~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原無差別殺傷事件の真実

 秋葉原無差別殺傷事件、どれだけの国民が今でも気にかけているだろうか。

また、犯人として死刑とされた加藤智大被告が、実は犯人ではないかも知れないという疑惑をどれだけの人が知っているのだろうか。

その疑惑を封じ込めるように先日、加藤被告の弁護側の控訴が棄却された。

この事件も風化させない為に、今更ながら記事にしてみる。

産経ニュースより  ************************

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われ、1審東京地裁で死刑とされた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(29)の控訴審判決公判が12日、東京高裁で開かれた。飯田喜信裁判長は「犯行当時、完全責任能力を有していた」として、1審判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。加藤被告は控訴審の公判に一度も出廷しなかった。

 1審に引き続き、責任能力が主な争点だった。弁護側は、犯行状況の記憶に欠落があることなどから、「何らかの精神障害で心神喪失か耗弱(こうじゃく)だった疑いがある」と主張していた。

 判決は、1審が動機と認定したインターネット掲示板での嫌がらせは、加藤被告にとって「とてつもなく大きな体験だった」と指摘。加藤被告の当時の主観に照らせば、こうした動機は「病的な過程を介在させなくとも十分了解可能」として、1審と同様、完全責任能力を認定した。

 その上で「計画的な犯行で、態様は極めて悪質。動機は身勝手極まりなく、同情すべき点がない」と犯行を断じた。

 母親の不適切な養育が与えた影響についても「事件の遠因という以上の評価をすることはできない」とし、「死刑を避けるべき特段の事情を見いだすことはできない」と結論づけた。

 1、2審判決によると、加藤被告は平成20年6月8日、秋葉原の交差点にトラックで突入し、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺し、10人にけがを負わせた。


***************************


 この事件については、おおよそネットだけであろうが、加藤智大被告は替え玉として犯人に仕立てられたという説が話題となっていた。

本来であれば警察に現行犯として取り押さえられている映像が出てくれば、もはや疑いようもない事である訳なのだが、どうもおかしい。

いくつか、そしてほぼ確実な捏造の証拠が出てきており、更に私が気にかかっているのは報道の少なさだ。
上のニュースも本当なら大きく取り上げられ、一日中テレビで流されて良いはずの内容だ。
あの猟奇殺人の犯人の死刑判決を流さないのだ。

当然いくらかは放送したのだろうが、それほどテレビを見ない私などは一度も見ることはなかった。
芸能人のドラッグ使用などは嫌でも目に入るのにだ。

ここに、わかり易く解説しているブログを見つけたので写真等引用させて頂く。


「ネットの力で風化STOP 未解決事件を追う」様より引用


 この三枚は、すべて同じアングル、加藤被告が取り押さえられ逮捕された場所である。
akiba02.jpg

これはhttp://www.youtube.com/watch?v=s9hF21bHr_Q&feature=player_embedded#!からの静止画。上の写真同様間違いなく左奥の店舗入口のスロープの向こうには被害者が倒れており、周りには人だかりが出来ている。

akiba04.jpg

これは警察が公開したとされる写真だが被害者は無く、人だかりが無いどころかこの緊迫した状況にも関わらず誰も見向きもしていない。合成写真である。
合成してまでして何を守りたかったのか・・
akiba01.jpg

そしてhttp://www.youtube.com/watch?v=D6D-pKCh3TM&feature=relatedを見ると分かるが、18人を刺した現場一帯は血だまりだらけであり、これを馬乗りになってやった犯人は血まみれのはず。

しかし、加藤被告は逮捕時、全く返り血など浴びていなかったどころか持っていたナイフも一滴の血も付いていない様に見える。

これがわかる動画http://www.youtube.com/watch?v=aYc58M3Y0Yoは削除されている・・・


だいいち、3分程でこれだけの人間をメッタ刺しに出来るはずもない。
ましてや、胸部貫通などあのナイフの刃渡りでは不可能。
持ち替える余裕などもないはず。

死亡者
中村勝彦さん(74) 左背中刺創 慈恵医大 東京都杉並区 無職・元歯科医
藤野和倫(かずのり)さん(19) 腹部打撲? 三井記念病院 埼玉県熊谷市 大学生(東京電機大 * )
小岩和弘さん(47) 背部刺創 東京女子医大 東京都板橋区 無職
川口隆裕さん(19) 腹部打撲 国際医療センター 千葉県流山市 大学生(東京情報大 * )
宮本直樹さん(31) 胸部貫通刺創 墨東病院 埼玉県蕨市 会社員
武藤舞さん(21) 失血死 東京医科歯科大 東京都北区 大学生(東京藝術大 * )
松井満さん(33) 背部刺創 駿河台日大 神奈川県厚木市 調理師

負傷者
男性(53)=警察官 胸・重傷 東大病院
森早苗さん(24) 肺腎臓損傷・重傷 東京医科歯科大 静岡県焼津市 会社員
平松新さん(53) 腰・重傷 東京医科歯科大 兵庫県神戸市
男性(43) 脊髄損傷・重傷 聖路加病院 埼玉県新座市 会社員
男性(27) 背部刺創・軽傷 日本医科大
女性(30) 腹部刺創・重傷 聖路加病院
湯浅洋さん(54) 右胸刺創・重篤 日本医科大 タクシー運転手
男性(28) 右前腕切創・軽傷 厚生年金病院 埼玉県ふじみ野市 会社員
男性(20) 腰の痛み・軽傷 白髭橋病院 埼玉県
男性(19) 擦過傷・軽傷 三井記念病院 埼玉県


重要なのは、目撃者の「二度の銃声を聞いた」「犯人が拳銃を持っている」「トラックを降りた小太りのヤクザ風の男が馬乗りになって返り血を浴びている」・・・といった情報である。

この証言が表には一切出てこないというのがこの国の恐ろしさである。

コイツが犯人ではないのか。。。
コイツを守ったのではないのか。。。

加藤被告は今回の裁判で一度も出廷しなかったという。

する気にもならなかった、させてもらえなかった・・・なのではないだろうか・・・

このまま死刑囚になれば、この不可解極まりない事件はまたしても故意の冤罪を産み、迷宮入りである・・




スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
11-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。