~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の水

 我が家は口に入る水はすべて天然水を使っている。
月に3,4回、20ℓタンクを6個持って、車で一時間かけて山まで汲みに行く。
理由はただ一つ。
体に入る水は”本当の意味で”綺麗な水にしたい。

土地柄、あちこちに湧水や温泉スタンドなどがあるのだが、行き着いたのがここだ。
ここのすぐ近くにも近隣の人達が汲みに行くもっとちゃんとした水汲み場はあるのだが、どうやらここが一番のようだ。埼玉からわざわざ汲みに来たおじさん曰く「関東含めてこの一帯ではここが一番。」とのこと。
軽トラックいっぱいにタンクを積んで来ていた。どうやら商売でこだわりの水として使うようだ。
飲み比べると確かにこちらの方が軟水感が強い。混じり気無しと言う感じ。
いつも思うのは、通常の水より艶があるように見える。

DSC_0861_R.jpg
DSC_0863_R.jpg

 最近はスーパーでミネラルウォーターや麦飯水をペットボトルで持ち帰れたりするのだが、やはり天然水にはかなわない。水は単なるH2Oではない。
* 江本 勝 HP *

水は生命の源。太古から生命の歴史をつかさどってきた。
この江本氏の研究に関して、インチキだの間違いだのいう意見もあるようだが、全て間違いであると考える研究者は非常に頭の固い先へ進めない三流の科学者であると思う。
この生命の源を、分子レベルですべて理解したと思うのはおこがましいとは思わないのだろうか。

 ”もしかしたら”と考えるのが科学者の絶対条件であると私は思う。
時折持ち出させて頂くが、大槻たぬき教授などは自己満足の極み。
科学者の風上にも置けないと思っている。結局説明出来なかった現象は「もっと調べれば種明かし出来る」という卑怯な言葉で逃げてきた。プラズマを作れただけでUFOまで説明しようなど、もはやマヌケでしかない。

ひきかえ、この方の考え方などは、似非たぬき教授より数百倍すぐれている。
可能性を見極めている。最後の批判の仕方まで公平かつ正論である。
平和エッセイ

 水は様々なものの媒体となる性質を持つと思われる。
だから、同じ水でも環境によって、腐り易かったり、いつまでも腐らなかったり、植物を育てたり、殺したり、影響も様々である事は事実。もちろん不純物の侵入等が関係しているとも思われるが、果たしてそれだけだろうか。

 いずれにしても、ただ不純物が少ないだけでは良い水とは言えない。
飲んで見れば分かるが、こういった天然水を飲んだ後、ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでみれば、その味気無さに気づく筈。人間はもっと深い部分で生命の源を感じ取っていると思う。
正直、もう水道水は飲みたくない。

 心配なのは、いつまでこの水が飲めるのかということ。
どこから放射性物質が汚染を始めるか分からない。むしろ、今現在、絶対に安全だとも言えない。
自然の水が飲めなくなった時、もうこの国は終わりだと思っている。
福島原発が今も地下水を汚染していると思うと、本当に恐ろしい・・・

 いつも、ここで水を汲んだ後、ふもとの道の駅で地元の野菜等を買って帰る。
スーパーのそれとは色も形も違う。見れば分かる。生き生きしている。
これが本来の野菜の形と味。いつの頃からか、近所のスーパーではもう手に入らなくなっている。

DSC_0865_R.jpg

 こうして帰ってくると、スーパーへ買い出しに行き、加工品はほとんど買わず、肉や魚や無添加調味料を買う。
今回、あることに気付いたのは、ハム、ベーコンを見た時。
これらにコチニール(ラック色素、カルミン酸)が添加されていることは知っていたが、その薬品がどの程度の効果を出しているのかまでは考えたことが無かった。

 知らなかった方は今度スーパーへ行ったら確認して欲しい。
あらゆる種類のハム、ベーコンがズラッと並んでいる中に、数種類だけ、少し価格の高い無添加のものが混じっているはずだ。その色を見ると驚く。
第一印象は、無添加の物の色の悪い事・・・
添加物たっぷりの通常の物は例外無く半生のようなうっすらピンク系に色付いている。
いつも見慣れている光景。以前は一番量が多く安い物を買っていた。
しかし、今、やっと気づいたのだ。
ここで売っているベーコンが半生のまま売っている訳が無く、ある程度熱処理がされているはず。
その時点で、無添加の色合いが正解であるはずだ。
無添加はチャーシューのように、火の通った薄茶色をしている。
間違いなくこれがあるべき姿。
ということは、通常の物はすべて完全に作られた色であるという事だ。
あのハム・ベーコン達の色は全て完全なる偽物なのだ。

 考えてみて欲しい。
もし半生の肉の色であれば、火を通した時点で色は変わる筈。
でも、変わらない・・・
無添加は調理する前と後で色が変わらない。当然だ。熱は入っているから焦げるだけだ。

 この高めのベーコンを使って、無添加の生クリームを使って、カルボナーラを作ってみる。
・・・知らなかった。
ベーコンが、いつもと違い肉の味がしっかりする・・・
今まで、いかにベーコンもどきを食していたのか。
そう言えば、今までのはほとんど塩気と無理矢理な燻製臭しかしなかった気がする。

 今となっては、あのピンク色のハム・ベーコン コーナーの光景はゾッとする。
二度と買うまいと決意を新たにした。
ただ、こういうまともで自然に近い物の方が高い・・・

 本当に暮らしにくい国だ。。。。
スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

「これは酷い!これが真の日本の姿。」

 コメント様より報告を受けた動画。
これが言論の自由の無い、警察・マスコミが権力にひれ伏す、中国・北朝鮮を彷彿とさせる真の日本の姿である。

新橋で行われた民主党の演説に集まった観衆の中の何組かが、民主党批判のボードを掲げている。
それを見つけた私服警察(公安?)が詰め寄り、観衆の外へ出し、そこで待ち構えていた警官の集団の中に引き渡す。たった一人二人に集団で取り囲み逃がさない警察。
一瞬、演説を撮っていたマスコミカメラと実況がその状況を取り始めたものの、止められたのか、すぐにどこかへ行ってしまう。
群衆の中から「言論弾圧やめろー!」「マスコミはこれを撮れよ!!」等の怒号が飛ぶが完全にマスコミは無視。
はっきり言って、ボードを掲げた人はボード以外大した行動はしていない。警察に連れて行かれるような乱暴な行動は一切していない。むしろ警察の方が暴力的だ。カメラが無ければもっと酷い目に会わせたであろう。

そして、次々と目障りな民衆を取り囲む警察。もしやってはならない事をしたのなら現行犯逮捕すればよい。
しかし、取り囲みつつ、それ以上は何もしない。要するに捕まえるほどの問題ではないという証明だ。とにかく演説の場から見えなくする為だけに大勢の警官がうごめいているのだ。
この警官達の顔を見て欲しい。これが正義の味方の顔つきだろうか?
「歩道ですから立ち止まらないでください」と偉そうに言っているが、お前らの方がよっぽど邪魔だ。
数人のボードより、何十人の警官の方がずっと迷惑、目障りだ。。

マスコミも情けない・・・
これが日本でなければ間違いなく報道カメラが集まって来るに違いない。
何も無かったようにくだらない蓮舫のクソ話を撮り続けているのであろうが、実際この光景が気にならない訳がない。でも、撮らないのだ。報道しないのだ。野田政権のイメージダウンになる事は国民に見せないのだ。

もうこれ以上ガッカリさせないでくれ!!



テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

「日本の裁判を左右する黒幕」

 小沢裁判をきっかけに最近になって知られてきた最高裁事務総局。
日本で大きな裁判、厄介な裁判になると、どうやらこいつらが全てを仕切っているようだ。
なので、1審も2審も関係ない。最終的に奴らに都合良い結論が出るようになってる。

 そして、小沢裁判で何かと話題になった検審こと検察審査会。本来独立しており何にも左右される事のないはずの組織なのだが、これもこの事務総局の意のままとなっているらしい。
裁判官・検察・警察、全て言いなりということだ。
本当なら無作為に選ばれるべき審査会の選任も、使われる専用ソフトを事務総局が作っており、当然都合良く作られている。


733PX_R.jpg


***
*******
*************
******** wikiより ***********

最高裁判所事務総局(さいこうさいばんしょじむそうきょく)は、日本の最高裁判所において、その庶務を掌らせるために置かれる附属機関。最高裁判所長官の監督のもとに最高裁判所事務総長によって掌理される。

裁判所法では最高裁判所の庶務を行うとのみ記され、具体的に行うべき事務は明示されていないが、最高裁判所規則・最高裁判所規程に基づいて、局・課や様々な役職が置かれるとともに各課の所掌事務が定められており、最高裁判所の裁判官会議の議に基づいて行われる司法行政事務に深く関わる。

************************
*************
******
***


”庶務を掌らせるために置かれる附属機関”ということは、あくまで通常の事務仕事であるはず。
だが、wikiによると、こうある。

「1947年(昭和22年) - 裁判所法に基づき、最高裁判所事務局として設置。大日本帝国憲法の時代に司法省が有していた司法行政権のすべてを継承する。」

***
******
**************
************************

司法行政権・・・司法権を行使する機関の設営・管理などの行政作用を行う権限


日本国憲法下での司法行政権 ・・・日本国憲法では、司法の独立を保障するため、司法行政権の多くは裁判所が有する。裁判所が有する司法行政権は、原則として裁判官会議の議により行われる。司法行政の最高監督者は、最高裁判所である(裁判所法80条)。最高裁判所は建前上、司法行政権を行使して個々の裁判官の裁判権行使に影響を与えることはできないとされているが、実際の最高裁判所は裁判官たちの人事異動等に関する権限を利用することにより、全ての裁判官に対して間接的に司法介入を行っていると言われている。

************************
**************
********
***

裁判官たちの人事異動等に関する権限を利用するということは、裁判官のお上であると言える。
事務総局がタチの悪いやり方をすれば、裁判官にとって怖い存在の筈だ。当然言いなりになる。
ということは、場合によってはその権利を盾に脅しをかければ裁判の行方を変える事だって不可能ではないかも知れない。その前例が蔓延すればするほど、その立場・関係性は不変のものとなっているに違いない。

また、こうもある。


***
******
*************
************************

大日本帝国憲法下での司法行政権・・・大日本帝国憲法下においても司法の独立は尊重すべきものとされたが、大審院及び裁判所は司法行政権を有さず、行政官庁である司法省が有していた。このため、戦前には司法行政権(特に裁判官の人事権など)を利用した「行政府による司法介入」が公然・非公然に行われていたとも言われている。
************************
**************
********
***

”戦前には司法行政権(特に裁判官の人事権など)を利用した「行政府による司法介入」が公然・非公然に行われていたとも言われている。”
言い換えれば、政府が裁判に関わっていたということだ。
表向きは戦前となっているが、日本の実態はこういった馴れ合いがずっと続いているという事くらいは容易に想像できる。
また、立法に行政が関わっていないなどと思っている人はいるはずもなく、結果司法・行政・立法の昔からの馴れ合いは明白。三権分立など影も形もない。
警察においても創価・公明との癒着は周知の事実。これらすべてが密接に関わりあってるのが日本という国である。

 どこへ戦いを挑んでも勝てる訳がないのだ。睨まれたらおしまいだ。
唯一の希望は、これらの事に国民が気づき始めているという事。
あからさまな事はしづらくなっている気がする。
検察の偽装・醜態が次々とあらわになってきた。この勢いで戦前からの独裁権力が崩壊するこ事に期待したい。

この人物が実際どういった立場なのか分からないが、これがトップ。
無関係なわけあるまい。
事務総長の山崎敏充。

山崎敏充最高裁事務総長の就任会見

山崎敏充



 以下、阿修羅より、小沢裁判における黒幕(最高裁事務総局)の動き。


***
*******
**************
********** 阿修羅より ********

小沢氏起訴相当の検審会メンバー は 「最高裁事務総局」 が決めていた!? (クラシカルジャパン)
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/118.html
投稿者 純一 日時 2012 年 1 月 20 日 12:45:34: MazZZFZM0AbbM


http://classical.mo-blog.jp/blog/2012/01/post_a3d4.html



2012/01/18

 小沢裁判の茶番劇。

 政治資金収支報告書の虚偽記載と陸山会とのカネのやりとり。

 東京地検の推論で、裏金だと決め付けられた。

 しかし政治団体が不動産を購入するケースは小沢氏だけではなかった。

 総務省の調査だけでも、これだけの団体が小沢氏と同じ事をやっているのだ。

 なぜ?小沢氏だけが裁判になるのだろうか?

 司法取引でもやっている?


 自民党もメディアも散々、小沢氏の土地購入を批判してきたがこの度

総務省の調査では、21団体が政治資金で不動産購入をしていた。

 (2008年度調査)

◆相沢英之/自民/新政経グループ
◆額賀福志郎/自民/自民党茨城県第2選挙区支部
◆土屋正忠/自民/土屋正忠後援会
◆宮下一郎/自民/創和会
◆村田吉隆/自民/自民党岡山県衆院比例区第1支部
◆杉浦正健/自民/杉興会
◆逢沢一郎/自民/逢沢一郎後援会
◆宮下一郎/自民/自民党長野県第5選挙区支部
◆伊達忠一/自民/自民党北海道参院選挙区第1支部
◆遠藤利明/自民/自民党山形県第1選挙区支部
◆森山真弓/自民/自民党栃木県支部連合会
◆笹川 尭/自民/自民党群馬県支部連合会
◆海部俊樹/自民/自民党愛知県第9選挙区支部
◆杉浦正健/自民/自民党愛知県第12選挙区支部
◆木村義雄/自民/自民党香川県第2選挙区支部
◆野田 毅/自民/野田たけしの会
◆杉浦正健/自民/南部杉興会
◆小沢一郎/民主/陸山会
◆園田康博/民主/民主党岐阜県第3区総支部
◆池田元久/民主/池田元久と21世紀の会
◆平山幸司/民主/民主党青森県参院選挙区第2支部
◆下地幹郎/国民新/下地ミキオ後援会
◆江田憲司/みんなの党/憲政研究会

 結構、取引しているんじゃんないか?


 さて、問題の小沢氏の起訴相当議決。

 検察審査会のメンバーについては、かねてから疑惑があった。

 メンバーの選出法や、経緯についての新しい事実が出てきたので

 下記、転載します。


 一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog]


 

<小沢事件でっち上げの黒幕は最高裁事務総局!>


最高裁判所は法の番人として公正なジャッジを絶えず下してくれるところだと、多くの国民は信じてきた。
ところが、これはきれいごとで、最高裁は全く別の顔も持っているようだ。

最高裁判所の中には事務総局という強力な役所が存在する。ここが最高裁の別の顔だ。


この事務総局が、イカサマ審査員選定ソフトを開発し、他所から手嶋健課長を検審事務局に異動させ、彼にそのソフトを使わせて、"審査員にしたい人"を審査員にし、起訴議決をしてしまった。
陸山会裁判で、登石を裁判長に起用したのも事務総局のようだ。
その登石裁判長は、事務総局の意を受けて、推認に次ぐ推認で、3人の元秘書の有罪判決を下した。


一市民Tは、小沢事件の黒幕が最高裁事務総局だと確信したが、未だほとんどの国民はそれに気づいていない。

国民は事務総局の存在を知らないからだろうか。
あるいは、法の番人である最高裁判所が、そのような悪行に手を染めるはずがないと思っているからだろうか。


<最高裁事務総局とは?>

事務総局について詳しく書かれている本があるので紹介したい。

岩波新書 新藤宗幸著
『「司法官僚」裁判所の権力者たち』

この著書の一節紹介(17~18ページ)
『日本の司法は、最高裁判所の内部に、巨大な権限を実質的に持つ司法行政機構=最高裁事務総局を整備してきた。そして一般の職業裁判官とは別に、一部のエリート職業裁判官を選別し司法行政に当たらせてきた。裁判官の裁判所内ばかりか地域社会における自由闊達な活動は、司法内部の行政機構によって、制約されているのではないか』


<最高裁事務総局は強大な権力を持ち、司法行政を意のままに動かしている>

上記の本によると、戦後日本の司法行政を牛耳ってきたのが事務総局だ。

彼らは、以下の6つの機能を駆使し、自分達の権力の維持・拡大に日々怠りない。
事務総局の6つの機能
1.最高裁の規則・規定の作成
2.法律・政令の制定に関する法務省との交渉・調整
3.人事機能
裁判官に任命されるべき者の指名、裁判官の異動や報酬の決定
裁判官以外の職員の任命・異動など
4.予算に関する機能
5.裁判官合同会議・協議会の実施
6.司法関連の調査


<検察審査会事務局も、事務総局の完全管理下!>

これも国民が全く知らない事実だ。

検察審査会は、立法、行政、司法の三権から独立した第四の権力であり、その検察審査会に入り込んで調べたり、強制したりすることはできないと、最高裁は言う。
これは全く違う。

最高裁は嘘をついている。

検察審査会事務局は、地方裁判所と同じように、最高裁事務総局の管理下の組織だ。

検察審査会に関する「規則・規定」は事務総局が作る。 
人事管理の全ては事務総局が受け持っている。
裁判所の職員が事務局に配属され、ローテーションされる。
予算管理も経理も、一切事務総局が行う。
使用機材やツールの作成も事務総局だ。
広報の仕事もやっている。
検察審査会の所在地は地方裁判所内だ。
一市民Tがよく訪れる東京第五検察審査会も東京地方裁判所内にある。

検察審査会事務局がやっているのはたった2つ。
審査員選定と審査会議の開催だけだ。

検察審査会事務局に頭脳はない。手足だけの存在だ。事務総局が頭脳なのだ。


<最高裁事務総局は国民の知らない裏で小沢起訴議決の準備をした>

事務総局は国民がわからないところで、以下の工作をした。

①09年4月 東京の2つの検察審査会事務局を第一から第六の6つに分け、局員2人の東京第五検審事務局を設立
②09年4月 東京第一検審事務課長に手嶋氏起用
③09年4月 東京第五検審事務局長に傳田氏を起用
④09年5月 "審査員にしたい人"を審査員に出来る審査員選定ソフトをつくり、検察審査会事務局に配布
⑤弁護士会に、起訴議決を誘導できる審査補助員を選定させた


<最高裁事務総局の筋書きに踊った手嶋課長と傳田事務局長>

手嶋第一検審事務課長と傳田第五検審事務局長は、事務総局が敷いたレールの上を忠実に走った。
手嶋氏は、イカサマソフトを使って審査員にしたい人を傳田氏のところに供給した。傳田氏は審査会議を開催し、補助員と検察官の助けを借り起訴議決を勝ち取った。
手嶋課長が議決を公表した。
インチキ審査員の平均年齢をそのまま公表して物議をかもすことになった。事務総局は、平均年齢呈示の方法などについてまでこまかく指示していなかったと推察する。
事務総局のヤラセに乗ってしまった手嶋氏の狼狽振りをもう一度頭に刻み込んでほしい。
http://hatakezo.jugem.jp/?eid=6



<登石裁判長も、事務総局の意を受けて有罪判決を下した>

一市民Tも、陸山会裁判では無罪判決が出ると思っていた。
収支報告書の期ずれ記載など修正すればよいことで、裁判をするほどのことではないからだ。
ところが、登石裁判長は、「裏金授受があったと推認する」として、有罪判決を下した。これには驚いた。あまりにむちゃくちゃな判決だ。
こういう判決を言い渡せる裁判官だからこそ、最高裁事務局は登石裁判官を裁判長に指名したのだろう。
登石裁判長は、最高裁事務総局に尾っぽを振り、裁判官としてのプライドを捨て恥ずべきジャッジを下した。
まさに、一裁判官が巨大司法行政機構に飲み込まれたということだろう。

小沢さんは事務総局が張り巡らした網にかかってしまった。
事務総局にとって、小沢さんは余程都合の悪い存在ということなのだろう。

今年は、事務総局の正体を明らかにしていきたい。 ( 転載ここまで )


*************************
***************
*********
****
**

テーマ : 裏事情    ジャンル :

一斉拡散求む!”「株式会社プレゼントキャスト」の妨害行為”

 コメント様より、以前の記事http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-257.htmlの斉藤和義の「報道発ドキュメンタリ宣言」2/2のyoutube動画が削除されているとの報告を頂いた。
 確認すると、確かに消されている。しかも何故か2/2だけ。
朝生オウムの動画を削除され、youtubeアカウントまで削除されたのをきっかけに、消されそうな重要な動画はしっかり保存するようにしていたのだが、まさかこれが消されるとは思わず、保存していなかった・・・
申し訳ない。。。
特別問題になるような部分があったかどうかは記憶していないが、なぜ2/2だけなのかが気になるところだ。
諦めずに探してみようと思う。

 しかし、これをきっかけに面白い情報を見つける事が出来た。
この動画を削除している会社、「株式会社プレゼントキャスト」と言うらしいが、この会社、かなり怪しい。。

sakujo_R.jpg


http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/20357248fc16b5972aa0db7cb6133db3を見て頂きたい。

この「ネットメディアと主権在民を考える会」という団体が、株式会社プレゼントキャストのやっている事が「通信の自由」「表現の自由」を犯す憲法違反行為であり犯罪的行為であるという事を主張し始め、法的処置を含めた厳重な抗議を行うとの宣言をしたのだ。

この株式会社プレゼントキャスト、テレビ局5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)と広告会社4社(電通、博報堂DYMP、ADK、東急エージェンシー)計9社が2006年に設立した番組ネット配信会社であり、筆頭株主があの悪名高き”電通”なのだ。

そして、youtubeにアップされた「ネットメディアと主権在民を考える会」の動画を、何の関係もない「株式会社プレゼントキャスト」が著作権の侵害だとして勝手に削除したのだ。

完全な情報拡散に対する妨害だ。

マスコミ各社は結託して会社をつくり、自分達の名を使わずに「株式会社プレゼントキャスト」として、著作権という言葉を武器に、正しい情報拡散をブチ壊しているのだ。

日本のマスコミというのは、どこまで腐って行くのだろうか。
ネットまで牛耳られたら、もうこの国は終わりである。

皆さん、この「株式会社プレゼントキャスト」の悪事をどんどん拡散しましょう。
あー、プレゼントキャストねー、あの犯罪会社ねー。。と、誰でも知ってるくらい、拡散しましょう!
もう許さない。プレゼントキャスト=怪しい会社。という図式を作ってしまいましょう。

テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
01-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。