~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「皆神山の謎」

 以前から気になっていたが、近いせいか、逆に足が遠のいていた松代にある皆神山へ散策に行ってきた。
ここは世界最古のピラミッドとして、またパワースポット、UFOの飛来地として名が知れているのだが、眉唾物という意見も少なくない。
そこで、どれだけのものなのか自分で確認すべく山頂へ向かった。

皆神山_R
 
 写真のように、皆神山はピラミッドには見えないものの、確かに他の山とはその風貌が異なっている。
そして、山頂まで行くと思っていたよりも高く見通しが良い。遠くの高い山々も軽く見通せる。
まるでここが一番高い山であるかのような錯覚を覚える。

 山頂の小さな駐車場へ着くと知る人ぞ知るこの看板が立っている。
皆神山にまつわる事柄が書いてあるのだが、普通に考えればにわかに信じがたい。
また、どこからの引用なのか分からない。
あの、「竹内文書」にも記載があると言われているが、私はまだそこまで熟知していないので、ここは言及を避けておく・・
ただ、私は以前から「竹内文書」を評価しており、その中で「かつて、神の時代に日本が世界の中心であり、飛騨の山々に世界から天の浮船が飛来した」との一節を考えると、位置的にもここが何らかの特別な(むしろそれ位の事は当時は特別ではなかったのかも知れないが・・)場所であってもおかしくないとは思っている。

P1030506_R.jpg


P1030507_R.jpg


P1030505_R.jpg

 これはピラミッドの入り口と言われる「岩戸神社」
P1030537_R.jpg

P1030540_R.jpg


P1030510_R.jpg

 これは神社の門を守っている2体の内の一体だが、色使いなどちょっと日本的ではない感じがする。
P1030511_R.jpg

 虎?の敷物、そして、乗っている台には十字架のようなものまで付いている。

P1030512_R.jpg

 この皆神山は、日ユ同祖論にも関わりがあるようで、ユダヤの存在の痕跡であるとも言われているが、これは正直私には全く持って何と言って良いか・・・
下は、諏訪大社のマークに酷似している。
それは、ユダヤのメノラーを受け継ぐ文様と言われる。
諏訪大社と違い、メノラーの肝心の燭台の部分がないが、無関係では無いかも知れない。
P1030513_R.jpg

そして下の碑には、諏訪神社との関係も記されている。
このサイトに簡単な訳が載っているのでご一読を。
菊の御紋にカゴメマークという凄い組み合わせだが・・・

P1030519_R.jpg

と、ここまで見てきて、私としては「ん~・・・」というただただ首をかしげるしかない印象だった。
別に否定する気もないが、これと言って核心を得るほどのものもない。
どちらかというと、いろいろ後付けしたような気さえする・・・
頭では、「何かはある」と思うのだが、根拠がない・・・

 と、この後その拍子抜けが吹き飛ぶ事になる・・・
神社の更に奥、少し登った突き当たりにもう一つ祠があるので、行ってみた。
まだ新しく、何にも感じず戻ろうとしたのだが、何気なく裏へ行き景色を拝もうとしたその時・・・
何やら覚えのある感覚が・・・・


P1030529_R.jpg

建物の裏へ行くか行かないかの辺りで、前頭葉の辺り、あと目の周り、目の奥がずんずんと重くなる・・・
そのまま建物の裏へ行くと、目の前(建物の真後ろ)に石で囲った小さな井戸のようなものが・・・
しかも四方を綱で囲って祀ってある。しかしかなり適当な感じで。
潰せば良いのにというほどの存在に見える。
だが、そこへ近づくとその重いめまいのような状態が強くなる。
表側へ戻ろうとするとスッと楽になる。
また近づくと、ずんずんと次第に重くなる・・・

そうだ、先日の分杭峠での感覚だ!
何度も行ったり来たりしたが、間違いない。
あの囲んでいる石に近づくと重くなる。
不思議と中心部まで顔を入れるとなくなる。
どうやら、その囲んである石、もしくはその構造に何か力が働いているようだ。

P1030526_R.jpg

P1030525_R.jpg

また磁場?何だか分からないが、確実にここには何かがある!
と思いながら、そこから見た景色は、なんとも見渡しの良い天空にでもいるかのような、司令塔から見ているような不思議な光景であった。ここから航空機が飛び立ったら・・・と想像し易い視界でもあった。

P1030522_R.jpg

 そして、ここで終わらなかった。
帰宅後、あの井戸みたいのは何だ?
と思い、調べてみて驚いた。

「皆神山の謎」

に、こうあった・・・

「不思議・四 謎の井戸

 皆神山の東側山頂の最も高い所に富士浅間神社がある。この神社は大本教の方が建てたものなのだが、社の裏手に回ると小さな穴がある。これは、今は埋まっているように見えるが、実はかなり深く、底無し沼まで繋がっている言われている。空気穴として池の水量を調節しているらしい。井戸を取り囲んでいる岩に磁力があるのか、磁石が狂う。何のためにあるのか、その実態は不明なのである… 」

 どうやら、私は磁場に敏感になっているようだ・・・
そして、やはり皆神山はただの眉唾ものではないようだ。

 私は、井戸についてこう考える。
この祠は正直どうしてもここに必要なものではなかった。
この裏のこの井戸が非常に重要で潰す訳にはいかない。しかもあまり人目に触れさせたくない。
そこでこのもう一つの神社を作って、「参拝者にはここで終わり」と印象を与える。
この皆神山に限らず、事を隠すには完全に隠すのではなく、大した事ないように無造作に何事もないように開放するのが常套手段である。
 この井戸がまさにそれであろう。
読者の方々も皆神山へ行った際は、この井戸が肝である事を念頭に、訪れて頂きたい。
そして、いろいろな説がすべて真実でないとしても、この山には何かが眠っていると考えて良いと思われる。
もしかしたら、伝説のほとんどが真実である可能性も否定出来なくなった気がする・・・
スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

~ 更迭された官僚へのご褒美 ~

 少々前の話になるが、我慢ならないので載せておく事にします。
原発事故の責任更迭された官僚3人。




そもそも更迭とはクビである。
原発事故で、日本のみならず世界に恐怖を与えた責任をとってクビにされた訳である。
通常の会社であれば、クビになったら仕事を失い生活どころか状況によっては人生に不安すら覚えるものだ。

 だが、この3人は世界を危険にさらした責任があるということで処分されておきながら、これからは悠々自適な第二の人生が待っている。
規則?決まりだから?
・・・我々国民は決まりなど守ってもらった覚えはないのだが・・・
年金制度の決まりはどこへ行った・・・
払った金はどこへ行った?
名簿はどこへ行った?

私の父は、手にしたささやかな保険金から多額な税金を取られたり、高額な医療費と国民健康保険を払うのに苦しんでいる。なんでもお役所の言うには、一人暮らしの年寄りの方が税金も保険料も高いのだそうだ。
贅沢だから?バカを言うな!一人暮らしのほうが大変に決まっているだろう!!

そこそこ年金を貰っている年代ですらこれだ。
子供を育て上げる前に、それまで自分が生き延びられるか不安になる・・・

守られているのは国民にとってマイナスになる決りだけではないか?・・・
国の決まりに助けてもらった覚えは・・・思いつかない。。。

以前仕事を失った時、ハローワークで紹介された仕事の内容が事実と違った。
ハローワークに訴えると、「会社と話してくれ、うちには何の権限もない。」と言う。
会社が給料明細をくれないという時があった。
何の申告も出来ないと税務署に訴えると、自分で解決してくれと言う。
かなりの勢いで社長に掛け合ったがくれない。と訴えると、「うちには権限がないから強制出来ない。」という。
じゃあ税金は払えない。と言うと、「それは困る。」と言う。
じゃあ、と社長に直接連絡をさせると、「出せないそうです。」の一言・・・
労働基準監督署へ行って、その他もろもろ訴えたが、またしても「強制力がないです。」と一言。

あれ?決まりは??
こちらが国や自治体に貢ぐことに関してだけは、非常に厳しく規則・法律が適用される。

ついでに、もう一つ。
長野県は佐久警察署に「子供の保育園に提出する車両通行許可書について聞きたい。」と電話で聞くと、「保育園に全部伝えてあるよ。」と、タメ口で言う。
いや、保育園の人には分からない事なので・・・、と言うと、少し声量を上げて、「ですから、保育園に全部伝えてあります。」と言う。話にならないので、質問を一方的に話し始めると、「保育園に聞いてください!」と更に声量を上げて話を遮った。「あー!!もー結構だ!!!!」と受話器を叩きつけた。

役所へ行っても腹の立つことばかり。免許センターへ行っても、陸運局へ行っても、腹の立つ思い出しか出て来ない・・・

ん~・・・あともう一つ。
技術系の仕事をしている時、ほぼ毎日飲み屋街へ修理に行ったのだが、夜の繁華街は駐車場が空いていない。
仕方なく、邪魔にならないところへ停め、ハザードを点灯させ、ハッチを開け、仕事中である事をアピールする。
それでも高々10分15分で捕まる事になる。何度も・・・・
何万円自腹を切った事か・・・
正直、反省など無い。気を使いながら仕方なくした事だ。
「じゃあ、どうすればいいんだ?車を遠くへ置いて、脚立や道具箱を持って何キロも歩けって事か!」と聞くと、「そういうことになりますね。」と言う上田署の婦人警官。

決まりを守った立派な警察官であったと言う事でしょうか。

私は、仕方なく駐車禁止に違反し何万も金を搾取された。
*ちなみに、日本の警察は、反則金に予算を組んでいる。ということは予算通りに搾取しなければ困ると言う事だ。違反が無くなっては困る訳だ。安全の為に切符を切っている訳ではない。

反して、3人の官僚は世界を恐怖に落し入れ、仕事を辞めた後、経産省の顧問として、大した仕事もせずに多額な給料を受け取る事になる。そして、5000万円、6000万円の退職金を受け取った。
顧問を辞める時はまた大金を受け取るのであろう。
今後も楽な人生を保障されたようなものだ。

愚痴のようになってしまったが、私はこの国のどこを信用してよいか分からない・・・
自分、家族を守るのは自分たちでしかない。
むしろ国から家族を守らなければいけないのかも知れない。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

「朝生」オウムの回、DailyMotionにアップしました。

 先日、YouTubeに削除された「朝まで生テレビ」オウム真理教の上祐・青山氏らの出演の回、YouTubeへのアップを断念。出来ればYouTubeで復活させたいところでしたが、時間がもったいないのでとりあえずDailyMotionへアップしました。
 以前も記事にしましたが、オウム事件はおそらくオウムの単独犯行ではありません。むしろやらされた・・に近いのかも知れません。私の中では、警察・政治家・〇一〇会がからんでいるというのは一番信憑性が高いと思います。
実際疑いの言葉を流すジャーナリスト達が訴えられたという話も聞きません。あったとしてもニュースに出来ないのがその証拠です。
疑惑だらけのこの事件、話している上祐氏達の表情を見れば出鱈目かどうか分かるはずです。
いつも言っていますが、オウムを擁護しているのではありません。無実はあり得ないと思います。しかし、ある意味オウムは被害者であり、国家が絡んでいるとしたらそちらの方が問題だと思うわけです。
上祐氏達の、警察からの被害報告等は真剣な訴えでしょう。嘘だとしたら、わざわざ警察を敵に回すなど逆に自爆でしかありませんから、もっとマシな嘘をつくでしょう。。

残念ながら、どうしてもYouTubeに消された2/15と15/15が見つかりません・・・肝心な部分です。
私もYouTubeで拾った映像です。どなたか持っている方おりましたらアップ、もしくはこちらに頂けないでしょうか。
非常に重要な映像だと思いますのでよろしくお願いします。
疑惑が本当だとすれば、オウム真理教の幹部が国家の犯罪を告発している映像ということです。
おまけに、テレビに出ているコメンテーター達が偉そうにバカ面下げて、いかに偏った捉え方をし、国民の洗脳に貢献しているかが良く分かります。

あと、朝日から著作権云々と言われましたが、YouTubeで朝生を検索してください。相変わらずいくらでも出てきます。
なぜ削除しないんでしょうか・・・

http://www.dailymotion.com/user/wrc7918 ・・・重要な動画はここに保存していきます。
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

ー 福島の子供たちの苦悩 -

 最近感じるのは、マスコミのささやかながらも東電・政府癒着からの別離・・・
今さらながらであるが、やっと、東電の嘘・隠蔽体質・政府との癒着に対してマスコミの批判的な報道がチラホラ見え始めた。
ここで終わってしまう可能性もあるが、今までの日本の惨状を考えると、飛躍的な進歩であると思う。
あの大災害との引き換えのようになってしまうが、できる事ならこれを機に、組織的国民洗脳は腐敗政府と心中して頂きたい。そうなる為にはあまりにも大きな代償であったが・・・

そんな中、まだまだ肝心な報道が抜けている。
現地の現状がまったく伝わって来ない。
今や、まるで一番の問題は放射線量とセシウムであるかのように伝わっているが、当初騒いでいた肝心のプルトニウムやストロンチウム、プルトニウムよりも毒性の強いと言われるアメリシウム、数多くの要素が無視されている。
一つや二つ計測しても意味が無いという事を政府はごまかしている・・・
原発敷地内で検出された致死量の10シーベルトもそれっきりだ。
今まで近付いた人が無事であるはずが無い。おそらく重大な危機に直面している作業員の方々は少なくないはずだ。

そういったことは未だに放送しない。

そして、何よりも可哀そうなのは、子供たち。


********* 阿修羅掲示板より *******


放射能汚染されている事をわかりながら暮らしている 福島県の子供達
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/453.html
投稿者 旦開野 日時 2011 年 8 月 11 日 00:00:47: EX1vFrNUmU2b6

@s_kiyoe 季世恵さんのTwitterより


福島の子ども達を招いての楽しいキャンプが終わりました。
お別れの時、見送る側も見送られる側もみんな泣きました。
今の福島に帰りたくない、帰したくないからです。
帰る間際不要なペットボトルを何本も集める子どもが大勢いました。
親に自分が飲んだ安全なお水を飲ましてあげたいからだと言うのです。
https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100535288274763776


福島の子ども達を帰すために貸し切りバスがお寺に着きました。
「お土産を買う所はどこがいい?」と尋ねると
子ども達が「スーパーではなく函南のお野菜が買えるところをお願いします
」と言うのです。小学生も中学生もみんな願いは一緒
。待っている家族に安全な野菜をお土産にしたいって。
https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100540605972754432


キャンプ最終日。
東京の子どもが仲良くなった福島の子どもに「今度は私が福島に会いにくね!」
と言いいました。
すると相手の子は突然真顔になり「今、福島には来ない方がいい…」と答えたのです。こんなことあっていいの?
来てはいけないと言ったその場に子ども達は知っていて帰って行ったのです。

https://twitter.com/#!/s_kiyoe/status/100592597160046592  

************ 転載終了 **********

 
いまだ、原発を推進する愚か者、まともな忠告を無視して子供たちに対して何の配慮もしない鈍感な親。
避難出来ない親が悪いとは言わない。転居など簡単な事ではない。
いたし方ない事であろう。

しかし、同じ避難しないなら、子供たちに不安を残したままというのはどうだろうか。
理由・考えはどうであれ、子供たちも日々不安を感じたままというのは私には理解できない。
大人の不安をそのまま子供に抱かせるのではなく、少しでも、嘘でも「大丈夫」という言葉をここで使うべきではないだろうか?国民を騙し続けた「大丈夫」は子供に対して使うべきだと私は考える。

内心の不安とその後の対処は大人が考える事。
「大丈夫だよ」と言いながら、本気で心配するのが親ではないだろうか。
もちろん危機感を持たせることも大事だと思うが、友人を呼ぶ事も出来ない場所に住んでいるという悲観的な心のまま毎日を過ごさせるのは、違うと思う。

子供がそれを言うという事は、親もそう伝えていると言う事。
ということは、親もそれほど危険を感じているという事。
そこまで感じているのなら、何が何でも避難すべきではないだろうかと思ってしまう。
私は、ここが駄目になったらすぐさま避難すると決め、家族にも伝えてある。

ひきかえ、そんな中でも、一生懸命親に気を使う子供たち。
危険と思いながら親の元へ帰っていく子供たち。
選択肢を持たないまますべてを背負っている。

どちらが大人だろうか・・・・
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :
08-2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。