~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤・医者・製薬会社・政治家の大罪

こういった報道がその場限りで流されてしまうことに、日本国民が目覚める事が出来ない理由がある。
根拠を示しても「へ~・・」「本当かよ・・」で終わってしまう。
考えても翌日からは結局一般常識に引っ張られてしまう。
一般常識の方にこそ根拠はないのにである。

結果、無駄に苦しみ無駄に死ぬことになる。

数ミリ、数センチの癌が出来たところで、機能に問題がなければ体を切り刻む必要などない。
転移しても同じこと。機能に問題なければ切るよりも小さくすることを考えれば良い。
それは医学の知識は関係ない。当たり前のこと。
歳が歳なら放っておいても何の問題もない。

がん患者の烙印はなくとも、大抵の遺体にはある程度の癌はあるという。
・・・当たり前である。全員癌はあるのだから。

しかし、最新医学でも癌は増え続け死ぬと脅かす。
免疫に関しては一切ノータッチである。


私の母も最初の手術から半年おきに検査を受けていたが、再発が分かるとすぐに抗がん剤投与をされた。
半年おきの検査であったから、発見された時は見てわからない程の大きさであった。
それがその後爆発的に全身に広がり半年ほどで亡くなった。

普通に考えて欲しい。見えないほどのガンが一つ見つかり、それが半年で全身を蝕み死に至るなどあり得るだろうか。
それが当然と言うなら、癌は誰もが毎日出来ているという事実を前提に考えて、何年も生き続けることなどできるはずもないのである。

私と母は最初の投与後、真実を知り抗がん剤は受け付けなかった。
しかし、間に合わなかった。
医師のいきなりの本人を前にしての余命宣告という暴挙に対するストレスも増えすぎた理由のかなりを占めていたかも知れない。

その際、その医師は抗がん剤は効かないと言った。
しかし、それしか手がないと言った。
効かないが、苦しむと言った。
そして、亡くなったその場で「抗がん剤をやっていれば助かったかも知れない」と言い放った。
私が証人である。


長野県、佐久総合病院の泌尿器科の医師である。

もちろんどこの病院でも同じであろうが・・・









 こういうデタラメな医療が子供達にも平気で行われているという事に憤りを感じずにはいられない。
この子の家族達は、儲け主義のインチキ医療の為に一生を狂わされた。

こういう事が日本中で起こっているのだ。

とにかく常識、偉いとされる人間の言うことを鵜呑みにしないこと。

「自分で考えること」

この世を生き抜くための絶対条件だと思う。

心から被害に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。




















スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

南相木ダム 10/8 ②

 そしてダム湖へ。
何度もお見せしている光景だが、吉野氏いわく、この写真の正面奥の山の地下辺りに、有事の際には上層部の一部の人間が潜む事になる施設があるはずだという。
私には何の確証もないのだが・・・

P1040939_480.jpg


ここまでの車中からは想像も出来ないほどの高地である・・
写真よりも実際に見ると驚く。

P1040940_480.jpg

ダム湖の水はいつ来ても満水に近い状態。
311以降、何度も訪れているが、全力で発電しているとは到底思えない。

P1040935_480.jpg


そしてこれは神流川発電所への放水のゲート。
ここは揚水ダムであり、他の発電所の夜間の余った電力で下の上野ダムから水を引いてくる。
そして昼間放水して発電をする。
特に311以降このゲートが大活躍すると思われた。

P1040944_480.jpg


このゲートを上下させるはずの滑車とワイヤー。
よく見て頂きたい。
どう見ても大活躍の様子は見て取れない。
錆び付いて、下手をすると一度も動いてないと言われても何の疑いもないほどの様相である。

P1040942_480.jpg

ということは、このダム・・・
必要ないということではないのか?
311の大災害時に電気が足りない足りないと騒ぎ、計画停電を決行し国民を死なせ、そこまでしておきながらこの世界最大級の発電所を使わない。。。

では何の為に山をいくつも取り除き、莫大な金を使いこんなものを作ったのか。

建設中の作業員達と関わった知人がいる。
なんでも当時の作業員達の金の使い方は凄かったらしい。
街で飲んだ後の代行の料金は平気で万札のチップを払って行ったらしい。
また、店での買い物にすらチップを置いていく程だったと言う。
(もちろん、全員がこのような待遇をされていたかは知るすべもない)
いかに糸目を付けず東電(国?)が金をバラ撒きこの効率の悪い金喰い施設を作ったのかが分かる。

もともと揚水発電は止められない原発の尻拭い的な存在であると言える。
しかも効率は非常に悪い。原発を運転する上での苦し紛れの施設。
それをここまで優美な景観をセットにして作り、これらの建設費を取り戻すのに国民はどれだけの負担を課せられているのだろう・・・
原発を作らなければ済んだ事ではないのか?

強引な原子力技術、山中の巨大な施設、+ ロケット技術・・・

これから想像できることは限られるであろう。。



これは神流川発電所の工事中の写真。
この驚くべき規模・・・
壁面のトンネル状の通路を見れば複雑な構造が想像できる。
いたる所に施設を作っておき、それをどう使うかは完成後にでも変更できるであろう。

まあ、これは勘ぐりすぎなのかも知れないが、秘密裏に施設を作るなど容易い事とも思える。

kannagawa01.jpg
・・・この施設、使ってないのだ・・・・

私にこんな疑惑を追求する力などあるはずもないのだが、とにかく、こうして一人でも多くの国民が懐疑的な目で睨みを効かせることにこそ意味があると思う。

知らぬうちに・・・など許してはならない。

考え過ぎと言われても、腑に落ちない部分がある以上黙ってはいけない国が、この日本である・・・


テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

南相木ダム 10/8 ①

 今日は時間がなくて調べごとまでは出来なかったが、123便事件への関心は健在という事で南相木ダムへ散策に行った。
今まで書いた事の繰り返しになってしまうが、一つだけ変わっていた事があったのでご報告まで・・



 ここはダム下流の多目的広場。
・・・とうたってはいるが、実際には集落からはずいぶん離れていて年寄りばかりの村民が集まるにはあまりに不便な場所にあり、広場としても中途半端な状態。
だが、あまりに広い。村民の祭りの場などではないことは明らか。
しかも本道からずれてアクセス道路が100mほど戻る感じで作られており、本道からは直接入ることは出来ない。
何の為に・・・と思ってしまう作りになっている。

P1040907_480.jpg

こういった整地途中の箇所が無数にあり、配水(排水?)菅が仮設されている。
P1040909_480.jpg

ここはごく一部で、こういった整地された場所がここ一帯ダム付近までいたる所に作られており、いずれも水路がしっかり作られている。
P1040908_480.jpg



 広場付近を上っていくとダムの下へ出るトンネルを通ることになるが、この辺りからその規模の大きさを感じる・・
P1040911_480.jpg


トンネルを抜けるとダムが突如出現する。
デカイい・・・
白い・・・

ダムの前にある古墳のような丘は「うずまく広場」
P1040914_480.jpg


上から見るとこんな感じで、この中心に立つと、パワースポットの如くクラクラ目眩がするような感覚に襲われる。
実はこの白い石、どうもパワーストーンらしく、Oリングテストをすると明らかにプラスの反応を示す。
これは真剣に聞いて頂かなくて結構なのだが、この広場のデザイン自体意味のあるものなのではないかと感じる。
人工のパワースポットのような気がしてならない。
P1040936_480.jpg


中心からの景色はこんな感じ。
P1040927_480.jpg


これは広場の脇にある扉。
もちろんすべて怪しむ必要はないのだが、ダムの底へ向かっている位置にあるのでどうしても不審に感じてしまう・・・
P1040928_480.jpg




これは恒例の黒い石。
私はどうしてもこの黒い層が気になって仕方がない。
ダムの底もこの黒い層が鎮座しているのだが、この石、一体なんなのか。
層になっているということは、その昔この層の時代に何か大きな事象がここで起こったという証拠である。

P1040920_480.jpg

P1040919_480.jpg


この石、何故気になるかというと以前も書いたと思うが、黒いだけでなく完全に焼けたあとの炭になっているのだ。
火薬のような匂いもする。
この写真を見るとお分かりだろうが、高級な炭のように艶がありボロボロ崩れる・・・
実際はこの写真よりもずっと光り輝いている。
P1040925_480.jpg

ただの石でない証拠に、触っているだけで手が汚れる。
炭となんら変わりない感触だ。
P1040926_480.jpg




これはダム湖へ向かう途中の曰く付きの御巣鷹山トンネル。
これが、今回変わっていた所。
日航123便事件の真相・・・南相木ダム②を見て頂くと分かるが、入口のゲートが頑丈な固定式に変えられている。
本来は、このトンネル完成後一般開放される予定だった。
しかし、その約束は東電が口を閉ざしたままお蔵入りとされてきた。
今まではいつまでこうしておくのか・・・という感じでごまかしてきた訳だが、このゲートを付けるということはもう開けるつもりはないということだ。
御巣鷹山トンネルは完全に開かずの間とされたのだ。
参考・・日航123便事件の真相・・・御巣鷹山トンネル②

P1040930_480.jpg


トンネル入口上空のセンサー。
関係者だけが通る車一台分の狭いトンネルに必要だろうか。。
P1040931_480.jpg

P1040933_480.jpg


②へ続く・・・







テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

児童相談所の暴走

 再度、しばらく更新せず申し訳ありませんでした。
どうも今年はいろいろあり、物理的にも精神的にも余裕がなくなり休憩させて頂いておりました。

それでもコメントして頂いている方々本当に有難うございます。


久々の今回は、児童相談所の不審さを取り上げます。

ただ、これは身近に実例があった訳でもなく、直に関わった事がないので確信を持って断言することは出来ません。
しかし、二人の子供を育てる親として、また、時には怒って手を挙げてしまう事もある以上他人ごとではありません。

別に憎くて怒るわけでもなければ仕返しに手を挙げる訳でもない。

もちろん優しい言葉ですべて教育できれば理想かも知れない。
しかし、じゃあ、自分が子供の頃親や先生にひっぱたかれた事を恨んでいるかというとまったくそんな事はない。
むしろそんな事も良い思い出でしかない。

子供の先生にも悪いことをしたらひっぱたいてくれと言いたいところだが、今の時代先生も子供によってやり方を変える訳にもいかないし、その前に体罰は犯罪視されてしまっており親によっては大問題になってしまう。

私からするとそんな時代に教育をする側される側は可哀想な気がする。

とはいえ、こんな時代だからこそまともに怒れない教師、親、大人をナメている子供が多いのも事実で、国が管理する児童相談所というものの存在も否定できないと思う。

しかし、だからこそそういった施設の責任は重大で間違いは許されない筈。

子供や親の一生に関わる仕事をしているという自覚無くして成り立たない職種である。

そんな中、こういった話を知ることになるのは本当に残念だし腹が立って仕方がない。。。






東洋医の素人的処方箋様から転載させて頂く。


************   転載開始  *********

児童相談所の大罪
許さん!これまで多くのむかついた話はあれど、この話はトップクラスに属する。この業界を知る人は児童相談所の危うさについてはご存知かもしれない。しかし何がどういう意味で危ういのか、そしてその結果どこまでの事がなされるのか、ほとんどの人は知りもすまいと思う。児童相談所の大罪は精神医療そのものの問題であると同時に、精神医療本丸よりも闇に包まれた問題かもしれない。この話の文責はすべて東洋医こと内海にある。読んで何かを感じた人は全て転載、拡散頂きたい。切に望む次第である。


この話は元々親が多剤療法をされ、私のクリニックを訪れたことにはじまる。親は10種類以上の多剤療法を受け頻死に近いレベルであった。一日20時間寝るような、何一つ正確な判断などできないような、そんなレベルである。今は3種程度まで減り元気、これから先も減薬は続けていく予定。

今日書く問題はその話ではない。児童相談所なのでもちろん患者の子供の話である。年齢は10歳前半とだけ言っておこう。親は世の中に児童相談所の問題が発せられることを強く望んでいるが、まだ特定名を明かすことは望んでいない。しかし必ずその時も来るだろう。そのためには児童相談所がいかに悪虐な組織であるか、全国民に知ってもらわなければ始まらない。

その子は知的障害境界域といわれていた。私は会うこともできないが、おそらく適応力はそこまでないのかもしれない。一時的には不登校などの時期があったようだ。親が多剤療法を受けても精神科を信じ込んでいたので、家庭は成立せず母親は子供の世話をほとんどできなかった。児童養護施設に引き取られる時期もあったが、親の努力によって家に戻れる時期もあった。状況が激変したのは数年前、思春期にさしかかるころだ。おそらく思春期心性によると思われる幻聴のような症状と不登校、そしててんかん発作はないのに脳波検査でてんかん波があるという理由によって、抗てんかん薬の処方がなされて少し経ってのことである。自殺企図を行ったことが児童相談所介入の切り札となった。それまで自殺企図などなかったことを考えると、私は抗てんかん薬により誘発された自殺企図を強く疑う。

児童相談所が介入した理由は、もちろん「親の虐待」である。しかしことはそう単純ではない。何と児童相談所はこの流れから想像できる「母親の虐待」でさえなく、「父親の虐待」であると決めつけて子供を無理やり拉致ることにした。養育環境が悪く、子供に詰問するからというのである。情緒障害児と診断をつけ施設に閉じ込めて親と一切の面会を許さないようにしたのである。もちろん父親と子供の間に一般的レベルでいう虐待など存在しなかった。普通の会社員で真面目という言葉が当てはまる人物である。それは母親だけでなくその家族も証言している。母親は多剤療法の苦しみの故から子供には優しくできなかったかもという。しかし薬のためか記憶がない。そしてもしそうだとすれば自分に罪があると深く悔いている。

そして問題はここからである。児童相談所は一切親に会わせぬばかりか、その法的根拠、理由についてさえも一切明かすことはなかった(そもそも存在しないらしい)。また本来児童相談所は家庭に訪問して、状況を確認しながら隔離やその後の展望を決めるものだが、隔離以前から一切家庭には訪問してさえいない。ただの一回たりとである。そして一回たりと訪問していないにもかかわらず、児童相談所と児童相談所つきの精神科医は、父親をどうしようもない虐待者であるかのように断定した。

とはいえ親と子供が面会できる日が来た。親は様子からなにから子供にいろいろと質問をする。通常この時にケースワーカーが横につき添いし、虐待やそれに近い行為があった時に子供と親を遠ざける役割をする。面談時には一切指導されず淡々と話はすすんだ。後日報告書にはその時の様子がこう書かれている。「親は矢継ぎ早に質問し、子供に答える暇を与えなかった。いわゆる虐待としての詰問(これもまた詰問!)と判断し、それ以後の面会を一切不許可とした。」

それまでも母親の多剤について根底的理解ができていなかったため、我慢していた家族だが、さすがにおかしいと思い裁判によって不服申し立てを行うこととなった。まず第一の目的は子供を家に戻すことではない。面会ができるようになることである。しかしここで児童精神科医がまた悪虐の限りを尽くす。医師の裁量、児童相談所の裁量と、徹底したウソ偽りの医師意見書によって、面会さえやはり不可能であるという結論を下すのである。

家族には誰ひとり味方はいなかった。あらゆる弁護士に相談したが、児童相談所とは闘えないと請け負う人間はいなかった。議員にも相談したようであるが、所詮親が訴えに行く限りむしろ虐待親の遠吠えと判断された。そして極めつけはこの幼い思春期の子供に対して、リスパダール、パキシル、ベンザリンという処方が行われているということである。元々内気な子であったらしいが、勝手な予想としても鎮静気味で、きっと彼らが望む「いい子」に仕立て上げられているだろう。児童相談所被害の話はネットをみればいくつか転がっている。子供たちは常に職員に洗脳されるよう、何回も何回も、何時間も訪問を受け同じ質問をされる。「親に虐待されてたろう?」本当にされていたなら一回で終わる質問を何回も何十回も重ねていく。当然思考力の低い子供に対抗するすべはない。

なぜ児童相談所はこんなことをするのか。ごく簡単に言えば補助金キープである。施設を埋めておかないとお金をもらえない。そのために精神科医と結託してどこまでもウソをつく。そして弱いものから順に埋めていく。本当に虐待をしている親、主張の激しい親には彼らは強く出れないのである。今を維持できればいい人間たちにとって、無理やりトラブルを抱え込むより、弱いと見切った人間を連れ込んだ方が、簡単に目的を達成できる。

これが日本の精神医学、日本の児童養護、日本の親子教育の真実である。なぜニュースのような虐待死を防げないのか、逆になぜこのようなケースが起こるのか、そのすべてがここにある。国家機関だろうがなんだろうが、私は絶対許さん!私が持つ人脈、それ以外の人脈、日本における発信力や知りうる人たちのすべてに働きかけて、必ずこの問題は矢面に立たせる。そして必ず、徹底的に、ぐうの音も出ないほどぎゃふんと言わせる。覚悟しておくがいい。

************   転載終了  *********

参考URL  karimerojuniaのブログ

相談所の行動はまるで公安である。

家庭裁判所、警察、役所・・どこも相談にはのってくれないという。

もちろん本当に虐待があり、それから守る為に活動するのが基盤であることは想像できるが、このような何の証拠も掴まないうちに子供を隔離するというのはその時点で権力犯罪以外の何者でもない。

そしてこのようなケースが数多くあるのであれば、児童相談所は犯罪集団である。。と断定せざるを得ない。

しかもそれが補助金目的で、薬物まで不必要に投薬するとなれば人として最低の極悪犯罪である。

これが、国が管理し、何の資格も経験もない人間が職員として権限を持つのであれば、その存在自体撤廃するべきなのは当然の事だ。

この映像は、おそらく立てた本人が投稿したものであろうが、自らの虐待を棚に上げて逆上しているものとは思えない。


突然子供を連れて行かれ、18歳まで会うこともできないかも知れないともなれば気が狂う思いであろう・・・



テーマ : 裏事情    ジャンル :
10-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。