この警官たちの言っていることは、極論である。
まったく同意できない。
取り締まりでも大事なのは「優先順位」だ。。
危険な所を取り締まり、事故を減らす。。

広くて分離帯があって歩道があって家が少ないとなれば速度も上がってしまう。
危険度が少ないから踏み込んでしまう。
それでいいという訳ではないが、パトカーでも速度を上げているではないか。
はっきり言って、「おいおいふざけるなよ」というパトカーは頻繁に見かける。
白バイにいたっては、ただのバイク野郎でしかない。
天気が良くなると湧いてきて、雨が降ると見かけない。
「危険だから?」
そんなのは一般車両だって同じこと。
危険なら尚さらパトロールすればいい。

無意味な蛇行運転、赤色灯をつけずにサイレンも鳴らさずに猛加速する姿など頻繁に見かける。
地元佐久市の臼田で見かけた白バイは、信号待ちの車の先頭に停まり、向かい側の通りの信号無視を取り締まり、信号が青になると手を振って後ろの車に「行け行け」と合図をする。
完全な妨害である。後ろの車は思い切りハンドルを切ってギリギリで進んでいた。
あんな輩は暴走族と変わらないのである。

以前も書いたが、もう一度言わせて頂く。
以前知り合いの婦人警官から証言を得た。
警察学校の講義で、教官が
「取り締まりは所詮これだから」
money.png
と言ったそうだ。

これは小諸市美南交番がいつも目の前で行っている携帯の取り締まり。
安全地帯に誘導し、後部が右車線に入り込んで停めているので非常に迷惑だ。
右折車があっても車の左方に立ったりして通行の妨害になっていた。
IMAG0401_600.jpg



IMAG0400_480.jpg
携帯を使っているドライバーより警察官の方がいつも邪魔で危険である。

これも佐久市の地元で撮ったもの。
脇道をいつも違反者の誘導場所として使っている。
しかもここは、カーブのすぐ先にあたり、カーブの手前の神社の藪の中に隠れて報告している。
なので、ドライバーから見るとカーブを抜けた所でいきなり脇道に誘導されるのだ。
どちらが危険か分かりそうなものだが、警察は簡単にたくさんキップを切れる場所を選ぶ。
IMAG0136_480.jpg
ここは脇道とは言え、普通に車が通る車道である。
ドアを開けっぱなしで話などされたら邪魔で仕方がない。
IMAG0134_480.jpg

いつも書くが、中には立派な警察もいることは承知している。
しかし、警察という組織を総評するとこうなるしかない・・・
スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「311を忘れないために」

 政府は何もしない。
復興は放っておいて原発の擁護に全精力を傾ける。

政府(政腐?)の悪行に洗脳されずに国民だけは当時の気持ちを忘れてはならないと思う。

この映像は私が一番胸を痛めたもので、見る度に震災の事を思い出せるものです。

タイトルは最低な取材とつけてありますが、私はそうは思いません。
ありのままを見せて頂いた貴重な映像だと思います。
笠井アナウンサーも数少ない好感を持てるアナウンサーです。
私は好きですね。

この御家族はもう見たくない映像かも知れませんが、こういった映像を残して頂いたことを感謝しつつ、心して焼き付ける必要があると思います。
頑張って!なんて言葉は軽すぎて言う気になれません。
当然必死で毎日を重ねている事でしょう。
この子の心の痛みが一日も早く少しでも癒える事を祈るばかりです。
私も早めに母を亡くしましたが、この歳で母親を亡くすのは(しかも父親もいないと言っています)絶望に他ならないと思います。
忘れないことがこの映像を残して頂いたこの御家族への恩返しだと思っています。

 同時に、政府への怒りが倍増していくのを抑えられません。
何も変わっていないのにオリンピックどこじゃないだろう!
経済効果など知ったことか。たかが知れてる。。
本当に全体を考えればプラスになるかどうかも分かりはしない。
第一、プラスになったところで国民の為に使われない事は分かりきっている。

 だからバカ騒ぎしている気持ちが私には分からない。
復興よりオリンピックが先は誰が考えてもおかしい。
福島を元に戻すことは正直無理だと思う・・・
しかし、がれき処理や、避難されている方々の生活を援助するくらいなぜ出来ないのか。
政府はお祭り事より目の前の事を考えろ。。。
銃弾送る金があるなら東北へ送れ!

アメリカはトモダチと言うならトモダチから金を奪うな!






テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「アントヌッチ証言」

 日航123便事件の重要なキーとなる米軍人マイケル・アントヌッチ氏の俗に言う「アントヌッチ証言」。
youtubeにて貴重な証言ビデオを見つけたので保存しつつ、ご存知無い方は確認して頂きたい。

123便事故に関して様々な情報や憶測が飛び交い、現実には単なる事故として政府や日航は片付けてしまった。
再調査の申し立てをする遺族の方々を無視して。。

しかし、機械的・物理的な難しい話をさておいても、この証言だけで自衛隊や政府は何をしていたんだ、何を隠しているんだという事になる筈なのに一切触れようとしない。
事故調側は何やら言い訳もしているが、こればかりは絶対に納得いく言い訳など出来ない。

米軍機が即座に現場を発見し、救助を始めようとしたところ、「自衛隊の救護が近くまで来ているから帰還しろ」という命令が下る。
今すぐ降下して助けられると言ったにも関わらずだ。
そして、仕方なく現場の座標も自衛隊側に伝えて帰還したという。

しかしその後、10時間も発見されなかった。
あの灯りもない山中で炎上する機体を座標まで知っていながら、そして近くの村民達の目撃証言もあるにも関わらず。地元の青年が目視だけで現場まで徒歩で行けたにも関わらず。

私の知り合いも南相木村でキャンプをしていて、事故直後に続々と撤退する警察や自衛隊を見ている。
なぜ帰る?

あまりの放ったらかしの状況にしびれを切らして長野県警が捜索に入り、それを受けて仕方なく群馬県警が後から入ったという。群馬県警は何を知っている?

中曽根、この国は、日航は、米軍は何を隠している。



そして、直後に現場にたどり着いた青年の「すでに自衛隊がいた。救助しないで何かを拾い集めていた。」という証言をただの嘘つきだと言うのか。



テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「徳洲会マネー」

 * またしても古い記事で申し訳ありません。

 猪瀬氏の徳洲会マネー疑惑事件も影を潜めそうな状況であるが、こんな時だからこそどんどん拡散して頂きたい。
なぜ小沢氏のように怒涛の攻撃がなされないのか。
こういう絡みがあるからのようだ。
また、選挙前の猪瀬氏の話を今更取り上げられたのは当然「保護法」に対する国民の目をそらす為に他ならないだろう。ど・れ・に・し・よ・う・か・な。。この辺りがタイムリーかな・・で選ばれたのだろう。
保護法が無事通った事だし、猪瀬イビリもそろそろいいだろう。まあ、おとがめ無しもなんだから、マスゴミ君達はそんなに報道しなくてもいいからそこそこ騒いでおいて・・といった感じだろうか。
元々告発したのは三井環氏率いる市民団体らしいので徹底的に追求するだろうが、今このタイミングで話が飛び出してきたのは誘導があったからではないか。

 それにしても政治家をやるのにはここまで金が必要だろうか。
身内からだけで4000万円近くが入ってきている。
そして、政治家のパーティー券の購入173万・・・
この人達はいったい何に使うのだろうか。
国会議員の仕事は国民の生活を守る話し合いをして、それを社会に浸透させること。
その際の交通費等は我々の税金から支払われている。
では、その大金を何に使うのか?と思って当然であろう。

 石破も安倍も、これが民主党の議員であれば猛攻撃しているところである筈。

************ 「しんぶん赤旗」より転載 *************
       「閣僚や石破幹事長はパー券
                  “徳洲会マネー”」
    2013年11月23日(土)


安倍晋三首相が「自民党のホープ」と持ち上げた徳田毅衆院議員(鹿児島2区)の姉らが医療グループ「徳洲会」の大がかりな公選法違反事件で逮捕されましたが、自民党は「事件に本人がかかわっているのか事実関係が分からない段階で、処分を下せない」として「離党」で幕引きを図ろうとしています。そんななか、徳田議員の資金管理団体に安倍内閣の閣僚や副大臣、政務官、石破茂幹事長など政権中枢が多数、パーティー券を購入してもらっていたことが、本紙の調べでわかりました。(図参照)

 調べたのは、徳田議員の資金管理団体「徳田毅政経研究会」の2011年の政治資金収支報告書。「組織活動費」のうち、「会費」名目で、政治家が資金管理団体などで開く政治資金集めのパーティー券を約80団体、計173万円分、支出しています。

 閣僚では、岸田文雄外相、茂木敏充経済産業相、根本匠復興相が各2万円のパーティー券を購入してもらっていました。

 加藤勝信官房副長官のほか、岸信夫、三ツ矢憲生の両外務、後藤田正純、西村康稔の両内閣府、古川禎久(よしひさ)財務、愛知治郎財務兼復興の計6人の副大臣も各2万円。

 福岡資麿(たかまろ)内閣府兼復興、土井亨(とおる)国土交通の両政務官も各2万円。

 首相補佐官では、秘密保護法案担当の礒崎陽輔氏と、木村太郎氏が各2万円、衛藤晟一(せいいち)氏が2回分計4万円のパーティー券を購入してもらっています。

 石破幹事長、高市早苗政調会長も各2万円。また、自民党や日本維新の会などの保守系議員による超党派議連「創生『日本』」(会長・安倍晋三首相)のパーティー券も2万円購入しています。「維新」の松浪健太国対委員長代理も3万円。

 徳田毅政経研究会の収支報告書によると、収入の大半は、2011年11月24日、東京都内のホテルで開催した「徳田たけし君と語る会」で、親族やファミリー・グループ企業が限度額いっぱいの150万円分購入(一部100万円)しています。いわば、徳田議員に買ってもらった自民党政治家らのパーティー券は、2万円とはいえ、“徳洲会マネー”です。

 ちなみに、石原伸晃環境相が30万円分、徳田氏のパーティー券を購入しています。

2013112315_01_1_480.jpg

************ 転載終了 **************

パーティー券を買う事は別に犯罪でも何でもないが、政治家が情報交換する為にこんな莫大な金をかける事自体に憤りを感じるのは私だけじゃない筈。
それに、これほどどっぷりと政治家と癒着している徳洲会、都政との癒着も猪瀬氏が都知事に就任してから突然始まったものであるはずがない。
という事は、当然石原氏も絡んでいたと考える方が自然であろう。
実際がどうであれ、可能性があると感じられる以上、検察は歴代都知事にも捜査の手を入れなきゃおかしい。
小沢氏にしてきたように徹底的にやらなければまた検察への不審感が深まる。
・・・それとも、国民はまた気づかないのか・・・・

fc2_2013-11-24_13-50-10-429_480.jpg

images_480.jpg

とりあえず、猪瀬氏・・・万事休す。
かませ犬で政界を去る。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
12-2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。