~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

123便事故報告書の解説?

 不覚・・・
こんなものが公開されていたのに気づきませんでした・・
62年に公開された報告書についての言い訳文書が昨年になって公開はおかしいではないか?
しかも、こんな重大なものをひっそりと世に出すのはどうも腑に落ちない。

要するに、隔壁破損による操作不能・墜落説を否定する者、ミサイル関与説を唱える者達への解説(言い訳)集なのだが、どうも胡散臭い。
なぜ今頃なのか。だいいち、遺族の事を考えて遺品・機体の廃棄、事故調査の終結を宣言したのではないのか。
間違いなく言えるのは、我々の唱える事故調への不信感、事故調では説明出来ない調査結果に対して危機感を感じての、苦肉の策であったはずということ。
本来、日本政府というのは、そんな一部の声など聞く耳を持たない。
知らんぷりを決め込むのが日本政府のお家芸であるのだが、これだけ必死になって正当性をアピールをするのは、やはり知られたくない事があるからに違いない。
言っても史上最悪の事故、本当に問題は無い事を国民に広めたければ堂々と各局・各メディアを使って大々的にやるべきだ。
ここまで詳しく検証したのであれば、なぜこんなチープな報道しかしないのか。

このやり方こそが日本政府の得意技。
「説明はした」。
何か突っ込まれたら、「解説を出してありますのでご自分で確認してください」の一言で逃げられる。

正直、私は物理・数学は苦手なので、何を言っているのか良く理解できない部分が多いのだが、一つ言えるのは説明(言い訳)しやすい所だけを抜粋しているということ。
もちろんこの解説についても反論すべき部分はあるのだが、この事件、他にもおかしな事が無数にある。
こんな解説ですべて証明したつもりになってもらっては困るのだ。

とりあえず、その解説を読んで頂きたい。
どうも数字、方程式のトリックでケムにまかれている気がしてならない。

納得いかない部分はこれからアップしていきたい。

123便事故調査報告書 62年


この国を考える

航空事故調査報告書についての解説(PDF)
スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

USO-800 ミニ実験①

初歩レベルですが、面白い実験を一つ。
電車やバスに乗ると、揺れにより立っていられない事があると思います。
そんな時、靴のソールの前後左右に矢印(USO-800)を上向きに貼って下さい。
一足につき4枚なので両足で8枚です。

さすがに絶対ヨロけないとは言いませんが、足から根が張ったように安定します。
脚、膝の動きだけでかなりの揺れまで耐えられます。
周りの人が手すりに頼りながら苦労している中、涼しい顔で立ってられます。

是非、お試しあれ。
テーマ :    ジャンル :

日航123便墜落事件・・・忘れない為に①

 このブログのメインテーマの一つ「日航123便墜落事件」、当時の黒澤(上野村)村長が亡くなり、一番深く関わっていたであろう生き証人は中曽根康弘元総理だけである。
中曽根が発言できる内に真相がその口から語られる事を望んでやまない。
まあ、その可能性は限りなくゼロだが・・・

こうして忘れ去られようとしているこの大事件、誰かが絶えず語らなければならないという思いで以前から綴っている訳だが、もう一度何が問題なのか、何を追及しているのかをおさらいしていきたい。

そんな中、ちょうど(新)日本の黒い霧で分かり易い写真が出ていたので転載させて頂く。

まず、一般的に前提とされているのは事故原因が圧力隔壁の破損により中からの猛烈な空気圧でパイピング類が破壊されコントロール不能になったということ。それは今でも変わらず、日航は新人が入社すると展示室で事故機のの実物の隔壁や残骸の一部を見せ、教育(洗脳)している。

これは先日茨城県つくば市で起こった竜巻の跡である。
まさに滅茶苦茶、自動車までゴミにされてしまった。
その風速は(風速50~69m/h)という。

tatsumaki.jpg

そしてこれが123便の隔壁破損後とされる実機の写真。
隔壁破壊時は風速200m/hの気流が発生し、尾翼とともにパイピングを壊したと運輸省事故調査委員会が発表している。これが政府発表の事故の全てである。

では、これをどう説明する?
上が風速50~69m/h、123便室内は風速200m/h・・・
誰が信じられるだろうか。
酸素マスクが下りてる事から間違いなく事故発生後と言える。
何より、生還者のCAが「爆音がした後、一瞬霧が撒いてその後晴れ、何事も無かった」と証言している。

123 kinai

こんな話は疑惑のごくごくごく一部である。
引き続き紹介していく。

********************


そしてこれは自衛隊関与の疑惑の関連証言。
* 自衛隊の一部の特殊部隊であり、自衛隊本体の関与ではないと思われる。
事件翌年から自衛隊員の自殺者の統計が発表されるようになったというのだ。
事故当日も、隊員が射殺されたという話があるのだが、その証拠や報道(射殺とは言っていないだろうが)は消されてしまった。
この写真も一目瞭然。
踏み台も無くどうやって首を吊ったのか。

自衛隊員の自殺率の嘘より転載

jiei.jpg


1981年より自衛隊員の自殺数の調査が行われている、そして1982年から自殺数が急激に上がり1986年には年間90人以上と81年から73パーセントも増加している。

だが実は1981年に調査を開始した記録はなく、1986年に急に以前から調査していたかのように自殺数を公表しはじめた、一省庁のなかで年間これだけの自殺者が出るのは、不自然であり不審であるが報道すらされなかった、しかもなぜわざわざ81年から調査しているなどと嘘をつかなければならないのだろうか?
自殺率増加という一見マイナスイメージしか生まない情報操作はなにを意図したものであろうか?

最初に不審な自殺者が出たのが1986年7月、二人の航空自衛隊パイロットだった、そしてつづいて同年9月12日14日と航空自衛隊員が二人自殺する、(これを皮切りに謎の自殺数増加がはじまる)
そのうちの一人(12日死亡)が友人に預けていた二枚の写真があるのだが、

一枚は7月に自殺した同僚二人の写真(a)である。
(ぼかしをいれてある)この写真の二人だが、当時隊内では同性愛者の心中ではと茶化されておわったという、
この時の状況だが二人は自殺をはかった直後に発見され、自衛隊病院に運ばれ病院内で死亡ということで、司法解剖も、検視解剖もされなかった。
だがこの写真の異様さに気づくだろうか、身長ほどの高さで吊られているが、踏み台もなにもない、しかもパラシュートコードを使ったというが、このコードは6mmほどで300kg近い耐力があり、首への食い込みは太いロープなどと違い血管も神経も切断する。
それを偶然自殺直後に発見し撮影までした後、病院に搬送するまで生きているとは考えづらくはないだろうか?(4人とも遺書は残していない)



*******************

政府・日航は2000年、その事故報告書・遺品・機体の残骸を「遺族の気持ちを考えて」処分すると言ってのけたのだ。再検証の声が遺族からも上がってたのにだ。
というか、航空史上こんな決着の仕方があるだろうか???
永久に受け継がなければならないものではないのか????

今年も御巣鷹の尾根や界隈を慰霊を兼ねて調査する予定である。
とにかく、こんなデタラメな報道に振り回されてはいけない。
絶対に!忘れてはいけない!
読者の皆さんも是非、これらの疑問を周りに投げかけ続けて欲しい。。。
日本の政治・経済・文化・産業、すべて無関係ではないのだ。。。
その象徴がこの123便事件なのだ。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

USO-800の件

追記:
uso-800について誤解を感じる事があるので、もう一つだけ解説を。
uso-800は、単なる三次元の機械ではありません。
まだそのメカニズムがすべて明らかになった訳ではありませんが、あの形状がすべてでそのものからエネルギーが永遠と噴き出す訳ではありません。
間違いなく設置する側(人間)の意思が原動力となっております。
なので、人によって効果が異なる訳です。
そして、その人間の意思(心)というのは善と悪(欲)とが表裏一体で存在します。
最初はそんなつもりはなくとも、気づけば楽しむ事を忘れ利益等、私利私欲を考え出した時点で当然USO800もその働きを変えてしまいます。
それこそよからぬ事を考えた時点でそのエネルギーも増幅される可能性があります。
そうすると当然その結果は知れています。

ダウジングを思い起こして下さい。
あのロッドや振り子の動きは、そのものの力ではありません。
自分(人間)が無意識に感じている事を増幅して目に見えやすくしているだけです。
自分で自分の感覚に気づかなくなってしまった人間を補う為の道具です。

uso-800しかり、それは「魔女の宅急便」の魔法のほうきと思ってください。
友達でなくなった時点でただの掃除道具、uso-800はただの矢印になってしまいます。
悪意を持つと敵にもなりえます。
事実、そういう事案もあったそうです。
しつこいようですが、完全に制御できない以上よからぬ事を考えず、心から楽しんで下さい。
または家族や自分を守る為に使って下さい。
2012/5/11


 先日の告知から、問い合わせを多く頂きました。
有り難う御座いました。
数人の方へメールで続報を送らさて頂いておりますが、ここで一旦打ち切らせて頂きます。
申し訳ありません。
あくまでも一時中断であり、いずれ再開いたしますのですみませんがお待ちください。

初期レベルでのUSO800実験は記事にアップしていきますので、皆様もいろいろ試してみて下さい。
よろしくお願いします。

テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
05-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。