~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県伊那市「分杭峠」

 ゼロ磁場パワースポット「分杭峠」へ行ってきた。
*参考 ・・・ 分杭峠 ゼロ磁場の情報サイト

度重なるテレビ放映の影響により、マイカー規制がかかり、途中からシャトルバスでの通行となる。

P1030238_R.jpg

P1030241_R.jpg
シャトルバス駐車場に着くと、運転手が「ここを5分ほど下った所が気場になります。」と乗客達を促す。
私は、そこが観光用の見せ掛けで、本来のスポットは水場であることは分かっていたが、とりあえず言われるがままにそちらへ行ってみた。
案内される気場はこちらだ・・・

DSCN8854s_R.jpg
私は気というものをはっきりと見たことも無いし、感じたことも無いので、当然ピンと来ない。
*上の気場の写真は他サイトからお借りしたもの

ここにずっと居ても効果はどれほどのものか・・・という感じなので、本来のスポット(水場)へ向かう。

ここは、水場への入り口だが、土砂崩れということで通行止めになっている。
これは一つ目のゲートで、ただのバーだが、この先にもう一つゲートがあり、それは板で覆ってあり、扉に若干の隙間が作ってある。「ここから先は危険な為何があっても保障しません」というような警告が記載されてありながらも、「通るなら通れば良い!」という感じの造りになっていた。
P1030239_R.jpg

当然突入する訳だが、少し行くと確かにすごい土砂崩れが・・・
P1030245_R.jpg
ここでもう一度崩れたら終わりだ。
こんな状況にも関わらず、何組かの訪問者とすれ違う。
知っている人は直接こちらへ来るようだ。
P1030243_R.jpg

崩れた巨木や石達にビビリながら進むと、現れたのが水場だ。
P1030256_R.jpg
ここへ来るまでに気付いた事がある。
どうもゲートを過ぎて少し入った辺りから、時折(若干だが)目眩のような、平衡感覚を失うようなフラフラするような感覚に襲われる。
襲われるといったらオーバーだが、どうも違和感がある空間が何度か訪れた。
気のせいかと思ったが、一応同行した知人に話すと、やはり同じものを感じていたようだ。
どうやら、エネルギー的なものを感じているようだ。
普段はそんな経験は無いので、ここだから感じるということであろう。

そこで、この水場の付近を散策してみると分かった事がある。
やはり、そのエネルギーは、一点から放射している訳ではなく、何箇所にもわたって存在しており、その中へ入ると目眩のような感覚で感じるようだ。私の場合、プラス、顔の前面にフワッと何かをかけられるような感覚も感じる。
そして、これが勘違いではない証拠に、「この辺から感じる」「この辺で終わっている」という位置が二人とも一致していたのだ。そして、その強いと感じる所に丸太のイスや広いスペースがあったりする事に気付いた。
そしてその感覚は、水場から4,50mほどで感じなくなる。
結局、ここで1時間半は滞在したであろう。

また、水場の横には「これは飲み水ではありません」と書かれていたが、おそらく売店で水が売れないからだろう、という事で、しっかり水を汲んで持ち帰った。どう見ても飲み水だ・・・

P1030252_R.jpg
最初のバス乗り場まで戻ると、一週間病んでいた首と肩の痛みがほとんど取れているのに気付いた。
そして、売店でパワーストーンを物色していると、見知らぬおじさんが大きな布袋を持って近づいて来た。
そして袋の中の一つの石を何も言わずに手渡してきた。
何かと思ったら、おじさんは私にOリングテストを始めた。
*参考・・・ Oリングテスト
すると、「なんだこれ!!」
・・・すごい効果だ。どうやら、気場の地下の石らしい。
この白い部分が重要とのこと。
そして、今度は私の着けていたトラ目石のブレスレットを手で軽くなで、またもやOリングをすると、さっきの石と同じ結果が・・・
そしてこう言った。
「ここへ来ても馬鹿馬鹿しいと思ったらそれで終わり。何も得る事は無い。気のせいと言うが、気のせいがどれだけ大事か分かってない。気の持ちようで健康にも病気にもなる。」
確かにそうだと思う。
「気の持ちよう」という言葉は、通常”曖昧な状況を誤魔化す”時に使い、実際は気の事など考えてはいない。
「気の持ちよう」とは、本来、「気を自分の為に操る事」なのだと思う。
しかし、人は無意識に気をコントロールしているのに、”気”は”思考”の事だと履き違えているのではないだろうか。
こういう事を、最初から馬鹿にしてせせら笑う人間は、自分の事すら何も分かっていないのだと思う・・・

P1030269_R.jpg


スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

「本当の被害者」

 阿修羅掲示板でこんな記事を見つけた。
県民を人間とも思わない非人道的行為である。

**
*****
*********
**************以下転載
*********************

福島県が避難させないよう他県に通達。あきらかな憲法違反 (福島原発災害の見方)
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/444.html
投稿者 潜艦トマト 日時 2011 年 7 月 17 日 16:13:49: yqV0JYBcORkm6

福島原発災害の見方
http://mononomikata-kerogg.blogspot.com/2011/07/blog-post_14.html

2011年7月14日木曜日
福島県が避難させないよう他県に通達。あきらかな憲法違反

子どもを含む被曝許容量を20mSv/年に引き上げるよう国に要求したのは佐藤雄平・福島県知事ですが、その福島県がまたとんでもないことをしているようです。

こちらのブログの情報です。

夏休み避難がダメに(;_;)
http://ameblo.jp/dark-1201/entry-10951416578.html

(一部引用)

静岡の避難受入しているペンションに妻と子供たちを避難させるはずが・・・・
さっき静岡のペンションから連絡があり、福島県から夏休みのみの避難は受け入れないでと通達があったそうで、予定がダメになりました(;_;)

(略)

追伸 今、他の熱海のホテルに避難受入をお願いに電話してみました、そこで新たな情報が!!!
避難予定だった、静岡県伊東市のペンション組合が自治体に申告せずに避難募集していたそうで、自治体から待ったがかかったとの事でした。
福島県側も、人口の流出を抑えたいようで、避難に後ろ向きな対応との事と聞きました。

─────────────────────────

避難をさせないよう他県の宿泊施設に通達を送るなどという行為は、基本的人権を無視した行為です。日本国憲法第22条には国民の自由権が認められており、その第一項に「居住、移転の自由」があります。

ましてやこのブログ主さんは夏休みの間だけ静岡に滞在しようとしていただけ。個人の旅行を差し止める権利がどこにあるというのか。

もうすでに日本で民主主義・法治国家は死んだも同然ですが、ここまであからさまに憲法違反がまかり通っていいのでしょうか。

こんな通達に従う宿泊施設もおかしい。
なんで上から言われたらなんの疑問も持たずに従うの?

家畜じゃないんだから。

もはや、ため息しかでません。

─────────────────────────

追記:2011/07/16 16:16

コメントいただいたyafooさんによると、以下のようです。

この件はまず前提条件がありまして、避難に関わる費用の問題です。
1、福島県の見解は短期の避難は非難ではなく「旅行」と捉えるとのことです。
2、福島県は県外への避難は認めていません。
ですから、県外への避難、旅行は一切各自の費用でおこなってください。費用は面倒みませんよ、ってことなんですね。

まあ、いずれにせよ、福島県は県民の健康についてはまったく考えてないような感じです。費用は後で、しかるべく請求するとして、福島に住む人は、現在の家族の健康を考えて行動した方がいいと思います。

福島県民は知事のリコールに動いてもいいのでは、と思います。

 *******************************
*************************
*******************転載終了
***********
*****
***


何を考えているのか・・・・

ここがイメージの怖いところである。
一般的に被害者である福島の人すべてに同情する、応援する、と思うものだ。
もちろん、こう思うことに問題は無いし、変える必要も無い。

しかし、福島関係なく、人間というのは人それぞれ人格も考え方も行動も違う。
この知事は、何よりも県の利益やイメージを優先した。
人命がかかっているかも知れないのに、だ。
おそらく、県民の健康よりも他を優先する人間はまだまだいるはずである。
また、原発建設・稼動に関しても、賛成者も多数いるし、それが今までの利益を引き続き受け取りたいが為の賛成だったりもする。
私からすれば、そんな奴は今すぐ被曝して見せしめになってくれと言ってしまいたいほど憤りを感じるし、助けたくも無い。
まあ、目の前で本当に苦しんでいればもちろん助けるしかないが・・・

可哀想などのイメージだけを持って無差別に見ていると、見逃してしまう事もある。
被災地の人だから可哀想、助けなきゃ、という思い込みを捨て、本当に被害者である人と、実は加害者にもなり得る人が混在しているという事を忘れてはならないと思う。
当然、非被災地の人間達も同じ事である。

本当の被災者の方々の物理的・精神的苦痛が、一日も早く開放される事を祈るばかりである。
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ

孫正義に違和感・・・

 震災・原発事故以来、迷走する政府、陰ながら(にされている・・)熱心に原発停止を訴える国民や小出氏、そして注目を集めているのがsoftbankの孫正義氏。
 彼が注目されているのは、言うまでもない多額の義援金と”自然エネルギー推進”の為である。
彼の思想は、おそらく間違った事は言っていない。彼を否定するほどの気持ちはない。

 しかし、先日の小出氏と一緒に臨んだ参議院での発言を聞いている時に、心の片隅に”?”が・・・
おそらくこの人は、その名の通り正義であろう。動画のコメントを見ても賞賛する人間が多い。が、本当に彼の心の底まで「世の為」なのか??と思ってしまう。

 私の中の、日本の現状は、こうだ。
とてつもない地震・津波で、多くの人命と領土を無くした。
その後、原発まで爆発・メルトダウン、世界に類を見ない事故を引き起こした。
しかし今なお日本中の原発が稼動し、福島第一は報道も出来ないほど危機的状況。
日本中にとてつもない脅威となっており、それは世界へと広まっている。
政府は、もうどうして良いか分からない。
しかし、一部の有力者達はまだ原子力を続けようとしている。
福島を中心に被爆者が続々と出ている。
被災者、避難者は、物理的・精神的に限界に来ている。
震災前から財政難を訴えてきた政府がこの危機を打破出来るとは到底思えない。
要するに、今の日本は、明日をも分からない崩壊寸前である。

 この状況で、人として何をおいてもまずやるべき事は何か。
* この期に及んで原発推進するアホどもの意見は無視するとして。
まずは
・被災者の救済。
・原発の事態の収束。
・原発の停止。
(孫氏も小出氏の言う”原発は無くても電力は大丈夫”を知らない訳は無い。
講演の中でも「原発を無くしても火力発電を上げれば良い。」と言っている。)


そして、被災地以外の国土の現状維持しながらの、被災地復興。
それから先進国日本の再建。

ではないだろうか。

そんな中、孫氏がひたすら熱弁を振るい、国を挙げてやろうとしているのが自然エネルギーへの転換であり、財団も立ち上げたようだ。彼はこれに全精力を傾けているようだ。
 が、待って欲しい。
これは、最終段階の日本の再建あたりの段階ではないか?
一見、反原発を掲げ、その為の自然エネルギーというニュアンスで事を進めているが、これは私からしたら勇み足もいいところだ。まだそんな段階ではない。まだ何一つ解決していない状況で、なぜ金も時間も法律も国民の理解もすべて問題山積みの事を始めようとするのか。

 反原発なら、まずは原発を止めることをするべきではないのか?
菅と協力するなら、まず原発を止め、火力水力をフル稼働させる事をすればよい。
それから、まずすぐ出来る事、燃料が高いというなら、すぐにでも出来る「天然ガスタービン」でも造ればよい。
そして、日本の電力が安定して、経済が見通しがついたら、自然エネルギーでも何でも始めればよい。

 被災者が悲鳴を上げている中、援助をそっちのけでやる事ではない。
財団の金をとりあえずすべて被災地へ送れと言いたい。

 では、なぜ今孫氏はこれを必死にやっているのか。
こういうことであろう。

 彼はトップクラスのビジネスマンである。
しかし携帯業界も各社次々とスマートフォンに移行する中、もはやi-phoneである必要も無い。
完全頭打ち状態であり、softbankもおそらくこれ以上成長することも無いだろう。
ネット普及率も、ほぼ頭打ちになるであろうから、ネット業界での急成長も見込めない。
そうなると、この飽和状態の中、孫氏がトップに留まるのも厳しくなるだろう。

 そこで、考えた次のビジネスモデルが「自然エネルギー」なのであろう。
間違いなく国家レベルの話にもっていかないと、とても実現不可能なものである。
その規模は、ビジネスでトップを取った者からすれば一度は首を突っ込みたいはずである。
はっきり言って、すぐに利益が見込めるものではない。長い長い年月を掛けて積み重ねていく偉大な事業である。

 これは勝手な想像だが、彼はもう金は要らないだろう。
普通に一生生活出来る金はある。
彼のやりたいのは金儲けではなくビッグビジネスなのではないか。
今回の原発事故はとても良いきっかけになった。
(もちろん喜んでいる訳ではないでしょうが)
最後に大きなものを動かしたいと思ったのではないだろうか。

 先日の参議院での話を聞いていても、結局原発の停止よりも自然エネルギーへの転換を提案する事に終始したように感じた。あの議題の中で、その話は早いと思うのは私だけだろうか?
一刻を争う危機的状況からの脱却の為に、参考人として召致されたはずだ。
むしろ私としては、なんで孫氏が呼ばれたかで疑問を感じたくらいだ。
 もしかしたら、自然エネルギー村がすでに出来ているのかも知れない。
その気になれば原発よりも金を動かす事が出来るかもしれない・・・

 ただ、原発に比べればはるかに良いものであるから、取り立てて騒ぐ気も無いが、どんな事にも金がついて回るという現実に嫌気がさす・・・

 いろいろ書いたが、別に孫氏が悪い事をしている訳ではない。
ずいぶんと持ち上げられている事に対して疑問を持ってしまったということで、それ以上でもそれ以下でもない。
ただ、ビジネスマンの仕事ぶりを見て、まるで神のように過剰評価するのはいかがなものかと思ってしまったのである・・・

 以下の動画を見てどう思われるだろうか。
私には、ビジネスマンのプレゼンにしか見えないのだが・・・
そして、最悪、また日本の金が国外へ大量移動しなければ良いが・・・という心配しか出て来ないのだが・・・







・・・そして、相変わらずyoutubeへのアップロードがまったく出来ない・・・
どうなってんだ!youtubeさんよー!!

テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
07-2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。