~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤・医者・製薬会社・政治家の大罪

こういった報道がその場限りで流されてしまうことに、日本国民が目覚める事が出来ない理由がある。
根拠を示しても「へ~・・」「本当かよ・・」で終わってしまう。
考えても翌日からは結局一般常識に引っ張られてしまう。
一般常識の方にこそ根拠はないのにである。

結果、無駄に苦しみ無駄に死ぬことになる。

数ミリ、数センチの癌が出来たところで、機能に問題がなければ体を切り刻む必要などない。
転移しても同じこと。機能に問題なければ切るよりも小さくすることを考えれば良い。
それは医学の知識は関係ない。当たり前のこと。
歳が歳なら放っておいても何の問題もない。

がん患者の烙印はなくとも、大抵の遺体にはある程度の癌はあるという。
・・・当たり前である。全員癌はあるのだから。

しかし、最新医学でも癌は増え続け死ぬと脅かす。
免疫に関しては一切ノータッチである。


私の母も最初の手術から半年おきに検査を受けていたが、再発が分かるとすぐに抗がん剤投与をされた。
半年おきの検査であったから、発見された時は見てわからない程の大きさであった。
それがその後爆発的に全身に広がり半年ほどで亡くなった。

普通に考えて欲しい。見えないほどのガンが一つ見つかり、それが半年で全身を蝕み死に至るなどあり得るだろうか。
それが当然と言うなら、癌は誰もが毎日出来ているという事実を前提に考えて、何年も生き続けることなどできるはずもないのである。

私と母は最初の投与後、真実を知り抗がん剤は受け付けなかった。
しかし、間に合わなかった。
医師のいきなりの本人を前にしての余命宣告という暴挙に対するストレスも増えすぎた理由のかなりを占めていたかも知れない。

その際、その医師は抗がん剤は効かないと言った。
しかし、それしか手がないと言った。
効かないが、苦しむと言った。
そして、亡くなったその場で「抗がん剤をやっていれば助かったかも知れない」と言い放った。
私が証人である。


長野県、佐久総合病院の泌尿器科の医師である。

もちろんどこの病院でも同じであろうが・・・









 こういうデタラメな医療が子供達にも平気で行われているという事に憤りを感じずにはいられない。
この子の家族達は、儲け主義のインチキ医療の為に一生を狂わされた。

こういう事が日本中で起こっているのだ。

とにかく常識、偉いとされる人間の言うことを鵜呑みにしないこと。

「自分で考えること」

この世を生き抜くための絶対条件だと思う。

心から被害に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。




















スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :
10-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。