~ この世・あの世を知るⅡ ~

この世の疑問・謎・疑惑、あの世に関する情報を冷静に分析してみます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極悪・非道・・・警察

 遅ればせながら123便以外の記事を再開する。(もちろん123便についても引き続き追いかけます)


今回どうしても見て頂きたいyoutube動画。
注目してもらいたいのは、収監される時の娘の叫び声と奥様の引き止める姿。
これが警察・裁判所にはめられた一般国民の姿です。
テレビや記事でチラッと見聞きするだけのニュースでは伝わって来ない家族の叫びです。
悲しみの声ではない、絶叫です。



このブログを読んでくださる方々ならご存知のことと思いますが、日本の警察は公設暴力団です。
決して正義の味方ではありません。

* ここでは、一部の真面目で国民の事を考える警官の事は除外して考えて
  ください。
  そんな警察官には敬意を表しますが、一部に存在しても駄目なのです。
  本来、全員がそんな警察官、お巡りさんでなければならないのです。
  なので、ここでは大半の腐った警察組織として一括りにさせて頂きます。
  そしてこれから書くことは、ごくごく一部のその真面目なお巡りさんの
  告発等により明らかになってきた事実にもとずいてのものになります。


 国民が知らなければならない事。それは、警察は昇進・裏金の為に国民を欺き続けていると言う事。どこどこの署で不祥事があった・・・などという単純な話ではない。
すべての警察署で行われている自分達の為の裏切り行為。

 それらを勇気を持って世にぶちまけた警察官達がいる。

 告発した有名な警察官と言えば、仙波敏郎元巡査部長です。
 彼は現在分かっている限り、唯一まったく汚れていない警察官でした。
そして告発は現役の警官をしながらでした。その加担の拒否・告発によって、彼は地獄のような現役42年間を送り、奇跡的に定年退職することが出来ました。
世論がなかったら叶わなかったでしょう。

 また、手を染めてしまった事を謝罪しつつ、定年後告発した原田 宏二元北海道警察釧路方面本部長。

 そして、知らずに何度か加担してしまったものの疑問を感じて告発、その後でっち上げによる冤罪で懲戒免職になった大河原 宗平元群馬県警察警部補。

 それら警察の裏金や記者クラブについて正面から切り込んでいるジャーナリスト寺澤有

 彼らによって、警察組織・裁判所の恐ろしい実態が見えてきました。
抑えておくべき事は、冤罪や裏金作りは報道されている何件かだけではない。
警察庁を本社として、すべての警察署で行われているという事。

 警察官は、試験をパスして任務に就くとまずやらされる事は裏金作りの片棒を担ぐこと。
会計担当の持っている無数の印鑑を使い、筆跡を変えながら偽の領収書を偽装する。
主要な領収書は、捜査の際に情報提供者に支払う謝礼金のもの。
実際はほとんど支払う事もないどころか、情報提供者達はその存在すら知らないのが一般的である。
それらをうまく使い、私文書偽装・公文書偽装を平気でやってのける。
決して特定のたちの悪い署だけではない。なぜなら、警察庁を元としてすべての警察署、警察官にやらせる事で口に出せなくさせる為だ。だから、言う事を聞かない警察官は落し入れられ、脅しを受ける。
例外なく冤罪等で二度と口を開けないようにされる。
最悪は命も狙われる。これは仙波氏の弁護団が直接彼に忠告したと言うから間違いない。

結果、全国で作られる裏金は年間400億円とも言われる。

使い道としては、数割が飲食、接待費。副部長レベルの立場あたりになると毎晩のように豪遊をする。
そして残りの大半は、所長等の移動などの際に現金で餞別として渡すという。
なので、署長クラスになると家を二件持つ位は普通だという。

要するに、悪い事を一緒にすれば昇進していずれは大金持ち。悪い事を拒否すれば人生崩壊なのだ。
そうなれば大抵は長いものに巻かれてしまう・・・
検事・裁判官らも同じ。昇進するには有罪率を上げなければならない。起訴しておいて無罪ともなると昇進が遅れたり、最悪は昇進出来なくなる。
なので、奴等は自分の為に適当な捜査をして、脅し、自白強要し、ポイント稼ぎをする。
誰が真犯人であろうが関係ない、手っ取り早く有罪にするだけだ。
また、最高裁は被告が新証拠を提示しても取り合わない。物理的証拠、証言などは1審2審で済ませてあるからそれ以上聞くつもりはない・・・と言うのが裁判官とのこと。
それが故に、日本の有罪率はほぼ100%に近いのだ。
要するに、警察に一度睨まれたら諦めるしかないということだ。助けてくれる者はいないのだ。
新証言を認めさせ助かる道は、出所してから再審請求するしかない。しかし、それには莫大な金がかかる。当然仕事は辞めざるを得なくなっている筈なので、残りの人生にとてつもなく大きな傷を負うことになる。

もう一度言わせて頂くが、上の冤罪事件は氷山の一角。
地獄を見ている人はまだまだいるということだ。

警察についてはこれからも書き続けていく。
私もどんな形で警察と関わっても、はらわたが煮えくり返った事しかない。
奴等は国民を馬鹿にしているのだ。せせら笑って搾取しているのだ。

そろそろ国民が目を覚ます時だ。

寺澤有が情報提供した映画「ポチの告白」は必見である。
そんな馬鹿な・・・という内容であるが、すべて真実を元に作られている。
見終わった後の絶望感は計り知れない。

ポチ_R


ちなみに、こんな事実もある。
パチンコは本来なら違法の筈であるがその巧みな法のかいくぐりで合法化されているのだが、なぜこんな特別扱いされるのか。
パチンコ店の管理自体が警察の管理である。
そして、パチンコ台の審査機関”保安通信技術協会”の幹部はほとんどが元警察幹部。
一機種の審査に百数十万円かかるという。
要するに天下り先である。
パチンコ店の多い地域の警察署の署長は、その中で数回異動すると家が建つとのこと。
その都度、巨額な袖の下が転がり込んでくるということだ。

こういった事実をみんなが知るということが、唯一の国民の武器である。
多くの人たちに知らせて欲しい・・・


冤罪の数々・・・












スポンサーサイト
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

日航123便事件の真相・・・閉鎖中の南相木ダム付近②

 閉鎖中の為か、まったくすれ違う車も無く気兼ねなく写真を撮りまくり帰路につこうと閉鎖ゲートでUターンした。
そして下り始めた時、道端にさっきまで無かった軽トラが停まっている。そして運転手らしき50代位の男性が車の横に立ちこちらをかなりの形相でこちらを睨んでいる。一見土木関係、もしくは猟友会かとも思ったが、あの目つきは一般人には思えない。
日航123便事件の真相・・・R299の不審人物の時の人物が脳裏に甦った。話を聞くだけではにわかに信じられないだろうが、直に睨まれれば誰でも感じる不気味さ・・・
通り過ぎるまで目を離さず睨みをきかせているのだが、どこか無感情を感じる。
やらされているという感じか・・

少し危険を感じながらも、こちらもしっかり目を離さず通り過ぎても振り返るように見続けた。
向こうも視線をはずさない・・

そしてさらに数十メートル下ったところで、今度は四駆車が停まっていた。
またしても同じような雰囲気の男が横に立っており、窓からコードをひいた無線機で話しながらこちらを睨んでいる・・・
完全にこちらに睨みをきかせながら話している。
またも振り返りながらお互い睨みをきかせながら通り過ぎる。

内心「これはまずいかな・・」と思ったのだが、突然の事で写真を一枚も撮っていなかった事に気付き、後ろからでも撮ろうと戻る事にした。
100mほど下ったところでUターンしてゆっくりと戻り、四駆車の後ろ50m位のところにつける。
男性はまだ立ったままこちらを見ている。
私は車から降り、まず何気に周りの景色や川の写真を撮り白々しくごまかす。
その後、そちらへカメラを向けると男性は車へ入ってしまった。

その時の写真がこちら。
P1020903_p_R.jpg

ドアミラーでこちらを見ているようだ。
その時気付いたのだが、この車アンテナが異常にデカい。
無線機のものだろうが、私も無線の免許は持っているが、通常のアマチュア無線ならこんな大それたものは必要ない。しかも通常モバイルのアンテナは屋根に付けるタイプだ。
この車はピラーのFMアンテナを付け替えているようだ。
もちろんこういったタイプのアンテナもあるのだろうが、普通に通常の距離で話す分には必要ないし邪魔なだけである。

P1020903_p2_R.jpg

どこへ連絡しているのかと考えながら写真を撮り続けていると、上から青パトランプを付けた群馬ナンバーのダム車両が結構なスピードで下ってきた。
タイミングからして二台の通報で下りて来たとしか思えない。
おそらく「いつでも監視しているぞ!」という脅しであろう。

P1020906_R.jpg


このとき車を停めた橋にはなにやら不思議なボードが貼り付けてある。
何をするものなのか・・・

P1020902_R.jpg


とにかく、この一帯は訳の分からないものが多すぎる。
管理者に一つ一つ質問すれば何らかの正当な答えが返ってくるのかも知れないが、この物々しさからしてそれらを信じる気もしないし、他の地域とは違うというのは間違いない。
何せ私は地元と言っても良い位近くに住んでいるし、長野県の人間は行動範囲が非常に広いのであらゆる場所の道も土地柄もかなり把握している。
ダムのある地域など腐るほどある。
しかしこの辺りはすべてがおかしい・・・

そして、国道へ出て佐久方面へ下っていくと十石峠入り口より少し南(相木側)で、山梨ナンバーの四駆が同じ無線機で話しながら上ってきた。
例によってあの目つきで・・・
そして、なんとなくみんな日本人離れして見える。
これらの人物達が関係あるかないかは分からないが、読者の方も何度か行ってみれば同じような経験をする筈である。
信じ難いという方は実際に行ってみることを勧める。
あの目を見れば、通常のサラリーマンや地元の農民には見えない事が分かると思う。

危険だ危険だと言われるが、今のところ直接危害を加えるような事はない。
ただただ、その場を監視していると言う感じだ。

これから先も何事も無いかどうかはなんとも言えないが。

最後に十石峠へ向かう。
やはり閉鎖中でゲートが。
簡単に動かせるのでその気になれば通れるのだが、何を理由に何をされるか分からないのでここは引き返す事にした。
引き返す時に、一台の車がゲートへ向かって慣れたスピードで走っていく。
またもUターンしてゲートを開けている男性の元へ向かった。
建設会社の制服のような風貌だ。この方は特に不審な感じではなかったが、「ここは通れるんですか?」と聞くと、少し考えた後で「通れない・・・」と言った。
この先で工事をしていて、そこへ向かうだけだと言う。
そして、聞いてもいないのに、自分は峠は越えない・・と何故か緊張した感じで話した。
確かそこの工事は予定では去年の内に終わっている筈だが・・・
まあ、工事と言うものはどんどんずれ込んでいく事は珍しくは無いが。
P1020909_R.jpg

気になるのは、今回の二台の不審車は長野ナンバーであった。
ということは、これらが事件に関係しているとすれば熊谷ナンバーだけでなく地元も絡んでいると言う事になる。一見土木関係に見えたので、もしかしたら本家ブログの○○組であろうか・・・

ただ、雇われ方にもいろいろある。
すべて知った上での協力、もしくは完全な一派。
あるいは、事情はよく知らないが”付近を荒らす観光客の監視役”を仕事として請け負っている。
色々考えられるが、ただあの目つきは・・・

直接話しかける空気ではないので、とにかく頻繁に通って感じ取るしかないだろうと考えている。
実際に行ってみる方は、南相木村の”滝見の湯”のすぐ先のT字路の先辺りから雰囲気が変わることに注目して頂きたい。


テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :

日航123便事件の真相・・・閉鎖中の南相木ダム付近

久々の更新になってしまった・・

13日、南相木ダム周辺を散策してきた。
十石峠も含めダム入り口も冬季閉鎖されダムの上も下も行く事は出来ない。
無理に突破する事は可能だが、相手が相手だけに弱みを見せるわけにもいかず、それは出来ない。
あくまでも様子を見に来ただけという設定で近づく。
ゲートの先はダムと御巣鷹山トンネルしかないので、一般人は近づく理由は無い。


まず気になったのは、この柵。
しかも真新しい。錠前まで光っている。
何の為か?
こんな背の高い柵が何の為に作られたのか?
普通に考えれば動物よけ。
しかしここは畑でもない。植樹された木の芽でも動物から守ろうというのか・・

それにしては山側は全くの無防備。
動物が来るのは山側に決まっている。これでは道路側の人間から守っているようにしか見えない。
こういった広いスペースがこの辺りには数多く造られている。
しかも増えている・・・何をしようとしているのか。

P1020881_R.jpg



閉鎖しているというのにかなりの交通量がある。
ダム関係者だけでこれほど行き来があるだろうか。
P1020882_R.jpg

どうやらこのダム用警報器も増えているようだ。
この水浴びもしづらい環境でこんなにも警報器が必要か?
しかも、物々しい・・
P1020883_R.jpg
P1020884_R.jpg
P1020885_R.jpg
P1020886_R.jpg
P1020891_R.jpg


これは山頂から降ろしている水源のパイプ。
この野球が出来るスペース、生活を考えているとしか思えない。
P1020889_R.jpg
P1020890_R.jpg

多目的広場と言うが、人里離れたこんな山奥まで村の年寄り達が集まれるわけが無い。
また、使った様子も無い。
P1020899_R.jpg

この日、熊谷ナンバーはおろか車一台通らない。
珍しく一台もすれ違わないのが逆に不気味さを感じる。

と思っていたが、帰りに突然状況が一変する。

次回へ続く・・
テーマ : 知ってほしいこと。    ジャンル :
01-2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

プランZ

Author:プランZ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。